タグ:ハロウィン ( 2 ) タグの人気記事

NY Life in Oct-Nov 1 / 2016★



ようやく Mid-term Exam.(中間テスト期間)も終了。

ですが、、、

試験期間中も授業は普通にあったので、後回しにしていた課題に取り掛かっているうちに10月は経過(;;)

もうNYはすっかり秋冬モードに突入です。


d0167002_09212690.jpg


気ぜわしい毎日が続いた中、

とってもなぐさめられたのがNYの我が家のハロウィンのデコレーションでした。

ある日、大学院から戻ってくると、、、

うわお★NYの我が家がハロウィン・デコレーションに変身!!!


d0167002_11065952.jpg


d0167002_02010075.jpg


歓声をあげていると、、、

「気に入ってくれた?ハロウィンは好き?」

二階に住んでいるユダヤ人のOさんご夫妻です。

彼らは毎年こうしてデコレーションして、家族だけでなく道行く人にも楽しんでもらっているのだとのこと。



d0167002_02013554.jpg

「もう大好き!!!
日本では、私もね、毎年のように自宅でも小学校でも子供たちとハロウィン・パーティを開いていたの!」

そう彼らに言いながら、家族や生徒の笑顔が胸に広がりました。


d0167002_11023951.jpg


日本でのハロウィンの楽しかった記憶がよみがえってきて心がほっこり。

この時期は毎日、Literature Reviewで頭がパンパンだった私。

Literature Reviewの課題とは、私の場合、ドラマセラピーの理論の中の一つを取り上げて、そこについて自分の視点を持って最低でも10個の文献について述べよという、要は文献批評文です。

ーひゃ〜!やったことないし、書き方もわかんないよ〜(;;)?!

課題でドーンと重かった気持ちが、Oさんと話しながら緩んでいくのを感じました。

ーあ!そうだ!ちょっと待っててね!

Oさんご夫妻の可愛いお孫さんたちに、日本から持参したスイーツをプレゼント。

「おし。ちょっと肩の力を抜いていこっか。」

そう思えたのも、ゾンビや魔女たちのおかげかな。

どうにかレポートを仕上げて、無事に提出できました(^^)b


d0167002_14195314.jpg



d0167002_14051212.jpg


10月末のハロウィンの当日は、もう NYは街全体が大変な騒ぎ!

この日は朝から地下鉄には仮装した人が乗っているし、校舎の中にも怪しい格好した学生たちがウロウロ!



d0167002_14104699.jpg

午前中の留学生の英語のクラスでは、みんなにチョコレートを配って一緒にモグモグ。

「で?ナオミは今日はどうするの?」

「えへへ、見たいものがあってね。。。」

英語の授業の後、五番街の校舎からワシントン・スクエアの校舎へ直行!!

どうしても見たかったものはね、

じゃ〜ん!これです!!


d0167002_13514730.jpg


d0167002_13552501.jpg


ワシントン・スクエア名物! 子供達のハロウィン♪

They were soooooo cuuuuuute♪♪♪♪


d0167002_14013821.jpg



d0167002_13532403.jpg


d0167002_14334194.jpg


d0167002_14323702.jpg

d0167002_14355154.jpg

d0167002_14314995.jpg




d0167002_13582106.jpg


撮影してもいい?と、聞くと気持ちよくポーズしてくれたご家族。

トータル・コーディネート、なかなか決まってます。


d0167002_14073491.jpg



d0167002_13543743.jpg




夜はサイコ・ドラマの授業と重なり、グリニッジ・ビレッジ名物のハロウィンパレードは断念!

見物できなかったのは残念だったけれど、う=む。仕方なし。

でも、そのかわりに、、、ドラマセラピーの皆と一緒にハロウィン・パーティ♪


d0167002_14170266.jpg



クラスメイトの一人、アニーが自宅に招いてくれたのです。

授業後に有志で集まって、アニーの家へ。ワインやビールを片手にワイワイ!

実は、みんなで集まっての飲み会に参加したのは初めてのこと。

「平日は朝の9時から英語があるから、、、」
と、授業を言い訳にして、いつもはお誘いを断っていたのだけれど。。。

正直言って、みんなの話の早いテンポについていけるかな?と、ちょっとドキドキでもあったけれど。。。

I really enjoyed Halloween night!!!


d0167002_14022576.jpg

わからない部分もあれば、わかる部分もあるわけで、

全部わかることばかりが、大事なことじゃなくって、

互いに相手を理解しようという気持ちがあれば、なんとかなるわけで、

それがベースにあれば、それだけでいいんだなぁ〜

そんな風に感じた夜でした。


d0167002_14155521.jpg

カメラを向けると、さっと役作り!

入り込み方の本気モードも、みんな半端ないです(>▽<)


d0167002_14024428.jpg

この日の帰宅は日付変更線をとうに超えたあと。

バットマンやフランケンシュタインたちと一緒に乗ってる深夜のメトロ。

キッチュなハロウィン・ナイトです。

明け方近くにベッドに入って、そのままバタンキューでした。


d0167002_14153088.jpg



先月から今月にかけては、すごく面白い時間でした。

母体から生まれ出た新生児が、世界を観察しはじめ、

触ったり、口に入れたり五感を使ってそれを確かめ、

ハイハイを始め、よちよち歩きへ、、、

ーああ、そんなプロセスを辿っていたんだな~

そう思い至ったとき、

ふっと自分の書いた文献批評を思い出して、プッ!

吹き出しちゃいました。

私が取り上げたのは、イギリスのSue Jennings博士の創案したEPR (Embodiment Projection Role)。

まさに、生まれたばかりの赤ちゃんが、どう人として発達していくのか?という、人間の発達モデルを参考にしたドラマセラピーの理論だったからです。




d0167002_10124313.jpg


CAT(Creative Art Therapy)のワークショップに参加したことも、転換点だったかな。

CATとはドラマセラピー、ミュージックセラピー、アートセラピーを学ぶ大学院生たちの有志の集まりです。

10月のとある日曜日、時間ギリギリにドアを開けると、

目に飛び込んできたのは。。。Baby!!!

「大学院に赤ちゃん」という組み合わせの意外さに、しばらく目をパチクリ。

床にかがんで目を合わせて「Hi! Hello!」と挨拶すると、笑顔で笑ってくれました。

「初めまして、今日は下の二人の子供を連れて参加よ。彼は三番目なの。」

声をかけてくれた彼女は、アートセラピーの博士課程で学んでいる3人の子供を持つママさん大学院生でした。

「私もね、日本に19歳の息子がいるの。
映像身体学を学んでいる大学生なんだけど、彼の小さい時を思い出しちゃうな〜」

思いがけず、ひとしきり子育てトーク。

室内には気持ち良い音楽が流れていて、机の上にはクッキーやベーグルがてんこ盛り。

誰も時計なんか気にしておらず、の〜んびり。

徐々に気持ちが緩んでいきます。



d0167002_11033619.jpg

この日は、各科から持ち寄ったワークを全体で行いながら、各自の感想をシェアする流れで進んでいきました。

ミュージックセラピーからは音をつかって体全体で自分を表現する遊びや、ヴォイス・オーケストラやラップ遊び。

アートセラピーからは、イマジネーションを働かせて、様々な材料でオリジナルの魔法の杖を作り上げていくワーク。

ドラマセラピーからは、おとぎ話の展開ワークをシェア。

思いもよらない方向へとドラマが動いていく面白さを全員で体感しながら、お腹を抱えて大笑い!

クラスメイトと授業とは違う雰囲気の中で会話できたのも楽しかったし、他の科の学生たちと学部を超えて交流できたのも楽しくて、あっという間の3時間でした。


d0167002_10265239.jpg



帰宅して、夜、その日のことを思い返していたときのこと。

ーあれ? 本当は、、赤ちゃん、いつもいたんじゃない?

そう気づきました。

ーああ、たぶんそうだ。きっと、本当はいつもいたんだ。私が気づかなかったんだ。

つまり、自分の心のどこかで大学院という場所を険しく難しい場所にしてしまっていたんです。

だから、「実は初めからずっと側にいたBaby」が目に入らなかったんだなぁと思ったのです。

ーおいおい、チョット待って。セラピーを学ぶってそういうことじゃないんじゃない?

ーほら、忘れちゃってるよ。大事なこと!思い出して!

ー「Baby」は、いつもここにいるよ。

そういうアバターたちからのサインだったんだなと感じました。


d0167002_11042455.jpg


CATへの参加を勧めてくれたのは、主任教授の一人であるマリアでした。

「参加を勧めてくれてありがとう!
ああ、私はNYに赤ちゃんとして生まれて成長している最中なんだって気付いたし、
赤ちゃんが象徴することが私がやりたいことには大事なんだなって気がついた。
私自身がEPRを実践している真っ最中なんだなってことも。
他にもいろんな気づきがあったし、今の私は先月とぜ〜んぜん違う!」

そうマリア告げると、嬉しそうにクスクス笑いながらうなづいてくれました。

目の前の笑顔の中に見つけたのは、私と同じ「ヤンチャイズム」

彼女とは、もっと突っ込んだ話が、次回はさらにできそうな予感がしています。


d0167002_13591851.jpg

10月は他にもいろんなことがありましたが、それは、また別の機会に書こうかな。

へへへ、、、

この秋は、さらに深くNYの中に入っていけそうです。


d0167002_14263409.jpg


HPはこちらです。
→【フェリシア*SALON DE FELICIA

あなたが生まれてきた喜びを感じて生きていくために
アカシックリーディング&イシリス33メソッド


Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444050.gif




[PR]
by Dorothy-Naomi | 2016-11-03 09:42 | *NY Sketchbook | Comments(0)

Happy Harvest&Precious time!



気が付けば10月も最終週!

店先に並ぶ美味そうな野菜や果物たちが、秋の豊かな実りを伝えてくれていますね。

そして、今月は私にとっても、沢山の豊かなものを頂いた素敵な一か月になりました。


d0167002_19183892.jpg


10月の初め、ゲリーボーネル・ジャパンから届いた合格の通知!

ノウイングスクール認定のアカシックリーディング・プラクティショナーになりました★

嬉しくって嬉しくって、思わず声をあげて叫んでしまいました(>▽<)b☆☆☆

そして、インストラクターの方々のコメントの温かさ&ありがたさに、思わず涙(T0T)☆

私をずっと励まし続けながら愛と信頼という力を与え続けてくれた、我が妹ぽんちゃん。

ノウイングスクールで、私は5期、彼女は6期生のメンバーでした。
この場所は自分自身というものに至る第二の子宮のような場です。

自分の奥深くに潜んでいるものと精一杯向き合いながら、
ずっと頑張り続けてきた彼女からの心づくしお祝いは、
とりわけ嬉しくって胸がいっぱいになりました。


d0167002_22575231.jpg

たくさんの方々からの見守り、
そして、いつもピタッと張り付いてくれている守護天使、
亡くなったトシオおじいちゃん、
セントジャーメイン......

アバターの方々の応援団にも心から感謝★★★

翌日、ふとベランダに出てごらん!とささやくような声が聞こえて、
ベランダで空を見上げると、目に飛び込んできたのは。。。

彩雲!!!
WAAAAO!!!!!

私にとって最高の合格祝いのプレゼントになりました。

d0167002_19241702.jpg

今月はまた、父の80歳の誕生日、我がパートナー氏の50歳の誕生日と
大事な家族のために♪HAPPY BIRTHDAYを二回も歌える嬉しい時間もありました。

今年、突然の体調不調のために入院し、一時は酸素吸入のマスクをつけていた父。
その父が元気な笑顔でこうして目の前にいる喜び。

慶応BOYのオシャレな父好みの素敵なレストランを予約して、
みんなで一緒にお祝いのテーブルを囲みました。

そして、我が家のKenさんの生誕50歳の当日は、
家族3人でとっておきレストランでお祝い♪♪♪

高3BoyのNも、彼らし~いプレゼントを用意しており。。。ぷぷぷっ!

プレゼントの袋をあけた途端、家族で大爆笑~~~!!!

中身は?。。。。ヒミツです!

まぁ、ほんと~に、たくさん食べて、たくさん飲んで、たくさ~ん笑った夜でした。

お祝いの言葉を言える人がいること、こうした時間が過ごせること。

こうして与えられた時間、その全てに感謝★★★


d0167002_19425689.jpg

そして、10月と言えばこれ!

ハロウィン2014★

英語を教えてきたこともあり、8年間ずっと生徒さんやマンションの住人の方々に対して
続けてきたハロウィンですが、今年がラスト!と決めたのは秋の初めのこと。

はじめて参加したとき10歳だった子供たちが何と次の春で大学生とは!

毎年必ずヘルプにきてくれるRちゃんと我が家のN、今年も助っ人として手伝ってくれました。

今年はマンションの管理人さんも参加してくれ、
館内を練り歩く子供たちのために照明などに気を使っていただき、
本当に本当に大感激でした。

いろ~んな大事な思い出が詰まったイベント。

その最後を沢山のやさしいハートたちにサポートしてもらえたことに感謝★★★


d0167002_21075346.jpg


Happy Ending & New Beginning★

10月はそんなタイミングでもありました。

いくつかの事が区切りを迎え、
幾つかの事が終結し、

今私のビジョンに映しだされる私の今後の道程は、
かなり破天荒でダイナミックなものだけれど...
そしてそこへ踏み出していくことは、かなり冒険的なことだけれど...

でも、もうどうしようもなく行きたくて、行きたくて、
絶対にそこに行くであろう自分を知っています。

決めたら、あとはシンプル。
そこに行くための事を一つ一つ丁寧に積み重ねていくだけ★

ソコマデキメタナラ、キット、ダイジョウーブ!

来月も外的には静かに、でも、熱く、楽しく、忙しい一か月になりそうです。



d0167002_20513952.jpg




HPはこちらです。
アカシックリーディング60分セッション、90分セッション、スカイプセッション
→【フェリシア*SALON DE FELICIA

あなたが生まれてきた喜びを感じて生きていくために

ただ今、3周年記念キャンペーンを実施中!詳細は上記のHPから。

Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444


オラクルカード&チャネリング講座はこちらです→ 自分へのメッセージを自分で読み解きたいあなたへ。個人受講&出張講座も承ります。


Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)



















[PR]
by Dorothy-Naomi | 2014-10-28 21:02 | *Daily Notebook | Comments(0)