タグ:アカシックレコード ( 10 ) タグの人気記事

2017アリゾナ・セドナへ2度目の旅(2)




#3. Painted desert


日没直前のペインティッド・デザート。

この場に立っているとクラッとくる。


d0167002_00544489.jpg


まるで他の惑星に降り立ったような、、、

まるで創世記の地球を見つめているような、、、


d0167002_00555371.jpg


立っていると自動的にアカシャにつながっていってしまう。

ここは、大昔からの地球の記憶を保管している場所。

大昔、海の中にあった地。

やがて命が芽吹き、木が育ち、繁り、巨大な森となり、、、

そして木々は枯れ、それらは鉱物になり、累々と積もり、砂漠のような地形に、、、

地球の歴史を宿している場所に、ゆっくりと夕日が迫り大地を照らしていく。


d0167002_01062726.jpg



#4. Kachina woman's rock


トレイルを歩き始めてカチーナウーマンが目に入ってきた途端、「きたよー!」と、思わず声が出た。


d0167002_01173115.jpg

湧き上がる喜びと胸の高鳴り。

早足で歩きたいところを、あえて一歩一歩、ゆっくり、ゆっくり、、、

2年前ぶりの再会に胸を躍らせながら、その喜びをかみしめながら歩いて行った。


d0167002_01183044.jpg

カチーナ・ウーマンロック。

偉大なる母の岩。

ここは、私の大事な大事なアンカーポイント。

この岩を抱きしめていると、力強いエネルギーが身体中を通過していく。

そして、身体中が暖かなエネルギーに包まれていくのを感じる。

カーチナを抱きしめているように見えて、私は彼女に抱きしめられているんだ。

抱きしめられたまま私はお礼を告げ、そして色々なことを彼女に話した。

・2年前に彼女に誓ったことが、今こうして現実になっていること。

・アメリカに来てから、いろいろなことが起こったこと。

・今の自分のこと。

・そして、今後やっていこうと思っていること。


d0167002_01210340.jpg

いつも、ここに来ると泣きたくなる。

感謝の思いでいっぱいになる。

臆病な私の背中を押してくれて、ありがとう。

まだまだ道のりは遠いけれど、きっとちゃんと最後まで歩いていけるよね。


d0167002_11043630.jpg

カチーナウーマンの真下で、これからやっていきたい事を思い切り大声で叫んで宣言し、、、

大地と宇宙につながり、アカシャにプラグイン。

アカシックレコードから流れてくるものを、そのまま受け取っていく、、、


d0167002_11232676.jpg

どのくらい、ここにいたんだろう。

カチーナウーマンに別れを告げて、立ち去ろうとした時の事、、、

Hello! と、声をかけられて振り返ると、、、

Wow!!! Can't believe it!!!

なんと、目の前にいたのは2年前にこの場で出会ったロバート。

彼は、ほぼ毎日ここで、自分で削ったハート型の石を人々に配りながらメッセージを伝えている人。

2年前にもハートの石をもらった事、
そして今でも大事に持っている事、

それらを伝えると、とても喜んでくれた。そして、

「今日は僕は、あの岩の上でフルートを吹くから、よかったら聞いていってね。」

そう言って、ロバートは岩に向かって歩き出した。

男性性の岩、ウォーリアーズ・ロックから流れるインディアンフルートのメロディーは、カチーナウーマンの女性的なエネルギーと融合し空中へ溶けていく、、、



d0167002_11090704.jpg


岩の上のロバートに向かって、心で感謝を伝え、さあ今度こそ帰ろうかと歩き出すと、、、

目の前にあらわれたのは、なんとラヒーリオ!?

これには、本当にびっくり!!!!

彼は何回も転生で出会っている人であり、私のアバターでもあり、、、

2年前に彼の主催するスウェットロッジに参加した体験は、私の中で忘れられない出来事の1つであり、、、

驚きと喜びで言葉を失ったまま、マジマジと彼を見つめてしまった。


d0167002_11082790.jpg

これはアバターたちからのサプライズ・プレゼント?

ー驚いたでしょ??

うん、ほんっと〜に驚いた!!

目に見えないアバターたちのクスクス笑いが聞こえてきちゃう。

思いがけないプレゼントをもらっちゃったね。

そして気がついた。

そうか!これは私の卒業証書だ。

2年前に決意して始めたことの第一段階が、ここで終了したねってことでしょ?

すると、またもや耳元にクスクス笑い。

卒業証書に赤いリボンをつけて手渡された気分!

そして、ここから再び始まる第二段階が始まるってことだね。

うん、わかった。OK!!

次回ここに来るのは、それを終了できたタイミングかな。




#5. Oak Creek

ピカピカ光る粒子が空中に飛び交うオーク・クリークは、セドナの清流。


d0167002_11584699.jpg


メキシコから続くインナートリップを思い返しながら、

ここで気づいたことを振り返りながら、

川のせせらぎを聞きながら、のんびり過ごす午後の時間。


d0167002_12003406.jpg


d0167002_12085249.jpg

旅の最終日に訪れた場所で、再び小さなミラクルが起こった。


d0167002_12055642.jpg

目にとまった銅板でできた女性の壁掛けを手にとって、レジに行ったときのこと。

不意に、レジにいた初老の女性に、とても個人的な質問をされた。

思わず顔を上げて彼女を見つめると、、、

!!!!

わあ、なんて懐かしい、、、

教師としての過去生で何回か出会っている人だと、すぐにわかった。

初対面のお客様に、普通はこんな話はしないのだけれど、、、

そう、彼女は前置きをしながら、日本で暮らしていたことや、その中で感じていた様々な事を話してくれた。

私がドラマセラピーを学びにアメリカの大学院に留学している事を知ると、彼女は目を輝かせて、そういうプログラムがあればいいと実はずっと思っていたの!と。

閉店間際の店内は、私たちだけ。

私たちの会話は、果てしなく続いた。

最後の最後に、彼女は両手で私の手を包み込みこう言ってくれた。

「だいじょうぶ。
あなたなら、きっと最後までやれるはずよ。
人生のタイミングって不思議なのよ。
私はあなたより人生の先輩だから、言わせてね。
情熱とやる気があれば、他には何にも関係ないのよ。
やれる人にしか情熱は宿らない。
私は、あなたのその夢が叶う日を待っているから。
そして、それを応援しているわ。」

思わず涙がこぼれそうになった。

彼女の言葉が、彼女のハートからまっすぐに私に入ってきたから。


d0167002_12231792.jpg

Changing Woman 〜 変容する女性。

また、出会ったね。

Changing never end, and it will continue to the future.

まだまだ変容は続いていくんだね。


d0167002_12464200.jpg


この旅は、メキシコで気付いたテーマに繋がる情報が次々に押し寄せて、理解と気づきが深まった旅だったなと思う。

満月の日、決定的に終らせることができたものがあった。

それは、決して意図的に仕組んだものではなかったのだけれど、、、

潜在意識の深いところから浮上してきて、はっきりと形を持って目の前に飛び出してきた。

過去生から延々と続く様々なものが、ロープの結びめとして見えてきて、、、

私は伝えるべき事をハートの中で言葉として伝え、そして、そのロープの結びめを切った。

ようやくこれで、それらに1つのピリオドを打ったんだなって思う。

そして、その後おとずれたモニュメントバレー。

そこで大事な気づきを得て、また新たなエネルギーをもらい、、、

その気づきに対する理解を深める体験をもらい、、、

また、ホピの村ではメキシコから続く過去生のドラマの幾つかが浮上し、、、

カチーナダンスと儀式によって、浄化の雨に打たれ、自分の中にある余計なものを一掃し、、、

再会する前の準備を全て整えてから、ようやくカチーナ・ウーマンに再会し、、、

そこで第一段階が終わった卒業証書を手渡されて、、、

オーク・クリークのほとりで、彼女と出会い、、、

自分の向かっているベクトルが間違っていないことを確信できた。


。。。やっぱり、すべて、1つの続き物だったんだね。

そして、まだまだジャーニーは続いていくんだなぁ。



d0167002_12584546.jpg


2回目のセドナの旅の、最後の最後は二人でセドナのお気に入りのレストランへ。


d0167002_13073416.jpg

互いのインナージャーニーに乾杯!

出会えた人々、出会えた体験に乾杯!!

そして、セドナに乾杯!!!

Thank you for everything, and I will see you again.



d0167002_13063755.jpg




・モニュメントバレーへアテンドしてくださったジョージKunugiさんのHP→

 2年前はレイクパウエル・ウェーブ・ホースシューベント・アンテロープキャニオンに連れていってもらいました。
大学時代からずっとアリゾナ在住のジョージさん、とにかく知識は半端なく素晴らしく、ごきげんな旅になること間違いなしです。



・ホピの村へアテンドしてくださったナナさんのHP→

 2年前はホピの岩絵・子宮の洞窟・妖精の泉・UFOの発着所、ウィンドケイブやキャセドラルロックに連れていってもらいました。
精神世界、大自然、ネイティブ文化などに深く理解をもたれており、オーダーメイドの旅を望んでいる人には最高です。



HPはこちらです。
→【
フェリシア* FELICIA Tokyo & New York
あなたが生まれてきた喜びを感じて生きていくために
アカシックリーディング&イシリス33メソッド































[PR]
by Dorothy-Naomi | 2017-06-26 13:01 | *Holiday | Comments(0)

メキシコへの旅2017(2)



#3.

メキシコシティ郊外のグアダルーぺ寺院。

予定にはなかったのに、ここを訪れることになったのは不思議な巡り合わせ。

世界最古のマリア出現説・「奇跡のマント」で知られる寺院だと知ったのは、本当に直前のこと。


d0167002_12520556.jpg

旧聖堂は1709年に建立。地盤沈下のために傾いてしまい、隣に立ったのが新聖堂とのこと。


d0167002_12562733.jpg

聖堂に足を踏み入れたとたん、それが合図だったかのようにパイプオルガンが鳴り響き、続いてミサが始まり、、、


d0167002_13055013.jpg

d0167002_13064718.jpg

マントの上に現れたマリア。

時を経ても布は朽ち果てることもなく、色が消えることもなく、今もここにあるんだね。

Hello, again.

奇跡って、、、

実は、外側から不意に与えられるものではないのかもしれないよ。

内側の深い深い部分で、それを真に信じている自分であれば、
自分の内側が、奇跡を呼ぶのかもしれないよ。

人には全然理解してもらえないものであっても、
どんなに突飛であっても、

自分が自分の内側で真に信じているものは、現実になる。

なぜなら、、、

宇宙は内側で信じているものを、いつでも全力でサポートするものだから。

そして、自分が出しているものが、いつでも自分に与えられるものだから。

そこに対して、意識的であるか、無意識であるか、という差だけなんだよね。

無意識であれば、突然やってきた現実を「奇跡」だと思うわけで、、、

実は自分が引き寄せたのだということに、気づいていないだけ。



d0167002_12554614.jpg

赤いバラの花言葉は、真実の愛。

真実の愛を心に灯している人には、真実の愛がおとずれる。



#4.


ピラミッドに関係する宇宙エネルギーの話や、金星との繋がりはこちらにも書いたけれど、少しだけ書き足しておこうかな。

太陽のピラミッドと月のピラミッド。

アカシックできた情報は、テオティワカンのピラミッドは2つで1つ。この2つのピラミッドはコインの裏と表。

d0167002_13491578.jpg


d0167002_13544753.jpg


上の太陽のピラミッドは公の行事を行った場所。
男性的なエネルギーで陽のパワー。


d0167002_13504908.jpg

こちらの月のピラミッドは儀式を執り行った場所。
女性的なエネルギーで陰のパワー。


d0167002_13514908.jpg

神や自然の力をリスペクトして生きてきたにも関わらず、権力や能力を手に入れると人は謙虚さを失っていってしまうんだなぁ、、、


d0167002_13535749.jpg

そして、神に捧げるのだという大義名分のもとに、自分自身のエゴが底にあることを隠して、他者をおとしめたり、さばき始めていく、、、


d0167002_13584211.jpg

でもね、そのサイクルで回っている社会は、どこかズレていってしまう。

必ずいつか崩壊してしまう。

どんなに高度な知識を持っていたとしても、、、

どんなに発達した社会を形成していたとしても、、、


d0167002_14032107.jpg

マヤ文明の遺跡、チチェンイッツァのピラミッド。

ここで、どれだけ多くの発明と発見がなされたか。

そして、どれだけ先端をいった知識や情報を人々は持ち合わせていたのか。

さらに、、、

そういった力のあるもの、能力のあるものは、どれだけ自分たちのエゴや隠匿を贖うために奴隷たちの命を奪い神に捧げたのか、、、


d0167002_14125952.jpg

雨乞いは、単に、生きていくために水が必要だったから行われたわけではなく、、、

同時に、魂の浄化のために水(雨)が必要だったのだということ。

それなのに、魂の浄化のための雨を降らせるために、またしても人の命を奪って捧げてしまうという人間の愚かさ、そして、悲しさ。


d0167002_14102184.jpg

時代を超えて、形を変えて、延々と繰り返されてきたこの仕組みは、けっきょく恐怖や不安や不信や絶望しか生み出せない。

そして、やがて滅びてしまう。


d0167002_14230486.jpg

d0167002_14271542.jpg

今後、愛や調和に向かって、どんどん人々の意識が変わっていき、、、

力や能力を何のために使うのか?について、人々が認識して目覚めていけば、、、

古代の人々の知恵も知識も、本当の意味で社会に生かされていくはず。


d0167002_14453076.jpg

d0167002_14461603.jpg


#5.


喜びも、悲しみも、切なさも、怒りも、、、

生きている体験の中で味わう様々な感情は、人生のスパイス。

どんな体験も、どのスパイスを使うかによって、味わい方が変わってしまう。


d0167002_14495508.jpg

d0167002_14502887.jpg

この料理はこの味でなくちゃ。。。なんて、決めなくていいかもしれないよ。

別のスパイスで試してみたら、全く違う発見があるかもしれないから。



d0167002_15115775.jpg


d0167002_15122001.jpg


d0167002_14534160.jpg

教会の屋根の上を歩くツアーに参加して、屋根から屋根へとテクテク。。。

高さが変わると、街の見え方がガラリと変わる。

恐いと思っていたことが、実は面白いんだな〜ってわかると、ゲラゲラ笑い出したくなっちゃったりする。


d0167002_14543193.jpg

自分の過去の出来事も、今難しさを感じているものも、、、

スパイスを変えたり、目線を変えると、全然違ったものに変身してしまうかもしれないよ。


d0167002_15100568.jpg


d0167002_15111464.jpg


朝日が綺麗に見えるのは、まわりの空が暗いから。

暗がりの中だからこそ、朝日は美しく見えるんだよね。

逆に言えば、光があるからこそ、闇は美しく見える。

どちらも存在しているからこそ、日の出は美しい。

光も闇もあるからこそ、地球は美しい。

私たちも、きっとそうだよね。

自分の中にある光も闇も、相手の中にある光も闇も、すべて美しいと受け入れられた時、きっと何かが変わっていくはずだよね。

鮮やかに明けていくカリブ海の夜明け。


d0167002_15132039.jpg



HPはこちらです。
→【
フェリシア* FELICIA Tokyo & New York
あなたが生まれてきた喜びを感じて生きていくために
アカシックリーディング&イシリス33メソッド










[PR]
by Dorothy-Naomi | 2017-06-24 15:23 | *Holiday | Comments(0)

メキシコへの旅2017(1)



アカシャからやってくる情報をたよりに、メキシコを旅してきたのは先月のこと。

NYからメキシコシティー&カンクンへの1週間の旅。

メキシコへの一人旅を決めたのは、実はこんな経緯から、、、

自分の気づきや思いが色褪せないうちに、個人的な覚書として。



d0167002_15414062.jpg



#1.


メキシコシティーの宿について、すぐに街に飛び出し、ディエゴ・リベラの描いた壁画を見に国立宮殿へ。



d0167002_23330577.jpg

d0167002_23375014.jpg
d0167002_23385340.jpg

d0167002_23412840.jpg

支配するものと、支配されるもの。

弾圧と服従。

人の歴史は、その連続だったりするけれど、、、

でも、実はその相反するものの出所は一緒だったりする。


d0167002_23435656.jpg

d0167002_23452956.jpg


#2.

フリーダ・カーロの絵画を最初に見たのは、いつだったろう。

ドクドクと脈打つように伝わる彼女のリアルな感情と、ストレートな表現。


d0167002_00023534.jpg


初めて見た時は、あまりの強烈さに息ができないくらいだった。


d0167002_00473297.jpg



d0167002_00475799.jpg

そして、目を離すことができなくなって、その場に立ち尽くしたのを覚えている。


d0167002_04363315.jpg


d0167002_04372904.jpg

d0167002_00005475.jpg

今、また、どうしてこんなに惹かれるんだろう。



d0167002_00292685.jpg


フリーダの生家、リベラと暮らした家、美術館などを回りながら、アカシックにつながってみた。


d0167002_00045739.jpg

この人生で彼女が決めてきたこと。

それは、「女性であることを全身でフル体験する」ということ。

更に分かったのは、、、

それを、「光の当たった角度からでなく、闇の角度から体験すること。」


d0167002_00340953.jpg


d0167002_04402210.jpg

恋人の殉死。子宮の損傷。度重なる夫の裏切り。実の妹と夫の不倫。恋人との蜜月。

何度も手術を受け、ボロボロになった肉体。

肉体と一緒に、ボロボロになっていく精神。

嫉妬。怒り。号泣。仕返し。背徳への後ろめたさ。官能への欲求。孤独。絶望。



d0167002_00345391.jpg


d0167002_04353753.jpg

愛を、もしも180度真逆からみたら?

それは愛ではないかというと、やっぱり愛だ。

愛に悶え苦しむ彼女の中にあるのは、醜さでも汚らしさでもなく、、、

それは、やはり愛という1つの側面で、、、

醜さも、汚らしさも、孤独の中の絶叫でさえも、、、

すべて美しい。

愛は、すべて美しい。

それをすべて体験し、受け入れて、絵画として昇華させていったのがフリーダだ。

私は、その真実に強烈に惹かれているんだ。


d0167002_00253088.jpg


d0167002_00270232.jpg


d0167002_00321989.jpg


彼女の最後の作品に描かれたのは、熟れたスイカ。

そして、絵の中にかかれたメッセージは一言。

人生万歳。

d0167002_00301360.jpg



HPはこちらです。
→【
フェリシア* FELICIA Tokyo & New York
あなたが生まれてきた喜びを感じて生きていくために
アカシックリーディング&イシリス33メソッド







[PR]
by Dorothy-Naomi | 2017-06-24 00:42 | *Holiday | Comments(0)

台北へ姉妹二人旅★2016 



昨年末からの「旅の時間」は、まだまだ続行中です。

北海道、ソウル、そしてスペイン、チェコ、オーストリア。。。


さらに、先月半ば過ぎは姉妹で台北へ。


d0167002_14212642.jpg

私にとっては三度目の台湾です。

初めて訪れたのは、今から数年前のこと。

やはり姉妹二人旅でした。

そして、家族で台湾を旅をしたのは二年前。

今回の台北は、再び姉妹二人旅。


d0167002_16283041.jpg

毎年、互いの誕生月のある1月~2月に新年会&誕生会を合体させて「新誕会」を設けている私たち。

今年は、今後につながるもの&インスピレーションを得るようなものをプレゼントしたいと思っていました。

いろいろ考えた末に私が選んだプレゼントは「旅する時間」★

幾つかの候補が上がりましたが、最終的に台北に決まりました。

旅の時間は特別な時間。

その時々の旅のメンバーの共通のテーマによって、訪れる場所も、出会うことも、気づきも変わっていきます。

なんとなく、初回の旅のタイミングでスタートしたお互いのインナートリップが、ようやく終着点に辿り着いたりような。。。

そんな旅の時間になったなと感じています。


d0167002_18384164.jpg



d0167002_14251099.jpg

旅の時間、二人でいろんなことを話しました。

チョット進んで、また戻って、しばらく立ち止まって...

でも、また勇気を出して歩き出して...

人生は、そんなことの繰り返しだけれど...

その時間の中で、深まっていく理解や赦しや、解放があるんだよね。

そこに至ると、今までの滞りが嘘のように一気に目指すものへと進んでいく。

あぁ、人生に余計な事なんて何一つ起こらないんだなぁ、って本当に思います。



d0167002_14255009.png



d0167002_14261967.jpg


d0167002_14395306.jpg


のんびりとコトコト走る平渓線に揺られて、郊外の街へ。

提灯あげを行ってきましたよ。

それぞれの願い事を大きな紙製の提灯の全部の面に筆で描いて、両手で抱えて空へと打ち上げ!


d0167002_14364988.png

d0167002_14375723.jpg

空高く、とんでいけ~~~~!


d0167002_14383217.jpg


d0167002_14391839.jpg

自分に100%自信がある人なんて、たぶん一人もいないのかもしれない。

でも、やってきたことも、体験したものも、全てがあったからこそ「今の自分」になっているんだよね。

それが、その人でしか出せない一つの個性・魅力なんだなって思います。



d0167002_15014791.jpg




そんな自分に「いろいろあったけれど、結構よくやってきたよね。がんばってきたじゃん!」

そう声をかけてあげることは出来るはず。

自分が自分の応援団で、最大の親友だからこそ、強くなっていけるんだよね。

誰かや何かに強くしてもらうんじゃないんだよね。

自分が自分を認めてあげること、味方になってあげること。

それが、あるからこそ前に進んでいけるんだなぁとも感じています。



d0167002_15021080.jpg

d0167002_15022173.jpg

とても面白かったのは、宿泊したホテルが、過去生で私が定宿にしていたホテルだったこと。

実は最初に宿泊予定だったホテルがシックリと来なくて、ピンときたリビエラ・ホテルに変更したのです。

聞くと、このホテルは、昔から欧米人の宿泊が多いことで有名なホテルとのこと。

ホテルの中に足を踏み入れると、スーッとアカシックに繋がっていきました。


d0167002_15180271.png

懐かしい思いがこみあがってきます。

勿論、ホテルの中の様子は当時とは変わっていますが...

ホテルの近辺の様子も、近くのお寺も、見覚えのある景色ばかり。

私が台湾に最もご縁のある過去生は、イギリス人男性として淡水の領事館長を務めていたときのものです。

台北に用事があるときは、ここを定宿にしていたのです。


d0167002_18584489.jpg



一度繋がると、どんどんアカシャからの情報がおりてきます。

また、仕事のついでにスーツやワイシャツを仕立ててくれる贔屓のテーラーに立ち寄っていたのだと分りました。

当時は外国人向けの洋品店は、台北にしかなかったのです。

そのアカシャからの情報に繋がったとき、同時に傍にいた妹も同じ情報に繋がり...

二人で同時に分かったことは...

妹は過去生においてテーラーを営む女主人であり、ひじょうにパワフルで聡明な女性だったということ。

私は顧客の一人として、また友人として、家族でお付き合いをしていたこと。

そして、その店のあった場所はホテルから直ぐのお寺の近くであったこと。



d0167002_15305550.png

ーああ、だから、行きたいと思ったんだね。

今回なぜか行きたいなと思った場所は、ホテルのある界隈と、布地問屋が集まる街、そこにある人形博物館でした。

街を歩いていくと、ますます情報がおりてきます。

この問屋街で女主人は布地を仕入れ、工場で職人たちに西洋式のスーツやワイシャツを作らせていたのでした。




d0167002_18480767.jpg

イギリス人だった私は、今と変わらず、かなり好奇心旺盛な人間だったようです。

テーラーの女主人(妹)に案内されながら、洋服仕立ての現場を見たり、布地を選びに問屋へと足を運んだようです。



d0167002_15423151.jpg

d0167002_18503337.jpg


昔ながらの建物が並ぶ問屋さんの街、庶民の街、迪化街。

そこに住む人々のぬくもりが感じられる街の様子。



d0167002_19035565.jpg


d0167002_15473128.png


d0167002_18544384.jpg


台原亜州人形博物館は、この街のはずれにあります。


d0167002_15494516.jpg

中に入ると、職人さんの人形創りの作業現場があり、、、

操り人形や、指人形、抱き人形などなど

東洋&西洋の人形たちや、人形芝居の車や舞台までもが、ギッシリと展示されています。


d0167002_15580903.png

d0167002_15571523.jpg



d0167002_15591348.png


うわ~お!!!

人形が大好きな私たち★

しかも、妹は人形作家です。プロとして刺激されるものがたくさん展示されていて、もう大興奮!

思わず歓声がもれます。

しかも、なぜか見学者は私たち二人だけ。

この贅沢な空間に、二人でたっぷりと浸りました。


d0167002_15574825.jpg

一階から順にじっくりと見て周っていくうちに、徐々に不思議な感覚にとらわれてきました。

全ての展示物を知っているのです。

そして、全ての室内を知っているのです。


d0167002_15572746.jpg



ー私、前に一度この建物の中を歩いている。

内側から沸き起こるザワザワとした思い。

ーどこで?


d0167002_15595378.png



サッと部屋の空気が変わり、不思議な色に光る光線が部屋中に広がっていき…

その光は人形たちと私たちをグルグルと照らしはじめました。

胸の動悸が早くなり、クラッっとくるような感覚と一緒にバーッと自分の中に流れ込んできた確信。

ーもしかしたら......そういうこと?

それが本当に確かならば、このフロアーの真上は4階で屋根裏部屋のはず!

ドキドキする思いのまま階段をのぼり、上の部屋経上がっていくと...


d0167002_15592801.png

そこは、屋根裏部屋でした。

そして4階でした。

ここは、私が以前に自分の夢の中で訪れた「屋根裏部屋にいたドロシー」が遊んでいた場所。

その空間そのものがそこにありました。


d0167002_16001218.png

たった一つ違っていたのは、、、

お人形遊びをしていた少女はおらず、その代わりに部屋の中央に置かれていたのは、大きな人形の劇場だったということ。


劇場ーTheater★

ーここからは、あなたがあなたの舞台の中央に立ってやっていくのよ!


暫く、声を出すことも動くことも出来ませんでした。

雷に打たれたような衝撃と、疑いようのない核心と、抱きしめられるような感覚に飲み込まれていました。

どのくらいの時間、自分がそうしていたのか分かりません。

ゆっくりとドロシーからのメッセージが、身体全体に広がっていきました。

私は、たぶん、ようやくドロシーを自分の中に統合できたのだろうと思います。


d0167002_19000943.jpg


博物館を去る間際、ふと上を見ると

そこには天使の像。

出口には、なぜか値札の張られていないピーナッツの絵ハガキ…

二人で思わず顔を見合わせ…!!!!

妹はピーナッツを素材に使った人形も手掛けています。

彼女にとっても、ここを訪れたことは大きな出来事だったようです。

この、アバターたちからのしゃれたプレゼントには、二人で笑い出してしまいました。




d0167002_15214478.png


旅の最終日、ホテルから直ぐのお寺に二人でお参りに行きました。


d0167002_16223468.png

今回の旅でお互いが得た数々の大事な気づきと、

長い間ずっと待ち続けてくれていた目に見えない存在への感謝と、

今、こうして今の関係を大事に思っていられることについて、、、

そして、今後、互いが進んでいきたいと思っている道について、、、

しっかりと手を合わせてお祈りしてきました。


d0167002_16293725.png


d0167002_16300722.png

ベストなタイミングで全ての物事はあるんだな~と、つくづく思います。

この台北での時間の中で得たものは、一つのマイルストーンなんだろうなとも感じています。

ありがとう、台北。

次に来るときは、どんな私たちでいるのかな?


d0167002_18365589.jpg





HPはこちらです。
→【フェリシア*SALON DE FELICIA

あなたが生まれてきた喜びを感じて生きていくために
アカシックリーディング&イシリス33メソッド


Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444


Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)







[PR]
by Dorothy-Naomi | 2016-03-14 16:53 | *Holiday | Comments(0)

台北の休日(3)再会・参拝&月下老人のメッセージ



この台北滞在中に、とても印象的な出会いがありました。

出会い、というよりも再会といった方が正しいかもしれません。



★シャオ・メイファンさん


初めて出会ったのに、初めてじゃないと感じる人っていますよね。

上手く言葉にできないけれど「この人、絶対に昔から知ってる!」という感覚です。

d0167002_2382333.jpg


シャオ・メイファンさんは台北を本拠地として活躍されているアカシックレコードリーダーです。

d0167002_23203493.jpg


PCで台北の情報を検索している時、とあるサイトで彼女の顔を見た瞬間
ビビビッときました。

この人と今回の台北で絶対に会える!

根拠もない確信は説明がつきません。

早速メールで打診をしたのですが、なぜか返事が全く来ず。。。。

どうしようか、と思っていたところに幸運なご縁の手助けが重なり、彼女に会えることになりました。

彼女の仕事場は農安街の晴光市場の中ほどにある先天世界易経協会。

ちょっと雑然としたアーケードを抜けていきます。

入り口で名前を言って靴を脱ぎ、フロアーでお茶を頂いていると
彼女がやってきました。

互いにい目と目を合わせると、どちらともなく手を振りあってニッコリ(^▽^)
「うん、やっぱり~!」という感じです。


ーきっと初めて会ったのは、古いエジプト時代ですよね?

感じたままに英語でそう伝えました。

ーYes,、クラスメイトみたいな感じよ。
うふふ、他にも何回も今までご一緒しているのよ、私たち!

そう綺麗な英語で答えてくれました。

それから…英語と日本語を混ぜあいながら、話し込むこと、話し込むこと!!!
もうセッションという域を超えて、いろんな話が飛び交いました。

彼女のリーディングは独特なスタイル。

丸い形をした生命盤と竹ヒゴのような二本の棒を使って、アカシャにアクセス
するのです。

私は指示されるままに掌を上に向けたり、下に向けたり…

今の私の状態と、それに一番大きく原因している過去生の出来事の詳細などに関してのリーディング、今このタイミングで私たちが再会している理由、今後の私の課題などの話が出ました。

シャオさんのマスターにもお会い出来たこと、中国語ボランティア通訳のAkihiroくん
との出会いにも心から感謝です。


d0167002_23374298.jpg


この日は、同じ場所で刀療というユニークなヒーリングも体験してきました。
使う道具は、まさに刀!

d0167002_23432612.jpg


でも、もちろん刃先は特別に加工されているもの。
切り刻まれて血まみれ、、、なんてことはないので大丈夫です(^^)b

d0167002_23442861.jpg


気の状態を刀で叩きながら整えていく、という感じ。
時々、ヒーラーさんがゲップをするのは患者さんのリリースを手伝っているのだと
いうこと。

うぅ、どう言ったらいいのでしょう?

とにかく気持ちがよくて、気持ちがよくって!

どんどん身体が緩んでいく心地よさ!

もう最高です~~~♪

d0167002_2401694.jpg


ここ、台北ならではのヒーリング体験なり。

ご興味のある方は是非一度チャレンジを!



★行天宮

行天宮は、あの関羽にご縁の深い場所。

ビジネスや富、財産に祝福を与えてくれるとのことで、台湾中から参拝客が訪れます。

d0167002_21363792.jpg


駅から行天宮に向かう道には角々にお供え物を売る人がいて、参拝に向かう人々に歌うような節回しで呼びかけています。

d0167002_2140517.jpg


d0167002_232760.jpg


参拝した日は大きな祭礼と重なっていた日で、宮内はギッシリ満員!
スピーカーで経文と鐘の音が鳴り響く中、私たちも一緒に手を合わせました。

d0167002_21483948.jpg


d0167002_21492776.jpg


d0167002_21511427.jpg


d0167002_215359.jpg


d0167002_21541686.jpg


お線香をあげたあと、お祓い&魂を自分の中に戻す「収驚」を女性信者さんに行って頂きました。
(そそっかしい私は、二本あげたお線香のうち一本は慌てて逆向きにしちゃったの。。。
ひゃ~!許してね、関羽さま!わはは ^^; )

d0167002_2233420.jpg


d0167002_2283551.jpg


d0167002_2291937.jpg




★月下老人と龍山寺 


ここを訪れる前の日の夜のこと。

連れの傍らに大きなエネルギーが寄り添っているのを感じました。

目を閉じてエネルギーにアクセスしてみると…

あたたかな赤い色に包まれた高齢の老人男性の姿が見えました。

どことなく日本の七福人の一人、寿老人に似ています。
仙人チックな風貌で、とにかく穏やかで柔らかなパワーを放っているのです。

誰なのかな?
なぜ姿を現してくれたのかな?


【大丈夫です。

不安を手放しなさい。

物事はいつも最善のタイミングで起こります。

大事なことは、自分をしっかりと信じることです。】


この日の夜は、短いメッセージだけを残してフッと消えてしまいました。


d0167002_0262644.jpg


翌日、龍山寺を訪れた時、その謎が解けました。

台北のパワースポットとして名高い龍山寺は、台湾中から人が集まってくる寺院。

とにかく鎮座している神様の数の多さに圧倒されてしまいます。

実は、台湾は仏教、儒教、道教が混在する多神教の国!
この龍山寺の本尊は観世音菩薩ですが、何と他に19もの神様が同じ寺の中に祀られているのです。

ここって本当にお寺なの?と思うくらい、至る所にランタンやネオンサイン!
日本人から見るとかなり装飾は派手かな。

d0167002_0281995.jpg


d0167002_0294779.jpg


おびただしい量のお供物が並べられ、お線香の煙たちこめる境内。
参拝に訪れる人は、それぞれ思い思いの神様の祠に向かって祈りをささげています。

d0167002_0332558.jpg


d0167002_036698.jpg



境内の一番奥に進んでいくと、ひときわ込み合っている一角がありました。

d0167002_7312515.jpg


祠に描かれた絵を見て、ドッキーン!!!!
そこにあったのは、昨夜お会いした老人の姿でした。

その名は…月下老人★

わお!!!

昨夜出てきた方が、そのままそこにいました。

目を閉じて、手を合わせ...
ハートの周波数を月下老人に合わせます。

彼から送られてきたメッセージは、大きな大きな愛と癒しのメッセージ。

優しくて、温かくて、広くて、深い......
存在を丸ごと包み込んでくれるようなメッセージでした。


【誰が何をどう言おうが、誰が何をどうしようが

あなたは、自分が信じた分だけの幸福を手にすることが出来るのです。

あなたは自分が信じた分だけの現実を手に入れられるのです。

不安にドライブされることなく、自分を強く信じてください。

自分が許可した分だけ、あなたは自由になれます。

自分が許可した分だけ、あなたは幸せになれるのです。

自分が自分を信じること。

自分が自分を愛すること。

自分を信じて愛した分だけ、あなたは信じられ愛されるのです。】


大きくて深い愛情のエネルギー。

月下老人のくれたメッセージは、そのまま私たち一人一人の心に向けられた
メッセージです。


大事なことは、いつも目には見えないし、言葉にも上手くできないけれど。。。

ハートで感じられれば、それでいいんだよね。

真実しかハートの深い部分は震えないものね。

震えている部分を感じている自分を信じているし、そこを一番大事に思っていたいな。


ジグソーパズルみたいだよね。

人生の中で起こる全ての出来事は、一つ一つがバラバラなようでいて最終的にはつながっている。

...ならば、パズルの完成を焦る事なんてないね。

最善のタイミングでそれは完成されるもの、きっと。

今の私たちに一番必要なメッセージを、こうして与えてくれてありがとう★


d0167002_1385949.jpg



この休日は、きっと新しい入り口に向かうために必要な休暇期間だったよね?

目には見えない存在たちからの答えは…

【YEEEEEEES!!!ほら、思い出して。
飛行機の座席も、ナンバー44だったでしょう?】

ぷぷぷっ♪
やっぱりそうだった?

いつも、いつも、守護存在たちから送られてくるメッセージは愛情たっぷりです(^▽^)


さぁ、これで私の中の風も入れ替え完了かな。

新しい入り口に向かって、自分の足を前に進めていけそうです。

今春の台北の休日。

忘れられない大事な心のアルバムが、また一つ増えました。

d0167002_2325898.jpg





~ここで台北旅行ダイアリーは終了!残りは番外編に書きます★




スピリチュアル・ブログ⇒【Felicia Spiritual Salon

Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444050.gif

Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村


★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ 魂、心(こころ、ココロ)へ魂、心(こころ、ココロ)
にほんブログ村 トラコミュ スピリチュアリズム(spiritualism)へスピリチュアリズム(spiritualism)
にほんブログ村 トラコミュ 心の旅人へ心の旅人
にほんブログ村 トラコミュ 天使、エンジェル、妖精、フェアリー、天界へ天使、エンジェル、妖精、フェアリー、天界
[PR]
by Dorothy-Naomi | 2013-04-23 01:18 | *Holiday | Comments(2)

台北の休日(2)淡水と朧月夜のフルムーン 後編


前編からの続きです。



紅毛城を出て坂道を下り、海を目指して歩きます。


三月の曇り空の空、一面に広がる海。

d0167002_12384363.jpg



近くの真理大学の学生さんたちかな?海を眺めながら話し込んでいる学生たち。

しずかに午後を過ごしている地元の方もいれば、水鳥に黒猫ちゃんも…

d0167002_12411889.jpg


d0167002_1236361.jpg



ぼんやりと海を眺めていた時のことです。

突然、目の前にある海の景色とは違う海の景色のビジョンがきました。


もっと素朴で粗末な造りの木の船が、何艘も浮かぶ海の上…

網笠のような帽子をかぶった船人たちが、海辺で働き…

オレンジ色に輝く夕日が、海の向こう側にゆっくり沈んでいき…

それを眺めている一人の黒髪の中年男性がいます。

洋服を着て、靴を履き、その風景を心から美しいと思いながら眺めているのです。


ーこの男性は、私だ!

理屈抜きに感じる直感です。

すると、先ほど訪れたばかりの赤毛城と領事館の屋敷が、目に映りました。


男性は英語を話しながら、数名の外国の人々と忙しそうに歩き回っています。

通訳&交渉人のような仕事を自分の役目として、館の中で働いているのです。

教壇のような場で、学生たちに向かって話しをしている姿も映りました。

英語を話せるアジア人として、いくつかの仕事をしていたのです。

自国と外国とを結ぶ役割。

東洋と西洋を結ぶこと。

それが自身の誇りと生きがい。

そんな感覚が内側から伝わってきます。


…これは、間違いなく私の過去生。

バリで以前に体験した強烈なフル体験以来の、体験でした。

水のように流れこんでくる情報は、すべてアカシックレコードからのもの。

ーだから、こんなにもこの場所に惹かれたんだね。

私は、この淡水という街に生きていたのです。


d0167002_13154864.jpg



海辺の近くにある喫茶店は、その名も「領事館」。

運よく空いた屋外のデッキに腰を下ろしました。

ーこうして、ここで生きていたワタシに出会えてよかったね。

海が、時代を超えても変わりなく海であるように。

今の私も、間違いなく過去の自分と繋がっていることを感じていました。


d0167002_13201879.jpg


d0167002_13215967.jpg



台北の中心に戻ったのは、すっかりと日が暮れて夜になってからのこと。

二人で向かったのは小龍包の名店と言われる『明月湯包』です☆

この日はちょうど満月。

空はあいにくの曇り空で月は見えそうにないけれど、明月レストランでお祝いです。

地図を片手にキョロキョロしながら、ようやく辿りつきました。

d0167002_13373018.jpg


15人~20人も入れば満席では?という小さな店ですが、台北でNO.1との評判に偽りナシ!

ジューシーな小龍包と、パリパリの焼き餃子!
これは、言葉にできない味わいです。

う~ん、最高(^▽^)!!!

空芯菜の炒め物も、絶品でした。

d0167002_13432021.jpg


d0167002_13465757.jpg


店を出ると、遠くに見えるのは台北101。

世界で2番目に高いというビルです。

ー思い切って、あっちの方まで行ってみようか?
ーラジャー!

タクシーを飛ばして台北101へ。
夜の9時半までの閉館時間に何とか間に合って、館内を散策。

ーこんな曇り空だし、一番上の展望台に行くのはやめようね。

そう言いながらビルの外に出て歩きはじめた時、声が内側から響きました。

【今!ほら今です!空を見上げて!】

言われるがまま、空を見上げると……

先ほどまで空を覆っていた雲が、一瞬スーッとなくなって

顔をだしたのは……満月★

d0167002_1533868.jpg


【これは私たちからのプレゼントです。

暗い道の中で迷いそうになりながら、よく歩き続けてきましたね。

あなたが、信頼という名の愛を灯りとして歩き続けてきたことを私は知っています。

そして、その灯りを消すことなく、歩みをとめることなく進んできたことを、
私たちは心から嬉しく思っています。

本当の意味で、今あなたたちは再会したのです。

再会を祝福しましょう。

私たちからのプレゼントを受け取ってください。】

ミカエル★
そしてダニエル★

…心に深く響くメッセージ。

喜び、そして感謝、さまざまな思いが押し寄せて、鼻の奥がツーンと痛くなって…

月を見上げながら泣いてしまいました。

ー最高のプレゼントだね。本当にありがとう~!!!!

ほんの数分だけ顔を見せたお月さまは、雲の中へと消えていきました。




すぐに帰ってしまう気になれなくて、今日という日を最後まで味わいたくて、
駅に近いホテルWのバーラウンジへ。

Wへ向かう途中、何度も大きな紫色の閃光が夜空に光って見えました。

街灯や電光掲示板の光とは、まったく違う光り。

守護存在たちが、こうして合図を送ってくれているのです。

ーありがとう!ちゃんと気づいているからね☆


スタイリッシュなホテルの最上階からは、台北の夜景が見渡せます。

乾杯☆今という瞬間に!

乾杯☆朧月夜の満月に!

最高の満月ナイト、心に残る一日に乾杯★

d0167002_14285711.jpg



~台北の休日3へと続きます。


d0167002_13542143.jpgHPはこちらです→【Felicia Spiritual Salon

スピリチュアル・ブログ⇒【Felicia Spiritual Salon

Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444050.gif

Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村


★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ 魂、心(こころ、ココロ)へ魂、心(こころ、ココロ)
にほんブログ村 トラコミュ スピリチュアリズム(spiritualism)へスピリチュアリズム(spiritualism)
にほんブログ村 トラコミュ 心の旅人へ心の旅人
にほんブログ村 トラコミュ 天使、エンジェル、妖精、フェアリー、天界へ天使、エンジェル、妖精、フェアリー、天界
[PR]
by Dorothy-Naomi | 2013-04-17 15:38 | *Holiday | Comments(0)

バリ*今夏の心のスケッチ3



本物の色彩とは、いったいどんな色彩だと思いますか?
魂の持つ本当の美しさが見える世界とは、どんな世界でしょうか?

d0167002_14593634.jpg


ワヤン・クリッと言われるバリの人形影絵芝居があります。
主に宗教儀式や祭りの余興として演じられているのだそうです。

d0167002_14345819.jpg


影絵芝居で使う人形は、観客の前には黒い影として映るもの。
それにもかかわらず、ワヤン・クリッの人形たちは豊かな色で
繊細に作られています。

d0167002_14361983.jpg


なぜなのでしょうか?

バリの考え方では、あちら側の世界こそが真の世界であり、
魂そのものの持つ真の色彩や美があるのだとのこと。

現生(わたしたち観客側)がいる世界は、本当の意味での
魂の姿や美、色彩は見えないのだという考えがあるのだそうです。

「遠く隔たっていると思われている現生と魂の世界とは、実は本当に
影絵芝居の布一枚の薄さなのかもしれないな...」

デンパサールの民族博物館で、ワヤン・クリッの人形展示を観ながら
そんなことを思いました。


d0167002_1438689.jpg


最終日のことです。

宿泊していたホテルの隣にあった
パシフィカ美術館を訪れました。

まだ午後早い時間だというのに、
館内はしーんと静まり返っています。

スペイン語なまりの英語を話す受付の女性から
切符を買うと、さっそく展示室へと足を進めました。

いくつも展示室が続く広い館内には、誰もいません。

なんと贅沢な!
私たち三人だけの貸切だなんて...

美術館を独り占めできるなんて
めったにないこと★
ゆっくりじっくりと見て回ろうか。

家族三人、思い思いのペースで展示室をまわりました。

ふと、ある絵の前で足が止まりました。

宿泊先のホテルの回廊にも複製画がかかって
いた絵で、初めて目にしたときから気になって
仕方がなかったのです。

d0167002_14565222.jpg


....本物はここにあったのね。

絵のタイトルは「Legong Dancer」

レゴンダンスを踊る一人の少女の上半身が描かれています。
私は絵の正面に立ち、その少女を見つめました。

すると....
額の真ん中あたりに、突如キーンとした感覚が走り
思わず目を閉じました。

そして次に目を開けたときに、私の目に映ったのは
絵画ではなかったのです。

信じられないことでした。

絵画の世界そのものが、まるで映画のように
目の前に映し出されていったのです。

いつの間にか絵画のフレームは消え去っており、
映画の世界の中に入り込んでしまったような...
なんとも表現できない意識状態に私はいました。


どこかの寺院か王宮の庭に、何人かの少女が裸足になって
手に扇を持ちながらレゴンダンスを踊っています。

何かが行われる大きな儀式の日のようです。
ガムランやジェゴグの音が、大きく鳴り響いています。

観客席の中央には椅子が二つおいてあり、かなり位の
高い男女が二名座っているのが見えました。

d0167002_1511229.jpg


踊っている少女の中の一人は
......なんと私です。

私は一心不乱に踊っていました。

神への感謝と畏敬の念をこうして自分の踊りによって
表現できていること...
そしてそれを晴れの舞台で大勢の人に観てもらって
いること...

それに対し、心からの喜びと満足を感じながら
一心不乱に踊っていました。


一体どれくらいの時間、それが続いていたのかは
分かりません。

.....再び、我に返ったときには元の状態と同じように
少女の絵は額の中に収まっていました。

深呼吸を何度か繰り返しながら、ゆっくりと次の部屋へ
歩いていきながら、私の心の中には今までの自分の人生の
いくつかのシーンがアルバムの写真をめくるように
思い出されてきました。

d0167002_14404855.jpg


世界各国を出張してまわっていた父が、
幼い私たちへとお土産に買ってきた
竹の大きなガムラン。

居間に飾られていたそれを、
でたらめに叩き踊っていたこと。

父の書斎の本棚にあった古い本の中から、
何故だか心惹かれたのが精神世界の本や
宗教に関する本ばかりだったこと。

そしてそれらを一人で読みふけって
ばかりいた少女時代のこと。

低学年のころから西洋占星術の専門書を読み
一人でホロスコープを書いていたこと。

目を閉じると見えてくるもの、聞こえる音...
自分で自分をどうしていいのか分からなかったこと。

繰り返し見る夢、偶然ではない出会い.....

そして、今ここにこうしているということ。


「そう、すべてはつながっているのです。
人生の中ですべての出来事は、一つの大きな
流れになってつながっているのです。」


d0167002_1533521.jpg



...さいごの展示室まで歩いてきたとき、私は自分の目が
信じられませんでした。

展示室の壁いっぱいにかかっていた絵は
6人の天使の姿★

「Bali Angels」

バリの豊かな大地と大空を舞う、6人の天使たち。

自分の胸からあふれだすものが、こらえきれなくて
思わず涙がこぼれました。

天使たちは、ずっと私の傍らに寄り添いながら
こうしてメッセージを送り続けてくれていたのです。


d0167002_1444118.jpg

「ここに今日こうして来ることも、あなたの人生の
流れの中で予定されていたことなのです。

この国の、この場所で、こうしてこの絵をあなたに
お見せすることは、あなたへのプレゼントです。

あなたは確かに一つの達成点にまで、自分の歩みを
進めてきたのです。

この先は、自分で切り開いて行く大事な道のりです。

そのことにあなたは、不安や恐れを抱いているのかも
しれませんが、それは一切必要ありません。

あなたには、あなたでなくては出来ない大きな仕事を
与えています。
そして、それはあなたに力があるからこそ、私たちは
与えているのです。

今までの人生は第一章でした。
そして、それはここで一つの区切りとなります。

人生の扉が、まるでパーティの開始のようにパーンと
これから華やかに開く音を聞いてください。

あなたが心から喜びを見つけ出し、生き生きと輝きながら
生きていく時間が、この先待っているのだということを、
どうぞ知ってください。」


チャネリングで伝わってくるメッセージ。

それらはあたたかく、強く、やさしくて....
私は涙をとめることができませんでした。


d0167002_14453328.jpg


美術館の展示室の外に出ると、広いテラスが広がっていました。
眩しい南国の光と、青々とした緑が目に鮮やかです。

テラスで一足先に休んでいたPartner氏と少年Nは、
屋根の付いた白い籐の椅子に寝そべっています。

こうして私たちが今生で家族でいることも
決して偶然ではありません。

私も反対側の椅子に仰向けに寝そべって、
バリの青い空を眺めました。

....魂の本当の色彩と美。
あちらの世界の色彩とは、もしかしたら
こんな輝きをいうのかもしれない......


「天使が導いてくれた魂の旅」

この旅行にタイトルをつけるとしたら、
私はそう名付けたいと思います。

そして私は、きっと生涯この旅を忘れることは
ないでしょう......

d0167002_1447214.jpg




一人芝居とドールアートの世界⇒【The Moon Light Grove~月あかりの森
 
Twitter ID⇒@NaomiTMLG

★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ 心の旅人へ心の旅人
にほんブログ村 トラコミュ スピリチュアリズム(spiritualism)へスピリチュアリズム(spiritualism)
にほんブログ村 トラコミュ 魂、心(こころ、ココロ)へ魂、心(こころ、ココロ)
にほんブログ村 トラコミュ 日常の小さなできごとを愛する生活へ日常の小さなできごとを愛する生活

Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村
[PR]
by Dorothy-Naomi | 2011-09-03 15:03 | *Spiritual&ノウイング | Comments(0)

バリ*今夏の心のスケッチ2



【バリへ行きなさい】

初めてメッセージがきたのは、今年の春先の事です。

d0167002_20592232.jpg


ある日、とてつもなく大きなエネルギーが降りてきて
ヒンドゥーの女神カリだと伝えてきました。

そして、今必要なアクションはバリに行く事だと
告げたのです。

唐突なメッセージに、はじめは面食らいました。

私がバリに行く理由は何でしょうか?
そう尋ねると、こう答えが返ってきました。



【「始まり」と「終わり」のタイミングなのです。
今までのあなたが終わり、新たな自分本来の姿へと生まれ変わるタイミングなのです。
そのために、一番最適な状況に身を置きなさい。
あなたに必要なものが待っている、バリの大自然の中へと向かいなさい。】

d0167002_21214858.jpg


「始まりと終わり」

それこそが、今の自分にとっての大きなテーマです。


前述の出来事から間もなくしておこった、突然の義母の死。

それは、文字通り今生の肉体としての終わりと、
より高い次元で永遠に続く魂の存在を意識させる
出来事でした。

...そして、訪れたバリ。
ここでも、私は始まりと終わりを目の当たりに
することになりました。

到着した翌日がバリの独立記念日で、二日後には王族のお母様の
大きなガベン(火葬)がウブドの王宮で行われると知ったときの
おどろき...

バリの独立記念日は、まさにこの国の「始まり」の日。
そして、ガベンはまさに「終わり」と「始まり」の日です。

そして私たちは偶然にも、田舎町での葬列を実際に
目の当たりにする経験もしました。

これらの出来事が送ってくるメッセージは、いったい
どんな意味があるというのでしょう?

言いようのない胸騒ぎがしました。

そして、ある日の午後、最初の出来事は起こりました。

この日、私は海辺の小さなコテージで波の音を感じながら
スパのリラクゼーション・マッサージを受けていました。

d0167002_2123479.jpg


屋根から差し込んでくる太陽の光と、どこかで鳴いている鳥の声。

先日までの忙しすぎた自分の心と体が、どんどん気持ちよく
ほぐされていくのを感じます。

閉じた目の上にホットタオルが置かれました。

花の香り?スパイス?
何の香りだろうと、その香りを深く吸い込んだ瞬間
スーッと別の風景が瞼の上に浮かんできたのです。

青い海。
青い空。
ヤシの木。
強い日差し。

しかし、目の前にある現実のバリではありません。

シダのような木々に囲まれた森林の中に立つ女性が見えます。
長いソバージュの黒髪の女性。
…それは私でした。

赤い花を耳に飾り、レイをさげて空に手をのばし目をつむっています。
上からのメッセージを受け取ると、それを札のようなものにササッと
書き留めて目の前に座っている人々に配っています。
木の幹を削った札に、絵や記号のような書いて説明しています。

場面が変わり、夕方の浜辺の映像。
夕日を見つめながら子供をあやしている映像。
家族に囲まれ、心からの笑顔で笑っている映像。

ハワイでの過去生ーそう直感で感じました。

【この時代のあなたは、巫女として神託を人々に与えながら
家族にも愛されて、本当に幸せに満足のうちに生涯を終えたのです。

中世のヨーロッパで魔女狩りによって罰せられたことや
巫女として自らが予言した水害によって命を落としたこと。

そういった、辛い経験もありました。
しかし今回あなたが思い出すべき自分は、この時代に生きていた
自分の生の喜びを取り戻すことです。

これから、あなたはもっともっと、今までの自分の生き方を
大きく変えていくことになります。

あなたに与えられている力を信じなさい。

そして、自分の能力を最大限に使いなさい。

与えられたその能力を個人的な部分にとどめず
もっともっと分野を超えて役立てていくのです。

あなたの表現に、あなたの言霊に、あなたの伝えるすべてに。

より多くの人々の前へと出ていきなさい。

あなたに与えているビジョンは、あなたが今考えている以上に
もっともっと壮大なものなのです。】


以前そう伝えられたメッセージ。
それが再び耳の奥で響きました。

その過去生の映像を私は見たのです。

マッサージをしてくれていた女性に声をかけられ、ハッと
我に返ってビジョンは終わりになりました。

d0167002_217257.jpg


身体の疲れが取り去られているのと同時に、
心の奥に溜まっていた澱のようなものが
取り去られているのを感じました。

アカシックへの扉が大きく開いた瞬間でした。

間違いなく私はアカシックレコードにアクセスし、
自分の今回の生に関する大事な情報を与えられたのです。


ジャムーという甘いベリーのお茶を頂きながら、午後の日差の中
ぼんやりと先ほどの不思議な体験を思い起こしていました。

ずっと知りたいと願い続けていた「魂の究極の目的」と「次の目標」への
ヒントが与えらえるのは今というタイミングに違いない…

そんな確信が強く心に満ちてきました。

その予見は正しく、バリの大地の中で私は更なる発見をすることになったのです。

そのお話は、次の機会にまたお話したいと思います。


今日は乙女座で新月です。

私のホロスコープで乙女座が司っているのは未来の部屋。
あなたの出生図では、どこに位置する星座でしょうか。

乙女座は、人間が個として目指す最終的な理想・完成を表す星座でもあります。

今のあなたは、一体どんな自分でしょうか。
目指したい理想の姿に、どのくらい近い自分でいるでしょうか。

今宵の新月は新たなるスタートのタイミングです。

もう不必要なものは捨て去ってしまいましょう。
新たなる明日を見つめて生きていきましょう。

より自分が目指したい自分に近づいていけるように。
そして、後悔しない自分でいられるように。

静かな夏の夜空を見上げながら、言葉にならない思いが
静かにゆっくりと心に満ちてくるのを感じています。





一人芝居とドールアートの世界⇒【The Moon Light Grove~月あかりの森
 
Twitter ID⇒@NaomiTMLG

★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ スピリチュアリズム(spiritualism)へスピリチュアリズム(spiritualism)
にほんブログ村 トラコミュ 魂、心(こころ、ココロ)へ魂、心(こころ、ココロ)
にほんブログ村 トラコミュ 幸せについてへ幸せについて
にほんブログ村 トラコミュ 日常の小さなできごとを愛する生活へ日常の小さなできごとを愛する生活

Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村
[PR]
by Dorothy-Naomi | 2011-08-29 21:29 | *Spiritual&ノウイング | Comments(6)

(3)目覚める魂*Dawn of My Soul

ハイアーセルフと初めて出会ったときの、独特な感覚は表現できません。

体中がヒンヤリとした空気に包まれて、温かいハーブティをいただいても
ガタガタする震えはとまりませんでした。

でも、その震えは決して嫌な感じのものではなく、聖なるものに出会ったときの
身体の芯がしびれるような感覚に近い震えなのです。

d0167002_142264.jpg


ある日の朝のこと。
外出先に向かう途中、突然どこからか強烈な香りが漂ってきました。

マスクを付けているにも関わらず、伝わってくる強烈な香り。
なんともいえないエキゾチックな甘い香り..これはお香?
あたりを見回しても、何もありません。不思議に思いながら通り過ぎました。

......ほどなくして外出先から帰宅して仕事をしていると、PCにメールの受信音。
差出人は誰だろうと見ると・・・目に入ったのは「MICHAEL」の文字★

???ミカエル?天使のミカエル???
苗字も何もなく、ファーストネームと件名だけ。
しかも件名も「MICHAEL」と、ひと言。
???????

...ドキドキしながら読むと....
英語で書かれた内容は、簡単な会社の宣伝です。
な~んだ!やっぱりね~。どこかの宣伝部長のマイケルさんか。
天使からのメッセージがメールで来るわけないものね。
ははは...と、自分の考えを笑い飛ばしてデスクで仕事を続けました。

休憩時間に、先ほどのメールを思い出しながらPCを開きました。
Doreen VirtueのHPを読んでいると、なぜか気になるサイトが一つ。
日本人ATPのASACOさんのHPです。

天使や過去生チャネリングに関する文章を読んでいく中で
「ハワイとバリ島に縁が深い」という文字が目に飛び込んできました。

ハワイ?バリ島?
朝の強烈な香りと、ASACOさんとが頭の中でつながり...ピピピッ★

「そういうことだったんだ!」
おそらく、これはミカエルや私を守護している他の天使やガイドスピリットたちが
ASACOさんと出会う必要があるのだよ、と教えてくれているのです。

あの不思議なメールも、PCに目を向けるようにと、ミカエルが
私にサインを送ってくれていたのだと分かりました。
そして、それが分かった途端、またあのヒンヤリとした感覚が身体を包みました。

こうして不思議なご縁でつながったASACOさんは、
一連の私の話を聞いたあと、「出会うべくして出会いましたね。」とニッコリ。

「今年は、こうした出来事がもっともっと増えていきます。
ずいぶんと長い間、封じ込めていたものがたくさんありますね。
今まで長い間、ずっとNaomiさんの奥のほうで眠っていた力が
どんどん目覚めて開花していきますよ。」

この日、ASACOさんから伺った話は、とても言葉にできません。
過去生から今までにつながる自分の特質や能力。
繰り返し自分が見てきた夢の意味や、超えていくべきもの、etc.etc.

「邪馬台国どころではありませんよ。
Naomiさんは何度も自分のチャネリング能力などを使った
人生を繰り返し送っていらっしゃいますよ。
古代ギリシャでも神託者としての人生を経験されています。
ヨーロッパでも聖水を作っていましたし、水盤を読み取る巫女もやっていました。
中世では、その能力ゆえに魔女と呼ばれたこともありましたね。
こうした能力があるゆえに、攻撃の刃を向けられた時代もあったのです。
しかし、その反対に人々を救い導くことで幸せな人生も与えられました。
古代のハワイでは、与えられた能力で多くの人々を救い、癒しを与え、
皆から愛された人生を送られていましたよ。」

「今、学び出すことによって、封じ込めたエネルギーがどんどん開いていきます。
そして、そのことによってNaomiさん本来の姿にもどることが出来ます。
ご自分の人生のテーマソングを創りだすようなタイミングです。」

少し前に、ご縁あって出会った4名のアカシック・レコードリーダーの方々の
ナミィさん、Yurikoさん、Chikaさん、Hiromiさんから伺った話ともリンクしました。

「古代ギリシャではNaomiさんはデルフォイの神託者などもされていました。
チャネリング体質なのです。過去生において、何度も何度も行ってきています。
今回の人生で、一番大事な事は自分の思うように生きることです。
Naomiさんの場合は、直感でひらめく自分のやりたいものが
そのままイコール神様が決めた行くべき方向です。
信じて突き進んでいく先にあるものは、必ず正しいものだと思ってください。
精神世界への学びを、もっともっと深めていくことになるでしょう。
それが、教えることや芝居での表現のベースになっていきます。
精神世界がベースになって生まれてくる表現や言葉だからこそ
多くの人が惹きつけられるのです。
今後、もっと広い広い世界に飛び出していくことになるでしょう。
細かいことは考えず、直感でやりたいことをドンドンやっていってくださいね。」


ASACOさんと初めて出会った日の午後、あの大きな地震が起こりました。
7時間かけて、ようやくの思いで深夜に帰宅し、余震の揺れの中で眠れぬまま
一人で夜通し様々なことを思いました。

学校で、先生や部活動の仲間たちと夜を過ごしている少年Nのこと。
会社で部下を気遣いながら、寝ずに頑張っているPartner氏。
月あかりの森の相棒・我が妹ぽんちゃん。実家の家族。病院にいる義母。
そして、私自身について。

地震の前後に起きた一連の出来事。
まさに「自分の今までの世界の破壊」と「これからの新しい自分への再生」。

こういった様々な一連の出会いや出来事は、
決して偶然ではなく、必然としてもたらされたもの。

d0167002_1441159.jpg

「これからも、必要な出会いは全て与えられていきます。」
「段階に応じて、必要なものは授けられます。」
頭の奥のほうで聞こえてくる声は、はっきりそう告げました。

Partner氏や少年Nにも、自分の中で起こっていることについて正直に伝え、
理解をしてもらった上で、私はAngel Oracle Conductorの学びをスタートさせました。

学びたい!という気持ちの先に何が待っているのかは、今はあまり考えずに...
とにかく学ぶことが嬉しくてたまらない自分を楽しんでいます。



一人芝居と人形展示の世界⇒【The Moon Light Grove~月あかりの森
 次回6月公演の情報はコチラですCLICK 

Twitter ID⇒@NaomiTMLG

★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ スピリチュアリズム(spiritualism)へスピリチュアリズム(spiritualism)
にほんブログ村 トラコミュ 魂、心(こころ、ココロ)へ魂、心(こころ、ココロ)
にほんブログ村 トラコミュ 幸せについてへ幸せについて
にほんブログ村 トラコミュ 日常の小さなできごとを愛する生活へ日常の小さなできごとを愛する生活

Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村
[PR]
by Dorothy-Naomi | 2011-03-30 14:06 | *Spiritual&ノウイング | Comments(0)

魂の図書館*アカシック・レコード

【アカシック・レコード】というものをご存知でしょうか?

これは人類が登場する前から、はるか遠い未来の先までの出来事と
各個人の人間の魂の歴史が詳細にわたって記録されているものです。

d0167002_21115760.jpg


私は「あらゆる魂の来し方&行く末の図書館」だと思っています。

エドガー・ケイシーが世界的にも有名ですね。
日本ではゲーリー・ボーネルが広めてきたことで
知っている方も多いと思います。


先日、そのアカシック・レコードを読み解く能力を持つ
玉愛あみさんにお会いする機会を持ちました。

初めてお会いした玉愛あみさんは、すごく華奢で可愛らしいのに
芯が一本しっかりと通った素敵な女性です。

彼女にいろいろ話を聞いているうちに、今まで断片的に知っていた自分の過去生
独学で学んでいた特殊分野の知識、そして、今やっている仕事.......
それらが全てパチンとつながった瞬間が分かりました。

心の奥に眠っていた竪琴が、いきなり音を奏ではじめたような瞬間でした★

英語講師と一人芝居のパフォーマー&朗読者、それは全て同じこと。

「教えることと、表現すること、それは発信すること。
Naomiさんは、知識を発信し、自分の感性を皆に向かって発信しているんです。
実は全く同じことなんですよ。」

私の手元にある仕事は、実は今までの生で何度も繰り返していたことと一緒でした。
教えること。表現すること。インスピレーションを伝えること。

それは....
智を伝えること。
感性を伝えること。
大きな存在からのメッセージを伝えること。

ある時は、卑弥呼への教育者として。
ある時は、神への思いを伝える古代エジプトの儀式ダンサーとして。
ある時は、インスピレーションで作曲&ダンサー&振付師として活躍した仏の女性として。
ある時は、和歌や古文やマナーを教えていた古代の日本の家庭教師として。
イタリア、アメリカ、オランダ、インドetc etc

d0167002_2114830.jpg
私の魂の色は黄色★

実は、黄色は昔からラッキー・カラー★
大好きな黄色のフリージア。
それと同じ色のドレスが結婚式のお色直しドレスでした。

その黄色は、まさに
メッセンジャー☆発信」の色★

家族との深い関係を聞くことができたのも、
とても大きな発見でした。
何度も何度も繰り返し
一緒に生きている魂の仲間たち。


Partner氏は、何度も何度も肉親として&人生の伴侶としても出会っています。
お互いに、相手がいることが当たり前の空気のような結びつきだそうです。

仏では彼は王族出身のシェフ、私は自立した作曲家&ダンサーとして夫婦。
邪馬台国の昔、私たちは共に国を動かす方の側で遣えていました。
なんと双子の姉妹だったこともあると聞いて本当に驚きました。

どうりで....彼のホロスコープと自分のホロスコープをあわせると
非常に面白い角度で組み合わさる意味もわかりました。

少年Nも同様に、親子であったり、家族であったり、大親友であったり...
相手を大好きだ!という思いを常に持ち続けている魂の関係性です。
なんと、 彼もPartner氏の双子だったこともあるのです。

双子!
私とPartner氏。Partner氏と少年N。
同じ遺伝子から出た肉体、しかも魂の家族として絡み合う私たち。

インド人の占星術家の方に、以前こう言われたことを思い出しました。
「あなた方三人は、三人で一つの神様が作られた美しい完璧な形ですよ。」

我が妹ぽんちゃんとも、なみなみならぬ縁の深さです。
今こうして一緒に【月あかりの森】として活動しているのも納得です。

今生で、出会わせてくださった神様に感謝!
そして、そのことの意味の大きさを感じます。

あみさんに、チャネリング能力に長けているとズバリ言われたことも驚きでした。

とても昔から、なぜか占星術や、タロット、神秘術&オカルトなどに 惹かれ、
ずっと趣味として独学で学んでいたからです。

ふいに頭に浮かんだりする言葉や考え....
自分では単なる思い付きだと思っていたのですが
まるで何かに言わされているように言葉が口から出てくることもあり
どうしてだろう?と思っていたのです。
もしかしたら、無意識にチャネリングを行っていたのかもしれません。

「もともとチャネリング能力がNaomiさんには備わっています。
絶対あります。生まれつきです。大丈夫です。
最初はチョロチョロの水でも、使っていくほど流れは強くなります。
どんどん使ってくださいね。」

邪馬台国の昔から...
他の国々での転生でも、何度も自分の不思議な能力を生かして
チャネリングを生業としていたようです。

心の奥の時計が、いきなり動き出したような...
目の前の景色が、いきなり別の色彩を放ち出したような...
そんな不思議な思いの中に浮かんでいます。

あみちゃん、本当にありがとう


去年の師走に鎌倉のNaokoさんにお会いして以来、
こういった不思議な運命的な出会いが、まるでプレゼントのように
私の人生に届けられています。

d0167002_21151463.jpg
心のタイムカプセルが
フタを開けたかのように
自分の中で何かが動き始めた音。
ゴトンゴトン.....
これは新しい運命の流れが動き出している音。

ゆっくりと大きな人生の流れに沿って
私の運命のボートが動き始めています。





東京都世田谷区の小さな英語サロンHONEY&SPICE ENGLISH SALON

一人芝居と人形展示の世界⇒【The Moon Light Grove~月あかりの森

Twitter ID⇒@NaomiTMLG

★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ スピリチュアリズム(spiritualism)へスピリチュアリズム(spiritualism)
にほんブログ村 トラコミュ 魂、心(こころ、ココロ)へ魂、心(こころ、ココロ)
にほんブログ村 トラコミュ 幸せについてへ幸せについて

Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村
[PR]
by Dorothy-Naomi | 2011-02-07 21:20 | *Spiritual&ノウイング | Comments(6)