映画Alice2回目*英語に耳を傾けると...

「先生、アリス見てきたよ~~~!」

今日、開口一番に生徒のKちゃんが叫んだ言葉です。


「お!行ってきた?
先生も行ってきたよ。2回目!
Kちゃんどうだった?」

「面白かった♪
でもね、英語の台詞でわかんなかったところあったの。教えて!
首をはねよ~!って言うところ!!!」


e0182671_2144686.jpg
週末、映画『Alice in Wonderland』2回目。

今度は少年Nと一緒に行ってきました。

3D初体験の彼、メガネをかけて気取ってこのショット!

私の初回の感想はコチラです⇒CLICK



二回目ともなると映画の細かなところに目が向くのと同時に、職業柄どうしても英語に耳がピンとなります。

初めて聞いたときは「?!」という箇所もあったMad Hatterジョニーデップの英語。

観劇後、スコットランド訛りだったことが判明!

スクリーンを見ながら改めて聞くと....

「なるほどねぇ。へえぇ~!」★

ミア・ワシコウスカ演じるアリス&赤の女王ヘレナ・ボナム・カーターの英語は、
見事にイギリスの上流階級の英語。

e0182671_2141582.jpg
さてさて、赤の女王と言えば、この決め台詞しかないでしょう。

「首をはねよ!」

なんという強烈な台詞!!!

ルイス・キャロルの原作でも、赤の女王が多発するこの台詞。


Kちゃんでなくても、我が家の少年Nも気になるようです。

「ねぇ、ねぇ、よく聞き取れない~~~!あれ、何て言ってるの?」


ふっふっふ~~~

知りたい?
あれはね、おそらくこう言っているのですゾ。

【Off with her head!】

映画の予告編を聞いてみてくださいね。

女王は家来にアリスの首をはねよ!と上記のように命令しています★



There is a place, like no place on earth.

Some say”To survive it, you need to be as mad as a hatter."

Which luckily I am.

e0182671_21393720.jpg
これは、この映画の予告ナレーション部分。

Be as mad as a hatter

この表現、独特な表現ですよね。

当時の帽子職人たちは、帽子の糊付けに水銀を多用していたため、
頭がおかしくなってしまう中毒患者も少なくなかったとか....

それゆえ、そんな言い回しが生まれたのだということです。


よ~く聞き直してみると、もっともっと英語表現の発見があるかも★

当分、映画アリス・イン・ワンダーランドを題材に

さまざまな英語表現を生徒たちと楽しもうと思います♪




HONEY&SPICE ENGLISH SALON

一人芝居と人形展示の世界⇒【The Moon Light Grove~月あかりの森

Twitter ID⇒@NaomiTMLG

★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ 英語&英会話へ英語&英会話にほんブログ村 トラコミュ 英語で人生楽しみませう♪へ英語で人生楽しみませう♪

Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へにほんブログ村
[PR]
# by Dorothy-Naomi | 2010-04-26 21:29 | *English | Comments(0)

BENOIT*空中に浮かぶ小さなパリ

ライフワークだと思っている【The Moon Light Grove~月あかりの森

私の一人芝居と、ドール作家の妹の人形とのコラボレーション・ワールドです。

3月の公演も無事に終わり、様々な事も一区切りついたので、

ようやく昨日「打ち上げランチ」をしました★


今日の日のために、私がチョイスしたお店は、青山の『BENOIT

あのアラン・デュカス氏プロデュースのフレンチレストランです。


小雨の降る中、寒さに震えながら傘をさして青山通りを進みます。

ビルのエレベーターで10階へ。

ギャルソンの笑顔と、漂ってくる美味しそうなあたたかい香り。

ホッとして店内に足を踏み入れると.......

そこは、まるでパリの個人邸宅★

ワクワクしながら、らせん階段を昇り、11階へ行くと....

ガラス窓の脇には、シェフの大きな人形がご挨拶。

二階の窓際には、ユーモラスに羽根を広げたガチョウの大きなオブジェが三体。

とても温かみがあって、それでいてすごくオシャレな空間!

本当に、まるでパリの知人の家に招かれたような空間です。


窓越しに見える青山の街並みを見下ろしながら、

サービスに出された一口サイズのグージェールとスパークリングワインで乾杯★

e0182671_1152753.jpg


この日は、前菜とメインが一品ずつ&デザートがついているコースをオーダーしました。

私の前菜は、イワシの白ワインマリネ。

e0182671_1155611.jpg


メインは地鶏です。

e0182671_11553266.jpg


どっちもすごくボリュームがあって「わお!」と思うような量!

でも、あまりにも美味しくて.....

ふふふ♪

ブノワ自家製のライ麦パンと、沢山の種類が揃っているワインと共に、全ておいしくいただきました★

e0182671_1225042.jpg



食後のデザートは女性の大事な大事なお楽しみタイム!

私はチョコレートとキャラメルのケーキをオーダーしました。

塩味のヴァニラアイスクリームが絶妙のコンビネーション!

これにプチフールとして、マドレーヌがつきます。

......う~ん、幸せ♪♪♪


この日は、いつもの打ち合わせモードではなく、

二人で本当にゆっくりと、食事と会話を楽しんだ時間でした。

今まで全力で駆け抜けてきた、過去3回の公演。

特に今回は、お互いに自分に課したハードルが高くて、弱音をはきそうになったね。

本当に本当に辛いことも多かったけれど、

その分、学びも実りも沢山あった公演だったよね。

そして、これからのこと.....

自分個人としての将来への夢や願い。

たくさんの話をしました。

.....この秋に考えている、次の公演。

季節の彩りに負けないような、私たちならではの色彩を出していこうね。

そして、それが出来るだけの自分たちでいたいね。


e0182671_12264649.jpg
一番大事なものを忘れないでいよう★

そして.......

ゆっくりと心に広がる想い。

それを、しっかりと形にして行きたいな。




一人芝居と人形展示の世界⇒【The Moon Light Grove~月あかりの森

Twitter ID⇒@NaomiTMLG

★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ お気に入りのお店へお気に入りのお店
にほんブログ村 トラコミュ 日常の小さなできごとを愛する生活へ日常の小さなできごとを愛する生活


Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
[PR]
# by Dorothy-Naomi | 2010-04-24 21:20 | *My Special Time | Comments(0)

19歳のアリスとThe 19th Wedding Anniversary

17日の土曜日は、私たちの19回目の結婚記念日でした。

そして、そして.......

【Alice in Wonderland】の映画の公開日。
e0182671_19195832.jpg
13年後、アリスが再び不思議の国を訪れるところからお話がスタートします。

19回目の結婚記念日に、19歳になった設定のアリス★

なんてLovelyな偶然★☆★

これは観なくちゃ!当日に!!!

そこで先日、わざわざ六本木まで行ってチケット・チェンジしてきたのです。



休日のお昼前の映画館は、ギッシリ満員。

私は3D映画初体験だったので、ワクワクどきどき♪♪♪

ファンタスティックでミステリアスなBGMが流れ.......

ほの暗い画面いっぱいに不思議の国が映し出されると

あとは一気に「Tim Burton World」に Trip!!!

どっぷりと、彼の創り出す独特の世界に浸りきってきました。

e0182671_19214123.jpg
この日の私のtwitterより......

「Alice in Wonderland★観た★Tim Burtonえらい★最高★」

「Johnny Depp★彼はたとえメーキャップなしでも、コスチュームなしでも、
おそらくAbsolutely Mad Hatterだと思う。」


「Helena Bonham Carter!本当にいつもスゴイ!役者魂おそるべし!ブラボー★
赤の女王、パネェ!!!」


e0182671_19224667.jpg
アン・ハサウェイの、白の女王ぶりもナカナカのもの。
あの独特なキャラクター設定を、キッチリ仕上げたのは拍手。

赤の女王のヘレナとの対比をハッキリとさせつつ、姉妹特有の類似性もにおわせつつ....

うふふ~♪あの手振りがね、チャーミングなんです。


ミア・ワシコウスカの、ちょっと古風で、芯の強さを感じさせる可憐なアリス。

19歳という、少女から大人の女性への境に生きているアリスの心情。

それらが絶妙に重なり合っていて、透明感のある素敵なアリスでした。


e0182671_19264942.jpg
ジョニー・デップ Loverとしては、

もっと突っ込んで、気違い帽子屋を見せてもらいたかった気もね、ちょっぴり.....

メイクやドレスの下に見えてくる、帽子屋の本当の顔。

あのナイーブな帽子屋ぶりは、彼にしか出来ないだろうな。

でも、うぅ、だからこそ.......

もっと、もっと、もっと............

うおぉ~~~~ん★(わがままなファンの遠吠え)


クラッとするくらい美しく、ちょっとダークで、それでいてすごくピュアな

Tim Burton World!

背景やセット、小物のリアルさ、触感までもが感じられる虫たちや、うごめく草木....

Mad Hatterのテンションに合わせて微妙に変わる天候....

シーンごとに少しずつ変わっていくアリスの衣装も、目を楽しませてくれました。

次回は、少年Nと一緒♪(ええ、2回は観るつもりです!)

彼の映画の感想も楽しみです。



e0182671_19303843.jpg
今観た映画の話を、なんだかんだと言いながら乃木坂まで足を伸ばしました。

ちょっと遅いランチをミッドタウンで。

スパークリング・ワインで乾杯★

そうそう、私の目の前のこの方も.....

大学時代に英語劇でMad Hatterを演じた御仁でしたな。

へへへ、記憶力はいいんだ。


映画の最後、アリスは自分の意志で将来に進むべき道をチョイスします。



すでにスタートしている、私たちの20年目。

私には、私の進みつつある道に大きな目標があり、

彼には、彼の進みつつある道に大きな目標があり、

それは結婚したばかりの時には、互いに思いもしなかったものだけど.....

不思議の国で彼女が見つけたもののように、

私たちも、19年間のAdventureの後だから見つけたのかもしれないな★


さ、アドベンチャーも20年目がスタートしました。

我々の今後は...?

To be continued!





一人芝居と人形展示の世界⇒【The Moon Light Grove~月あかりの森

Twitter ID⇒@NaomiTMLG

★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ 日常の小さなできごとを愛する生活へ日常の小さなできごとを愛する生活


Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
[PR]
# by Dorothy-Naomi | 2010-04-18 21:15 | *My Special Time | Comments(0)

月あかりの森:第三回公演★スライドショウ

東京では41年ぶり!だそうです。

4月の雪。

白い帽子の下の新緑が、寒そうに震えています。


さて、先月の教文館公演のスライドショウが出来上がりました。

月あかりの森】の最新ニュースのところでも載せていますが、こちらでもご紹介させていただきます。

ご来場いただいた方にも、ご覧いただけなかった方も、

公演の雰囲気を、少しでも味わっていただけたら…と思います★


     



公演にいらした、あるお客様が寄せてくださった第二部の感想を、
ご本人の了承を得たうえで、ここにご紹介させていただきます。


・・・・人形製作(ピーナッツドール)と、一人芝居のコラボ

月あかりの森(ムーンライトグローブ)に住む二人の姉妹を中心に、
ムーンライトグローブに住む人々や動物たち、小鳥たちの、
心温まる物語を一人芝居で観せてくれます。
ショートストーリーを4本、一時間に収めています。

物語はオリジナルで、小さなピーナッツ達が、ある大きな満月の魔法の
月明りによって夜中に動き出し、姉妹の妹の方に手足を付けてもらい、
4人のピーナッツドール達も姉妹と一緒に暮らしているという設定で、
ファンタスティックでありながら、登場する人間のキャラクター達は
普通に会社で仕事をしたり、姉妹の姉の方は新聞社で働いているなど、
現代社会の設定もあって身近に感じられます。

登場する普通の人間のキャラクター(新聞社の編集長や運転手さんや
元女社長さんや)達はピーナッツドールの事は知らないわけで、ごく
普通に一所懸命に人生を生きて、悩みもあって、心の奥に大切なものを
抱えていて…

そういう人達の、小さな幸せや感謝の気持ちや思いやりの心が表現されていて、
魔法や不思議な力で悩みが解決したり幸せになったりするのではない物語に、
逆にじんわりとした感動と共感を味わえるのです。

小鳥や動物が人間と会話する事は現実にはないし、ピーナッツがしゃべる事も
ないし、そういう不思議な事は芝居の中では普通に起っているのですが、だから
物語が素晴らしいのではなく、『不思議な事とは無縁の人』の方に主軸を置いて、
誰もが思い悩むような事、夢に描いたけど実現できなかった事、それらをハッキリ
とした答えを示すのではなくて、答がありそうな方向を優しく示してくれている…

そんな物語だから素晴らしいと感じるのかも。

私が大好きな現代ファンタジーの巨匠、チャールズ・デ・リントの小説に通じる
ような物語世界に、すっかりトリコになっています!

次回開催が決定したら、また行きたいと思います

超素敵な月あかりの森の魔法にかかった私でした ・・・・



Kさん、本当にありがとうございました。

・・・・・そうなのです。 月あかりの森は、
「どこか遠い不思議の国のファンタジー」ではありません。

日常のはざまに、いつでもふと足を踏み入れられるような、
ごくごく身近な場所であり、そこに暮らす人々は、あなたと
何ら変わりはないのです。

まだ訪れたことのない方も、よろしければ、どうぞ一度
月あかりの森へ遊びにいらしてくださいね。

そこで待っていてくれるのは、もうひとりのあなたかもしれません・・・


e0182671_9445969.jpg
今日も寒い一日になりそうですね。

行きつ戻りつの今年の春、

自然のゆっくりとしたリズムと歩調を合わせて

今日は心の声に耳を澄ませてみたいと思います。


★ぽんちゃんのお人形など、この公演の様子はコチラでもUPしています⇒CLICK




一人芝居と人形展示の世界⇒【The Moon Light Grove~月あかりの森

Twitter ID⇒@NaomiTMLG

★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ 舞台、ステージへ舞台、ステージにほんブログ村 トラコミュ パフォーマンス・アートへパフォーマンス・アート
にほんブログ村 トラコミュ 日常の小さなできごとを愛する生活へ日常の小さなできごとを愛する生活

Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログ 一人芝居へにほんブログ村
[PR]
# by Dorothy-Naomi | 2010-04-17 21:08 | *私の表現活動★ | Comments(0)

石井桃子展

金曜日、妹のぽんちゃんと世田谷文学館に行ってきました。

石井桃子展が開催されるという告知を目にしたのは、2ヶ月ほど前のこと。

ちょうど本番ラッシュの前だったこともあり、すべての事がおわったら行こう!と心に決めていたのです。

ようやっと来れた★

チラシとチケットを見つめながら、じんわりと嬉しさに浸っていました。


e0182671_1031035.jpg
芦花公園で下車し、道伝いに5分ほど行くとガラス張りのモダンな建物が見えてきます。

そのモダンな建物の横には、なんとも風情のある白壁と、堀の中に泳ぐ鯉。

前回ここに来たのはムットーニ氏の展示だったでしょうか。

ほぼ一年ぶりの世田谷文学館。

なんともいえない気持ちのいい空間です。


石井桃子さん。

日本の児童文学界で、これほど有名な方もいないでしょう。

ちいさなうさこちゃん、ノンちゃん雲に乗る、三月ひなの月、こねこのぴっち、
クマのプーさん、ちいさいおうち、ピーター・ラビットのおはなし、小さい牛追い、 

etc etc.......

彼女が関わった作品は、創作物語&翻訳物語、数え上げればキリがありません。

私たちが先日の公演でとりあげた、エリナー・ファージョンの「ムギと王さま」も石井さんの翻訳です。

e0182671_1041440.jpg

私が生まれたときに、母方の祖父が誕生祝に真っ先におくってくれたのが
「ちいさなうさこちゃん」。

ぼろぼろになるくらい大事に大事に持っていた一冊です。

お雛様の時期に、母が読んでくれたのは「三月ひなの月」。

今でも胸がキューンとします。

少年Nが小さかったときには、「ちいさいおうち」や「こねこのぴっち」をよく読んでやりました。

「海のおばけオーリー」も大好きだった一冊。


平日にも関わらず、館内は多くの人でいっぱいでしたが、とても静かでした。

それぞれ、自分の中の大事な思いを抱えて、ここに足を運んだ人々。


児童文学作品の一つ一つに、その物語と石井さんとの出会いや秘話、

出来上がって出版されるまでのストーリーが説明されていました。

犬養家に贈られてきたクリスマス・プレゼントの一冊だった童話を、

当時幼女だった道子さんたちに口で訳して語り聞かせてやったのが

「クマのプーさん」誕生の瞬間だったというエピソードは印象的です。


一枚一枚丁寧に書きこまれた翻訳のメモ、走り書き、

ヴァージニア・リー・バートンや、エリナー・ファージョンと交わした書簡、

クリスマスカードや、自筆のデッサン。

石井さんが撮影したスライドに映し出されるヨーロッパの街角やNYの摩天楼。

ご自宅の一階にある「かつら文庫」に今も毎年かざられる手彫りの雛飾り。

e0182671_1052681.jpg
2008年に101歳で亡くなるまで石井さんが愛情深く、熱心に、そして誠実に歩んできた道。

会場全体に満ちている静かであたたかな空気に包まれて、しばらく時の経つのも忘れて過ごしました。

語り聞かせてくれる母のヒザに寄り添って、姉妹そして弟も、皆で本をのぞきこんだ子供時代。

あの頃にタイムトリップしてしまったよう。

私の大事なルーツの一つに出会えた時間でした。




一人芝居と人形展示の世界⇒【The Moon Light Grove~月あかりの森

Twitter ID⇒@NaomiTMLG

★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ 日常の小さなできごとを愛する生活へ日常の小さなできごとを愛する生活


Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
[PR]
# by Dorothy-Naomi | 2010-04-11 21:01 | *Art & Theater | Comments(0)