本番二本目★朗読劇『ホームズ』

今月の本番ラッシュ!

二本目は、上祖師谷中学校で上演した朗読劇『ホームズ』★

火曜日、朝からみぞれ混じりの天気の中、現地に急ぎました。


e0182671_19505810.jpg

今回の「ホームズ」は、現代朗読協会と世田谷文学館がタイアップした企画です。

シャーロック・ホームズ・シリーズ「赤毛連盟」はご存知ですか?

それを下地にした今回のMIZUKI先生の脚本。



登場人物も時間軸も変幻自在に入れ替わり、わざと犯人やホームズ自身が「この人だ」と
断定できないような内容になっています。

演出的にも、コメディあり、ラップアリ、シリアスあり.....

あるときは立ち止まり、ある時は踊りながら、あるときは派手にジェスチャーをつけて、

コトバと身体で、聞く人々を「ホームズ」の朗読ワールドへ連れ込んでいきます。


中学校の正門前でメンバーと合流。

この日のメンバーは、MIZUKI先生を入れて合計6名。
いざ出陣!

用意していただいたお茶を飲み、ホッカイロを体に貼り付け、ホッと一息。

e0182671_19583840.jpg

短いリハーサルで動きとマイクの確認。

軽くストレッチして声だし。

さぁ、あとは本番を待つだけです。



この日体育館に集まったのは、100名以上の中学3年生。

まず最初は、中学3年生4名による朗読劇「はだしのゲン」。

う~~~ん。

「はだしのゲン」を聞いた後で「ホームズ」!?

これはバッキリと空気を切り替えないと、いけないねぇ。

みんなで顔を見合わせました。


さ、始めるよ!

気合を入れて、舞台袖にスタンバイ。

ピアノが鳴り、最初のひと言の口火が切られました。


......はじめは呆気にとられていた中学生たち。

んんん???

なんだこりゃ?

そんな感じ。


そりゃそうだよね★

黒尽くめ&赤毛アフロの私。

e0182671_2012161.jpg
しかも、「必需品の数々」を身につけて。

......え?

モシモシ?

ちょっとアータ

一体ナニモノ?



「!!!」と呆気にとられていた中学生諸君。

でも、私は見逃さなかった!

彼らはちゃんと「聞いていた」ってことを。


メンバーが一人づつ声を重ねながら、中学生を囲むように逍遥しながら読んでいく箇所。

体を動かしながら、動きを追うように聞いていた子供が何人もいたのは嬉しかったな~。

そして話が展開していくにしたがって、前のめりになる子。

朗読者のひと言一言を、逃さず聞きたいと思ってくれたんだね。

全部は見えなかったけれど、聞き手の心の真剣さは伝わってきました。


最後の箇所、私は英語朗読もさせてもらいましたが、

彼らの知的な部分も、ほんのちょっと刺激できたらいいな。


拍手に送られて体育館を去りました。

彼らはどんなことを感じたのかな?

後日おくられてくるという、彼らの感想が楽しみです。



この日は私の「げろきょ朗読デビュー」の日でもありました。

現代朗読協会の正会員になって4か月目。

今の自分にとって、毎回とても大きな学びがある場所です。

一緒にホームズをやったメンバーたち、みんな本当にありがとう★


校門を出て空を見上げると、またもや霙。

100年前のイギリスのお天気も、こんな日があったかもね。



これで本番二本目終了。

残すところあと三つです。

悔いなくやれよ、ワタシ!

e0182671_2023591.jpg

......で、これがパンダの後姿。

謎の中国の貨幣なのさ!

.....へ?????





一人芝居と人形展示の世界⇒【The Moon Light Grove~月あかりの森

Twitter ID⇒@NaomiTMLG

★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ パフォーマンス・アートへパフォーマンス・アート
にほんブログ村 トラコミュ 日常の小さなできごとを愛する生活へ日常の小さなできごとを愛する生活

Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへにほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへにほんブログ村
[PR]
# by Dorothy-Naomi | 2010-03-11 20:21 | *私の表現活動★ | Comments(0)

本番一本目★Honey&Spice 発表会

日曜日は自宅英語教室の発表会★

現在、20名の子供たちがいるなかで、

定期的に通ってきてくれているのは10名ほどの子供たち。

他の子供たちは、学校の長期休みの時にまとめて集中レッスンを受けにきたり、

英検や短期ステイなどの前に、個別レッスンを受けに来る子供たちです。


e0182671_972916.jpg
今年で2回目になる自宅教室の発表会、

この日、発表したのは6人の子供たちです。

今年は、6人の子供たちそれぞれ2~3の発表をしてもらうプログラムにしました。

グループ発表のほかに、個人的な発表をプラスした形式。


一人づつ子供にたっぷり発表する時間を与えました。


個人発表では、その子がやりたい!と言ってきてくれたものを最優先し、

その子の持ち味や個性が一番出る!と思うスタイルで、サポートしたつもりです。


たとえば,

中学1年生クラス

★スケッチブックを利用した自己表現スピーチ

★広島の原爆が物語のベースになっているショートストーリーの暗誦

★英語の物語を歌とダンスでプレゼンテーション


Rちゃんの持つ素直で伸びやかな快活さ、

Sちゃんの持つ少女らしいナイーブさと繊細な部分、

少年Nの物怖じせずに英語&音楽を表現する積極性。


三人三様の個性.....

それが一番出るスタイル、それを発表させたかったのです。



グループ発表は、キング牧師の「I Have a Dream」に挑戦しました。

物語の背景ー日本とアメリカの歴史や社会的な違いーを学び、

言葉の意味を考えながら3人で作り上げたスピーチです。

実は...

このスピーチは、私が大学時代に学内のRecitation Contestで優勝した思い出のスピーチ!

思い入れが強い分、子供たちには「Naomi先生、リキがはいってるな~」

そう思われたかもしれません。

ふふふ。


この日に発表したのは以下の内容です。


★この春から小学校1年生になるSくん

英会話のショート・スキットショウ(私との掛け合い)

英語絵本の暗誦&Drama Acting(Walking through the Jungle)


★小学校3年生のRちゃん

♪One Fat Hen

Original Story 「R's New Trainers」(Oxford Reading Treeをベースにした自作絵本)


★小学校4年生のHちゃん

Speech Adventure(自作チャートを使っての自己表現スピーチ)

「From Head to Toe」ジェスチャーつきの暗誦発表


★RちゃんとHちゃんのグループ発表

「The Little Red Hen」演技をつけての暗誦発表。

二人だけで演じきりました。



とても嬉しかったのは、どの子も「自分の言葉として英語で発表できていたこと」です。

言わされている言葉ではなく

自分が語りたい言葉!

自己表現の一つのツールとして、英語を使っているのだということが嬉しかったのです。

どの子もみんな素敵でした。


保護者の方、一人ひとりからいただいたコメントも本当にあたたかく、

そして子供たちの成長を認めてくださっているものばかりで、胸に灯りがポッとともったような思いでした。


頑張った子供たち&いらしていただいた保護者の方々に、

私からのお礼の気持ちとして読んだのは......

英語絵本「I'm a Seed」☆


子供はみんな素敵な可能性を秘めているタネ。

そのタネが発芽し、背をのばし、いつか素晴らしい花や実りをつけますように!


最後は昨年と同様、全員で英語手話ソング♪Love Grows♪を歌って発表会は終わりました。


私はMC&音響の一人二役で、途中バタバタしてしまった部分もあり....

ちょっと恥ずかしかったのですが,和やかなムードに応援されて

無事に終了することができました。

サポートしてくれた家族にも感謝です。


さぁ、これで本番の一本目が終了しました。

今日はこれから本番二本目です。

気合をいれて中学校へGO!GO!GO!!!



HONEY&SPICE ENGLISH SALON

一人芝居と人形展示の世界⇒【The Moon Light Grove~月あかりの森

Twitter ID⇒@NaomiTMLG

★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ 英語&英会話へ英語&英会話にほんブログ村 トラコミュ 英語で人生楽しみませう♪へ英語で人生楽しみませう♪

Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へにほんブログ村
[PR]
# by Dorothy-Naomi | 2010-03-09 09:13 | *English | Comments(0)