<   2013年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ユリバーサルツアー☆伊勢2



朝焼けをみんなで見て朝食を済ませた後、いよいよ伊勢神宮に参拝へ。

この日も快晴なり(^▽^)

d0167002_19441585.jpg
朝の五十鈴川。静かな川面。
 

d0167002_19261802.jpg


伊勢で神官をしていらっしゃる美濃部先生と一緒に、
この日は神楽を拝見し内宮&外宮へ正式参拝。

美濃部先生は女性として初めて伊勢の神官になられた方です。

今までの人生の中で、大変ハードな体験をされてきたのにも関わらず、
さらりとユーモラスにそれを語って、おだやかにニッコリ。

やさしい笑顔に、お人柄がにじみ出ています。

d0167002_19282629.jpg

内宮にある神楽殿。

この日の内宮の御神楽奉納は
①大和舞(やまとまい)②人長舞(じんちょうまい)③納曾利(なそり)

納曾利は龍の子供が遊んでいる様子だそうで、子供たちが舞う神楽とのこと。


神楽殿の前には100人以上の人々が、中に入る順番を待っています。

神楽殿の内部に入り、しばらくしてからのこと。
突然、頭頂から足先までスピンがかかってしまいグルグル、ゆらゆらと身体が反応。

前夜と同じように全身がまわってしまうような感覚に襲われました。
同時に手足がキーンと冷たくなり、震えだすような感覚も同時にやってきました。

独特なこの感じ、再び「カムラレタ」状態。

すると、横に座っていらした美濃部先生が私の左手をギュッと握りしめてくれました。

左手、右手、そして、背中、ハートチャクラから第三、第二、第一チャクラ…
手が当てられている場所から、温かく大きなエネルギーが伝わってきます。

気が付くと、私の症状はおさまっていました。

ありがとうございます、と伝えると柔らかい表情でニッコリ一言「もう大丈夫ね。」
美濃部先生に感謝☆


d0167002_19290511.jpg

内宮。遷宮後まもなくのこともあり、すごい人出です。

真新しい木の香り、漂う霊気。

正式参拝を今年ここで出来たこと、心に残る出来事になりました。


d0167002_19302226.jpg

d0167002_19355655.jpg

そして外宮へ。内宮とは違う空気が流れる場所。

ここでも仲間たちと一緒に正式参拝をしました。

なんと幸運にも私たちは遷宮前の神殿を拝見することを許可され、大感激でした。

d0167002_19365110.jpg

伊勢の杜は広大な神の森。

時代を超えて、神の宿る森に経ち続けてきた木々たち。
その木々の間を歩いているだけで、心が静かになっていきます。

この森には、大小なんと125ものお社があるとのこと!
徐々に一つずつのお社も、全部新しく造りなおしていくのだそうです。

ここは風の宮。風という文字に惹かれ、私も並んでお詣りしました。

d0167002_19373961.jpg


忘れられない大事な二日間の旅になりました。

プロデュースしてくれた幹事のみんな、ゆりぽん先生、美濃部先生、
旅を一緒にできたダイスキな仲間たち

みんな本当に、ありがとう☆ 心からの感謝と愛とおくります!

d0167002_19390316.jpg



d0167002_13542143.jpgHPはこちらです→【Felicia Spiritual Salon



Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444050.gif

Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)



[PR]
by Dorothy-Naomi | 2013-11-26 20:28 | *Holiday | Comments(0)

ユリバーサルツアー☆伊勢1

 

d0167002_19493039.jpg

11月の半ば、伊勢へと旅してきました。

その名も「ユリバーサルツアー伊勢」
ゆりぽんこと、大野百合子さんの引率での一泊二日の旅行です。

旅のメンバーは、ゲリーボーネルジャパンの本科5期で一緒だった同期たち★

これは自分のための旅の覚書です。
d0167002_19505614.jpg
宿に到着後、すぐに出かけたのは二見ケ浦の興玉神社。

海沿いの参道、至るところにカエルの石像が顔を出します。

一体ずつ表情が違っていて、眺めているだけで楽しい!

こんなところまで、カエルです。

d0167002_19551829.jpg

天野岩戸伝説の残るこの神社で、私たちは祝詞、お祓いをしていただきました。

d0167002_19561992.jpg
d0167002_19593512.jpg
徐々に海の上に広がる夕焼け。

夫婦岩の上に、満月スレスレのお月様がゆっくり昇っていくのをしばし眺めていました。

d0167002_20053744.jpg
d0167002_20293124.jpg


この神社から宿に帰ってきた後の事です。

身体の奥から不思議なスピンがやってくるのを感じ始めました。
頭も、体も、とにかくグルグル...

百合子さんに急な体調の変化を伝えて、その理由を伺ったところ、「カムラレルという現象ですね。」ということ。

「カムラレル」とは、「神さまの気にあたった」ということだそう。

頭頂の第7チャクラから、大きなエネルギーがドーッと入り込んでくるのが分かります。

そのエネルギーの持つ大きなスピンに頭も体も反応してしまって......
どうすることもできない(><)

とにかく自分の中心に意識を合わせ、深く呼吸を繰り返しました。

幼いころは時々こうしたことがありましたが、こんなに強烈なのは成人して以来初めてのこと。

この夜、満月の明かりのもと、仲間たちは五十鈴川で禊。

残念ながら私は体調の関係で禊に参加することはできませんでしたが、禊を行っている仲間たちと気持ちは一緒にいました。

満月への願、それは「RENEWAL」★

d0167002_20083451.jpg


翌朝、早起きをして宿の目の前の海へ。

吐く息を白くしながら、みんなで待つのは朝陽です。

朝日のエネルギーをゴックン!と飲み干して、一日のスタート!

d0167002_20133004.jpg

朝焼けに照らされて、ふたたび興玉神社へ。

d0167002_20143730.jpg

この日の朝は、興玉神社の裏手にある竜神様の祠へも足を延ばしてお参りに行きました。

d0167002_20513326.jpg

d0167002_21013826.jpg

朝焼けの伊勢の海。

一瞬、一瞬、表情が変化していきます。

雲間からは天使の光。



d0167002_13542143.jpgHPはこちらです→【Felicia Spiritual Salon



Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444050.gif

Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)



[PR]
by Dorothy-Naomi | 2013-11-25 21:07 | *Holiday | Comments(0)

はじける色とカタチ★つたわるメッセージ


東京の秋も徐々に深まってきましたね。
我が街の銀杏並木も大分色づいてきました。


本日はArt day☆
発表会と展示会をはしごしてきました。

まずは、英語教育で関わっている小学校のスクール・フェスタ♪
毎年秋の3日間、全校あげて発表会が行われます。

d0167002_14455670.jpg


校門を通って、正面玄関に入ると。。。。ややや?モンキーズ???

d0167002_14471959.jpg
d0167002_14463787.jpg


ふふふ、これ、実は6年生全員が一人一体作ったモンキーたちなんです(^▽^)
その数、なんと160匹★
d0167002_14482353.jpg

校内の至る所で、遭遇します。
本当にユーモラスで、かわいくって、思わずプッと吹き出しちゃう!
d0167002_14520666.jpg
d0167002_14501791.jpg
d0167002_14503774.jpg
子供たちの展示作品、毎年うなってしまうのは色使いの豊かさ、奇想天外なデザイン、そしてセンスの良さ!
どの作品も、本当にすっご~くステキです。

見ていると、生徒たち一人一人の顔が浮かんでくるのも楽しい(^^)♪
d0167002_15002357.jpg
d0167002_14595536.jpg

小学生バンドや、ヒップホップダンス、劇や
エイサーなどの発表もあり、わ~お!!です。

They are so cooooool☆

溢れるようなピカピカのエネルギーを沢山もらいました。


d0167002_15033797.jpg
電車とバスを乗り継いで次に向かったのは、砧公園にある世田谷美術館です。

降り出してきた冷たい雨、寒くて思わずブルブルッ…

急いで館内に入り、区民ギャラリーへ。

d0167002_15103328.jpg
友人のえみちゃんは、毎年この展示会のお手伝いをしているのだそうです。

去年は残念ながら、どうしてもスケジュールが合わずに行けませんでした。

ぜひ次回の展示会のスケジュールが分かったら教えてね、と頼んでいた事を覚えていてくれた彼女に感謝!
ようやく来ることができました。

d0167002_15183104.jpg

子供、大人、様々な作品が並びます。
d0167002_15190906.jpg
なんと贅沢なことに、広い会場に私一人。

個性豊かな作品たちを、一点ずつ見て回りました。

とくに印象的だったのは、大きな大きな紙に太い筆で書かれた「翼」という作品です。

あこがれ、よろこび、願い、なんて多くの言葉を放っている作品だろう。。。

あまりに感動して、身動きできなくなりました。

見入ってしまいました。

「言葉じゃ伝えられないけれど、伝えたいことってあるんだよ。」

キャプションに書かれていたメッセージが胸に響きます。

d0167002_15275195.jpg
美術館を出ると、雨は本降り。

でも、心はジンワリあったか。

生きるって、それ自体が作品でメッセージだよね。

作品を通じて今日こうして会えた、一人一人にありがとう★


さぁ、来月はいよいよ師走。

悔いなく私も最後まで、今年という大事な時間を生きたいな。



[PR]
by Dorothy-Naomi | 2013-11-15 15:35 | *Art & Theater | Comments(0)

深まる秋のリズムに合わせて



先月から今月にかけては、ちょっと大きな切り替わりのポイントでした。

毎年、なぜか1年もそろそろ終盤に差し掛かるこの季節に、私は「今年のメインテーマ」に向かい合うようにしているようです。

私はこの秋、ゲリーボーネル・ジャパンのアカシック リーディングに特化した専科を
取ることにきめました。

d0167002_20471087.jpg



このコースを取る!と自分の中で決めたのは結構ギリギリになってから。

でも決めた途端に、猛烈な断捨離がスタート。

とにかく、気持ちの中心から逸れているものが、ガンガン剥がれる、剝がれる。

自分の内側の変化は、とっても正直に外側にも反映されてしまうんですよね~。

外側にあった余計なものも、おどろくようなスピードでボロボロ離れていきました。

今まで大事に思っていたものが、いきなりパッと手元から去っていき…
そのかわりに、あいまいだけれど自分で確かだと思われるものだけが残っていき…

正直なところ、かなり不確定な要素ばかりで構成されている自分の現実。

そこに不安を覚えないわけではないのだけれど、どうにもこうにも、こういう風にしか
ならない自分も知っていたりして…

もう、どうしようもないです。

まぁ.…我が家の高2Boyの言い方を借りて言えば「いんじゃね?」って
ことなのかもなぁ。


d0167002_20475994.jpg


先日、小学校からずっと英語の指導で関わってきた女子高生のSちゃん&Hちゃんの音楽部の引退コンサートを聴いてきました。

この子たちは本当に幼いころからよく知っている、娘のような存在です。
音楽部での演奏は、彼女たちが中1で入部してからずっと聴き続けてきました。

彼女たちの最後の現役での演奏、どうしても聴きたくって、大事な講義の合間を抜け
出して駆けつけました。

開演前にギリギリ滑り込みセーフ!

客席で彼女たちの演奏に耳を傾けていると、今までの姿がパパパッと思い浮んできて何度も泣きそうになりました。

Hちゃん、Sちゃん、そして仲良しのRちゃん、学校からダッシュで遅刻してもコンサート
に駆け付けた我が家のN。

高校2年生、4人組&私。
みんなで撮影したショット、宝物です。

よく頑張ったね。ステキだったよ。そして、これからもずっと応援しているからね★

d0167002_20485182.jpg


この日の夜は、偶然にも我がパートナー氏の誕生日に重なりました。

家族で♪Happy Birthdayを合唱して、ささやかなお祝い。

彼にとっても今秋はキャリアの上、大きなターニングポイント。

ほどなく、彼はパリの空の下に旅立っていきました。

秋のパリ、きっと素敵な実りを与えてくれることでしょう。


d0167002_20494814.jpg


そして11月に入って最初の週末、我が家のNの学園祭が開催されました。

秋の空の下に翻る学園祭のフラッグ!

いつもはギリギリまで寝ているNが、びっくりするくらい早起きをしてエプロン持参で
飛び出していきました。

夏休み明けから、吹奏楽の部活動の合間をぬって友人宅へ。
そこで朝から晩まで御厄介になって「調理実習」なるものを繰り返してきたN。


???と思っていましたが、、、、

なんと今年は、Nたち吹奏楽部の高校生有志は「お団子屋さん」に挑戦とのこと!!!

あやしいな~と思っていたのですが、彼らの努力の甲斐あり先生方からのOKも頂き、
めでたく出店なり~

その名も「探偵タマレオ」★

前夜祭で流すプロモーションビデオまで作成するという熱の入れ方です。

で、お味はというと?

あんこ、黒蜜きなこ、みたらし、かなりイケました~~~~(^▽^)b

少年たちがエプロン、バンダナ&マスク姿でメチャクチャ頑張っているのが可笑しくって、かわいくって...

もうね、ぷぷぷっ☆です!

d0167002_20503826.jpg



そして、彼らの真骨頂である吹奏楽部の演奏会、そしてアンサンブルステージ。

若々しくビビッドで、ちょっと挑戦的で、でもナイーブな多彩な音色。

中高生の持つ特有なエネルギーをたっぷり感じた演奏でした。

とくに、アンサンブルステージで披露されたフルート五重奏。

5人それぞれのハートが真っ直ぐに伝わってきて、それが重なり合っていく美しさに魅了されて…

本当にステキでした。

そうそう、互いに行き交って結びついて。。。。
で、そこから生まれるハーモニーこそが、本当の響きになるんだよね。

それってさ、人の気持ちの結びつき方もおんなじだよね。

見えない部分だからこそ、慎重になる。

行き交う心、結びつくポイント、そこを外したくないよね。

それには等身大の正直な自分でいることが何よりも大事。

だからこそ、そこから生まれるもの、それはプレシャス!

そのメンバーで、その場で、そこで生み出していける最高のものになるよね。

唯一無二のものになる。

ありがとうね。

いつも、私はNから大事なことを教えてもらってばかりだな。

d0167002_205231.jpg



東京の蔦の葉も、徐々に紅葉してきましたね。

今月の終わりには、わが町の銀杏並木も黄色に変わっていくのかな。

秋が深まっていくリズムに合わせて、私も自分の今に深くダイビング。

決してラクな道ではないれけど、やりたいことがその先にあるのであれば頑張れるさ!

自分を信じてやるしかないでしょ☆

そう自分にエールを送っているような今年の秋です。


d0167002_20533265.jpg





d0167002_13542143.jpgHPはこちらです→【Felicia Spiritual Salon



Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444050.gif

Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
[PR]
by Dorothy-Naomi | 2013-11-04 20:54 | *Daily Notebook | Comments(0)