タグ:ドラマセラピー ( 25 ) タグの人気記事

9月の気づき★私の劇場★わっしょい!



駆け抜けるように夏が終わり、あっという間に秋に突入しましたね。

各地に残された台風の爪痕。

一日最早い復旧を心から祈りながら、今年という年の持つ様々な意味においての大きな変化&変転のパワーを改めて感じています。


d0167002_22131840.jpg

究極の状況の中、私たちが気づくことってなんでしょうか。

それは、おそらく「本当に自分にとって大事なものは何だろうか」、ということ。

その一言に尽きるのだろうなと思います。

その答えは、もう既に自分の中にあるのに、人はそこを探し続けているでしょうね。

多分、その理由は、その時間が必要なんでしょうね。

その中で深まっていく真実への理解、それがあるからなのだろうな~

そんなことを感じながら、9月の時間を過ごしています。



d0167002_22244309.jpg



今年、私はドラマセラピーの日本においてのパイオニアである尾上先生の基礎トレーニングを受講していますが、9月の連続レクチャーは「ちょっとした革命」と言えるような体験でした。

「私の劇場」と名付けられた宿題。

2か月以上前に「9月に発表」という規定で出されていた課題でしたが、出されてから2か月間、いつもずっと心に常に存在し続けていた課題でした。

舞台にかかっている演目はミュージカル「人生は冒険だ!」

パッション&チャレンジ・シアターで絶賛公演中。

様々な提示の仕方があったのですが、私はあえてジオラマという手段をとりました。

その下絵を描いて、ジオラマに作成して、皆に説明し、それを実際に演じてもらい、自分で振り返る。。。

この5つのステップを通じ、さまざまな気づきがありました。

そこに気づいた時、かなりガツンと大きなインパクが走りました。

そこを受け入れ、その内部に宿るものに深く目を向け、「何を大事にしたいのか?」という問いを自分を投げ続けました。


d0167002_22254382.jpg


私が舞台の中央に立たせた主役は「ME」という存在でした。

後ろには「母として」「妻として」が立っていますが、「娘として」「姉として」は登場していません。

もっと言えば、「アカシックリーダーとして」さえも出ていません。

今の「ME」の中に全てが一部として溶け合っていて、あえて出す必要がなかったのです。

しかも、私の真横には自分自身がディレクターとなって「おし!行け!」などと指示を出しているのです。

普段であれば、舞台のそでや舞台の下に居るべき存在が、舞台上に居るという不自然さ。

下絵の段階ではディレクターは舞台下にいたのに、ジオラマに仕立てて動かし始めたら、なんだかしっくりこなかったのです。

自分の気持ちのままに動かしていったら、主役の真横に。
そこにディレクターがいることが、今の自分には一番しっくりくる配置だったのです。

つまり、、、

常に自分にGOサインを出していてほしいし、確認を採れる存在を自分の真横に置いておきたいんですね、私は。

終わってから気づいたことは、まだまだありました。

役割依存な自分の発見もその一つ。

娘の私もいなくて、姉の私もいなくて、なぜ「母」や「妻」だけのっていたのか?
そこが「特に重要」だと自分で心底から思っているいうわけではなく、、、

ーそこが大事でしょ。
ーそこをないがしろにしてはダメだからね、だから今は出来ないよ!

そんな言い訳のもとに、自分が向かうべきものへ向かわせないようにしていただけだったというコト!

あえて、口うるさい外野を舞台に乗せて、社会的にもっともなことだと断念できる言い訳を用意したんですね~

ひゃ~!もう、なんという「役割依存」!!!!

d0167002_22303885.jpg


赤い椅子が置いてあるのは楽屋です。

すでに次回作「予想外です」の脚本が置かれています。

真ん中はリハーサル室。

自分が目指すことを100%やっている自分。
彼女は本番の舞台に乗る日を夢みてウキウキとリハーサル中。

倉庫室に置いてあるものは、今まで長くかかわってきた職の肩書きと、今まで絡みついていた概念、常識。

「常識」ってやつを倉庫にしまったいるくせに、その「常識」を武器にして自分に言い訳を与えようと必死だった自分がいたから舞台に「母」や「妻」を登場させていたんですよね、、、、

もう、そこに気がついたときは、唖然茫然でした。
自分で自分に大爆笑!!

ーおバカちゃんだな~私!!!!

ーほんとドンダケ~?!

倉庫にしまっている理由についても、深く内部を探っていきました。

ーなぜそれを倉庫に書き入れたのか?
ーなぜそれが絡みついて苦しかったのか?

それが、かなり自分の幼いころからの体験から由来しているのだということに気づいたり、、、

また、実は舞台自体が360度の回転舞台だったんだということにも気づきました。

どこから誰から見られたっていいんだってことです。

それは、家族や友人に限らず、目に見えない存在たちや、魂で繋がっている大事な人々、、、

だれからどう見られたって、どこから見てもOKなのが「今の私の劇場」なんだなってことです。

この状態を、ドラマセラピーの仲間たちが演じてくれた瞬間は!!!!でした。

内側の自分と外側の自分と、、、その二つを見ている自分と。

言葉に出来ないものが溢れてきて、自分の内面劇場を見て不覚にも泣いてしまいました。

d0167002_22452010.jpg


偶然にも、この時期は秋祭りの真っ最中。

BGMのように絶え間なく耳に入ってきたのは、秋祭りのお囃子と「わっしょい」のサウンド。

このタイミングで今こうした時間を与えられていること。

すべてが本当に貴重な気づきのプロセス。

まだまだ課題もたくさんあるけれど

決してやさしい道のりではないけれど

でも、今こうして体験していること全てが私が目指しているものに必要なアイテム。

大事だからこそ、あえて全部ちゃんと噛み砕いて進んでいきたいな。

どんなことでも、自分の中にあるものを取りこぼすことなく目を向けていきたいな。

自分の中に起きていることを大事にしない人に、他人のプロセスを大事に出来るわけはないものね。

人生の中で気づくこと、得ること、全てがギフトだよね。

「わっしょい」のサウンドを聞きながら、そんな風に思っていました。



d0167002_23075731.jpg



9月の日食のベルが鳴り、また一つプロセスが進んでいきそうです。

私も現実的な手順をいくつかスタートさせました。

出来るだけ今の自分に素直に、そして悔いなく。

今の時間を大事に過ごしていきたいなと思っています。


d0167002_22563510.jpg



HPはこちらです。
→【フェリシア*SALON DE FELICIA

あなたが生まれてきた喜びを感じて生きていくために
アカシックリーディング60分セッション、90分セッション、スカイプセッション


Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444


Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)

















[PR]
by Dorothy-Naomi | 2015-09-13 23:08 | *Daily Notebook | Comments(0)

5月★Passion & Challenge!



連日、まさに真夏のような気候が続いたGWでしたね。

このGW、いよいよ1年間のドラマセラピー・エッセンシャルトレーニングがスタートしました。


d0167002_16360609.jpg


ドラマセラピーとはドラマ(演劇)の手法を用いたセラピーです。

北米、カナダ、イギリスでは広く行われていますが、日本ではまだ広くは知られておらず、4人のドラマセラピストしかいません。

何故なら、日本では資格を取ることが出来ないからです。

日本にドラマセラピーを初めて導入された尾上先生のエッセンシャルコース、去年はどうしても予定が合わず、泣く泣く参加を断念。

昨年はJDTIの単発のWSや連続コースに参加しながら、自分なりに学びを深めていました。

私の質問に対して、何時もあったかく&真摯に回答してくれるJDTIのサチさん、りえちゃん、まこちゃんには心から有難う!の気持ちでいっぱいです。

今年のエッセンシャルコースは何が何でもどうしても参加したくて、募集が始まったと同時に応募!
もちろん、もう全てのスケジュールをこのために調整しましたよ。

初回の二日間の授業は、朝から晩まであっという間!

う~ん★
なんてエキサイティング!!!

今までの学びが、すごく立体的に自分の中に立ちあがってきた感じです。

帰宅してぼーっとした頭をクールダウンさせたあと、ノートを広げレポートを仕上げる時間もすご~く大事。

そこで更に気づいたことも、次の段階への大事なプロセス!

この1年間、どんな時間となっていくのかな。
本当に心からワクワクしています(^^)♪


d0167002_16364665.jpg


ドラマセラピーや、TOEFLの勉強の合間をぬって、GWには二回もフラメンコ・ショウを鑑賞する機会にも恵まれました。

ほの暗い空間にスパニッシュギターの音色が響きわたると、サッと劇場の空気が変わります。

男性は徹底的に男性的に、粋に、エネルギッシュに、そしてクールに。
女性はとことん女性的に、セクシーに、情熱的に、そして艶やかに。

今回、初めて男性の踊りの競演を観ましたが、踊り手4人が次々と繰り出していくパフォーマンスのダイナミックさには目を見張る思いでした。

そして、ある時は激しく、ある時は抑えて…フラメンコを踊る女性の姿は、瞬きする時間が惜しいくらい魅力的です。

そして踊り手たちを更に映えさせる舞台背景と演出のセンスの良さに、もう本当にノックダウン!!!


大きな布に描かれた赤い深紅の二輪の花。
そしてスペインの裏道を思わせるような漆喰の壁、高い窓辺にともるランプの灯り。
舞台の左右には、テーブルクロスのかかった雰囲気のあるテーブルと椅子。

まるでスペインの街角にいるようです。
一場面ごとに変わっていく照明も、ムードを高めてくれます。

思わず溜息が出てしまうくらい、素敵な舞台に大感激★

ご厚意で取り計らってくださったFusaeさんと演出家のご主人様には、本当に心から感謝です。

大きな感動とパワーをいただいた二日間でした。

d0167002_16380448.jpg



今、すごくすごく感じているのは自分の中にあるPassion(情熱)。

情熱ーというと言葉が激しいかな。

とにかく、まるで消えない炎のように私の中に常にあるもので。。。

それを、もっともっと、どこまでもどこまでも広げていきたくて仕方ない感じ。

今年の5月は、今までよりグッとチャレンジングな一か月になりそうです。


d0167002_16362169.jpg



HPはこちらです。
→【フェリシア*SALON DE FELICIA

あなたが生まれてきた喜びを感じて生きていくために
アカシックリーディング60分セッション、90分セッション、スカイプセッション


Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444


Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)












[PR]
by Dorothy-Naomi | 2015-05-07 17:47 | *Art & Theater | Comments(0)

3月*さくら*節目*変化



このところの暖かさで、桜が一気に満開になりましたね。

我が町の桜並木も、ただいま満開★ ご覧のとおりです。



d0167002_02213073.jpg


3月最終日の今日は、久しぶりに午後ぜ~んぶをオフにして、あえて自分のための時間を過ごしました。

そして、ゆっくりとこの一か月を思い返していました。



d0167002_23065193.jpg


♯1 我が家のNの高校卒業式&彼の最後の定期演奏会♪


小学校から数えて12年間。

もみじのように小さかった手を握って、ウィリアムズ主教の見守る学び舎に足を踏み入れたのが、まるで昨日のようです。

卒業式の祭壇を見ながら今までの思い出がドッと押し寄せてきて、胸がいっぱい。。。
と、感傷にひたっていたのも束の間。

クライマックスの卒業式授与で、なんと派手によろけるパフォーマンスでドッキリ!
会場は大爆笑!!!

えええ~っ?!
ここでやっちゃいます???

ひゃ~(@@;)
謝恩会の時に、チャプレンや先生方にお詫び&ご挨拶をすると...

「笑い出しそうになったけれどね、必死にこらえました。」とチャプレン。
「まあまあ」「本当はウケてあげたかったけれど、卒業式だからね。」と寛大な先生方。

当の本人は悪びれた様子もなく、仲間たちと大いに盛り上がって高校最後の瞬間まで楽しんでいる様子。

彼は本当に暖かき良き指導者&理解者に守られて育ってきたのだな~と、つくづく感じた卒業式でした。



d0167002_23082421.jpg


10日後、吹奏楽部ラストの定期演奏会が行われました。

この日にパリから帰国した夫も何とか開演に間に合い、ぎりぎりセーフ!

幸運にも夫婦で最後の定期演奏会を聞くことができました。

開演のベルが鳴り、第一幕がスタートしました。

一曲、一曲、全身で&音楽を楽しみながら演奏していることが伝わってきます。

生き生きとして、すっごくピュアで、とびきりセンスがよくって、でもチョット生意気で。。。
彼らの持ち味が炸裂!


幕間のミニ・ジャズライブも、第二幕のポップなナンバーも、心から堪能しました。

アンコール直前の事です。

突然、高校3年生たち15人が演奏しながら百面相に???

あらら???
さては???

毎年、卒業生の楽譜にイタズラをしかける主犯格だったN。
今年はマンマと後輩君に仕掛けられていました。

吹き出しそうになりながら、必死にこらえてフルートを吹いているのが客席からも分かり、こちらも思わずプププッ!!!

でも、よくみれば泣き出している高3もいます。
そして指揮してくださっている顧問のN先生まで肩を震わせて泣いています。

客席でそれを見ていた我が夫も、感極まって思わず涙。。。

後でわかったことですが、楽譜の中には、彼らの合宿&アメリカ演奏旅行での思い出ショットが挟み込まれていたとのこと。

今までの思いが押し寄せて、感極まって泣いてしまうのも無理はありません。

そんな中、Nは?と見れば、ピッカピッカの笑顔。

ああ、本当に6年間やりきったんだな~
悔いなし!全部やった!!!そう感じているんだね。

彼の思いが笑顔から全部伝わってきました。

ほんと~に、いろ~んなことがあった6年間だったね。

でもさ、それ全部が、一つ一つが本当に大事な体験だったね。

私たちは傍らで、たくさんの名場面、名シーンを見させてもらったよ。

今、そんな笑顔でラストを迎えている君はステキです。

何だか、もう、嬉しくって、嬉しくって、嬉しくって...

手が痛くなるくらい、力いっぱい思い切り拍手してやりました。

Yes! You did it★
I’m so proud of you !!!!!!


d0167002_23114262.jpg


♯2 ナオミ先生と愉快な仲間たちの夜♪


「先生、大学に合格しました!」

そんな嬉しいメールを相次いでもらいました~(>▽<)

英語教育という分野で20年以上、子供から大人までの指導&教育に関わってきました。
自宅で独立した英語サロンを起こしたのは、8年ほど前の事でした。

その自宅の英語サロンでの一番最初の生徒だったのがRちゃんとSちゃん。
あどけなくて、可愛かった子たちが、大学生になるなんて!!!

Nと同じ年で、しかも三人とも音楽系の活動をしていることもあり、プライベートでも親密に付きあってきた生徒たちでした。

第一希望の大学に決まった直後に、その場でメールをくれたRちゃん。
自分で決めた進路に、ドキドキしながら、でも信念を貫きました。

東京を離れ新たな土地でスタートするという意志通りに、京都の難関校に合格を決めたSちゃん。

幼稚園からずっと守られてきた環境からの脱出には、どんなに勇気がいったことでしょう。

「よし!打ち上げだ!卒業&合格祝いだ~!!!」
Nも加わって、久々に仲良し三人組が集結。

まあ、よく話すこと、話すこと!

次から次へと繰り出されるトピック。
大笑いしながら、エンドレストークです。

今夜ばかりはノンストップでね。
はい、はい。大目に見ましょう。

お祝いのテーブルを囲みながら、みんなが10歳だったころの面影がチラついてきて視界がボンヤリ、鼻の奥がつーん。。。

何度も涙がこぼれそうになって困りました。

英語講師としての職に区切りをつけたのは昨年末のことでした。
でも、ある意味、この日が本当の意味での自分のケジメだった気がします。

みんな、本当におめでとう!!!

いつも、どこにいても、何をしていても、ナオミ先生は心から応援しているよ★


d0167002_23093446.jpg


♯3 ドラマセラピー 5回連続セッション


ずっと自分の中の大事なテーマとして学びを続けているドラマセラピー。

今月、そのドラマセラピーを日本に初めて導入した尾上先生の5回連続セッションに参加する機会を得ました。

テーマはずばり「変化」です。

そのテーマについて、毎回、様々な角度からドラマの手法でアプローチしていく内容でした。

自分の中の何かが変わり始めていることに気づいたのは、二回目が終わったあたりです。

そこに気づいたことは、私の内側に小さな革命をもたらしました。

自分を変える!-それが最終回の最後の課題でした。

ドラマ的な手法を使って、象徴的なシーンを演じてもOK、ズバリのシ-ンをやってもOK、言葉なしの無言劇での表現もOKとの指示。

自分の中で今までくずせなかったパターンを変えてドラマにしてみること。
自分の中で変えたいと思っていることが現実になったと想定してドラマにしてみる。

一人一人が、全員の前で演っていきます。

私はトップバッターでした。

あまり深く考える余裕もなく、無意識に選んだものは、「自分の今の思いを、そのまま相手に率直に伝える」といった内容でした。

セリフも、設定も即興です。
相手役の人に簡単な状況説明をしただけで、あとはぶっつけ本番の即興ドラマです。

でも、相手を前にした途端、どんどん「本当の気持ち」が言葉として飛び出てきました。

溢れだすように口から出てくる言葉は、本当に率直に伝えたいと思っている自分の真実の思いのカケラたちで、、、

言い終わった瞬間、なんだか自分が空っぽになってしまい...

その空っぽさが、何とも気持ちよくて爽快で...

相手役の人にそのまま抱きついてしまいました!

ああ、これが言いたかったし、この瞬間を味わいたかったんだなぁ...
だからこれをやるために、私は今回この連続セッションに参加してきたんだ。

そう感じました。

5月からは1年間のドラマセラピーのエッセンシャルコースを受講します。

去年まで続けてきた学びとは、また違ったものをそこで取り込みながら、自分自身も変わっていく予感がしています。


d0167002_23075772.jpg


今月は私にとって節目の月でした。

まだまだ目指すことへの道のりは続くけれども......

そこで得る気づきこそが自分を強く大きくしていってくれるんだろうな。

いつも人生は変化の連続。

その変化を許せる自分でいたいし、それを受け入れて進んでいきたいな。

そして、自分自身がどんどん変化していくことも許していきたいな。

今、私はそんなふうに思っています。





HPはこちらです。
→【フェリシア*SALON DE FELICIA

あなたが生まれてきた喜びを感じて生きていくために
アカシックリーディング60分セッション、90分セッション、スカイプセッション


Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444


Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)









[PR]
by Dorothy-Naomi | 2015-04-01 02:17 | *Daily Notebook | Comments(0)

田谷の洞窟・江の島~Beyond★




先日、湘南へ一泊二日のミニ旅行を妹と二人でしてきました。


d0167002_23301978.jpg

d0167002_23300300.jpg

田谷の洞窟は大船からバスに乗って10分弱、常泉寺というお寺の敷地内にある洞窟です。

空海と深い深いご縁のある、この洞窟。

ずっと、ずっと是非とも彼女連れていってあげたいなと思っていた場所でした。



d0167002_22082194.jpg



初めてここに来たのは二年前の事。

ゲリーボーネルのノウイングスクール5期の授業がスタートする直前のことでした。

そこにあるエネルギーの大きさに圧倒され、そしてもうどうしようもなく惹きつけられる自分を感じていました。



d0167002_22090115.jpg


今回、現地を訪れて感じたもの、気づいたものは二年前とは全く違うものでした。

うまく言葉にできないのですが......

洞窟内の複雑な道筋をたどっていくうちに、私はまるで胎内を探検する魂のような感覚になっていました。

ハッとしたのは、あるスポットに出た時に目にした文字です。
それは、まさしく「胎蔵」という場。


ーああ、私が辿ってきたのは産道なんだな。

そうわかった瞬間に、子宮の揺りかごの中に抱かれている自分の魂を感じました。

そして、クラウンチャクラから降りてくるメッセージに身体がふるえました。

ー私は妹を連れてきたいからではなく、自分のためにこの場所に来たんだ。

それがはっきりと分りました。

再度この世に生まれる★

洞窟を通り抜けた先に出た時に感じた感覚!

おそらく、私は自分のチェンジポイントとなるタイミングで、今後の自分にコミットメントしたくて田谷の洞窟へ来たのだなと感じています。


d0167002_22094085.jpg

翌日、真っ先に訪れたのは江の島の岩屋でした。

梅雨明け前の空は、晴れ、ときどき、小雨交じり。

高低のはげしい江の島。
坂道を登ったり、降りたり。

ようやくたどり着いた江の島の先端、稚児が淵。

打ち付ける波の強さ。


d0167002_22101745.jpg
d0167002_22105983.jpg


d0167002_23274418.jpg


d0167002_22112822.jpg

ドキンとしたのは龍宮の祠にお詣りしたときのこと。

突然、私の第三の目に送られてきたのは古代から海を守ってきた龍からのメッセージでした。




d0167002_22123095.jpg

鮮やかなビジョンと共に伝わってきたものは……

海、日本、地球への深い深い愛と祈り。

体いっぱいに伝わる、この力強いエネルギー

これらをどう言えばいいのかわかりません。


d0167002_22261380.jpg




d0167002_22134068.jpg



d0167002_07015997.jpg


大事なものを沢山うけとった一泊二日の旅でした。



d0167002_22141848.jpg


数日後、ドラマセラピーフェスティバル2014「Beyond」に参加しました。

Beyondとは、超えていく向こう側にあるもの。その先へと行くこと。

自分から発動するエネルギー、他者から発信されるエネルギー。

それらを通じて「その先にあるものへ」と手を伸ばして探り続けた一日でした。

オープニングセレモニーでの「どらぴ族」としての思い切った通過儀礼。

内的な障害物と自分との関係性を演劇という手段を視覚し、

身体での表現で体験し、

声というツールを使って自分の内的ブロックをを解放し、

...まるで体中のエネルギーを「表現」というツールで入れ替えられたような、そんな一日でした。


d0167002_06443988.jpg


今週、関東はいよいよ梅雨明けしましたね。

迷いなく広がる夏空の下、どんな風に自分のクリエイションを展開していこうかな?

そう、その先へいくこと!

今年の後半、私の目指すものはコレです。

BEYOND★★★


d0167002_22192871.jpg



HPはこちらです→【Felicia Spiritual Salon


Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444050.gif


Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)













[PR]
by Dorothy-Naomi | 2014-07-27 22:21 | *Daily Notebook | Comments(0)

Cops in the head~頭の中の警官



先日「被抑圧者のための演劇」というワークショップに参加してきました。

紹介してくれたのはジョン・スコット氏。

彼は17年以上にわたって、この演劇を通して階級差別や人種差別、性差別、異文化での誤解や偏見といった問題に取り組んできたアメリカ人のドラマセラピストです。



d0167002_00410246.jpg

「Theater of Opress~被抑圧者のための演劇」

ブラジル人のアウグスト・ボアールが生み出したこの演劇は、労働者階級や社会的弱者の地位向上のために、彼らと共に作り上げてきた参加型演劇であり&教育としてのツールだということ。

今回、ジョンが紹介してくれたのはボアール演劇の中から「Cops in the head~頭の中の警官」という手法でした。

Cops =警官とは、私たちの頭の中に鳴り響く否定的な警鐘の比喩としての存在です。

「ああしてはいけない。」
「こうすべきである。」

そういった内的に響く否定的な声を、警官という役柄を登場させることで具現化するのです。

頭の中にいる何人もの警官たち。

それらを、他者の手を借りながら、頭の中から目の前に実態を持った存在として登場させます。

その一人一人の警官と自分との距離は?

どのくらいの声の大きさで言っているのか?

どんなジェスチャーで、どんな態度で迫ってくるのか?

その存在との関わりを自分はどんな風に感じているのか?

参加者一人一人のCopsに、時には演じる立場として、時には観客という立場として私自身も関わっていく過程の中で、大きく心の深い部分が動いていくのを感じ続けていました。




d0167002_00460980.jpg



やっていく中でハッキリと分かったのは、警官とは「正しくある必要性」そのものだということ。

ゲリーのもとで私たちが深く向き合ってきた「Need to be right~正しくある必要性」は、まさに「Cops ~警官」と同一のもの。

目の前で実際にそれを取り出して、自分の目で見つめ、それらを動かして、対話し、自分の中に見つけた結論へと時間をかけて導いていく過程。

それは、まさに嘘のない真実のドラマです。

自分で自分の警官と対話していく時間はもちろんのこと、観客として見ている自分の中にも、相手の警官が生きていることを感じました。

そして、相手の中に大きなリリースが起こったとき、同じように自分の中にもリリースが起こっていることを感じていました。

注意深く見つめながら、寄り添いながら、非常に繊細にナビゲーションしていくジョンの姿にも感動していました。

こういった機会を設けて紹介してくれたJDTIのサチさん、りえちゃんには心から感謝★

参加者の方々の多くがヒーリング系や教育といった分野であったこともあるのでしょう。

うっすら緑色の一人一人のオーラが、グループワークをしていくと、重なりあって全体が綺麗な
鮮やかなグリーンになっていくのも印象的でした。




d0167002_00581258.jpg


ふっと先日、美術館で出会った一枚の絵が頭に浮かびました。

その絵の展示室に入ったとたん、耳元で、例の讃美歌のような歌声が鳴りだしました。

ーあ!何かのサイン?

私にとって何か大事な気づきや、出会うべくモノがある場合、守護天使ダニエルたちは音楽や数字や匂いなどを使ってサインを送ってくるのです。

絵の前にきたときに、耳元の音楽の音色が変わりました。

目の前の絵画に描かれていたのはバラ色の羽の天使と、羽の下の子供たち。

ーああ、やっぱり。

子供というキーワードは、たぶん今回の私の人生には特別で究極の意味をもっているのです。



d0167002_00511028.jpg



「個々の自由な表現」「すべての人の中にある子供を解放すること」

そんな言葉が、ずっと体中で鳴り響いて回り続けています。

一つの体験を重ねるごとに大きくなっていくこの音は、この先きっとますますボリュームを大きくしていくんだろうな。

Yes, I'll do it !!

この先、私はますます深くドラマセラピーの世界に深くダイブしていくつもりです。



d0167002_00533653.jpg




HPはこちらです→【Felicia Spiritual Salon


Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444050.gif


Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)









[PR]
by Dorothy-Naomi | 2014-06-21 00:38 | *Art & Theater | Comments(0)