カテゴリ:*Holiday( 65 )

2017アリゾナ・セドナへ2度目の旅(2)




#3. Painted desert


日没直前のペインティッド・デザート。

この場に立っているとクラッとくる。


d0167002_00544489.jpg


まるで他の惑星に降り立ったような、、、

まるで創世記の地球を見つめているような、、、


d0167002_00555371.jpg


立っていると自動的にアカシャにつながっていってしまう。

ここは、大昔からの地球の記憶を保管している場所。

大昔、海の中にあった地。

やがて命が芽吹き、木が育ち、繁り、巨大な森となり、、、

そして木々は枯れ、それらは鉱物になり、累々と積もり、砂漠のような地形に、、、

地球の歴史を宿している場所に、ゆっくりと夕日が迫り大地を照らしていく。


d0167002_01062726.jpg



#4. Kachina woman's rock


トレイルを歩き始めてカチーナウーマンが目に入ってきた途端、「きたよー!」と、思わず声が出た。


d0167002_01173115.jpg

湧き上がる喜びと胸の高鳴り。

早足で歩きたいところを、あえて一歩一歩、ゆっくり、ゆっくり、、、

2年前ぶりの再会に胸を躍らせながら、その喜びをかみしめながら歩いて行った。


d0167002_01183044.jpg

カチーナ・ウーマンロック。

偉大なる母の岩。

ここは、私の大事な大事なアンカーポイント。

この岩を抱きしめていると、力強いエネルギーが身体中を通過していく。

そして、身体中が暖かなエネルギーに包まれていくのを感じる。

カーチナを抱きしめているように見えて、私は彼女に抱きしめられているんだ。

抱きしめられたまま私はお礼を告げ、そして色々なことを彼女に話した。

・2年前に彼女に誓ったことが、今こうして現実になっていること。

・アメリカに来てから、いろいろなことが起こったこと。

・今の自分のこと。

・そして、今後やっていこうと思っていること。


d0167002_01210340.jpg

いつも、ここに来ると泣きたくなる。

感謝の思いでいっぱいになる。

臆病な私の背中を押してくれて、ありがとう。

まだまだ道のりは遠いけれど、きっとちゃんと最後まで歩いていけるよね。


d0167002_11043630.jpg

カチーナウーマンの真下で、これからやっていきたい事を思い切り大声で叫んで宣言し、、、

大地と宇宙につながり、アカシャにプラグイン。

アカシックレコードから流れてくるものを、そのまま受け取っていく、、、


d0167002_11232676.jpg

どのくらい、ここにいたんだろう。

カチーナウーマンに別れを告げて、立ち去ろうとした時の事、、、

Hello! と、声をかけられて振り返ると、、、

Wow!!! Can't believe it!!!

なんと、目の前にいたのは2年前にこの場で出会ったロバート。

彼は、ほぼ毎日ここで、自分で削ったハート型の石を人々に配りながらメッセージを伝えている人。

2年前にもハートの石をもらった事、
そして今でも大事に持っている事、

それらを伝えると、とても喜んでくれた。そして、

「今日は僕は、あの岩の上でフルートを吹くから、よかったら聞いていってね。」

そう言って、ロバートは岩に向かって歩き出した。

男性性の岩、ウォーリアーズ・ロックから流れるインディアンフルートのメロディーは、カチーナウーマンの女性的なエネルギーと融合し空中へ溶けていく、、、



d0167002_11090704.jpg


岩の上のロバートに向かって、心で感謝を伝え、さあ今度こそ帰ろうかと歩き出すと、、、

目の前にあらわれたのは、なんとラヒーリオ!?

これには、本当にびっくり!!!!

彼は何回も転生で出会っている人であり、私のアバターでもあり、、、

2年前に彼の主催するスウェットロッジに参加した体験は、私の中で忘れられない出来事の1つであり、、、

驚きと喜びで言葉を失ったまま、マジマジと彼を見つめてしまった。


d0167002_11082790.jpg

これはアバターたちからのサプライズ・プレゼント?

ー驚いたでしょ??

うん、ほんっと〜に驚いた!!

目に見えないアバターたちのクスクス笑いが聞こえてきちゃう。

思いがけないプレゼントをもらっちゃったね。

そして気がついた。

そうか!これは私の卒業証書だ。

2年前に決意して始めたことの第一段階が、ここで終了したねってことでしょ?

すると、またもや耳元にクスクス笑い。

卒業証書に赤いリボンをつけて手渡された気分!

そして、ここから再び始まる第二段階が始まるってことだね。

うん、わかった。OK!!

次回ここに来るのは、それを終了できたタイミングかな。




#5. Oak Creek

ピカピカ光る粒子が空中に飛び交うオーク・クリークは、セドナの清流。


d0167002_11584699.jpg


メキシコから続くインナートリップを思い返しながら、

ここで気づいたことを振り返りながら、

川のせせらぎを聞きながら、のんびり過ごす午後の時間。


d0167002_12003406.jpg


d0167002_12085249.jpg

旅の最終日に訪れた場所で、再び小さなミラクルが起こった。


d0167002_12055642.jpg

目にとまった銅板でできた女性の壁掛けを手にとって、レジに行ったときのこと。

不意に、レジにいた初老の女性に、とても個人的な質問をされた。

思わず顔を上げて彼女を見つめると、、、

!!!!

わあ、なんて懐かしい、、、

教師としての過去生で何回か出会っている人だと、すぐにわかった。

初対面のお客様に、普通はこんな話はしないのだけれど、、、

そう、彼女は前置きをしながら、日本で暮らしていたことや、その中で感じていた様々な事を話してくれた。

私がドラマセラピーを学びにアメリカの大学院に留学している事を知ると、彼女は目を輝かせて、そういうプログラムがあればいいと実はずっと思っていたの!と。

閉店間際の店内は、私たちだけ。

私たちの会話は、果てしなく続いた。

最後の最後に、彼女は両手で私の手を包み込みこう言ってくれた。

「だいじょうぶ。
あなたなら、きっと最後までやれるはずよ。
人生のタイミングって不思議なのよ。
私はあなたより人生の先輩だから、言わせてね。
情熱とやる気があれば、他には何にも関係ないのよ。
やれる人にしか情熱は宿らない。
私は、あなたのその夢が叶う日を待っているから。
そして、それを応援しているわ。」

思わず涙がこぼれそうになった。

彼女の言葉が、彼女のハートからまっすぐに私に入ってきたから。


d0167002_12231792.jpg

Changing Woman 〜 変容する女性。

また、出会ったね。

Changing never end, and it will continue to the future.

まだまだ変容は続いていくんだね。


d0167002_12464200.jpg


この旅は、メキシコで気付いたテーマに繋がる情報が次々に押し寄せて、理解と気づきが深まった旅だったなと思う。

満月の日、決定的に終らせることができたものがあった。

それは、決して意図的に仕組んだものではなかったのだけれど、、、

潜在意識の深いところから浮上してきて、はっきりと形を持って目の前に飛び出してきた。

過去生から延々と続く様々なものが、ロープの結びめとして見えてきて、、、

私は伝えるべき事をハートの中で言葉として伝え、そして、そのロープの結びめを切った。

ようやくこれで、それらに1つのピリオドを打ったんだなって思う。

そして、その後おとずれたモニュメントバレー。

そこで大事な気づきを得て、また新たなエネルギーをもらい、、、

その気づきに対する理解を深める体験をもらい、、、

また、ホピの村ではメキシコから続く過去生のドラマの幾つかが浮上し、、、

カチーナダンスと儀式によって、浄化の雨に打たれ、自分の中にある余計なものを一掃し、、、

再会する前の準備を全て整えてから、ようやくカチーナ・ウーマンに再会し、、、

そこで第一段階が終わった卒業証書を手渡されて、、、

オーク・クリークのほとりで、彼女と出会い、、、

自分の向かっているベクトルが間違っていないことを確信できた。


。。。やっぱり、すべて、1つの続き物だったんだね。

そして、まだまだジャーニーは続いていくんだなぁ。



d0167002_12584546.jpg


2回目のセドナの旅の、最後の最後は二人でセドナのお気に入りのレストランへ。


d0167002_13073416.jpg

互いのインナージャーニーに乾杯!

出会えた人々、出会えた体験に乾杯!!

そして、セドナに乾杯!!!

Thank you for everything, and I will see you again.



d0167002_13063755.jpg




・モニュメントバレーへアテンドしてくださったジョージKunugiさんのHP→

 2年前はレイクパウエル・ウェーブ・ホースシューベント・アンテロープキャニオンに連れていってもらいました。
大学時代からずっとアリゾナ在住のジョージさん、とにかく知識は半端なく素晴らしく、ごきげんな旅になること間違いなしです。



・ホピの村へアテンドしてくださったナナさんのHP→

 2年前はホピの岩絵・子宮の洞窟・妖精の泉・UFOの発着所、ウィンドケイブやキャセドラルロックに連れていってもらいました。
精神世界、大自然、ネイティブ文化などに深く理解をもたれており、オーダーメイドの旅を望んでいる人には最高です。



HPはこちらです。
→【
フェリシア* FELICIA Tokyo & New York
あなたが生まれてきた喜びを感じて生きていくために
アカシックリーディング&イシリス33メソッド































[PR]
by Dorothy-Naomi | 2017-06-26 13:01 | *Holiday | Comments(0)

2017 アリゾナ・セドナへ2度目の旅(1)



6月初旬、2年ぶりに踏んだ赤い大地。

今回もセドナを拠点に、姉妹二人の1週間弱の旅。

全く予想もしなかった事が次々に起こったり、番狂わせがあったり、、、
新たな出会いのように見えて、懐かしい再会もあったり、、、

最終的には、その順番で大正解だったという感じ。

「ああ、やっぱり全部つながっているんだ〜。」

この旅は、つくづくそう感じた旅だったな、、、


d0167002_10232734.jpg


仕組んだわけではないのに、2年前と同じタイミングで訪れることになり、、、

しかも到着した日は、なんと、またもや満月!



d0167002_10243767.jpg


2年前の6月の満月は、キャセドラルロックの上でドラムサークルに加わって、歌って踊って過ごしたなぁ。

そして、今年の満月は、、、

オーククリークの渓谷の調べを聞きながら。

静かな夜の闇に、優しく広がる月の光。

この旅の幕開けは、初夏の満月からスタート。


(以下はこの旅の個人的なキーワード&ノートです。)




#1. モニュメントバレー


この、あまりにも雄大な地を、どう表現したらいいんだろう。


d0167002_10391428.jpg

どこまでも広がる空の下、圧倒的な存在感で迫ってくる岩と大地。


d0167002_10524183.jpg


この中にいるとね、わかるよ。

過去も、未来も、そして今も、、、

起こっている事は全て同じなんだって事が。


d0167002_11003880.jpg


そして、私たちは地球に生かしてもらっているんだってことも。


d0167002_10542071.jpg


人間だけじゃないね、君もね。


d0167002_10590048.jpg


d0167002_11085730.jpg


自然界の精霊や神々に向かって祈ること。

そして、自分のために祈ること。

どちらも大事。

祈る事は、神の意に乗ること。

そして祈ることは、生きることと一緒。

本当の意味で自分の人生を生きるということは、、、

実は、神の意に乗ることと一緒だと思う。



d0167002_11262247.jpg



#2. ホピの預言の岩・儀式・カチーナダンスと天使


ホピ族の預言の岩は、 なにもない広い平原の岩場の中にあった。

預言は昔からずっと口伝で伝えられていたため、この岩に絵として預言が描かれたのは、つい100年ほど前の事。



d0167002_11543373.jpg

この岩絵に描かれているのは、とても示唆的な事柄ばかり。

氷河期やノアの箱舟をさすようなものがあるばかりか、2度の世界大戦についても描かれており、第三次世界大戦の可能性についても。。。

岩絵に描かれているものの大まかな内容は、以下のようなかんじ。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



・人類は今までに4つの世界を体験してきて、初めの世界は火で滅び、2つ目の世界は氷で滅び、3つ目の世界は洪水によって滅びた。

・今いるこの世界は第4世界。しかし、人々は二極化してしまっている。
上に描かれている人々は、物質的な世界におぼれ、驕り高ぶり、神への祈りや精神的な価値を忘れてしまった人々。下に描かれている老人のような人は、大地にトウモロコシを植え育て、神への祈りを忘れずに謙虚に暮らしている人間。

・マサウと呼ばれる創造主は、地下世界に住んでおり、このままでは再び「リセット」が行われると、道を求めてやってきた人々に告げている。

・マサウは全員に色の違うトウモロコシ(4種類)をあたえ、4つの集団に分け、東西南北へ旅するように散らせた。次々と脱落者があらわれたり、安住してしまうものが現れる中、最後までマサウの命令を守り、豊かな土地に安住することもなく旅をしてきたのがホピ族。

・マサウは彼らに平和の民(ホピ)という名を与え、この地で世界が最後を迎えるまで神に祈り、精神的に高い意識を保ちながら暮らすようにと伝えた。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


(基本的にホピの居留区では撮影は禁止なので、このブログには岩絵の写真はありません。)


d0167002_12544879.jpg


ホピの村を訪れる事になったのは、旅の1週間ほど前の事。

「来週、ホピの村でカチーナ・ダンスが行われるのですが、どうしますか?」

ナナさんにそう聞かれて、その場で「行きます!」と即答。

予定では2年前には行けなかった洞窟に、この日は連れて行ってもらうスケジュールを組んでいたのだけれど、、、

ホピという名前を耳にした瞬間、心臓がドキドキしだした。

しかも、いつ行われるのかは口外されない(しかも部外者は普通は絶対に入れない)ホピ族の居留区での儀式・カチーナダンスに参加できるチャンスなんて滅多にないこと。

このタイミングでやってきたチャンスを大事に、車で片道3時間のホピの村へ。

行く道すがら、ホピ族に関する説明を聞いて驚いたのは、彼らは実はメキシコのマヤ族の末裔だということ!!

では、なぜメキシコの豊かな土地を離れ、この何もない土地にやってきたのかというと、、、

「豊かな土地に住み、自然の恵みを自在にできる中に暮らしていると、人は力を持つ。力を持つと、人は権力抗争に走る。そればかりでなく、驕り高ぶり、ついには神への祈りを忘れて堕落してしまうから」

!!!!

メキシコのチチェンイッツァでアカシックにつながったとき私が感じていた「人間の愚かさ、悲しさ」や「傲慢さ」「矛盾」、、、

そういったバランスを崩した状態を、なんとか取り戻そうとした意識の高いマヤ人たちが、この何もない土地までやってきてホピとなったということ。

つまり、マヤとホピは繋がっており、、、

先日のメキシコへの旅と、この旅が1つのライン上にあるんだとハッキリわかった。



d0167002_13371873.jpg


ホピ族の銀細工師であるルーベンは、ナナさんの古くからの友人。

顔を見た瞬間、懐かしさで胸がいっぱいになり、古くからの魂の友の一人だということがわかった。

かつて神官だった過去生が何度かあるのだということも。

今日おこなわれる儀式にまつわる話を丁寧に説明してくれながら、ルーベンは個人的な話もたくさんシェアしてくれた。

思わずドキンとするような同一のような体験もあり、シンクロニシティ&シンパシーを強く感じた。

とても面白いことに、私はルーベンが話しだすより先に、彼が言いたいことが解ってしまい、、、

というのは、彼の言葉よりも先に、彼のハートから伝わってくるものの方が早く届いたからなのだけれど。

おそらく、私が言いたいことも言葉よりも先に伝わったんだろうな。



d0167002_13454410.jpg

ルーベンの説明を受けてから、儀式の行われている場所へ、、、

たくさんの人が屋根の上に乗っていて、家々の集まっている真ん中にある空間を見下ろしている。

独特なリズムを掛け声が響く中、私たちもハシゴに乗って屋根の上へ、、、

気温の高さと、人々の熱気と、あふれんばかりの人、人、人!

そして見下ろすと、そこには200人以上のカチーナ・ダンサーたち!!


d0167002_13533900.jpg


息子さんが作ってくれたホピ族の伝統的な食べ物だというランチを一緒にいただきながら、先ほどルーベンはこんな説明をしてくれた。



d0167002_00230964.jpg



『円になって衣装をつけて踊っているダンサーたちは神のお使いで、精霊たちを表しているんだ。

彼らが踊っているのは、雨乞いのため。

雨は生命の源。神から与えられる水は、すべての命の源なんだ。

でも、雨乞いは単なる生活に必要な水を欲しているばかりではない。

踊りの中央に、おかしな格好でふざけた行動をとる人々が出てくるから、よく見ていてごらん。

彼らはクラウンだよ。

クラウンは、堕落してしまった人間たちを象徴している存在でもある。

そして、彼らは他人ではなく、自分たち一人一人の中にいる存在でもあるんだよ。

つまりクラウンは、すべての人間の代表として登場しているんだ。

円になっているダンサーとは別の、お面をつけたカチーナたちは格が上のパワフルな存在たちなんだけれど、彼らはクラウンたちを観察しながら時折突っついたりするよ。

その突っつきは、早く目覚めよ!ということなんだ。

クラウンたちは、気づかずにそのまま愚業を続けている。

最後の最後に、生と死を司る一番パワフルなフクロウのカチーナが現れ、クラウンたちに最後の通告をする。

クラウンたちがようやく自分たちの愚かさに気づくと、上からバケツの水が何杯も何杯も降ってくる。

その水は雨の象徴でもあり、浄化の水なんだ。

雨は人の心を浄化させる。

それによって、人は再び神への祈りの道、精神的な道へと戻っていける。

ホピの民はそう信じている。』


。。。ほぼ1日続くカチーナ・ダンス。

炎天下の中、独特のリズムと鈴の音を聞いているとトランスしてしまいそうになる。

自分がダンサーなのか、ダンサーが自分なのか、どっちが自分なのか、、、

ゆらゆらしてくる頭と体、、、

バッシャーーーーン!!!

屋根の上まで上がってきそうな、水しぶき!!!

ダンスのフィナーレは、 クラウンたちに盛大に浴びせかけられる水・水・水!!!

屋根の下には、水まみれのビシャビシャのクラウンたち。

見事なくらい、びしょ濡れだね。

そして、彼らが私たち一人一人の中に住んでいる存在の象徴だとしたら、、、

私も今、浄化の水を全身に浴びたんだ。


d0167002_14443899.jpg


私がルーベンにオーダーしたのは、天使のペンダント。

わお★
祈りを捧げている天使★

「生まれて初めて天使を作ったから、デザインも試行錯誤したんだ」

「この天使の髪の毛は、実は雨の水の流れなんだよ。」とルーベン。


ありがとう、ルーベン。

あなたに今日出会えて、本当によかった。ありがとう。


d0167002_14233902.jpg

雨は天からのギフト。

すべてを浄化させてくれるもの。

天使は、雨を流れを髪に宿しながら祈りの手をあわせる。


*アリゾナ・セドナへの旅(2)はこちら→CLICK!




HPはこちらです。
→【
フェリシア* FELICIA Tokyo & New York
あなたが生まれてきた喜びを感じて生きていくために
アカシックリーディング&イシリス33メソッド































[PR]
by Dorothy-Naomi | 2017-06-25 14:57 | *Holiday | Comments(0)

メキシコへの旅2017(2)



#3.

メキシコシティ郊外のグアダルーぺ寺院。

予定にはなかったのに、ここを訪れることになったのは不思議な巡り合わせ。

世界最古のマリア出現説・「奇跡のマント」で知られる寺院だと知ったのは、本当に直前のこと。


d0167002_12520556.jpg

旧聖堂は1709年に建立。地盤沈下のために傾いてしまい、隣に立ったのが新聖堂とのこと。


d0167002_12562733.jpg

聖堂に足を踏み入れたとたん、それが合図だったかのようにパイプオルガンが鳴り響き、続いてミサが始まり、、、


d0167002_13055013.jpg

d0167002_13064718.jpg

マントの上に現れたマリア。

時を経ても布は朽ち果てることもなく、色が消えることもなく、今もここにあるんだね。

Hello, again.

奇跡って、、、

実は、外側から不意に与えられるものではないのかもしれないよ。

内側の深い深い部分で、それを真に信じている自分であれば、
自分の内側が、奇跡を呼ぶのかもしれないよ。

人には全然理解してもらえないものであっても、
どんなに突飛であっても、

自分が自分の内側で真に信じているものは、現実になる。

なぜなら、、、

宇宙は内側で信じているものを、いつでも全力でサポートするものだから。

そして、自分が出しているものが、いつでも自分に与えられるものだから。

そこに対して、意識的であるか、無意識であるか、という差だけなんだよね。

無意識であれば、突然やってきた現実を「奇跡」だと思うわけで、、、

実は自分が引き寄せたのだということに、気づいていないだけ。



d0167002_12554614.jpg

赤いバラの花言葉は、真実の愛。

真実の愛を心に灯している人には、真実の愛がおとずれる。



#4.


ピラミッドに関係する宇宙エネルギーの話や、金星との繋がりはこちらにも書いたけれど、少しだけ書き足しておこうかな。

太陽のピラミッドと月のピラミッド。

アカシックできた情報は、テオティワカンのピラミッドは2つで1つ。この2つのピラミッドはコインの裏と表。

d0167002_13491578.jpg


d0167002_13544753.jpg


上の太陽のピラミッドは公の行事を行った場所。
男性的なエネルギーで陽のパワー。


d0167002_13504908.jpg

こちらの月のピラミッドは儀式を執り行った場所。
女性的なエネルギーで陰のパワー。


d0167002_13514908.jpg

神や自然の力をリスペクトして生きてきたにも関わらず、権力や能力を手に入れると人は謙虚さを失っていってしまうんだなぁ、、、


d0167002_13535749.jpg

そして、神に捧げるのだという大義名分のもとに、自分自身のエゴが底にあることを隠して、他者をおとしめたり、さばき始めていく、、、


d0167002_13584211.jpg

でもね、そのサイクルで回っている社会は、どこかズレていってしまう。

必ずいつか崩壊してしまう。

どんなに高度な知識を持っていたとしても、、、

どんなに発達した社会を形成していたとしても、、、


d0167002_14032107.jpg

マヤ文明の遺跡、チチェンイッツァのピラミッド。

ここで、どれだけ多くの発明と発見がなされたか。

そして、どれだけ先端をいった知識や情報を人々は持ち合わせていたのか。

さらに、、、

そういった力のあるもの、能力のあるものは、どれだけ自分たちのエゴや隠匿を贖うために奴隷たちの命を奪い神に捧げたのか、、、


d0167002_14125952.jpg

雨乞いは、単に、生きていくために水が必要だったから行われたわけではなく、、、

同時に、魂の浄化のために水(雨)が必要だったのだということ。

それなのに、魂の浄化のための雨を降らせるために、またしても人の命を奪って捧げてしまうという人間の愚かさ、そして、悲しさ。


d0167002_14102184.jpg

時代を超えて、形を変えて、延々と繰り返されてきたこの仕組みは、けっきょく恐怖や不安や不信や絶望しか生み出せない。

そして、やがて滅びてしまう。


d0167002_14230486.jpg

d0167002_14271542.jpg

今後、愛や調和に向かって、どんどん人々の意識が変わっていき、、、

力や能力を何のために使うのか?について、人々が認識して目覚めていけば、、、

古代の人々の知恵も知識も、本当の意味で社会に生かされていくはず。


d0167002_14453076.jpg

d0167002_14461603.jpg


#5.


喜びも、悲しみも、切なさも、怒りも、、、

生きている体験の中で味わう様々な感情は、人生のスパイス。

どんな体験も、どのスパイスを使うかによって、味わい方が変わってしまう。


d0167002_14495508.jpg

d0167002_14502887.jpg

この料理はこの味でなくちゃ。。。なんて、決めなくていいかもしれないよ。

別のスパイスで試してみたら、全く違う発見があるかもしれないから。



d0167002_15115775.jpg


d0167002_15122001.jpg


d0167002_14534160.jpg

教会の屋根の上を歩くツアーに参加して、屋根から屋根へとテクテク。。。

高さが変わると、街の見え方がガラリと変わる。

恐いと思っていたことが、実は面白いんだな〜ってわかると、ゲラゲラ笑い出したくなっちゃったりする。


d0167002_14543193.jpg

自分の過去の出来事も、今難しさを感じているものも、、、

スパイスを変えたり、目線を変えると、全然違ったものに変身してしまうかもしれないよ。


d0167002_15100568.jpg


d0167002_15111464.jpg


朝日が綺麗に見えるのは、まわりの空が暗いから。

暗がりの中だからこそ、朝日は美しく見えるんだよね。

逆に言えば、光があるからこそ、闇は美しく見える。

どちらも存在しているからこそ、日の出は美しい。

光も闇もあるからこそ、地球は美しい。

私たちも、きっとそうだよね。

自分の中にある光も闇も、相手の中にある光も闇も、すべて美しいと受け入れられた時、きっと何かが変わっていくはずだよね。

鮮やかに明けていくカリブ海の夜明け。


d0167002_15132039.jpg



HPはこちらです。
→【
フェリシア* FELICIA Tokyo & New York
あなたが生まれてきた喜びを感じて生きていくために
アカシックリーディング&イシリス33メソッド










[PR]
by Dorothy-Naomi | 2017-06-24 15:23 | *Holiday | Comments(0)

メキシコへの旅2017(1)



アカシャからやってくる情報をたよりに、メキシコを旅してきたのは先月のこと。

NYからメキシコシティー&カンクンへの1週間の旅。

メキシコへの一人旅を決めたのは、実はこんな経緯から、、、

自分の気づきや思いが色褪せないうちに、個人的な覚書として。



d0167002_15414062.jpg



#1.


メキシコシティーの宿について、すぐに街に飛び出し、ディエゴ・リベラの描いた壁画を見に国立宮殿へ。



d0167002_23330577.jpg

d0167002_23375014.jpg
d0167002_23385340.jpg

d0167002_23412840.jpg

支配するものと、支配されるもの。

弾圧と服従。

人の歴史は、その連続だったりするけれど、、、

でも、実はその相反するものの出所は一緒だったりする。


d0167002_23435656.jpg

d0167002_23452956.jpg


#2.

フリーダ・カーロの絵画を最初に見たのは、いつだったろう。

ドクドクと脈打つように伝わる彼女のリアルな感情と、ストレートな表現。


d0167002_00023534.jpg


初めて見た時は、あまりの強烈さに息ができないくらいだった。


d0167002_00473297.jpg



d0167002_00475799.jpg

そして、目を離すことができなくなって、その場に立ち尽くしたのを覚えている。


d0167002_04363315.jpg


d0167002_04372904.jpg

d0167002_00005475.jpg

今、また、どうしてこんなに惹かれるんだろう。



d0167002_00292685.jpg


フリーダの生家、リベラと暮らした家、美術館などを回りながら、アカシックにつながってみた。


d0167002_00045739.jpg

この人生で彼女が決めてきたこと。

それは、「女性であることを全身でフル体験する」ということ。

更に分かったのは、、、

それを、「光の当たった角度からでなく、闇の角度から体験すること。」


d0167002_00340953.jpg


d0167002_04402210.jpg

恋人の殉死。子宮の損傷。度重なる夫の裏切り。実の妹と夫の不倫。恋人との蜜月。

何度も手術を受け、ボロボロになった肉体。

肉体と一緒に、ボロボロになっていく精神。

嫉妬。怒り。号泣。仕返し。背徳への後ろめたさ。官能への欲求。孤独。絶望。



d0167002_00345391.jpg


d0167002_04353753.jpg

愛を、もしも180度真逆からみたら?

それは愛ではないかというと、やっぱり愛だ。

愛に悶え苦しむ彼女の中にあるのは、醜さでも汚らしさでもなく、、、

それは、やはり愛という1つの側面で、、、

醜さも、汚らしさも、孤独の中の絶叫でさえも、、、

すべて美しい。

愛は、すべて美しい。

それをすべて体験し、受け入れて、絵画として昇華させていったのがフリーダだ。

私は、その真実に強烈に惹かれているんだ。


d0167002_00253088.jpg


d0167002_00270232.jpg


d0167002_00321989.jpg


彼女の最後の作品に描かれたのは、熟れたスイカ。

そして、絵の中にかかれたメッセージは一言。

人生万歳。

d0167002_00301360.jpg



HPはこちらです。
→【
フェリシア* FELICIA Tokyo & New York
あなたが生まれてきた喜びを感じて生きていくために
アカシックリーディング&イシリス33メソッド







[PR]
by Dorothy-Naomi | 2017-06-24 00:42 | *Holiday | Comments(0)

夏の旅★奄美大島の時間



少し前の話です。

夫婦で奄美大島に行ってきました。

ー当分は味わえない日本の夏休み、どこで過ごそうかな?

頭に浮かんできたのは、青く広い海と「奄美大島」の文字でした。

d0167002_19392376.jpg


たった2時間半のフライトで別世界へ到着。

この青のグラデーションの美しさ!

思わず歓声をあげて、海に突進!!

d0167002_19461388.jpg




レンタカーを借りてドライブ。

島内の幾つかのビーチを回りましたが、どのビーチガラガラでほぼ独占状態♫

海で泳いだり、本を読んだり、寝転んだり、

海の家もなく、パラソルもなく、屋台もなく、

目の前には、ひたすら広い広い海と空。

この中にいると、身体中が青く染まってていきそうな錯覚に、、、

できることなら、この中に溶け込んじゃいたいくらい幸せな時間でした。


d0167002_2013827.jpg



早朝のビーチでは、うわさのハートロックを発見!


綺麗なハート型なのが、わかるかな〜?


d0167002_20104362.jpg



午後の時間は、マングローブの原生林をカヌーで探検。


d0167002_2073470.jpg


1シーンごとに表情が変わる大自然を楽しみました。


d0167002_20121225.png



d0167002_2145992.jpg

海の幸、山の幸、滋味ゆたかな地場のソウルフード。

特に、鶏飯は一口食べてビックリ!

美味しいお食事に、心もニッコリ!


d0167002_20173294.jpg



d0167002_2017349.png



しっかりデザートも♫ 

パッションフルーツのクズシャリ(葛入りシャーベット)は絶品です(^^)b


d0167002_20202064.png

最終日に訪れたのは、加計呂麻を遠く望む岬。

島内を2時間半ドライブして、たどり着いたのは瀬戸町の蘇刈。


d0167002_20275771.png



魂は覚えているんだなって、

決して大事なことは忘れないんだなって、

こういうとき、本当につくづく思います。


d0167002_20301115.jpg




私は奄美大島には、幾つかの転生で関わっています。

スペインのバルセロナから船に乗って、インド、香港、中国をまわり日本へ。

九州を中心に、キリスト教の布教活動を九州で行っていた宣教師の過去生。

九州から奄美大島にもわたり、ここで暫く住んでいた自分を知っています。

また、それよりもさらにもっと古い時代では、、、

一族で大陸から東を目指して海を渡ってきた過去生。

長い長い旅路の果てに、志半ばに世を去った同胞たちも多くいました。

奄美大島は、ようやく日本へ私たちがたどり着く一歩手前の土地。

希望に満ちた明日への扉を開くための鍵のような、
最後のマイルストーンのような、

ここは、私たちにとってそんな場所。


d0167002_20472758.jpg



お互いの、今後にエールを送り合ってかんぱ〜い!!


d0167002_2046186.jpg


最終日、空港へ向かう車中のこと。

「見上げて!」という見えない存在からの声がして、上を見ると巨大な白龍が!

大空を悠々と泳ぎながら、そのまま空港までアテンドしてくれました。


d0167002_2050573.jpg



最後に飛行機の窓から見えたのは、縦に光る虹。

Rainbow Pole must be a sign from the heaven!

また一つ勇気の種をもらって、私も前に進んでいけそうです。


d0167002_20541454.jpg



HPはこちらです。
→【フェリシア*SALON DE FELICIA

あなたが生まれてきた喜びを感じて生きていくために
アカシックリーディング&イシリス33メソッド


Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444050.gif



Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)





[PR]
by Dorothy-Naomi | 2016-08-10 20:56 | *Holiday | Comments(0)

梅雨明け前・仙台での時間




6月の終わり、仙台の友を訪ねてきました。

彼女とはゲリーボーネル・ジャパンの本科5期で一緒になって以来の間柄です。

折に触れて再会する友人は何人かいますが、私にとって彼女はちょっと特別な存在。

いつも互いの持っているキーワードが、不思議に重なるのです。

そして、互いに、相手の語る内容がヒントになって、それぞれの向かい合うテーマが進んでいくようになっているようです。




d0167002_00034430.jpg

久しぶりに会う友の笑顔!

そして、優しいあったかいおもてなしの数々。


d0167002_00043715.png


掛け軸には
「相見 可々 笑」(友と再会し、ただほがらかに笑う)の文字。

彼女のハートが伝わってきて、じ~ん!

この日の夜は、明け方3時過ぎまで互いに語り合いました。


d0167002_00052961.png

深夜に響く透明なクリスタルボウルのサウンド。

体も心も、ふんわりと夜の闇の中に溶け出していき、、、

ぐっすりと眠りにつきました。


d0167002_00195361.png


レムリアのエネルギーが入った鉱物存在と対話したのは、その翌日のこと。

彼と(あえて彼とよびます)話をしたのは二回目でしたが、今回は予想以上に深い部分に切り込んでいくことになりました。

ー支配する側、支配される側。

ー簡単に「正しさ」にすり替わっていくエゴ

ー人としての尊厳とはなんなのか。

ー本当の意味での愛と調和とは。

「自分が最も見たくない恐れとは何かしっているか?」
「そこを見つめる覚悟はあるか?」

そう突き付けられたとき、そこから逃げ出すことも可能でした。

でも、分かったのは、「ああ、そこを見るために今回は仙台にきたんだな」ということ。

自分が望んだことしか、現実には起こらないわけで、、、

ならば、もう向かい合うしかない。


d0167002_00100430.png



覚悟を決めて臨んだつもりでした。

しかし、リアルに映し出される過去生の自分の体験のあまりの凄惨さに心が硬直し、停止状態に、、、

あまりに悲惨な状況に直面したとき、人は自分を狂気から守るために無感覚になってしまうのだと初めて知りました。

地獄の中にある不思議な静けさ。

次の瞬間、奥から感情の激流のようなものが一気に噴き出してきました。

自分から発せられる絶望的な悲鳴と、唸り声のような咆哮と、あふれるように出てくる涙。

どの位の時間、そうしていたのでしょう、、、わかりません。

息ができなくなるような時間の後、はっきりわかったこと。

それは、私が目指していることの中にある真の意味。

なぜ私が、こんなにも人の中にある深いものを解放したいのか?ということ。

そして、なぜ、そのツールとしてドラマセラピーを選んだのかということ。


。。。自分の魂に刻み込まれた生の声からきているものを、今はまだ、うまく言葉として表現できません。



私は、人としての尊厳を持っている人でありたい。

そして、相手の中に在る尊厳を認めている人でありたい。

自分の全体性の中で、愛と調和の中で、それを体現して生きていきたい。

それを確認できた出来事でした。

何も言わずに一部始終を聞いてくれた友は、黙って一緒に泣きながら抱きしめてくれました。


d0167002_00065020.png



この日は偶然にも、彼女の誕生日。

そして大祓いの当日と重なったことも偶然ではないんだろうな。

誕生日の友にささやかなプレゼントを渡した私ですが、逆に、それ以上もらったものの大きさといったら、、、

さらに、友からのサプライズプレゼントは、なんと!

クリスタルのペンダントトップ。

まるでミカエルの剣のよう!
なんて素敵なプレゼント★
もう大感激!!!

剣というのは、実は元来はメッセージの送受信の役割を持つ道具だったとか。

しかも、このクリスタル、手にもつとドクドク脈打ってあったかいんです。

頼もしい相棒と出会いました。

一緒にニューヨークに行き、たくさん人々とのメッセージの送受信のお手伝いをしてもらうつもりです。






d0167002_00393985.png


仙台から戻って迎えた蟹座の新月。

あちらに出す段ボールの荷作りも何とか終わり、私よりも一足先に荷物たちはアメリカに向かって旅たちました。

ようやく今、仙台での時間を大事に思い返しています。

東京は今日も梅雨空。

ぼんやり曇った空には雨雲が覆いかぶさっています。

でも、雨雲の向こう側に行くまでの時間があるから、気づけることもたくさんあるんだよね。

この時間が、たぶん今の私には一番大事なんだろうな。

梅雨明けまで、もうちょっと、自分の中で進行しているものを大事にしたいなと思います。



HPはこちらです。
→【フェリシア*SALON DE FELICIA

あなたが生まれてきた喜びを感じて生きていくために
アカシックリーディング&イシリス33メソッド


Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444050.gif








[PR]
by Dorothy-Naomi | 2016-07-06 00:27 | *Holiday | Comments(0)

春の旅・京都へ(2)



春の旅・京都へ(1)からの続きです。



d0167002_20010702.jpg


青空の下にスックと立つ、大きな大きな朱色の鳥居。

コントラストの美しさ、鮮やかな色彩に目を奪われます。

伏見稲荷大社は、全国に三万以上あると言われる「お稲荷さん」の総本宮です。



d0167002_20123556.jpg


狐さま方の、りりしいこと!

d0167002_20141486.jpg


子供のころ、私の実家には神棚がいくつもいくつもありました。

普通の家では考えられないくらい、多くの神様が一つの家の中に祀られていたんです。

子供のころは、それが普通だと思っていたのですが、友達の家にはそんなものはなく、、、

何だか我が家は違うのかな~?と思い始めたのは小学生のころでしょうか。

その神棚の一つが、お稲荷様をお祀りした神棚でした。

我が家のお稲荷さんは、とっても気さくで優しくて、、、

ひとりぼっちでお留守番をしていると、すーっと横にきて一人遊びを見守ってくれているのが分かりました。

我が家のお稲荷さんも、ルーツはこの稲荷大社。



d0167002_20195427.jpg


何本も続く千本鳥居。

なんだかタイムトンネルを抜けて歩いているような気分。

豊かさに対する祈り、成功や達成に対する願い。

古からの人々のそういった思いが、ここにはこもっています。

ー豊かさ、豊かであるということ。

ーそれは、きっと自分が自分をどれだけ認めているかってことだろうな。

ーそして、成功や達成はそれに付随してついてくる結果なんだよね。

そんな風に思いながら、立ち並ぶ鳥居の下を歩いていました。



d0167002_08283139.jpg

あはは!
鳥居と同化しちゃいました~


d0167002_08363597.jpg

ぶらぶら川沿いを歩きながら、街中へ。

夏のような日差しも、午後になって少しずつ柔らかくなってきました。



d0167002_08413807.jpg




d0167002_08531415.jpg


歩き疲れたなぁと思っていたら、辻利を発見!

この前を通り過ぎることができる女子は、なかなかいないのでは?

お抹茶たっぷりのアイスクリームの美味しさに、思わずニンマリ♪



d0167002_08575914.jpg

一泊二日と短い旅でしたが、とてもいい時間でしたよ。

日本人としてのエッセンス、それも確認できました。

10数年ぶりに訪ねた京都でしたが、いつもその時に必要なものと出会わせてもらっているなと感じます。

次に京都を訪ねるのは、何年後かな。

ニューヨークから帰ってきたら、また再びこの地を訪ねようと思います。



d0167002_09160678.jpg




HPはこちらです。
→【フェリシア*SALON DE FELICIA

あなたが生まれてきた喜びを感じて生きていくために
アカシックリーディング&イシリス33メソッド


Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444050.gif








[PR]
by Dorothy-Naomi | 2016-06-16 09:18 | *Holiday | Comments(0)

春の旅・京都へ(1)




少し前の話です。

先月の半ば、京都に行ってきました。

突然、スケジュールがポカッと空いた二日間。

「京都に行かない?」という夫からの誘いに、二つ返事でYES!

思わぬタイミング&プレゼントに「やったぁ」!

それぞれ日中の仕事を終えてから京都に向かい、待ち合わせをする約束をして新幹線に乗り込みました。




d0167002_20420450.jpg

京都について真っ先に訪れたのは、鞍馬山&貴船。

京都ーと聞いた時から、パッ!とおりてきた地名です。

鞍馬に向かう電車に乗り込むと、、、遠足かな?

車内の児童たちのにぎやかな声をBGMに、車窓から見える眩しい新緑を楽しみました。

電車を降りると、、、駅前では大きな天狗どのがお出迎え。


d0167002_20384149.jpg

さあ、これから鞍馬山の上にある鞍馬寺に向かいます。

ケーブルカーもあるそうですが、、、、

案の定、運休!

「やっぱりね~」


d0167002_20435593.jpg


なぜか、私が行こうとする山頂のお寺は、「自分の足で登る」ことになってしまいます。

「ケーブルカー故障」「ケーブルカー運休」という文字を何度今まで目にしたことか、、、、(^^;)

ーま、いっか。とにかく、ここは登れってことね。はいはい。

意を決して登り始めてみると、、、ややや、、、ナカナカどうして、、、

途中からは石の階段もなくなって、完全な山道!

これが結構な坂道の連続で、初めの軽口はどこへやら。

徐々に無口になって行く私。

もう、とにかく必死になって登って、登って、、、

ようやく鞍馬寺に到着~~~!


d0167002_20373270.jpg


この清々しい空気!

ここまで来てよかったぁ~(>▽<)b



d0167002_20465746.jpg

この日の鞍馬寺は、ほとんど人もおらず、とても静かな空間でした。

境内は、とても輪郭のハッキリとした男性的なエネルギーに満ちています。


d0167002_11304095.jpg

狛犬ならぬ、狛トラさんたち。


d0167002_11320634.jpg



ご本殿の前には、このような石で出来ている模様があります。

六芒星が見えますか?


d0167002_11082501.jpg


ここに来ると分りますが、このスポットは異空間。

地球・ガイアからのエネルギーと宇宙・ユニバースからのエネルギーの柱が建っているのです。


真ん中に立ってみると、、、

むくむくっと、何とも言えない気持ちよさと喜びが内側から湧いてきて、、、

思わずこのポーズ!!


d0167002_11252463.jpg


ここで初めて気づきましたが、この数日後はウエサク祭でした。

金星、サナトクマラともご縁の深い鞍馬寺。

すでに満月を迎える気に満ち満ちて、いろいろな存在たちが集まってきているのを感じましたよ。



d0167002_11374616.jpg

しばらく鞍馬寺での時間を過ごしたあと、

今度は鞍馬山を下りながら、貴船へと向かいます。



d0167002_11361645.jpg


水が湧きだす場所には、こんなマークが。

ケルト文化やネイティブアメリカンの文化でも水を表すマークはいくつかあります。

このマークも、その一つ。

世界各国で似たようなマークとして水があらわされているのは、本当に面白いな~



d0167002_11460592.jpg

なんともいえない独特な磁場が続きます。

去年、セドナに行ったときに随所でみかけた木々の形と同じく、ここでも木々がねじれ曲がっています。

ボルテックスのパワーによって、ねじれてしまうんですね。



d0167002_11500419.jpg


うっそうとした木々の中、ずんずん山を降りていくと徐々に水音が響いてきました。

この日の京都は30度超えの暑さ。

耳に響く水音に、思わず「やった!水だ~!」と声が出てしまいます。

山道を道路まで降りていくと、目の前にあるのが貴船神社です。


d0167002_11545249.jpg

d0167002_11573486.jpg

新緑に朱色の灯篭が映えて、何とも言えない美しさ。

流れる水音を耳にしながらながら、ご本殿へ。


d0167002_11585639.jpg

鞍馬寺とは対照的な、ひじょうに女性的なエネルギーに満ちた空間。

ただ呼吸しているだけで、気持ちがスーッと穏やかになってくるのを感じます。



d0167002_12033731.jpg


水に濡らして吉凶を占う、水占みくじに挑戦してみました。



d0167002_12120698.jpg


d0167002_12044316.jpg

水に濡らすと、、、

おお!濡れた紙の中に言葉が浮かび上がってました。


d0167002_12063027.jpg

結果はというと。。。「中吉」!

勉学→「さらに勉強せよ。」ですって!!

ひゃ~、言われちゃいましたね。

「ハイ!確かに、NYUでドラマセラピーをシッカリ学んできまーす!」

神様としっかりお約束★

私は貴船神社とは、とてもご縁が深いようです。

そんなことも、この場所に繋がった理由なんだなぁと思います。


d0167002_12143397.jpg

すでに、貴船名物の川床も出ていましたよ。


d0167002_12103537.jpg


なんとも言えない、川のせせらぎの音。

街へ戻るバスを待ちながら、しばらく川辺で水音に聞き入っていました。

浮かび上がってきたのは、調和=ハーモナイゼーションという言葉。

自分の中の男性性と女性性。

自分の中の、打ち出す力と受容する力。

鞍馬と貴船は、いわば二つのエネルギーが溶けあって調和している場所。

ー私はきっと、自分の中のバランスをとりたくて、この地に惹かれたんだな~

そんな風に感じました。



d0167002_12381928.jpg

d0167002_12380376.jpg


この日の夜は、京都の街中の町屋を改装したレストランでカンパイ!

夜の鴨川沿いを歩きながら、春の宵を味わい、ぐっすりと眠りにつきました。




HPはこちらです。
→【フェリシア*SALON DE FELICIA

あなたが生まれてきた喜びを感じて生きていくために
アカシックリーディング&イシリス33メソッド


Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444050.gif















[PR]
by Dorothy-Naomi | 2016-06-15 12:31 | *Holiday | Comments(0)

台北へ姉妹二人旅★2016 



昨年末からの「旅の時間」は、まだまだ続行中です。

北海道、ソウル、そしてスペイン、チェコ、オーストリア。。。


さらに、先月半ば過ぎは姉妹で台北へ。


d0167002_14212642.jpg

私にとっては三度目の台湾です。

初めて訪れたのは、今から数年前のこと。

やはり姉妹二人旅でした。

そして、家族で台湾を旅をしたのは二年前。

今回の台北は、再び姉妹二人旅。


d0167002_16283041.jpg

毎年、互いの誕生月のある1月~2月に新年会&誕生会を合体させて「新誕会」を設けている私たち。

今年は、今後につながるもの&インスピレーションを得るようなものをプレゼントしたいと思っていました。

いろいろ考えた末に私が選んだプレゼントは「旅する時間」★

幾つかの候補が上がりましたが、最終的に台北に決まりました。

旅の時間は特別な時間。

その時々の旅のメンバーの共通のテーマによって、訪れる場所も、出会うことも、気づきも変わっていきます。

なんとなく、初回の旅のタイミングでスタートしたお互いのインナートリップが、ようやく終着点に辿り着いたりような。。。

そんな旅の時間になったなと感じています。


d0167002_18384164.jpg



d0167002_14251099.jpg

旅の時間、二人でいろんなことを話しました。

チョット進んで、また戻って、しばらく立ち止まって...

でも、また勇気を出して歩き出して...

人生は、そんなことの繰り返しだけれど...

その時間の中で、深まっていく理解や赦しや、解放があるんだよね。

そこに至ると、今までの滞りが嘘のように一気に目指すものへと進んでいく。

あぁ、人生に余計な事なんて何一つ起こらないんだなぁ、って本当に思います。



d0167002_14255009.png



d0167002_14261967.jpg


d0167002_14395306.jpg


のんびりとコトコト走る平渓線に揺られて、郊外の街へ。

提灯あげを行ってきましたよ。

それぞれの願い事を大きな紙製の提灯の全部の面に筆で描いて、両手で抱えて空へと打ち上げ!


d0167002_14364988.png

d0167002_14375723.jpg

空高く、とんでいけ~~~~!


d0167002_14383217.jpg


d0167002_14391839.jpg

自分に100%自信がある人なんて、たぶん一人もいないのかもしれない。

でも、やってきたことも、体験したものも、全てがあったからこそ「今の自分」になっているんだよね。

それが、その人でしか出せない一つの個性・魅力なんだなって思います。



d0167002_15014791.jpg




そんな自分に「いろいろあったけれど、結構よくやってきたよね。がんばってきたじゃん!」

そう声をかけてあげることは出来るはず。

自分が自分の応援団で、最大の親友だからこそ、強くなっていけるんだよね。

誰かや何かに強くしてもらうんじゃないんだよね。

自分が自分を認めてあげること、味方になってあげること。

それが、あるからこそ前に進んでいけるんだなぁとも感じています。



d0167002_15021080.jpg

d0167002_15022173.jpg

とても面白かったのは、宿泊したホテルが、過去生で私が定宿にしていたホテルだったこと。

実は最初に宿泊予定だったホテルがシックリと来なくて、ピンときたリビエラ・ホテルに変更したのです。

聞くと、このホテルは、昔から欧米人の宿泊が多いことで有名なホテルとのこと。

ホテルの中に足を踏み入れると、スーッとアカシックに繋がっていきました。


d0167002_15180271.png

懐かしい思いがこみあがってきます。

勿論、ホテルの中の様子は当時とは変わっていますが...

ホテルの近辺の様子も、近くのお寺も、見覚えのある景色ばかり。

私が台湾に最もご縁のある過去生は、イギリス人男性として淡水の領事館長を務めていたときのものです。

台北に用事があるときは、ここを定宿にしていたのです。


d0167002_18584489.jpg



一度繋がると、どんどんアカシャからの情報がおりてきます。

また、仕事のついでにスーツやワイシャツを仕立ててくれる贔屓のテーラーに立ち寄っていたのだと分りました。

当時は外国人向けの洋品店は、台北にしかなかったのです。

そのアカシャからの情報に繋がったとき、同時に傍にいた妹も同じ情報に繋がり...

二人で同時に分かったことは...

妹は過去生においてテーラーを営む女主人であり、ひじょうにパワフルで聡明な女性だったということ。

私は顧客の一人として、また友人として、家族でお付き合いをしていたこと。

そして、その店のあった場所はホテルから直ぐのお寺の近くであったこと。



d0167002_15305550.png

ーああ、だから、行きたいと思ったんだね。

今回なぜか行きたいなと思った場所は、ホテルのある界隈と、布地問屋が集まる街、そこにある人形博物館でした。

街を歩いていくと、ますます情報がおりてきます。

この問屋街で女主人は布地を仕入れ、工場で職人たちに西洋式のスーツやワイシャツを作らせていたのでした。




d0167002_18480767.jpg

イギリス人だった私は、今と変わらず、かなり好奇心旺盛な人間だったようです。

テーラーの女主人(妹)に案内されながら、洋服仕立ての現場を見たり、布地を選びに問屋へと足を運んだようです。



d0167002_15423151.jpg

d0167002_18503337.jpg


昔ながらの建物が並ぶ問屋さんの街、庶民の街、迪化街。

そこに住む人々のぬくもりが感じられる街の様子。



d0167002_19035565.jpg


d0167002_15473128.png


d0167002_18544384.jpg


台原亜州人形博物館は、この街のはずれにあります。


d0167002_15494516.jpg

中に入ると、職人さんの人形創りの作業現場があり、、、

操り人形や、指人形、抱き人形などなど

東洋&西洋の人形たちや、人形芝居の車や舞台までもが、ギッシリと展示されています。


d0167002_15580903.png

d0167002_15571523.jpg



d0167002_15591348.png


うわ~お!!!

人形が大好きな私たち★

しかも、妹は人形作家です。プロとして刺激されるものがたくさん展示されていて、もう大興奮!

思わず歓声がもれます。

しかも、なぜか見学者は私たち二人だけ。

この贅沢な空間に、二人でたっぷりと浸りました。


d0167002_15574825.jpg

一階から順にじっくりと見て周っていくうちに、徐々に不思議な感覚にとらわれてきました。

全ての展示物を知っているのです。

そして、全ての室内を知っているのです。


d0167002_15572746.jpg



ー私、前に一度この建物の中を歩いている。

内側から沸き起こるザワザワとした思い。

ーどこで?


d0167002_15595378.png



サッと部屋の空気が変わり、不思議な色に光る光線が部屋中に広がっていき…

その光は人形たちと私たちをグルグルと照らしはじめました。

胸の動悸が早くなり、クラッっとくるような感覚と一緒にバーッと自分の中に流れ込んできた確信。

ーもしかしたら......そういうこと?

それが本当に確かならば、このフロアーの真上は4階で屋根裏部屋のはず!

ドキドキする思いのまま階段をのぼり、上の部屋経上がっていくと...


d0167002_15592801.png

そこは、屋根裏部屋でした。

そして4階でした。

ここは、私が以前に自分の夢の中で訪れた「屋根裏部屋にいたドロシー」が遊んでいた場所。

その空間そのものがそこにありました。


d0167002_16001218.png

たった一つ違っていたのは、、、

お人形遊びをしていた少女はおらず、その代わりに部屋の中央に置かれていたのは、大きな人形の劇場だったということ。


劇場ーTheater★

ーここからは、あなたがあなたの舞台の中央に立ってやっていくのよ!


暫く、声を出すことも動くことも出来ませんでした。

雷に打たれたような衝撃と、疑いようのない核心と、抱きしめられるような感覚に飲み込まれていました。

どのくらいの時間、自分がそうしていたのか分かりません。

ゆっくりとドロシーからのメッセージが、身体全体に広がっていきました。

私は、たぶん、ようやくドロシーを自分の中に統合できたのだろうと思います。


d0167002_19000943.jpg


博物館を去る間際、ふと上を見ると

そこには天使の像。

出口には、なぜか値札の張られていないピーナッツの絵ハガキ…

二人で思わず顔を見合わせ…!!!!

妹はピーナッツを素材に使った人形も手掛けています。

彼女にとっても、ここを訪れたことは大きな出来事だったようです。

この、アバターたちからのしゃれたプレゼントには、二人で笑い出してしまいました。




d0167002_15214478.png


旅の最終日、ホテルから直ぐのお寺に二人でお参りに行きました。


d0167002_16223468.png

今回の旅でお互いが得た数々の大事な気づきと、

長い間ずっと待ち続けてくれていた目に見えない存在への感謝と、

今、こうして今の関係を大事に思っていられることについて、、、

そして、今後、互いが進んでいきたいと思っている道について、、、

しっかりと手を合わせてお祈りしてきました。


d0167002_16293725.png


d0167002_16300722.png

ベストなタイミングで全ての物事はあるんだな~と、つくづく思います。

この台北での時間の中で得たものは、一つのマイルストーンなんだろうなとも感じています。

ありがとう、台北。

次に来るときは、どんな私たちでいるのかな?


d0167002_18365589.jpg





HPはこちらです。
→【フェリシア*SALON DE FELICIA

あなたが生まれてきた喜びを感じて生きていくために
アカシックリーディング&イシリス33メソッド


Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444


Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)







[PR]
by Dorothy-Naomi | 2016-03-14 16:53 | *Holiday | Comments(0)

ヨーロッパへの旅8★オーストリア・ウィーン







#8.オーストリア・ウィーン


一体どこから、話し始めたらいいんだろう。

今回の旅の最終地であり、私たちの25周年記念のメインテーマと繋がる場所、ウィーン。


d0167002_23442503.jpg


d0167002_00043405.jpg


d0167002_01583407.jpg


d0167002_00053778.jpg

d0167002_02010005.jpg

d0167002_02034273.jpg


近すぎもせず、遠すぎもせず、

今の自分の内側と、ちょうどいい惹き合い方&バランスで再会できた街。



d0167002_00095516.jpg

d0167002_00113129.jpg

d0167002_00134241.jpg


本当は、まだもうちょっと、この街で感じたことを自分の言葉で語るには時間が必要なのかもしれない。

でも、一つだけ言えることは...


今までの旅の中で得た体験の全てが、ここに繋がるための流れだったんだなってこと。



d0167002_00175278.jpg


d0167002_00193470.jpg


d0167002_00240005.jpg


王室礼拝堂での日曜ミサ。

この場所でのミサは、今回の旅の中でも忘れられない大事な思い出の1ページ。



d0167002_00260182.jpg

d0167002_01274374.jpg


d0167002_00284067.jpg


d0167002_01291075.jpg



天使の歌声を聴かせてくれたウィーン少年合唱団のメンバーと、記念にぱちり!

少年だったころの我が家の大1Boyの姿と重なり、なんだか二人そろってジーン…



d0167002_00304254.jpg


d0167002_00320842.jpg

ハプスブルク家の本拠地、シェーンブルン宮殿。


d0167002_00354267.jpg

ハプスブルク家の歴史を、静かに見続けてきたパレス。

たくさんの人々の思いが紛糾して渦巻いていたパレスも、今はその役目を終え、静かに呼吸を繰り返している。


d0167002_00370716.jpg

皇妃エリザベートが愛したプライベートガーデンに咲いていたのは、鮮やかな一輪の一重のバラ。


d0167002_00394253.jpg


ハプスブルク家の夏の離宮、ベルベデーレ宮殿。


d0167002_00491384.jpg


d0167002_02132750.png



d0167002_02145341.png


私自身としてクリムトによって描かれた作品は、運命のいたずらで今はNYにあるという不思議さ。

そして、このタイミングでクリムトの特別展が開催されていたのは…

運命のいたずら?それとも、粋な計らい?



d0167002_02160083.png



d0167002_02153620.png

そして、行きつく場所にはきちんと行き着いてしまうという不思議さ。


d0167002_01022749.jpg


この場所は、過去生でも私たちが夫婦として暮らしていた場所。



d0167002_01161329.jpg


その転生での私たちは、裕福ではありましたが子供のいない夫婦でした。

そして、その頃の私は、かなり時代の先端を生きていたクリティカルな女性。

自宅に文芸家や革新派の芸術家たちを招いては、日々とがった論議を繰り広げていたようです。

その反面、児童擁護の活動など、女性や子供のための社会活動にも積極的に加わっていた人物でした。

望んでいたのは、時代の向こう側へ走り抜ける自分。



d0167002_01203117.jpg


早逝したその時の自分の転生の分まで、今回は走り抜けようか。

Yes☆ Break through!


d0167002_01242231.jpg


自分を信じることができれば、何とか出来るんじゃないかな。

今の私は、そう思えている。


d0167002_01352281.jpg

d0167002_01363621.jpg


d0167002_01144146.jpg

d0167002_01320816.jpg

d0167002_01333738.jpg


d0167002_01382053.jpg

旅の最終日、目覚めたのは夜明け前。

ホテルの窓から見えた空があまりにも美しくて、

目をそらす時間がもったいなくて、

そのまま、ずっーと窓の外の空に見入っていました。


d0167002_02171057.png

d0167002_02173241.png

d0167002_02182224.png


私たちの今後、まだまだ展開していくんだろうな。

お互いが目指す道は遠く長く続いていくけれど、

何が飛び出てくるかはわからないけれど、

それもまた、人生のお楽しみ!



d0167002_02190854.png


一瞬一瞬がギフトだよね。

だからこそ、かけがえのない今を大事に生きていきたいな。

この旅で出会えたこと、出会った人、その全てに心から感謝★

さぁ、次への扉を開けに行こうか。

Open the next door and let's step forward!

向かっていく先は…

もちろんJOY★★★★



d0167002_02201755.png




HPはこちらです。
→【フェリシア*SALON DE FELICIA

あなたが生まれてきた喜びを感じて生きていくために
アカシックリーディング&イシリス33メソッド


Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444


Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)







[PR]
by Dorothy-Naomi | 2016-02-24 02:04 | *Holiday | Comments(0)