ヨーロッパへの旅7★チェコ・チェスキークルムロフ








#7.チェコ・チェスキークルムロフ


南ボヘミアの古都、チェスキークルムロフ。

プラハから車で約3時間。

ボヘミアの丘を越え、森を抜け、そのままひたすら南へ。

ふっと視界が開けると、目に飛び込んでくるのは赤茶色の屋根と白い壁の家並み。


d0167002_13185510.jpg


まるでお伽噺の舞台の中に迷い込んでしまったよう。

この街は、中世そのままの姿を今に残しているエアポケットのような場所。


d0167002_13231378.jpg


d0167002_13203639.jpg


d0167002_13213237.jpg



d0167002_13241233.jpg

路地を抜け、橋を渡って、チェスキークルムロフ城へ。


d0167002_13262482.jpg

d0167002_13252923.jpg



d0167002_13273306.jpg

お城の門を入ると、チケット売り場よりも手前にあるのはホットワイン売りの屋台。

おお!この寒さでは、お城を見る前に、まずは身体を温めないとね。

おじさんが絞ってくれたオレンジがたっぷり入ったホットワインで、凍えそうな体も心もホッと一安心!



d0167002_13332055.jpg

d0167002_13343406.jpg


13世紀に建てられたというチェスキークルムロフ城。

職人たちが城下に多く住み、手工業が盛んだったこともあり、近代化の影響をあまり受けないまま残されてきた街なのだとのこと。



d0167002_13412871.jpg



d0167002_13425666.jpg

d0167002_13445108.jpg

d0167002_13463566.jpg


入り口だけ見ると小さなお城のように見えますが、なかなかどうして、中は広い広い!

複雑な迷路のような城の内部。

階段をのぼったり、おりたり。。。


d0167002_13491109.jpg


d0167002_13475213.jpg


d0167002_13503897.jpg


そして、やっぱり...赤いバラ!

d0167002_13525056.jpg

なぜか私は、赤いバラと関わる家系にばかりご縁が繋がっています。

このバラをアイコンにして、アカシャへつながっていきました。


d0167002_13515205.jpg


d0167002_14135083.jpg

d0167002_13563670.jpg


鐘楼のある塔を上り、上へ、上へ。

d0167002_13580119.jpg


貴族としてのプライドと、戦で勝ち続け、獲得し続けていく運命と、自分が本当に願っていたものと、、、

色々なものを内側に抱えて生きていた過去生の自分。

こうして戦がない世の中で、こうして穏やかな気持ちで、この景色を見ることができている今。

それが、どんなに幸せなことなのか。

私はちゃんと分かっている自分でいるよ。


d0167002_14030888.jpg

d0167002_14094259.jpg



d0167002_14182825.jpg

d0167002_14201486.jpg



d0167002_14241412.jpg


d0167002_14255521.jpg


d0167002_14324740.jpg



手工芸の街らしく、アーティストたちのアトリエなどが立ち並ぶ城下街のメインストリート。

ショーウィンドーに飾られた作品を見て回るのが楽しくって、時間が経つのもあっという間。



d0167002_22393464.jpg

d0167002_23011017.jpg


d0167002_22304830.jpg


d0167002_22325903.jpg



d0167002_22335943.jpg

d0167002_22353773.jpg


d0167002_22380706.jpg



チェコを旅した思い出にと、二人で選んだのはボヘミアングラスと小皿。

グラスの深い赤と花柄のカッティング。

そのマッチングが、なんとも素敵で気に入りました。



d0167002_22410014.jpg

d0167002_22510166.jpg

d0167002_22584778.jpg

d0167002_22532328.jpg


また一つ、この旅で得た気づきは、次の場所への大事なヒント。

いよいよ、旅の最終目的地のウィーンへと向かいます。




HPはこちらです。
→【フェリシア*SALON DE FELICIA

あなたが生まれてきた喜びを感じて生きていくために
アカシックリーディング&イシリス33メソッド


Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444


Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)






[PR]
by Dorothy-Naomi | 2016-02-23 23:03 | *Holiday | Comments(0)
<< ヨーロッパへの旅8★オーストリ... ヨーロッパへの旅6★チェコ・プ... >>