バリ島*旅のプライベートスケッチ2


心の旅123、そしてプライベートスケッチ1
......と続いてきたバリの旅日記。いよいよこれで最終です。
今回はバリ・フードや極上ティータイム、おススメ土産などを紹介したいと思います(^^)

d0167002_14512363.jpg



★バリ・フード

バリ・フードと言えば、やっぱりこれでしょうか!
ご存知ナシゴレン★

d0167002_1452575.jpg


d0167002_14525718.jpg


バリ風チャーハンですね。
サティと呼ばれる焼き鳥、エビの揚げせん、玉子料理が必ず添えられます。

私はバリに来て初めて食べたのですが、これが本当に美味~!
ピリッとした唐辛子とニンニクのスパイス「サンバル」が決め手でしょうか?

山下マヌーさんの「一週間バリ」によれば、もとはチャイニーズフードということですが
「バリの家庭料理の一つだよ。大好き!」と現地の人もいうくらい、すっかりバリの中に
根付いているようです。


そして、こちらはミーゴレン:バリ風焼きそばです。
甘辛いソースで、ちょっと照り焼きソースに似た味付けの麺。

d0167002_145442.jpg


バリ・フードと合わせるなら、大人はやっぱりビンタン・ビール!
これでキマリです★
少年Nはフレッシュなマンゴージュースでカンパ~イ!

d0167002_14551713.jpg


ウブドのレストランの庭先に、こんなサボテンを発見!
よく見ると名前だらけ。。。。

d0167002_14563458.jpg


「また、ここに来られますように!」と各国の旅行者が、サボテンに
名前を彫っていくのだとか。
うふふふ、とお店の人も笑っていました(^^)

d0167002_14574673.jpg



★極上のティータイム

最終日、夜のフライトまでの午後の数時間をセントレジス・ホテルで過ごしました。

d0167002_14584972.jpg


d0167002_1501570.jpg


セントレジス・ホテルは、バリでも最高ランクのホテルです。
洗練されたサービスで、アフタヌーン・ティを頂きました。

d0167002_1513544.jpg


d0167002_154949.jpg


潮風と緑の空気の中、バルコニーでいただくお茶は、最高の気分★
時間を忘れて、ゆったりと午後の数時間を過ごしました。

三時過ぎにはバルコニーも室内も、席が全て埋まってしまいます。
私たちは当日の朝に予約をしてから、向いました。

ピアノの生演奏を聴きながら、是非、極上の楽園ティータイムを
味わってくださいね。

そしてティータイムのあとは、庭をぬけて広いプライベートビーチへ...
雄大に広がるインド洋を、ながめて深呼吸。

d0167002_9282883.jpg


体の奥からバリの豊かな空気を感じてみてください★



★バリのおススメ土産

バリコーヒーも美味だし、ナチュラルソープも、アロマも素晴らしいのですが
今回のバリ旅行で、私のハートに響いたのは以下の二つ。

(1)アタという植物で作られる、アタ・グッズ。

ウブドの外れにある工房&店舗 BALI HANDY。
アタの作品工程を説明して、実演してくれます。

d0167002_1554740.jpg



ここではランチョンマットやコースターなどを買いました。
市価の60%くらいです。
日本で売られているものと比べると三分の一のプライス。

d0167002_1564711.jpg


d0167002_1575717.jpg


d0167002_1585891.jpg


一つ一つ手作りゆえ、微妙に大きさが違うのはご愛嬌。
丈夫でナチュラルであるだけでなく、なんともいえない味わいがありおススメです。


(2)ガムラン・ボール

あの楽器のガムランと同じ素材で作られている、丸い可愛いガムランボール。
手でゆらすと、小さな可憐な音が鳴り響きます。

d0167002_1511349.jpg


d0167002_1595747.jpg


これは幸せと健康のお守り♪
ペンダントにしてもよし、携帯ストラップにしても可愛いです。
お値段は、バリのショッピングモールの70%くらいでした。
お店の名前はYanYan、ウブドから少し離れたところにあります。

d0167002_151249.jpg


一つ一つ丁寧に繊細に作られているガムランボール、私も自分や家族のために
模様や音を選びながら、いくつか購入しました。

可愛いケースにいれて包んでくれます。
満月の夜に鳴らすと、幸福が訪れるそうですよ。

d0167002_15222885.jpg



★現地での手配

今回、現地での手配をお願いしたのはスカスカバリです。

スタッフのサナエさんは、とても気持ちよく応対してくれました。
バリ初心者としては、とても心強かったです(^^)

私たちは家族三人で自由に行動したかったので、マイクロバスを数日チャーターして
行きたい場所に連れて行ってもらうようにお願いしました。

マイクロバスに一緒に乗ってくれたのは、デンパサールの日本語学校で語学を
マスターしたマンちゃん、そして美人の奥さんがいるというギッちゃんです。

マンちゃんは、おだやかな好青年です。
日本のことにも詳しく優しいお兄さんガイドさんでした。

ギッちゃんは、とにかく日本語が非常に堪能!
バリ文化や歴史の説明も分かりやすく、素晴らしかったです。

運転手のクニさんは、「ハスの花が見たい」という夕方の帰り道の
リクエストにも応えてくれる優しい人柄のドライバーさん。

上記のウブドでのアタグッズやガムランボールの工房での買い物も、
リクエストすれば連れていってくれます。

すてきなバリの休日をサポートしてくれました。
次回もぜひ、バリに行くのであればお願いしたいと思っています。
スタッフのみなさん、本当にありがとうございました★

d0167002_15153374.jpg



一週間のバリでの休日。
それは本当に大きな時間でした。

あの国でもらった大きなエネルギーを体いっぱいにチャージして、
この秋からの新たなスタートへ、一歩足を踏み出していこうと思います。

d0167002_15142651.jpg


一人芝居とドールアートの世界⇒【The Moon Light Grove~月あかりの森
 
Twitter ID⇒@NaomiTMLG

★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ 旅行情報局へ旅行情報局
にほんブログ村 トラコミュ 心の旅人へ心の旅人
にほんブログ村 トラコミュ スピリチュアリズム(spiritualism)へスピリチュアリズム(spiritualism)


Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村
[PR]
by Dorothy-Naomi | 2011-09-17 15:16 | *Holiday | Comments(0)
<< 【木を植えた男。】フレデリック... バリ島*旅のプライベートスケッチ1 >>