台北の休日★番外編



台北の休日・番外編です(^^)b


★台北の夜市~士林夜市

台北名物の夜市は、連日、市内の至る所で開かれています。

私たちが足を運んだのは台北最大規模と言われる士林夜市。

地元の人々と観光客が入り混じり、老若男女問わずスゴイにぎわい!

夕方6時過ぎから深夜1時過ぎまで、この熱気が続くのだそう。

d0167002_15321434.jpg


さまざまな屋台が立ち並ぶ路地。

d0167002_15332982.jpg


フードコートは地下。
ありとあらゆる食べ物が、格安で売られています。

d0167002_15345053.jpg


d0167002_15363589.jpg


d0167002_15374624.jpg


d0167002_15382545.jpg


この巨大な鳥の唐揚げ、赤ちゃんの顔の大きさくらいのサイズ★

長蛇の列に並んで一個ゲット!
とってもスパイシーで美味だと連れが言っていました。

体調の悪かった私は二口くらいしか食べられず、トホホ(;;)
カラッとあがっている表面が、飲み込むときに痛くって。。。残念!

d0167002_15435828.jpg


d0167002_15451047.jpg


こちらは牡蠣のオムレツ。中身はとろ~り!
d0167002_15491659.jpg


こちらは水煎包。けっこうズッシリとして、食べごたえあります。
女の子ならば絶対に二人で一個で十分。

d0167002_17435677.jpg


この日はお腹いっぱい食べて一人800円くらいでした。

基本的に女性だけのグループでも深夜に至っても安全です。
11時過ぎまで子供連れの家族が沢山いましたよ。

一度体験する価値あり♪



★故宮博物館

至宝の殿堂、国立故宮博物館。

駅からは少し離れた場所にあり、タクシーで私たちは向かいました。

途中に目に入る景色も素敵です。


d0167002_165143.jpg


とにかく広大な敷地で、博物館の中も広い広い!!!

一日では、とても見て回ることは出来ないコレクションの量です。


d0167002_1662888.jpg


d0167002_1682475.jpg


三階の名宝のフロアーは部屋ごとに入場制限があり、列に沿って進んでいくシステム。

しばらく待ちますが、肉形石や翠玉白菜などは必見です。

特に私が心惹かれたのは、3センチにも満たない老人の彫り物!

クルミの木だったでしょうか?とにかく、すご~く小さいのに細工が精工で精密。

その顔に満面の笑みをたたえている老人は、もう全身から喜びのエネルギーを放出。
溜息がもれてしまうくらい、心の底から感動しました。

d0167002_16182225.jpg


d0167002_16215010.jpg


d0167002_17595393.jpg


4階にある三希堂は軽食と中国茶が楽しめるレストラン。

台湾スイーツも各種あり、私は蒸したてホカホカのカスタード饅頭をいただきました。

美味です~(^^)♪

ランチセットもありますよ。席もゆったりしていて、眺めもいいしオススメ!



★圓山大飯店

台北に到着後、市内に向かうバスの中から見かけて以来、とっても気になっていた建物がありました。

それがホテルだと分かったのは暫くたってからのこと。

d0167002_16331256.jpg


名前は圓山大飯店。5つ星ホテルです。

あの宮崎駿監督も、宿泊されていたといこと。

このホテルは、日本統治下の時代は台湾神宮だったと聞いて納得!

磁場力が強いというか、そこから放たれているものが強いんです。

圓山駅からホテル直通のバスが出ています。

ホテルのロビーは、こんな感じ!

d0167002_16403934.jpg


私たちは最終日の夜に、この中にあるレストランで台北ラストの夜を楽しみました。

d0167002_16433212.jpg


d0167002_16442228.jpg


夜景の素晴らしさには感動☆

ホテルの外観も美しくライトアップされます。

淡水河の夜景とホテルの夜景に、かんぱーい!

d0167002_16474332.jpg



★イースタン・ビューティ ホテル

今回私たちが宿泊したのは、イースタンビューティホテルという中位のレベルのエコノミーホテルです。

最寄りの駅は松江南京駅。徒歩4~5分です。

小さなホテルですが、とっても便利な場所にあり、室内も気持ちよく清潔です。

d0167002_1652527.jpg


シーツはもちろん、歯磨きセットや石鹸などは毎日取り替えてくれました。

こちらはホテルの朝食メニュー。

d0167002_16544638.jpg


d0167002_1701330.jpg



炊飯ジャーの中には、お粥がたっぷり。
ピータンなんかが出されるのも台湾っぽいかな。

ホテル全員分のごはんを作っているのはMr.マーさん(仮名)一人だけ!
すっご~い!拍手~~~!!!

d0167002_17184083.jpg


家庭的な料理がメインです。味付けも日本人には馴染みやすくて美味♪

気さくで優しくってお茶目なマーさんとは、すっかり仲良しになってしまいました(^▽^)

こちらはインスタントコーヒーのメニュー

d0167002_1715625.jpg


上のボタンがブレンドコーヒー、下のボタンがアメリカン!

d0167002_1724280.jpg



ロビーには無料で、おつまみスナックの山が置かれています。

歩いて1分以内にコンビニが三店もあるのも、旅行者には嬉しい~!

リーズナブルに泊まりたいけれど、繁華街に位置していたり、不潔なのは嫌だなと思っている方にはピッタリです。


★小龍包

台北にきたら、やっぱりコレ♪

私のイチオシは先に書いた記事でもご紹介した「明月湯包」と「鼎泰豊」♪

「明月湯包」の本店は、本当に小さな店なので食事時を少しずらしてから行くことをお勧めします。

私たちが店に行ったのは夜の8時少し過ぎ。

大混雑の時間帯を少し抜けたあたりで、5分も待たずに席につくことができましたよ。

鼎泰豊の本店は永康街の駅からすぐの場所ですが、あまりにも有名な店ゆえ1時間以上待つことは覚悟しないと口にいれることは出来ません~(TT)

MRTの忠考復興駅にある太平洋SOGOの復興館の中にある「鼎泰豊」が、本店よりは入りやすく穴場かもしれません。

もしも多少待つことになっても、デパートの中なので時間がつぶせるのも便利!

職人さんたちの超人技もガラス越しに見ることができます。

d0167002_17205044.jpg


d0167002_20391257.jpg


d0167002_20401566.jpg


小籠包に海老麺、ほうれんそうの蒸し餃子、全部とっても美味でした♪

レスポンスもサービスも早くて、気持ちいいです。

「明月湯包」が庶民の味としての小籠包の王者だとしたら、「鼎泰豊」は洗練された小籠包の王者といった感じかな?

d0167002_17263264.jpg


d0167002_1727841.jpg


d0167002_17312725.jpg


d0167002_17555938.jpg


台北の旅、思い出深い旅となりました。

他にも、書ききれないくらい沢山の出来事がありました。

大事な友人の台湾人のソウルメイト親子とお会いする機会を得たり、半分あきらめかけていた、瑠璃工房のバラのガラスとの出会いがあったり…

話していたらキリがないのですが、番外編をもって旅のダイアリーは終了です。

また、いつか機会があったら、ぜひ訪れたいなと思っています。

See You, TAIPEI★

d0167002_17402299.jpg















d0167002_13542143.jpgHPはこちらです→【Felicia Spiritual Salon

スピリチュアル・ブログ⇒【Felicia Spiritual Salon

Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444050.gif

Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村


★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ 魂、心(こころ、ココロ)へ魂、心(こころ、ココロ)
にほんブログ村 トラコミュ スピリチュアリズム(spiritualism)へスピリチュアリズム(spiritualism)
にほんブログ村 トラコミュ 心の旅人へ心の旅人
にほんブログ村 トラコミュ 天使、エンジェル、妖精、フェアリー、天界へ天使、エンジェル、妖精、フェアリー、天界
[PR]
by Dorothy-Naomi | 2013-05-06 17:44 | *Holiday | Comments(0)
<< 欲張りな5月の休日(1) 台北の休日(3)再会・参拝&月... >>