アメリカ東海岸・旅のアルバム4




#1. Battery Park

ーお天気がいいから、自由の女神に会いに行こうか?
ーいいね!行ってみよう~!

そんなふうに気軽に出かけたバッテリーパーク。

前回はリバティ島には行けなかったので、わくわくわく♪


d0167002_18512016.jpg

しかし、到着すると…

なんとリバティ島行のチケットは売り切れ!?びっくり&がっくり。

早朝から並んで買うか、事前に買っておくのが常識とのこと。

あらら、そうなのね(**)

…でも、ならば奥の手を使いますか☆

d0167002_20064573.jpg
d0167002_20083796.jpg

スタッテン島行きの無料のフェリーに乗船することに決定!

このフェリー、実は往復とも自由の女神の前を通過するのです。

(前回も、この船で女神と対面したのでした。)

d0167002_20140049.jpg

青空に摩天楼。

う~ん、この眺め。やっぱり好き!

d0167002_20185574.jpg


肝心の自由の女神は残念ながらピンボケ。

でも、心のアルバムには最高のショットを貼りました(^^)b

d0167002_18544489.jpg



#2.Ground Zero

d0167002_18293746.jpg

9.11の、あのテロ爆破事件が起こった場所は、滔々と水をたたえた巨大な二つのモニュメントが建立されていました。

一歩、足を踏み入れたとたんにドッと胸に押し寄せてきた悲しみの塊。

口を開くと涙がこぼれそうで、二人で黙ってモニュメントを一周しました。


d0167002_20262556.jpg

そして黙祷。

All we can do is to pray for 9.11.


d0167002_18343013.jpg



#3. Washington SQ & Greenwich village

ワシントンスクエア~グリニッジビレッジは、古い石畳とレンガ色のアパートメントが並ぶ、ちょっと独特なムードの漂う雰囲気のある街です。


d0167002_20504121.jpg

d0167002_20554427.jpg

d0167002_21100190.jpg

大好きな作家が住んでいた家が、この近くにあることは渡米前から知っていたのです。

その時は単なる一般的な情報の一つとしか受け止めていなかったのです。

が、こちらに来てから分かったのは、どうやらその作家と私達とは繋がりがあるらしいということ。

ワシントンDC滞在からの一連の流れの中で、その人物にもリンクしているということに気付いたのです。

でも…その人の住んでいた場所がどこにあるのかワカラナイ~(><)!

どうしよう?
どうする?

とにかく二人で町中を歩き回り、足跡があるのでは?と探し回りましたが、いっこうに見つかりません。

もう、ここで見つからなかったらアウト!
そう思って飛び込んだのは、NY大学の図書館です。

d0167002_21121915.jpg

入り口窓口の黒人のオジサマに、探している作家のアドレスがわからないのだと事情を話すと、ちょっと待っているようにと言われました。

それから、なんと30分以上もかけて、彼は自分の仕事も片付けながら図書館のデータや内線電話をかけつつ、情報探索をしてくれたのでした。

「Hey,ladies. Here you are!」

そこには、作家のアドレスが!!!

ーまったく!君たちからお駄賃をもらわなくちゃ!だな。

そう冗談を飛ばしながら、笑顔でアドレスを渡してくれたオジサマ。

THAAAAANK YOU!!!

大感激(T▽T)(T▽T)!!!

本当にありがたくて、うれしくて......思わずオジサマの手をとってグッと握手。

ーありがとう! 本当にありがとう!!!!!

d0167002_21165139.jpg

その家があった場所は、ワシントンスクエアから数分のところでした。


d0167002_21181693.jpg

d0167002_21291593.jpg

静かな街角の一角。

この家は、いったいどのくらい多くの年月ここに在り続けているんだろう。

そして、その家の主の暮らしを、思いを、どれだけ受け止め続けてきたんだろう。

かつてこの家に住んでいた、その作家と家族。

そこに思いを馳せながら、二人でしばらく時を忘れて家の前に立ち続けました。

d0167002_21255110.jpg


#5. Oyster bar @ Grand Cenntral Station


グランドセントラルステーションのオイスターバーは老舗レストラン。

雰囲気たっぷりの駅を通り抜け、フードコートの一番奥へ。


d0167002_08253961.jpg


d0167002_22295430.jpg

d0167002_22363345.jpg

レストランで席の用意ができるまで、ちょっとウェイティングバーで乾杯♪


d0167002_22321489.jpg

こちらが、名物クラムチャウダー。

小さなクラッカー付きで出てきます。

Ummm!!! So delicious!!!



d0167002_22411429.jpg
こちらは牡蠣フライ。すご~いボリュームです。二人でシェアしてもお腹いっぱい☆

d0167002_23511652.jpg

d0167002_23524976.jpg


HPはこちらです→【Felicia Spiritual Salon


Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444050.gif


Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)







[PR]
by Dorothy-Naomi | 2014-04-28 23:41 | *Holiday | Comments(0)
<< アメリカ東海岸・旅のアルバム5 アメリカ東海岸・旅のアルバム3 >>