ヨーロッパへの旅8★オーストリア・ウィーン







#8.オーストリア・ウィーン


一体どこから、話し始めたらいいんだろう。

今回の旅の最終地であり、私たちの25周年記念のメインテーマと繋がる場所、ウィーン。


d0167002_23442503.jpg


d0167002_00043405.jpg


d0167002_01583407.jpg


d0167002_00053778.jpg

d0167002_02010005.jpg

d0167002_02034273.jpg


近すぎもせず、遠すぎもせず、

今の自分の内側と、ちょうどいい惹き合い方&バランスで再会できた街。



d0167002_00095516.jpg

d0167002_00113129.jpg

d0167002_00134241.jpg


本当は、まだもうちょっと、この街で感じたことを自分の言葉で語るには時間が必要なのかもしれない。

でも、一つだけ言えることは...


今までの旅の中で得た体験の全てが、ここに繋がるための流れだったんだなってこと。



d0167002_00175278.jpg


d0167002_00193470.jpg


d0167002_00240005.jpg


王室礼拝堂での日曜ミサ。

この場所でのミサは、今回の旅の中でも忘れられない大事な思い出の1ページ。



d0167002_00260182.jpg

d0167002_01274374.jpg


d0167002_00284067.jpg


d0167002_01291075.jpg



天使の歌声を聴かせてくれたウィーン少年合唱団のメンバーと、記念にぱちり!

少年だったころの我が家の大1Boyの姿と重なり、なんだか二人そろってジーン…



d0167002_00304254.jpg


d0167002_00320842.jpg

ハプスブルク家の本拠地、シェーンブルン宮殿。


d0167002_00354267.jpg

ハプスブルク家の歴史を、静かに見続けてきたパレス。

たくさんの人々の思いが紛糾して渦巻いていたパレスも、今はその役目を終え、静かに呼吸を繰り返している。


d0167002_00370716.jpg

皇妃エリザベートが愛したプライベートガーデンに咲いていたのは、鮮やかな一輪の一重のバラ。


d0167002_00394253.jpg


ハプスブルク家の夏の離宮、ベルベデーレ宮殿。


d0167002_00491384.jpg


d0167002_02132750.png



d0167002_02145341.png


私自身としてクリムトによって描かれた作品は、運命のいたずらで今はNYにあるという不思議さ。

そして、このタイミングでクリムトの特別展が開催されていたのは…

運命のいたずら?それとも、粋な計らい?



d0167002_02160083.png



d0167002_02153620.png

そして、行きつく場所にはきちんと行き着いてしまうという不思議さ。


d0167002_01022749.jpg


この場所は、過去生でも私たちが夫婦として暮らしていた場所。



d0167002_01161329.jpg


その転生での私たちは、裕福ではありましたが子供のいない夫婦でした。

そして、その頃の私は、かなり時代の先端を生きていたクリティカルな女性。

自宅に文芸家や革新派の芸術家たちを招いては、日々とがった論議を繰り広げていたようです。

その反面、児童擁護の活動など、女性や子供のための社会活動にも積極的に加わっていた人物でした。

望んでいたのは、時代の向こう側へ走り抜ける自分。



d0167002_01203117.jpg


早逝したその時の自分の転生の分まで、今回は走り抜けようか。

Yes☆ Break through!


d0167002_01242231.jpg


自分を信じることができれば、何とか出来るんじゃないかな。

今の私は、そう思えている。


d0167002_01352281.jpg

d0167002_01363621.jpg


d0167002_01144146.jpg

d0167002_01320816.jpg

d0167002_01333738.jpg


d0167002_01382053.jpg

旅の最終日、目覚めたのは夜明け前。

ホテルの窓から見えた空があまりにも美しくて、

目をそらす時間がもったいなくて、

そのまま、ずっーと窓の外の空に見入っていました。


d0167002_02171057.png

d0167002_02173241.png

d0167002_02182224.png


私たちの今後、まだまだ展開していくんだろうな。

お互いが目指す道は遠く長く続いていくけれど、

何が飛び出てくるかはわからないけれど、

それもまた、人生のお楽しみ!



d0167002_02190854.png


一瞬一瞬がギフトだよね。

だからこそ、かけがえのない今を大事に生きていきたいな。

この旅で出会えたこと、出会った人、その全てに心から感謝★

さぁ、次への扉を開けに行こうか。

Open the next door and let's step forward!

向かっていく先は…

もちろんJOY★★★★



d0167002_02201755.png




HPはこちらです。
→【フェリシア*SALON DE FELICIA

あなたが生まれてきた喜びを感じて生きていくために
アカシックリーディング&イシリス33メソッド


Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444


Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)







[PR]
by Dorothy-Naomi | 2016-02-24 02:04 | *Holiday | Comments(0)
<< 台北へ姉妹二人旅★2016  ヨーロッパへの旅7★チェコ・チ... >>