<   2011年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

【木を植えた男。】フレデリック・バック展



先日、一人で久しぶりに東京都現代美術館に行ってきました。
木を植えた男。フレデリック・バック展

d0167002_12471765.jpg



この半年間、実はある課題にずっと向き合っていました。

自分が納得できるところまで仕上げたあとに、
この展示を見に行こうと密かに心に決めていたのです。

今日は自分から自分への「ささやかなご褒美」Day★

9月の半ばも過ぎたというのに、蝉が大合唱する残暑の中
はやる心をおさえて会場に向かいました。

フレデリック・バックの絵を初めて見たのはいつだったでしょう?
何かの番組で彼のアニメーション見たのが、初めてだったと思います。

あたたかくて、繊細で、そしてユーモラスで、ナイーブで....
一目見た瞬間、私の心は彼の創り出す世界へと連れていかれました。

フランスから単身カナダへ渡り、出会ってナント三日目に長く文通を続けていた
夫人にプロポーズしたこと。
画家としてだけでなくアニメーション、舞台芸術なども手がけている芸術家だということ。
......彼の今までのエピソードも経歴も、とてもユニークです。


会場に足を入れるとすぐに【木を植えた男】の大きなスクリーン。
映像が順を追って次々に映し出され、朗読と音楽と響いてきました。

d0167002_12475773.jpg


バックの代表作でもあるこの作品は、ジャン・ジオノの原作が元です。
5年半の歳月をかけて2万枚もの作画をして作り上げたとのこと。

原作を読んで深く感銘を受けたバックが、彼の才能によってアニメーション化
したことで、より一層作品に輝きを与えていると思います。

この物語を読んで心を揺さぶられたバックは、しかし、主人公が実在の人物ではない
と知って失望し、一度はやめにしようと思ったとのこと。

しかし、彼は思い直します。

「そうだ、この地球ではあちこちに、この物語の主人公のように
奇跡を起こそうと頑張っている人間がいるじゃないか!」

そうして5年半の年月の末、世に出たこの作品は前作【CRAC!】
に続きアカデミー賞を受賞。

さらに、なんとバックの願い通りに「ある奇跡」をもたらしました。

アニメーションに感銘を受けた人々が、世界中で次々に植樹運動を
始めたのです★

スクリーンに映し出された作品を見ながら、私は主人公さながらに
「奇跡をもたらすタネ」を植えたフレデリック・バックという人間の
大きさに打たれていました。

d0167002_124836100.jpg


この日、もう一つ楽しみにしていたのは【CRAC!】★
私が初めて出会ったバックのアニメーションです。

自身の長女のアイディアをもとに仕上げたというこの作品は
一脚のロッキングチェアの運命が描かれています。

私が初めてこれを見たのは大学生の頃。
フレデリック・バックの世界に引き込まれました。

今、こうして結婚して母親となった私。

改めて作品を見ているうちに、あの頃とは別の思いが胸に
湧き上がってきて.......気が付けば泣いていました。

こうして年を重ねるごとに、彼の作品は見る人に新たな
別の感動を与えてくれるのだと思います。

美術館の一階のホールにおかれていたのは、なんと【CRAC!】の
あの青いロックングチェア★

d0167002_1249257.jpg


こちらは、CRAC!の中の、私のお気に入りのシーンの絵。
小さな坊やとロッキングチェアが、いかに親密で信頼しあっている関係であることでしょう。

中3になった我が家の少年Nの、幼かった頃と重なります。

d0167002_1250142.jpg


ロッキングチェアから、伝わってくる優しい想い。

たくさんの人々の思いを自分の上にのせて、
静かに笑ってるように見えました。


気が付くと3時間以上も美術館の中にいました。

一つ一つの作品から伝わってくるのは、地球と地球に住む人間への愛★

【大いなる河の流れ】以降、自然保護団体の活動にも協力しながら
87歳の現在も創作活動を続けているフレデリック・バック。

彼の作家としての姿勢だけでなく、人間としての生き方が伝わってきます。


素敵な「ご褒美」を満喫して、自宅にもどった後のことです。

自宅の留守電に一つのメッセージが入っていました。
あまりのタイミングに、心臓がドキンとました★

なぜなら、「今の課題が終わったらあなたが向かうべきものはこれです!」
と、チャネリングで受け取っていたメッセージそのままだったからです。

そのメッセージは、まさに「向かうべきもの」からの電話でした。

少し考えてから、その仕事を引き受ける旨のお返事をしました。

きっと、こうしてフレデリック・バックの絵を見た後に電話が
かかってきたことも偶然ではないのでしょう。

私に次に与えられた役目は....未来のタネを植えていくこと★


できるかな?
できるさ!
できないことは、与えられないよ。
とにかく、やってみよう。

初秋の空に向かって、ゆっくり深呼吸しながら
次の目標へと足をすすめていこうと思います。



Love Yourself & Your Life⇒【Felicia Spiritual Salon
Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444050.gif

★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ 美術館、博物館、ミュージアムへ美術館、博物館、ミュージアム
にほんブログ村 トラコミュ 東京とアートへ東京とアート
にほんブログ村 トラコミュ 日常の小さなできごとを愛する生活へ日常の小さなできごとを愛する生活

Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村
[PR]
by Dorothy-Naomi | 2011-09-24 12:56 | *Art & Theater | Comments(0)

バリ島*旅のプライベートスケッチ2


心の旅123、そしてプライベートスケッチ1
......と続いてきたバリの旅日記。いよいよこれで最終です。
今回はバリ・フードや極上ティータイム、おススメ土産などを紹介したいと思います(^^)

d0167002_14512363.jpg



★バリ・フード

バリ・フードと言えば、やっぱりこれでしょうか!
ご存知ナシゴレン★

d0167002_1452575.jpg


d0167002_14525718.jpg


バリ風チャーハンですね。
サティと呼ばれる焼き鳥、エビの揚げせん、玉子料理が必ず添えられます。

私はバリに来て初めて食べたのですが、これが本当に美味~!
ピリッとした唐辛子とニンニクのスパイス「サンバル」が決め手でしょうか?

山下マヌーさんの「一週間バリ」によれば、もとはチャイニーズフードということですが
「バリの家庭料理の一つだよ。大好き!」と現地の人もいうくらい、すっかりバリの中に
根付いているようです。


そして、こちらはミーゴレン:バリ風焼きそばです。
甘辛いソースで、ちょっと照り焼きソースに似た味付けの麺。

d0167002_145442.jpg


バリ・フードと合わせるなら、大人はやっぱりビンタン・ビール!
これでキマリです★
少年Nはフレッシュなマンゴージュースでカンパ~イ!

d0167002_14551713.jpg


ウブドのレストランの庭先に、こんなサボテンを発見!
よく見ると名前だらけ。。。。

d0167002_14563458.jpg


「また、ここに来られますように!」と各国の旅行者が、サボテンに
名前を彫っていくのだとか。
うふふふ、とお店の人も笑っていました(^^)

d0167002_14574673.jpg



★極上のティータイム

最終日、夜のフライトまでの午後の数時間をセントレジス・ホテルで過ごしました。

d0167002_14584972.jpg


d0167002_1501570.jpg


セントレジス・ホテルは、バリでも最高ランクのホテルです。
洗練されたサービスで、アフタヌーン・ティを頂きました。

d0167002_1513544.jpg


d0167002_154949.jpg


潮風と緑の空気の中、バルコニーでいただくお茶は、最高の気分★
時間を忘れて、ゆったりと午後の数時間を過ごしました。

三時過ぎにはバルコニーも室内も、席が全て埋まってしまいます。
私たちは当日の朝に予約をしてから、向いました。

ピアノの生演奏を聴きながら、是非、極上の楽園ティータイムを
味わってくださいね。

そしてティータイムのあとは、庭をぬけて広いプライベートビーチへ...
雄大に広がるインド洋を、ながめて深呼吸。

d0167002_9282883.jpg


体の奥からバリの豊かな空気を感じてみてください★



★バリのおススメ土産

バリコーヒーも美味だし、ナチュラルソープも、アロマも素晴らしいのですが
今回のバリ旅行で、私のハートに響いたのは以下の二つ。

(1)アタという植物で作られる、アタ・グッズ。

ウブドの外れにある工房&店舗 BALI HANDY。
アタの作品工程を説明して、実演してくれます。

d0167002_1554740.jpg



ここではランチョンマットやコースターなどを買いました。
市価の60%くらいです。
日本で売られているものと比べると三分の一のプライス。

d0167002_1564711.jpg


d0167002_1575717.jpg


d0167002_1585891.jpg


一つ一つ手作りゆえ、微妙に大きさが違うのはご愛嬌。
丈夫でナチュラルであるだけでなく、なんともいえない味わいがありおススメです。


(2)ガムラン・ボール

あの楽器のガムランと同じ素材で作られている、丸い可愛いガムランボール。
手でゆらすと、小さな可憐な音が鳴り響きます。

d0167002_1511349.jpg


d0167002_1595747.jpg


これは幸せと健康のお守り♪
ペンダントにしてもよし、携帯ストラップにしても可愛いです。
お値段は、バリのショッピングモールの70%くらいでした。
お店の名前はYanYan、ウブドから少し離れたところにあります。

d0167002_151249.jpg


一つ一つ丁寧に繊細に作られているガムランボール、私も自分や家族のために
模様や音を選びながら、いくつか購入しました。

可愛いケースにいれて包んでくれます。
満月の夜に鳴らすと、幸福が訪れるそうですよ。

d0167002_15222885.jpg



★現地での手配

今回、現地での手配をお願いしたのはスカスカバリです。

スタッフのサナエさんは、とても気持ちよく応対してくれました。
バリ初心者としては、とても心強かったです(^^)

私たちは家族三人で自由に行動したかったので、マイクロバスを数日チャーターして
行きたい場所に連れて行ってもらうようにお願いしました。

マイクロバスに一緒に乗ってくれたのは、デンパサールの日本語学校で語学を
マスターしたマンちゃん、そして美人の奥さんがいるというギッちゃんです。

マンちゃんは、おだやかな好青年です。
日本のことにも詳しく優しいお兄さんガイドさんでした。

ギッちゃんは、とにかく日本語が非常に堪能!
バリ文化や歴史の説明も分かりやすく、素晴らしかったです。

運転手のクニさんは、「ハスの花が見たい」という夕方の帰り道の
リクエストにも応えてくれる優しい人柄のドライバーさん。

上記のウブドでのアタグッズやガムランボールの工房での買い物も、
リクエストすれば連れていってくれます。

すてきなバリの休日をサポートしてくれました。
次回もぜひ、バリに行くのであればお願いしたいと思っています。
スタッフのみなさん、本当にありがとうございました★

d0167002_15153374.jpg



一週間のバリでの休日。
それは本当に大きな時間でした。

あの国でもらった大きなエネルギーを体いっぱいにチャージして、
この秋からの新たなスタートへ、一歩足を踏み出していこうと思います。

d0167002_15142651.jpg


一人芝居とドールアートの世界⇒【The Moon Light Grove~月あかりの森
 
Twitter ID⇒@NaomiTMLG

★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ 旅行情報局へ旅行情報局
にほんブログ村 トラコミュ 心の旅人へ心の旅人
にほんブログ村 トラコミュ スピリチュアリズム(spiritualism)へスピリチュアリズム(spiritualism)


Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村
[PR]
by Dorothy-Naomi | 2011-09-17 15:16 | *Holiday | Comments(0)

バリ島*旅のプライベートスケッチ1



この夏に訪れたバリ島は、私の中では忘れられない旅になりました。

心のスケッチ23にも書いたように、この場所に呼ばれた時から予感していたものが
実際に目の前で大きく扉を開いたいえる、大きな旅でもありました。

ここには今回の旅の個人的な思い出を、メモ・アルバムのように
写真と一緒に書き留めておこうと思います。

これからバリへ行こうと思っている方、そしていつかバリへ行こうと思っている方
どうぞ参考になさってくださいね(^^)★


★バイク社会の洗礼にドッキリ!

聞きしに勝るバリの交通事情。
まさにどこもかしこも、バイク、バイク、バイク...です。
d0167002_2153827.jpg


高校生の登下校時間や出勤タイムは渋滞は必須。
二人乗り、三人乗りは当たり前。
驚いたのは、家族五人乗り!!!

d0167002_2162793.jpg


d0167002_21102463.jpg


事故になるのでは?とハラハラしているのは旅行者のみ?!
平然とスイスイ通り抜けていく姿は、アッパレとしか言いようがありません。

鉄道もないバリでは、人々の足として活躍するのはもっぱらバイクです。
歩道の売店で売られる石油も、バリならではでしょう。



★宿泊したホテル~Melia Bali Hotel

今回は初のバリということ、息子と一緒の旅だということで考えた挙句に
ゲートシティ(市内に入る前にセキュリティ・チェックがある町)ヌサドゥアの
メリア・バリに宿泊しました。

d0167002_2126369.jpg


ゲートシティだけあって、市内に入る前とホテルの入口と二回にわたって
セキュリティ・チェックがあります。

d0167002_21273571.jpg


ホテルに一歩足を踏み入れれば、フロントのある一階には壁もなく、
ドアもなく何本もの柱がバリ情緒あふれる広いフロアーを、支えています。

d0167002_21285896.jpg


スペイン系のホテルなので、ヨーロッパの宿泊客も多くいました。
レゴンダンサーとガムランのお出迎えも、旅行者には嬉しいもの。

d0167002_21302977.jpg


三人家族として予約した部屋は、ロフト付きのひろ~い空間でした。
一階にはツインベッド(息子が一人占め)、ロフトには天蓋のダブルベッド。
おトイレも二つあり、アメニティグッズも充実の品ぞろえでした。

d0167002_21322142.jpg


d0167002_2133559.jpg


宿泊最初の日には、ウェルカムフルーツが届きました。
そうそうミネラルウォーターは一人につき二本、毎日無料で配られます。

d0167002_11364314.jpg


リスが遊びにくる広い広い庭と、プライベートビーチの美しさ、そして
スタッフの方々の温かい笑顔とサービス。

d0167002_11415385.jpg


d0167002_21342694.jpg


d0167002_2135175.jpg


d0167002_2223143.jpg


日本語を話せる現地スタッフも多くいましたよ。
プールも清潔で、レストランのメニューも豊富です。
バリ・コレクションというショッピングモールには歩いて数分。
気持ちのいい「楽園の休日」を過ごせるホテルで、おススメです。


★ウルワツのケチャックダンス&ジンバランのシーフードBBQ

ケチャックダンスは、やはり必見!と思っていたのですが
予想以上の素晴らしさで家族で感動しました。

d0167002_221304.jpg


寺院で毎日行われる神にささげる踊りゆえ、拝観者としての
服装のマナーなどはきっちり守らなければなりません。

行く道々にいるのは...おサルさんたち。

d0167002_221441.jpg


このおサルさんたち、かわいいのですが手癖が悪いので要注意!
あっという間に持ち物を盗まれてしまい、泣いている人多数。
うまくできたもので、それを取り返すことを職業にしている人も...

d0167002_2215348.jpg


観覧席についたのは始まる40分前でした。
早めについたので素晴らしくいい席で見ることができました。
どんどん席がうまっていくので、早めに行くことをお勧めします。

儀式の前には、燭台に灯が灯されます。

d0167002_2216060.jpg


花を飾り付けた男性ダンサーたちが入場し、チャッチャチャという独特な
掛け声と共に繰り広げられる神話の世界。

d0167002_23143951.jpg


d0167002_22173446.jpg


次々と登場人物たちがあらわれ、踊りが変わっていくので飽きません。
ダンサーたちの優美な動きや、茶目っ気ある演技には拍手喝采。
インド洋に沈んでいく夕日が幻想的な美しさを添えてくれます。

d0167002_22191964.jpg


終わってから車で向かったのがジンバランのビーチです。
ジンバランでは名物のシーフードBBQをいただきました。

夜の浜辺で、潮風に吹かれながら頂いたシーフードの美味さ★
立ち並ぶBBQレストランの夜の明かりが、夜の闇に光って並びます。
先ほどのケチャックダンスの余韻とともに、味わいながら海の幸をいただきました。

d0167002_22335798.jpg



★バリの美術館

とにかくArt好きな我が家、今回は4つの博物館&美術館を巡りました。

デンパサールにあるバリ博物館では、伝統的なバリの屋敷や美術品が
地方に合わせて展示されています。

d0167002_22491651.jpg


d0167002_2250215.jpg


ウブドにあるアルマでは、ラーマーヤナを題材とした絵画コレクションなどのほか
バリ文化のワークショップも行っています。

d0167002_22523279.jpg


d0167002_22532437.jpg


入場チケットには、館内の喫茶店でドリンクが一杯ついてくる特典つき。
この喫茶店、とっても風情があっておススメです★

d0167002_22544495.jpg


ネカ美術館は、バリ絵画の至宝が多く展示されている必見の場所。
入口には聖獣ガルーダの彫刻がお出迎え。

d0167002_22571662.jpg


大地のエネルギーに負けないくらい、迫ってくる作品のエネルギーに
ひたすら圧倒&魅了されました。
窓から見える緑の美しさも忘れられません。
残念だったのは、アルマもネカも美術作品カタログが品薄だったこと。
売店にあるものは、紙質がイマイチだったことです。

d0167002_23164459.jpg


d0167002_2256784.jpg


館内の中庭にある楽器展示コーナーでは、ガムランを演奏する方もいました。
d0167002_22592145.jpg


パシフィカ美術館は、私にとって忘れられない場所の一つになりました。
多くの絵画と共に、仮面や彫刻などの展示が充実しています。
静かで落ち着いた館内で、ゆったりと美術品を楽しめます。

d0167002_11551573.jpg



次回で、バリのお話も最後です。
食べ物の話や素敵な思い出話をご紹介しますね★


一人芝居とドールアートの世界⇒【The Moon Light Grove~月あかりの森
 
Twitter ID⇒@NaomiTMLG

★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ 旅行情報局へ旅行情報局
にほんブログ村 トラコミュ 心の旅人へ心の旅人
にほんブログ村 トラコミュ スピリチュアリズム(spiritualism)へスピリチュアリズム(spiritualism)


Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村
[PR]
by Dorothy-Naomi | 2011-09-10 23:24 | *Holiday | Comments(4)

バリ*今夏の心のスケッチ3



本物の色彩とは、いったいどんな色彩だと思いますか?
魂の持つ本当の美しさが見える世界とは、どんな世界でしょうか?

d0167002_14593634.jpg


ワヤン・クリッと言われるバリの人形影絵芝居があります。
主に宗教儀式や祭りの余興として演じられているのだそうです。

d0167002_14345819.jpg


影絵芝居で使う人形は、観客の前には黒い影として映るもの。
それにもかかわらず、ワヤン・クリッの人形たちは豊かな色で
繊細に作られています。

d0167002_14361983.jpg


なぜなのでしょうか?

バリの考え方では、あちら側の世界こそが真の世界であり、
魂そのものの持つ真の色彩や美があるのだとのこと。

現生(わたしたち観客側)がいる世界は、本当の意味での
魂の姿や美、色彩は見えないのだという考えがあるのだそうです。

「遠く隔たっていると思われている現生と魂の世界とは、実は本当に
影絵芝居の布一枚の薄さなのかもしれないな...」

デンパサールの民族博物館で、ワヤン・クリッの人形展示を観ながら
そんなことを思いました。


d0167002_1438689.jpg


最終日のことです。

宿泊していたホテルの隣にあった
パシフィカ美術館を訪れました。

まだ午後早い時間だというのに、
館内はしーんと静まり返っています。

スペイン語なまりの英語を話す受付の女性から
切符を買うと、さっそく展示室へと足を進めました。

いくつも展示室が続く広い館内には、誰もいません。

なんと贅沢な!
私たち三人だけの貸切だなんて...

美術館を独り占めできるなんて
めったにないこと★
ゆっくりじっくりと見て回ろうか。

家族三人、思い思いのペースで展示室をまわりました。

ふと、ある絵の前で足が止まりました。

宿泊先のホテルの回廊にも複製画がかかって
いた絵で、初めて目にしたときから気になって
仕方がなかったのです。

d0167002_14565222.jpg


....本物はここにあったのね。

絵のタイトルは「Legong Dancer」

レゴンダンスを踊る一人の少女の上半身が描かれています。
私は絵の正面に立ち、その少女を見つめました。

すると....
額の真ん中あたりに、突如キーンとした感覚が走り
思わず目を閉じました。

そして次に目を開けたときに、私の目に映ったのは
絵画ではなかったのです。

信じられないことでした。

絵画の世界そのものが、まるで映画のように
目の前に映し出されていったのです。

いつの間にか絵画のフレームは消え去っており、
映画の世界の中に入り込んでしまったような...
なんとも表現できない意識状態に私はいました。


どこかの寺院か王宮の庭に、何人かの少女が裸足になって
手に扇を持ちながらレゴンダンスを踊っています。

何かが行われる大きな儀式の日のようです。
ガムランやジェゴグの音が、大きく鳴り響いています。

観客席の中央には椅子が二つおいてあり、かなり位の
高い男女が二名座っているのが見えました。

d0167002_1511229.jpg


踊っている少女の中の一人は
......なんと私です。

私は一心不乱に踊っていました。

神への感謝と畏敬の念をこうして自分の踊りによって
表現できていること...
そしてそれを晴れの舞台で大勢の人に観てもらって
いること...

それに対し、心からの喜びと満足を感じながら
一心不乱に踊っていました。


一体どれくらいの時間、それが続いていたのかは
分かりません。

.....再び、我に返ったときには元の状態と同じように
少女の絵は額の中に収まっていました。

深呼吸を何度か繰り返しながら、ゆっくりと次の部屋へ
歩いていきながら、私の心の中には今までの自分の人生の
いくつかのシーンがアルバムの写真をめくるように
思い出されてきました。

d0167002_14404855.jpg


世界各国を出張してまわっていた父が、
幼い私たちへとお土産に買ってきた
竹の大きなガムラン。

居間に飾られていたそれを、
でたらめに叩き踊っていたこと。

父の書斎の本棚にあった古い本の中から、
何故だか心惹かれたのが精神世界の本や
宗教に関する本ばかりだったこと。

そしてそれらを一人で読みふけって
ばかりいた少女時代のこと。

低学年のころから西洋占星術の専門書を読み
一人でホロスコープを書いていたこと。

目を閉じると見えてくるもの、聞こえる音...
自分で自分をどうしていいのか分からなかったこと。

繰り返し見る夢、偶然ではない出会い.....

そして、今ここにこうしているということ。


「そう、すべてはつながっているのです。
人生の中ですべての出来事は、一つの大きな
流れになってつながっているのです。」


d0167002_1533521.jpg



...さいごの展示室まで歩いてきたとき、私は自分の目が
信じられませんでした。

展示室の壁いっぱいにかかっていた絵は
6人の天使の姿★

「Bali Angels」

バリの豊かな大地と大空を舞う、6人の天使たち。

自分の胸からあふれだすものが、こらえきれなくて
思わず涙がこぼれました。

天使たちは、ずっと私の傍らに寄り添いながら
こうしてメッセージを送り続けてくれていたのです。


d0167002_1444118.jpg

「ここに今日こうして来ることも、あなたの人生の
流れの中で予定されていたことなのです。

この国の、この場所で、こうしてこの絵をあなたに
お見せすることは、あなたへのプレゼントです。

あなたは確かに一つの達成点にまで、自分の歩みを
進めてきたのです。

この先は、自分で切り開いて行く大事な道のりです。

そのことにあなたは、不安や恐れを抱いているのかも
しれませんが、それは一切必要ありません。

あなたには、あなたでなくては出来ない大きな仕事を
与えています。
そして、それはあなたに力があるからこそ、私たちは
与えているのです。

今までの人生は第一章でした。
そして、それはここで一つの区切りとなります。

人生の扉が、まるでパーティの開始のようにパーンと
これから華やかに開く音を聞いてください。

あなたが心から喜びを見つけ出し、生き生きと輝きながら
生きていく時間が、この先待っているのだということを、
どうぞ知ってください。」


チャネリングで伝わってくるメッセージ。

それらはあたたかく、強く、やさしくて....
私は涙をとめることができませんでした。


d0167002_14453328.jpg


美術館の展示室の外に出ると、広いテラスが広がっていました。
眩しい南国の光と、青々とした緑が目に鮮やかです。

テラスで一足先に休んでいたPartner氏と少年Nは、
屋根の付いた白い籐の椅子に寝そべっています。

こうして私たちが今生で家族でいることも
決して偶然ではありません。

私も反対側の椅子に仰向けに寝そべって、
バリの青い空を眺めました。

....魂の本当の色彩と美。
あちらの世界の色彩とは、もしかしたら
こんな輝きをいうのかもしれない......


「天使が導いてくれた魂の旅」

この旅行にタイトルをつけるとしたら、
私はそう名付けたいと思います。

そして私は、きっと生涯この旅を忘れることは
ないでしょう......

d0167002_1447214.jpg




一人芝居とドールアートの世界⇒【The Moon Light Grove~月あかりの森
 
Twitter ID⇒@NaomiTMLG

★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ 心の旅人へ心の旅人
にほんブログ村 トラコミュ スピリチュアリズム(spiritualism)へスピリチュアリズム(spiritualism)
にほんブログ村 トラコミュ 魂、心(こころ、ココロ)へ魂、心(こころ、ココロ)
にほんブログ村 トラコミュ 日常の小さなできごとを愛する生活へ日常の小さなできごとを愛する生活

Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村
[PR]
by Dorothy-Naomi | 2011-09-03 15:03 | *Spiritual&ノウイング | Comments(0)