月あかりの森:第三回公演★スライドショウ

東京では41年ぶり!だそうです。

4月の雪。

白い帽子の下の新緑が、寒そうに震えています。


さて、先月の教文館公演のスライドショウが出来上がりました。

月あかりの森】の最新ニュースのところでも載せていますが、こちらでもご紹介させていただきます。

ご来場いただいた方にも、ご覧いただけなかった方も、

公演の雰囲気を、少しでも味わっていただけたら…と思います★


     



公演にいらした、あるお客様が寄せてくださった第二部の感想を、
ご本人の了承を得たうえで、ここにご紹介させていただきます。


・・・・人形製作(ピーナッツドール)と、一人芝居のコラボ

月あかりの森(ムーンライトグローブ)に住む二人の姉妹を中心に、
ムーンライトグローブに住む人々や動物たち、小鳥たちの、
心温まる物語を一人芝居で観せてくれます。
ショートストーリーを4本、一時間に収めています。

物語はオリジナルで、小さなピーナッツ達が、ある大きな満月の魔法の
月明りによって夜中に動き出し、姉妹の妹の方に手足を付けてもらい、
4人のピーナッツドール達も姉妹と一緒に暮らしているという設定で、
ファンタスティックでありながら、登場する人間のキャラクター達は
普通に会社で仕事をしたり、姉妹の姉の方は新聞社で働いているなど、
現代社会の設定もあって身近に感じられます。

登場する普通の人間のキャラクター(新聞社の編集長や運転手さんや
元女社長さんや)達はピーナッツドールの事は知らないわけで、ごく
普通に一所懸命に人生を生きて、悩みもあって、心の奥に大切なものを
抱えていて…

そういう人達の、小さな幸せや感謝の気持ちや思いやりの心が表現されていて、
魔法や不思議な力で悩みが解決したり幸せになったりするのではない物語に、
逆にじんわりとした感動と共感を味わえるのです。

小鳥や動物が人間と会話する事は現実にはないし、ピーナッツがしゃべる事も
ないし、そういう不思議な事は芝居の中では普通に起っているのですが、だから
物語が素晴らしいのではなく、『不思議な事とは無縁の人』の方に主軸を置いて、
誰もが思い悩むような事、夢に描いたけど実現できなかった事、それらをハッキリ
とした答えを示すのではなくて、答がありそうな方向を優しく示してくれている…

そんな物語だから素晴らしいと感じるのかも。

私が大好きな現代ファンタジーの巨匠、チャールズ・デ・リントの小説に通じる
ような物語世界に、すっかりトリコになっています!

次回開催が決定したら、また行きたいと思います

超素敵な月あかりの森の魔法にかかった私でした ・・・・



Kさん、本当にありがとうございました。

・・・・・そうなのです。 月あかりの森は、
「どこか遠い不思議の国のファンタジー」ではありません。

日常のはざまに、いつでもふと足を踏み入れられるような、
ごくごく身近な場所であり、そこに暮らす人々は、あなたと
何ら変わりはないのです。

まだ訪れたことのない方も、よろしければ、どうぞ一度
月あかりの森へ遊びにいらしてくださいね。

そこで待っていてくれるのは、もうひとりのあなたかもしれません・・・


e0182671_9445969.jpg
今日も寒い一日になりそうですね。

行きつ戻りつの今年の春、

自然のゆっくりとしたリズムと歩調を合わせて

今日は心の声に耳を澄ませてみたいと思います。


★ぽんちゃんのお人形など、この公演の様子はコチラでもUPしています⇒CLICK




一人芝居と人形展示の世界⇒【The Moon Light Grove~月あかりの森

Twitter ID⇒@NaomiTMLG

★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ 舞台、ステージへ舞台、ステージにほんブログ村 トラコミュ パフォーマンス・アートへパフォーマンス・アート
にほんブログ村 トラコミュ 日常の小さなできごとを愛する生活へ日常の小さなできごとを愛する生活

Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログ 一人芝居へにほんブログ村
[PR]
# by Dorothy-Naomi | 2010-04-17 21:08 | *私の表現活動★ | Comments(0)

石井桃子展

金曜日、妹のぽんちゃんと世田谷文学館に行ってきました。

石井桃子展が開催されるという告知を目にしたのは、2ヶ月ほど前のこと。

ちょうど本番ラッシュの前だったこともあり、すべての事がおわったら行こう!と心に決めていたのです。

ようやっと来れた★

チラシとチケットを見つめながら、じんわりと嬉しさに浸っていました。


e0182671_1031035.jpg
芦花公園で下車し、道伝いに5分ほど行くとガラス張りのモダンな建物が見えてきます。

そのモダンな建物の横には、なんとも風情のある白壁と、堀の中に泳ぐ鯉。

前回ここに来たのはムットーニ氏の展示だったでしょうか。

ほぼ一年ぶりの世田谷文学館。

なんともいえない気持ちのいい空間です。


石井桃子さん。

日本の児童文学界で、これほど有名な方もいないでしょう。

ちいさなうさこちゃん、ノンちゃん雲に乗る、三月ひなの月、こねこのぴっち、
クマのプーさん、ちいさいおうち、ピーター・ラビットのおはなし、小さい牛追い、 

etc etc.......

彼女が関わった作品は、創作物語&翻訳物語、数え上げればキリがありません。

私たちが先日の公演でとりあげた、エリナー・ファージョンの「ムギと王さま」も石井さんの翻訳です。

e0182671_1041440.jpg

私が生まれたときに、母方の祖父が誕生祝に真っ先におくってくれたのが
「ちいさなうさこちゃん」。

ぼろぼろになるくらい大事に大事に持っていた一冊です。

お雛様の時期に、母が読んでくれたのは「三月ひなの月」。

今でも胸がキューンとします。

少年Nが小さかったときには、「ちいさいおうち」や「こねこのぴっち」をよく読んでやりました。

「海のおばけオーリー」も大好きだった一冊。


平日にも関わらず、館内は多くの人でいっぱいでしたが、とても静かでした。

それぞれ、自分の中の大事な思いを抱えて、ここに足を運んだ人々。


児童文学作品の一つ一つに、その物語と石井さんとの出会いや秘話、

出来上がって出版されるまでのストーリーが説明されていました。

犬養家に贈られてきたクリスマス・プレゼントの一冊だった童話を、

当時幼女だった道子さんたちに口で訳して語り聞かせてやったのが

「クマのプーさん」誕生の瞬間だったというエピソードは印象的です。


一枚一枚丁寧に書きこまれた翻訳のメモ、走り書き、

ヴァージニア・リー・バートンや、エリナー・ファージョンと交わした書簡、

クリスマスカードや、自筆のデッサン。

石井さんが撮影したスライドに映し出されるヨーロッパの街角やNYの摩天楼。

ご自宅の一階にある「かつら文庫」に今も毎年かざられる手彫りの雛飾り。

e0182671_1052681.jpg
2008年に101歳で亡くなるまで石井さんが愛情深く、熱心に、そして誠実に歩んできた道。

会場全体に満ちている静かであたたかな空気に包まれて、しばらく時の経つのも忘れて過ごしました。

語り聞かせてくれる母のヒザに寄り添って、姉妹そして弟も、皆で本をのぞきこんだ子供時代。

あの頃にタイムトリップしてしまったよう。

私の大事なルーツの一つに出会えた時間でした。




一人芝居と人形展示の世界⇒【The Moon Light Grove~月あかりの森

Twitter ID⇒@NaomiTMLG

★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ 日常の小さなできごとを愛する生活へ日常の小さなできごとを愛する生活


Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
[PR]
# by Dorothy-Naomi | 2010-04-11 21:01 | *Art & Theater | Comments(0)

発音検定試験★本番ラッシュ番外編

e0182671_943515.jpg

昨日ついに『合格』の二文字をいただきました。

....先月からのチャレンジ、本番何本目の挑戦でしょう。

プラスαプラスβプラス .......


本番ラッシュ、実はこれが一番の大勝負だったと思います。


手元のファイルには、ボロボロになった検定試験課題シートの山。

Mayukaさんやオブザーバーの皆さんからいただいたコメントの紙。


鼻の奥がツーンとしてきて

たちまち視界がぼやけてきました。。



......きちんと克服したはずだったのに、ふいに出てくる自分のクセ。

不注意に動く自分の舌。

悔しくって、悔しくって、自分で自分がゆるせなくって.........
課題を前に、やり場のない思いに打ちのめされていた自分。

機械がこわれるくらい録音した音を聞き、キッチンで、お風呂で、移動中の駅の乗り換えでも(!)

とにかく練習・練習・練習。

自分の芝居の公演の脚本と、発音の課題と機械を常にバッグに入れて持ち歩き、すき間時間が少しでもあれば口を動かしました。

苦しいです。

辛いです。

......でも、あきらめたらそこで終わりだよ?!

あきらめずに最後まで頑張って本当によかった★

もしも簡単に合格していたら、自分の実力の不安定さをそのままにして、

こんなに努力をしなかったでしょう。

そして、登った山の上の景色が、こんなにも深く心に沁みる景色だとは

知ることがなかったでしょう。


ゼッタイニナカズニ、サイゴマデガンバル!


そう決めて、大撃沈・大玉砕しても涙は出さずに頑張ってきましたが、

最後はMayuka師匠に抱きついて、オンオン泣いてしまいました。



発音道場という場所。

ここは、英語のプロのための道場。

自分のクセを捨て去り、一から徹底的に発音の基礎をたたきこみ、

それから......

properな「音」として身につけられたか?

相手に伝わる表現になっているか?

そこまでを徹底的に鍛え上げる場所です。


『道場』という名前の示すとおり、

ここは決して「教室」とか「カルチャーセンター」ではありません。


英語の発音だけでなく、精神的な部分も鍛え上げる場所。

どんな意志をもって、自分が取り組んできたのか?

そういったものが明白に実力に現れてくる場所でもあります。



とりあえずビジネスで通じているわけだし.....

これで今までこまったことないし.....

でも、もう少し発音上手になったらいいかな?


......その程度の気持ちでは、ここでは1年間やっていくことはできないでしょう。

でも、だからこそ集ってくる人々は、どんなに遠くてもやってくるのです。



入門編 ⇒ 発展編 ⇒ 上級編

あしかけ一年間。

ここでの時間は、私にとって「大学のゼミ」でした。

技術的な意味での発音だけでなく、

英語、言語、教育、脳のしくみ、子供をとりまく現在の社会......

さまざまなトピックが飛び出し

それについて語り合う時間にも、多くの学びがありました。


きのう、朝食を食べながら少年Nが聞きました。

「今日も発音道場?試験をまた受けるの?」

「うん。そう。合格するまでMayukaさんにみてもらうの」

「Mayukaさんってどんな人?」

「あのね.....やさしくって、きびしくって、素敵な人だよ。

そしてね、お母さんの口の中のこと全部を、世界中の誰よりも知っている人!」


そうです。

Mayukaさんは、当人の私でさえ分からない口の中の舌の動きや、口の中の空間を

誰よりも正確に知っており、正しい音を作り出すように導いてくれるスーパー師匠★


スーパー師匠に言われたひと言。

「今回の検定試験は合格です。
が、この先、ここで学んだことをシッカリと定着させるように、
もっともっと頑張っていってほしい。」


ぶれない実力を蓄えろ!

そういうことですね、師匠★


合格がゴールではなく、

ぶれない実力を蓄えている自分でいることが大事。


e0182671_9399.jpg
桜がすっかり満開になり、
花びらを落とし始めましたね。

地面には、ところどころ花びらのじゅうたんが出来ています。

ちょっと遅い卒業式と、入学式を迎えたような
今の自分にぴったりだな。

そう思いました。

春の空の下、ゆっくりと深呼吸をしたい気持ちです。





HONEY&SPICE ENGLISH SALON

一人芝居と人形展示の世界⇒【The Moon Light Grove~月あかりの森

Twitter ID⇒@NaomiTMLG

★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ 英語&英会話へ英語&英会話にほんブログ村 トラコミュ 英語で人生楽しみませう♪へ英語で人生楽しみませう♪

Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へにほんブログ村
[PR]
# by Dorothy-Naomi | 2010-04-08 09:55 | *English | Comments(0)

CATS*Jellicle Stage

e0182671_2232735.jpg
春の嵐ふき荒れた今日

少年Nと【CATS】を観てきました。

オフ日のぽんちゃんも一緒です♪

三人そろって向かった先は.....

横浜のキャッツ・シアター!

CATSのロゴが目に飛び込んできました。



わ~★

なつかしい~~~~

少年Nにとっては初めての演目。

はやる心を抑えて劇場に向かいます。


「わぁ!見て!

これって・・・・アレだ!!!」

ぽんちゃんが指さした先にあるのは、劇場の正面玄関前の階段。

よ~く見ると......

e0182671_22335875.jpg


e0182671_22343964.jpg


わかります?

階段の一段一段に、書かれている名前。

これ全部、登場する猫たちの名前なんです。

お?ラム・タム・タガー!!

こちらはミスター・ミストフェリーズ!!!

なかなかニクイ演出です。

それだけで盛り上がる私たち~~~~


ちょっと奮発してとったS席。

この独特の劇場内部の装飾に、Nはアチコチ目をキョロキョロ....

「これって、ごみ置き場?」

「あれって壊れたギター?」


わかる・ワカル!

この異空間は、ちょっと興奮しちゃうよね。


私が初めてCATSを見たのは今から20年以上前。

へへへ♪

日本初演公演を観たんです~(ちょっと自慢★)

その時もぽんちゃん一緒でした。

新宿のCATSシアターで...



今でも覚えています。

客席から飛び出してきた猫たち。

とどろくようなダンスの音。

何より感動したのは、劇場全体が一つの芸術空間だったこと★


グリザベラの久野さん、ミスターミスとフェリーズは飯野おさみさん、

ラムタム・タガーは山口祐一郎さんで、ビクトリアが野村玲子さん

グリドルボーンは保坂千寿さんだったな.....


そんなことを思い出しながら客席に座っていると、ステージがスタート。

始まったとたんに.......

We were in the CATS WORLD!

ギューンと体と心を持っていかれました★


自分でもビックリしたのは、昔とは全然違う部分に心が反応していること!

猫たちそれぞれの仕草や体の動き、

その一つ一つに、その猫の性格があらわれていること。

猫たちの喜怒哀楽。

そして....

表には出てこない感情の襞が、歩き方や手の動きに出ていること。

女性猫二人のソロの色っぽさ、艶っぽさ。

年老いた猫のお茶目さ。

マジシャン猫のプロとしての誇り。

それはそのまま役者さんたち一人ひとりの、

姿勢や生き方にもつながるような気がします。


昔は単に楽しんでいた夜行列車猫の明るい陽気なナンバー。

なんだか、手をたたいて楽しみながら涙がでました。

それは......

彼の持つ他者への愛情や優しさが伝わってきたから......


昔だったら考えられないような部分に、心が反応し、感動......

あっという間の2時間半でした。


舞台の最中、いきなり少年Nが手を握ってきました。

彼の心も何かをキャッチしているのでしょう。


♪Memory

心に沁みました。

そして....

ラストの、猫たちの圧倒的なコーラス。

一つにまとまって上へと伸び上がっていく、大きな大きな歌声の柱のようでした。

e0182671_23342048.jpg



ミュージカルが終わって外に出ると、嵐も小休止。

いい舞台には言葉なんて、いらないね★

でも、それでいいね。


帰宅途中、Nといろんな話をしました。

友達とのアンナコト・こんなこと。

学校の先生の秘密のエピソードを聞いた話。

今、すごく好きな音楽、すごく興味のある作家。


i-Phoneのイアホンを二人で耳に半分づつ入れながら揺られる小田急線。

こんな時間が一番の「春休み」なのかも.....ね★


一人芝居と人形展示の世界⇒【The Moon Light Grove~月あかりの森

Twitter ID⇒@NaomiTMLG

★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ 日常の小さなできごとを愛する生活へ日常の小さなできごとを愛する生活


Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
[PR]
# by Dorothy-Naomi | 2010-04-02 20:51 | *Art & Theater | Comments(0)

本番四本目★The Moon Light Grove

先日。3月28日(日)教文館 ウェンライトホールにて、

The Moon Light Grove~月あかりの森】の三回目の公演が無事に終了しました。

e0182671_11333948.jpg
森の入り口まで足を運んでくれた皆様。

本当に本当にありがとうございました。

地面から顔を出し始めた、初々しい若芽、

そして枝先に芽吹き始めた小さな命。

早春の森を感じていただけたでしょうか?



今回は、今までとは違った形式での上演でした。

第一部は「朗読パフォーマンスと人形とのコラボレーション」

第二部は、「一人芝居と人形とのコラボレーション」と分けた形式です。


パフォーマンスと音楽と人形&映像......

私たちが表現したい世界は、

この4つのどれが欠けても成立しません。

二人で一つ一つ呼吸を合わせながら、詰めていくリハーサル。

それは試行錯誤の連続です。


時には撃沈、

時には激昂、

時には疲れきってバタンQQQQQ!!!!!!

髪の毛をかきむしりながら、夜中に咆哮~~~~~~~

スキップしながら絶叫~~~~~~

コ、壊レタカ?

大丈夫か?なおみんと???



それでも頑張り続けられた理由。

それは、どうしても皆さんに届けたい想いがあったからです。

e0182671_1135137.jpg
イースターというキーワード。

どんなイメージをもたれますか?......復活・再生・希望


第二部はこのキーワードを軸にし、

いくつかの脚本を書き上げ上演しました。

全てのエピソードが少しずつ絡み合っています。


春風が3月のリボンをほどいたら...

サブ・タイトルの響きはやわらかで可愛いのですが、

出てくる登場人物たちは決して美しいメルヘンの世界に生きている住人たちではありません。


●この春に社会人デビューをした若者たち、

●敏腕女性社長&その屋敷付きの老運転手、

●完壁主義者で人の中に溶け込めない若い牧師

●主人公の新聞記者のスリジェや人形作家のポンム.....

などなど

........それぞれ自分なりの悩みをかかえ、道を探している登場人物です。

一人ひとりが自分の中に解決できない想いをかかえながら、懸命に生きています。

何が正しい答えなのかを求めながら.....


それは、まさに私たち自身の姿そのもの。

自分の中にあるカケラが、姿を変えて動いているのです。


e0182671_11362895.jpg
最後のお話では、すべてのエピソードのまとめとして、一番伝えたかった思いを

アンソニー・スカイJr.牧師に語ってもらいました。

The Moon Light Groveの教会に集まってきた人びとと同様に

教文館に集まってきてくださった年齢も性別も多岐にわたるお客様方。

その何人かの方々は、涙を流して芝居を見てくださっていたこと。

感激です。

名古屋から駆けつけてくれた友人もいました。

心から感謝しています。

皆さんに少しでも伝わったものがあれば、本当に嬉しく思います。


今回の公演を終えて、また次の課題&目標が見えてきました。

そこに進んでいくために、

皆さんに、もっとこの世界を上手にお届けできるように

私もまた前を向いて歩いていこうと思います。

e0182671_1149729.jpg
公演にいらしていただいた皆様、

興味をもってブログを読んでくれている皆様、

そして、

いつも私たちを愛情たっぷりに支えてくれる素敵な美人スタッフの皆さん&マイファミリー

心からの感謝と愛を込めて★
Thank you VERY MUCH★★★

★ぽんちゃんのお人形など、この公演の様子はコチラでもUPしています⇒CLICK


一人芝居と人形展示の世界⇒【The Moon Light Grove~月あかりの森

Twitter ID⇒@NaomiTMLG

★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ 舞台、ステージへ舞台、ステージにほんブログ村 トラコミュ パフォーマンス・アートへパフォーマンス・アート
にほんブログ村 トラコミュ 日常の小さなできごとを愛する生活へ日常の小さなできごとを愛する生活


Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
[PR]
# by Dorothy-Naomi | 2010-03-30 20:45 | *私の表現活動★ | Comments(0)