タグ:パフォーマンス ( 7 ) タグの人気記事

NY Life in May. (2) 2017 ★The 2nd Semester finished!


YEAH!!!!

I made it through my 2nd semester★

NYUの2学期目(春学期)、先日、全て無事に終了 しました。


d0167002_08403214.jpg


終わった瞬間、なんだかボケーっとし、、、

脱力してしまい、、、、

「○★*!%□▲!!!!!!」

そのまま声にならない音を発していると、横にいたカーリンがゲラゲラ爆笑。

やったね!全部終わったね〜〜〜

なんだか涙が出ちゃいそうだ〜

私たちの大学院1年目の過程が、これで全て終了しました。

本当にハードでタフな一年目だったなぁ。

けれど、ここに来た甲斐があったと思える体験が幾つもあったなぁ。。。

うまく言葉にならないや。

校舎を出て見上げると、空には満月。

二人で投げキッスを満月に飛ばしちゃおうか?

キスマークだらけのお月様、ちょっぴり照れ気味の光り方かも。



d0167002_08221096.jpg



今学期のラストの課題は、Cross Cultural Understanding(異文化理解)のソロパフォーマンスと、それに関するリフレクションをまとめたレポートでした。

ソロ・パフォーマンスの課題のタイトルは「The moment of impasse(立ち止まった瞬間)」

自分が内的に立ち止まった事柄、または、自分にとって一番ホットな問題と、自分のアイデンティとの関連性を交えながら、できる限り創造性豊かに10分間のパフォーマンスを作ること、というのがソロ・パフォーマンスの課題です。

クリエイティブ集団、それがドラマセラピー学科です。

誰一人として重なるテーマはなく、それぞれのテーマに沿った独自の表現で発表は一人ずつ行われました。


・白い屏風の前に、絵の具の皿が10個。真っ白なTシャツとパンツを着て登場し、音楽に合わせて筆で顔と全身に絵の具でボディペイントしていった人。

・小さく灯した明かりの中で、リンゴや木片を使いながらパペット劇スタイルで発表した人。

・民族音楽と共に登場し、無言劇と踊りでメッセージを伝えた人。

様々な手法や表現形式で浮かび上がる、今の自分が立ち止まって見つめている問題。

個性豊かなクラスメイトたちの発表は、1つ1つがとても興味深く、そして、ずしんと響きました。

何をどう発表しようか?と、散々悩みに悩んだ挙句、、、

私は一人芝居形式で、「劇の演出家」と「主演女優Naomi」の二役を演じることにしました。




d0167002_08213744.jpg

Welcome to my theater.
I am a director of this theater.

最初に登場するのは劇の演出家。

次回作の構想を練っている演出家は、この劇場の看板女優を呼び出します。

「今まで何度もやってきた18番」を幾つも持っている女優Naomiは、余裕綽々で登場。

I am so exciting about our next play! I can't wait it!!
What do you want me to play?

特に彼女のお得意な役は、Majority, Teacher, Mother, Wife...などなど。

ところが、演出家は「今までやったことのない役に君を挑戦させたい」と告げます。

慌てふためく女優を尻目に、演出家は「成長するためのいいチャンスだ」と、去っていきます。

....All right, I 'll try...

そして、迎えた新作の発表。舞台はNY。

第一幕&第二幕、女優は今までやったことのない設定と状況で様々な体験を演じていきます。

Minority, Asian woman, Japanese woman, Student, などなど。

道案内をした外国の人に「日本人なのに英語がうまいね。」と言われたり、、、
レストランで並んでいるところを割り込まれて、無視されたり、、、

憤慨、悲しみ、苦悩、孤独、、、様々な出来事の中で、初めて味わう感情。

しかし、そうした出来事を体験したからこそ、初めて分かることもあるのだと彼女は気づいていきます。

そして、第三幕。

9ヶ月経過した公園での昼下がり。

彼女は、嵐のような出来事の連続の後、不思議な安らぎを見出している自分の思いに気づきます。

それは、一人の老婦人とのベンチで交わした会話がきっかけでした。

年齢も、人種も、言葉も、いろんなものを含めて、ありのままの「一個人」としているということ。

「I'm just simply Naomi.」

ありのままの「一個人」として、その人と接するということ。

それがNYでの暮らしが自分にくれた、最大のプレゼントだと気づくのです。

最後に演出家が出てきて、観客にこう告げます。

「この作品は、まだまだ続編が上演予定です。
この次の作品は、さらにスリルと驚きに飛んだ展開になりますよ。
Naomiの予想外の大冒険は、まだまだ続きます。
どうぞお見逃しなく!」


d0167002_08401039.jpg


ドラマセラピーの手法の1つにRole-reversal (役割交換)というのがあります。

これは、その名の通り、相手役と役を交換して同じシーンを演じる事。

突然にクルリと役が反転すると、立場も設定も口から出るセリフも全てが変わります。

そして、相手の役を自分が演じることで、今まで見えなかった「向こう側の気持ち」が分かってくるんです。

NYでの暮らしは、私にとって、まさに毎日が役割交換の連続!

ここで暮らして初めて「マイノリティー」や「アジア人」というアングルで、社会を経験したわけですが、、、

全く見えてくるものも、感じるものが今までとは全然違う!!!

当たり前だと言われれば、当たり前なんですが、、、

それは、私にとっては、すっごく衝撃的な体験だったんです。

物事の見方や捉え方が、ガラリ180度変わったなと思います。

自分の中に「私は日本人だ」という意識やプライドに気づいたのも、驚きでした。

日本にいた時は、自分がそんなに日本人だということに拘ってもいないし、自分がプライドを持っているなんて気づいていなかったなぁ。

こうした「役割交換」の体験中で、怒りが込み上がってきたり、悲しくなったり、疎外感を感じたり、いろいろな感情を味わったけれど、、、

今、私が胸を張って言えることは、、、

・今、私はようやく、うまく気持ちを言葉で言い表すことのできない自閉症児や吃音の子供の気持ちがわかるってこと。

なぜなら、私が同じような思いを英語の生活の中でしてきたから。


・今、私はようやく、社会の中で疎外感を味わっている人々の気持ちに寄り添うことができる人間になれたってこと。

なぜなら、私が同じようにマイノリティーが味わう疎外感を自分の中にもっているから。


・今、私はようやく、祖国を離れ海外で頑張って生きている人の気持ちを分かる人間になれたってこと。

なぜなら、私自身が同じ体験を今しているから。


そして、今、私はようやく「ありのままの自分」として付き合ってもらえる、受け入れてもらえることの嬉しさが分かるって、そう言えるな。

なぜなら、いろんな経験を経て、私も今同じプロセスにいるから。。。

泣いたり、笑ったり、本当に百面相の日々だったけれど、、、

こうした体験の全部が、きっとドラマ・セラピストとしての私の宝物になるはず★

だって、自分の中にあるものは、全て自分の真実だから。

そして、自分の中にある真実で、相手に寄り添っていくのがセラピストだって私は思うから。。。


d0167002_08235881.jpg

最後の授業の数日ほど前のこと。

3月に引退したロバート(教授)の NYUを上げての正式な引退式&パーティーが、行われました。


d0167002_08270160.jpg

世界中にいる彼の教え子たち。

たくさんの国から駆けつけた人々で、満員の会場。

彼の最後の生徒の一人として、この場に仲間たちと一緒にいるということ。
それを心から光栄に嬉しく思いながら、彼の最後の挨拶を私は聞いていました。

d0167002_08230772.jpg

Dear Robert, you are my great teacher, my guide, my light★

言葉にできない大事な学びを与えてくれて、ありがとう!

そして、ここで出会えた素敵なクラスメイトたち。

あなたたちと一緒に、今ここにいるということに感謝!


d0167002_08252598.jpg

今月末からは、夏学期(この夏学期は自由選択です。)がスタート。

そして、来月末からは、いよいよドラマセラピーの800時間のインターンが始まります。

それまでのチョットだけ、休憩タイム。

へへへ、一年間がんばってきたご褒美に、ちょっと南へ脱出してきます(^^)b

なんと、恥ずかしながら初めての海外一人旅!(ちょっとドキドキもの^^;)

英語はどうやらあまり通じないみたいだから、やっぱりジェスチャーかな?

まぁ、なんとかなるでしょ。(かなり楽天的〜)

とにかく、思いっきり自分時間を楽しんでこようと思いま〜す♪



HPはこちらです。
→【
フェリシア* FELICIA Tokyo & New York
あなたが生まれてきた喜びを感じて生きていくために
アカシックリーディング&イシリス33メソッド







[PR]
by Dorothy-Naomi | 2017-05-13 11:52 | *Drama Therapy | Comments(0)

欲張りな5月の休日(1)


今月のプライベートタイムは、ほぼアート三昧でした。

妙に立て込んでしまったスケジュールを何とかやりくりして、休日ごとにお目当ての
場所へ。

美術館や劇場…う~ん、大好きな空間!!!

この独特な空間に、ただ身を置いているだけで幸せなんです。


●バロック時代のアントワーヌ工房の作品の数々を堪能 @ルーベンス展

d0167002_12454066.jpg



●イタリア ルネサンスの真骨頂 @ラファエロ展

d0167002_12474028.jpg



●6枚のタピスリーが織りなす、五感を超えた世界 @貴婦人と一角獣展

こちらにも書きましたが、この6枚目のタピスリーはとても強く心に残りました。

d0167002_12511086.jpg



●ルノワールなど印象派のフランス絵画が充実 @クラークコレクション展


d0167002_12533429.jpg




●パリの夢 モラヴィアの祈り @ミュシャ展

d0167002_14261648.jpg


ミュシャは今まで何度も展示に足を運んでいますが、今回は今までになく祖国をテーマにした作品が多く来日し印象的な展示でした。

とりわけ強く響いたのはこの一枚、タイトルは「母と子:子守唄」。

d0167002_133020.jpg


ミュシャの祖国に寄せる愛、平和への祈り、さまざまなものが胸に迫ってきたのは、
ちょうど「母の日」に鑑賞したからでしょうか。


●あふれるエネルギー、情熱と優美さ @フラメンコ・フェスティバル2013

d0167002_13161416.jpg


親しくさせて頂いているFさんは、もとフラメンコダンサー&日本の草分けフラメンコ
指導者です。

ご主人様はフラメンコ専門の演出家で、今回のステージ演出も全部ご自身の手によるもの。

抑えたシックな色遣いと洗練された舞台背景には、溜息が出ます。

お二人のご厚意で、今年も素晴らしい舞台を堪能できたことに心から感謝です(^^)

スペイン人の男性トップダンサーであるファルキートは来日かなわず残念!

しかし、彼の弟であるファルーコの華麗でセクシーなパフォーマンスとラ・モネタの成熟した&圧倒的なパフォーマンスには目が釘付けでした。


とても不思議な言い方になりますが......

私の中で絵を見ることは静の中に動を感じること。

絵画という空間の中に溶け込んでいる、音や動きや思いや会話や流れている空気といった「動」を感じること。


私の中でパフォーマンスを見ることは、動の中に静を感じること。

ステージの上で表現されているパフォーマンスの中に、ズンと貫かれている不動のメッセージを感じること。

私がこんなにもアートやパフォーマンスに心惹かれるのは、動と静とが渾然一体となって伝えてくる「そのものの持つオリジナリティ」を感じるのが好きだからなのだろうな。

そんな風に思っています。

d0167002_1236946.jpg



季節も、少しずつ春から初夏へと移り変ってきましたね。

お日様の光に照らされたり、にわか雨にさらされても、それを全部エネルギーに変えて新緑がグングン空に向かって伸びていく様子は本当に素敵!

こうして心に溜めたエネルギーで、私はどんなジブンノカタチを創っていけるかな?



d0167002_13542143.jpgHPはこちらです→【Felicia Spiritual Salon

スピリチュアル・ブログ⇒【Felicia Spiritual Salon

Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444050.gif

Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村


★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ 魂、心(こころ、ココロ)へ魂、心(こころ、ココロ)
にほんブログ村 トラコミュ スピリチュアリズム(spiritualism)へスピリチュアリズム(spiritualism)
にほんブログ村 トラコミュ 心の旅人へ心の旅人
にほんブログ村 トラコミュ 天使、エンジェル、妖精、フェアリー、天界へ天使、エンジェル、妖精、フェアリー、天界
[PR]
by Dorothy-Naomi | 2013-05-20 14:14 | *Art & Theater | Comments(0)

★月あかりの森Vol.5公演・終了★


先日の日曜日、無事に公演が終了いたしました
d0167002_12123242.jpg

「月あかりの森」への扉が開かれたこの日、
ホールに並べられた椅子は、ほぼ満席でした。

沢山の方々に、こうして足を運んでいただけたこと
大変うれしく思っております。

本当にありがとうございました

今回は演出&ピアノ演奏に水城ゆう氏をお迎えして
月あかりの森に新たなスパイスをかけていただきました。

映像と音楽とパフォーマンスの融合した舞台。
会場の一角に設けられたドールアート作品の展示コーナーには
Toshieの手から創り出される繊細で独特な世界が展開。

会場にいらした初めての方々は口々に
「こんな世界、生まれてはじめて体験しました!」と
驚きと感嘆の声をあげていらっしゃいました。

Naomi& Toshie共々、姉妹で大感激です!

そして何より、いつもこうして公演を支えてくれる
愛情たっぷりの敏腕スタッフ・メンバーの方々には
心からの感謝をささげたいと思います。
本当にありがとうございました


当日、残念ながらいらっしゃれなかった方のため
ここで少しだけ、当日の様子をご紹介いたしますね。

第一部【アンデルセン~絵のない絵本朗読とドールアート

書き出しの言葉
道化師の恋
大都会の煙突掃除
ガンジス河のほとりにて

d0167002_11345843.jpg


d0167002_1132505.jpg


d0167002_11393486.jpg


d0167002_11404969.jpg


d0167002_1142313.jpg


d0167002_11423044.jpg



第二部【The Moon Light Groveの世界Vol.5
~おかりなさい、あなたの場所へ

一人芝居とドールアート

月夜のまほう
くるみ館の朝
Happy Birthday!Miss Betty
おかえりなさい、あなたの場所へ


d0167002_1221964.jpg


d0167002_123675.jpg


d0167002_1244787.jpg


d0167002_1255620.jpg


d0167002_1294312.jpg


ここではない何処か。
そこに存在する小さな森と、そばにある町、その周辺の 人々の物語。
それが【The Moon Light Grove~月あかりの森】です。
話は全て二人で作り上げている、オリジナル作品です。

今回のテーマはHOME
キーワードは自分の居場所です。

作品の中には、様々な形のHOMEが登場しました。

スリジェとポンムの二人姉妹と、新たに家族に加わった
ピーナッツドールたちとの生活が始まったクルミ館。
そこには、自分とは違った世界の住人たちとも家族として
やっていける、ともに笑いあえるHOMEがあります。

ミス・ベティが「一番自分らしくいられる」と思うのは
会社帰りに立ち寄る行きつけのパブです。
そこで彼女は、ありのままの自分を受け入れてくれる
マスターやエドガーたちの存在こそがHOMEだと気づきます。

会社の社長職を引退したミス・エミリーと、先代の父親の頃から
ずっと長く勤めている運転手ハーパー。
人生に残された時間を過ごす場所として、ハーパーが選ぶんだ場所。
それは故郷の家ではなく、自分にとって一番大事な思いのつまった場所、そして互いに築いてきた絆のある場所......このお屋敷でした。


東日本大震災のあと、多くの人がそれぞれの心と向かい合い
本当に大事なものを見つめなおしたことと思います。
私自身も、自分の心と対話を重ねながら毎日を過ごしてきました。

形あるものが、大きな力によってあっけなく消えてしまう現実。

しかし、消えていかないもの。
それは確かにあるのです。
自分の中に残る強い思い、大事なものへよせる心からの愛...


HOMEとは、その人の心の在り処なのですね。

それは、与えられるものではなく、自分で築いていくもの。

互いに寄り添って作り上げてきた絆のある場所。

自分が一番自分らしくいられる場所。

それは、このさき何があっても、どこにいても

心から消えることはありません。(抜粋)


ご来場いただいた方々への、感謝の気持ちをこめて読んだのは
この「アンソニー牧師の手紙です。

d0167002_1365877.jpg


d0167002_1311508.jpg


人とうまく付き合うことができなかった
不器用な若い牧師、アンソニー・スカイJr.
彼は、この町で自分の心の在り処を見つけます。

私たちから一番届けたいメッセージ......
それは全て、この言葉の中に込められています。

目を閉じて、ゆっくりと深呼吸をしてください。

今、あなたの瞼に浮かんできた場所はどこだったでしょうか?
そして誰の笑顔がうつりましたか?

今宵、みなさまの心に優しい光りが灯されますように★

心からの感謝をこめて...

Naomi@The Moon Light Grove

*今回の公演CMです。
中央の矢印をクリックすると、別のウィンドゥが開きます。
よろしければ、どうぞお楽しみにくださいね。

この商品の紹介CMを見る



一人芝居とドールアートの世界⇒【The Moon Light Grove~月あかりの森


Twitter ID⇒@NaomiTMLG

★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ 演劇・観劇・ミュージカルへ演劇・観劇・ミュージカル
にほんブログ村 トラコミュ 芝居、お芝居へ芝居、お芝居
にほんブログ村 トラコミュ パフォーマンス・アートへパフォーマンス・アート
にほんブログ村 トラコミュ 日常の小さなできごとを愛する生活へ日常の小さなできごとを愛する生活

Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村
[PR]
by Dorothy-Naomi | 2011-06-22 13:48 | *私の表現活動★ | Comments(2)

【Kenji~音と光と土】無事終了!


Kenji~音と光と土の朗読ライブ・パフォーマンス
@Com Cafe 音倉・下北沢

日曜日,無事に終了いたしました。

d0167002_138371.jpg


d0167002_13252581.jpg


昼夜の2回公演でしたが、昼はギッシリ満席状態!

夜も予想を超える数のお客様がご来場になり、
心から嬉しく思っています。


d0167002_13434958.jpg
暗闇から次々に出てくる13人もの人々。

ロングトーンで単音を発声しながら舞台に乗り
円を描き、ぐるぐる回り続ける登場シーン。

まるでオーケストラのチューニングのよう。



そんな印象的な出だしで始まるこの作品は、
現代朗読協会の水城ゆう氏が、宮沢賢治の作品や歌を
音楽をいれながら斬新にアレンジしたものです。

9月から合計6回、3時間ずつ。
時間をかけて全員で作り上げてきまました。

舞台をご覧になった方には分かっていただけたと思うのですが
単にそれは朗読の技術を磨くための時間ではありません。

毎回おこなわれてきた「気づき報告」をはじめ、
感覚を研ぎ澄ますということ、体つくり、様々なエチュード...

それらを通じて私たちが学んできた事は
技術よりも、もっと大事な大事なことです。


d0167002_13113820.jpg
全員で、数名で、一人ひとりで...

様々な読みのバリエーション。

相手の呼吸を感じながら

言葉を心で感じながら

読みを作り上げていく過程。

もう、そのものが一つの作品でした。


d0167002_13134083.jpg



私が現代朗読協会に加わったのは、
ちょうど去年の今ぐらいの時期。

あれから1年。

私にとっては3度目の朗読ライブです。
(中学校での朗読劇「ホームズ」を入れたら4回目!)

こんなに大人数で&昼夜2公演に参加したのは初めてでした。

そして、こんなに仲間一人ひとりの声を胸に響かせながら
朗読している自分を感じたのも初めてでした。

全体の中で読んでいても

自分だけで読んでいても

自分が読んでいない時でも

私の心の声はいつも朗読し、
そして仲間の心を感じていました。

d0167002_13453527.jpg
演劇と朗読とは違います。

でも...自分の心の奥で響いたもの.

それが自分の表現として出て
お客様に伝わるんだと思っています。


d0167002_13261881.jpg
終わった後の一杯!

これが美味しかったこと★

いい仲間&いい作品に乾杯★★★

まだまだ一緒にがんばりますゼ★





一人芝居と人形展示の世界⇒【The Moon Light Grove~月あかりの森
 

Twitter ID⇒@NaomiTMLG

★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ パフォーマンス・アートへパフォーマンス・アート
にほんブログ村 トラコミュ 日常の小さなできごとを愛する生活へ日常の小さなできごとを愛する生活

Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへにほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへにほんブログ村
[PR]
by Dorothy-Naomi | 2010-11-09 13:29 | *私の表現活動★ | Comments(0)

【Kenji】朗読・表現の世界へ



きっと、思う。

「表現ってこんなに楽しいんだ」って。



~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


朗読の舞台のご案内です。

芸術百華2010にも参加しています。


Kenji宮沢賢治・音と光と土
★11月7日(日)

★昼の部:15時より 夜の部:19時より (各回開場は1時間前より)

★会場 Com Cafe 音倉 (京王井の頭線 小田急線 下北沢駅下車2 分)

★料金1000 円/人

★ご予約:live@roudoku.org FAX 03-6893-0595

★主宰 現代朗読協会


私もメンバーたちと一緒に、このステージの出演します。

作品を作り上げていく過程そのものが、とても新鮮な驚きでいっぱいです。

宮沢賢治の数々の作品を、様々な表現方法で「朗読パフォーマンス」する
画期的な舞台。

昨年の秋、名古屋で発表されたときは一大センセーションを巻き起こしました。

以下、ご一読ください。


2009年秋、名古屋で現代朗読協会の全面協力で

開催されたワークショップの参加者15名が中心となって

名古屋市芸術創造センター大ホールで上演された

【Kenji-宮沢賢治・音と光と土】は

アマチュアの朗読会といった先入観を払拭する、

共感と感動に満ち溢れたステージだった。

昼の部を観たある人は、終演後、友人たちに夜の部を絶対に観るように

電話をかけ続けたという。

名古屋市の文化広報では

「2009年最も印象に残った舞台」の筆頭に挙げられた。



2010年11月、下北沢で

新たな伝説を作ります。


d0167002_1713236.jpg




一人芝居と人形展示の世界⇒【The Moon Light Grove~月あかりの森
 
Twitter ID⇒@NaomiTMLG

★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ パフォーマンス・アートへパフォーマンス・アート
にほんブログ村 トラコミュ 日常の小さなできごとを愛する生活へ日常の小さなできごとを愛する生活

Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへにほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへにほんブログ村
[PR]
by Dorothy-Naomi | 2010-11-01 17:01 | *私の表現活動★ | Comments(0)

ラ・マンチャ会★発表会のご案内


有志による演劇の勉強会『ラ・マンチャ会』に入っています。

勘のいい方なら、ラ・マンチャ...と聞けばピンと来るでしょう。

d0167002_13173555.jpg
そうです★

会の名称は、あの「ラ・マンチャの男」からついたもの。

主題歌「見果てぬ夢」のフレーズ、夢をキーワードに名付けられました。


この会のユニークなところは......

メンバーが、ほとんどが英語講師や英語関係者&学んでいるのは日本語での演劇という点でしょうか。

月に一度、東京都葛飾区の立石で勉強会を開いています。

指導して下さるのはムッシュ・ダサマ。

もとT大学の演劇の教授をしていらした方です。

そんな私たちが、初の発表会を開くことになりました★

私もアンデルセンの物語の朗読をする予定です。

ご都合のつく方は、ぜひ足をお運び下さいませ。

ラ・マンチャメンバー一同、心より歓迎いたします。


★9月 5日 14時開演~15時まで

★場所:JJ Fellowship  東京都葛飾区立石オフィスにて

東京都葛飾区立石7-10-2 立石ウッディビル 302号

★プログラム

1)ヴェルレーヌの詩の朗読

・落ち葉           

・都に雨の降るごとく    


2)朗読劇 『ノンカイからの手紙』 作:政田 潤


3)朗読 『絵のない絵本・第一夜』 作:アンデルセン

4)ピアノ・ソロ演奏


5)劇 『雨あがり』 作:瀧本可恵子


★入場無料です。


*演出:政田 潤

*スタッフ&協力:ラ・マンチャ会メンバー



一人芝居と人形展示の世界⇒【The Moon Light Grove~月あかりの森
 次回10月公演の情報はコチラですCLICK 

Twitter ID⇒@NaomiTMLG

★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ パフォーマンス・アートへパフォーマンス・アート
にほんブログ村 トラコミュ 日常の小さなできごとを愛する生活へ日常の小さなできごとを愛する生活

Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログ 一人芝居へにほんブログ村
[PR]
by Dorothy-Naomi | 2010-09-01 23:41 | *私の表現活動★ | Comments(0)

美女と野獣と仲間たち


香港でのアレコレを書く前に.....

まずは、「英語DEドラマ観劇記」!


d0167002_210277.jpg
本日、人間干物になりそうな暑さの中
新宿に出かけてきました。

昨夜いきなり今日の午後の予定がキャンセルになったのです。

「おお!.....ということは?

観れる?行ける?やった~~~♪」

もう、心は一気に新宿へ★


~*~*~*~*~*~*~*~*~

英語DEドラマ。

英語芸術学校Marblesが主宰している英語劇のWSです。

二年前に、初めて参加したときの衝撃は今でも忘れられません。

その時の演目は『The Wiz』★

ブログタイトルに由来しているDorothyは、この作品からきています。

そして翌年参加した作品が『A Chorus Line』★

人生の進路が、これに参加したことで大きく変わった!と言っても
過言ではないくらいの、大きな大きな経験でした。


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

去年は東京での開催はナシ。

今年は、抱えている様々な事のスケジュールの都合がつかず、断念!

....せめて、せめて、観にいくだけでも!!!

前半の『Lion King』は、香港旅行と重なってしまい無理でしたが、

後半の『Beauty & The Beast~美女と野獣』なら?!

......そう、ひそかに思っていたのです。

d0167002_2104722.jpg
嬉しいことに、現地で『The Wiz』で一緒だった
Tomoさんと合流!

様々な話をしながら、待つこと30分。

さぁ、いよいよ『Beauty & The Beast』スタートです!

二つのチームに分かれての、本番。

個性が全く違う、二つのチーム!

同じ作品にも関わらず、Performerが変わるとガラリと雰囲気も変わります。

唯一同じなのは、みんなから伝わってくるEnergy★

ドキンとして、胸がキュンとなって、ハラハラして....

どちらのチームのPerformanceも本当に素敵でした!


目の前で、汗をかきながら歌って踊って英語で芝居をしている皆の顔。

一緒にドラマに参加した仲間たちも、沢山います。

笑顔が、向日葵みたいにピッカピカ!!!

なんて素敵★

それを見つめていたら....

なんだか笑いたいような

泣きたいような....

なんとも言えない気持ちが、ギューン!


自分が 初めて参加したときのこと、

そして、どんな風に今の自分までたどり着いてきたのか....

ドラマで辿った心の旅路は、そのまま人生の旅路です。

....大事なことに気付かせてくれた英語DEドラマ。

今日、また自分の原点を思い出したような気がします。


明日から目指していく目標はどこなのか。

それを、確認できたね。

よ~し!

栄養補給したら....次に向かって進んで行くぞ!

おうっ!!!




一人芝居と人形展示の世界⇒【The Moon Light Grove~月あかりの森
 次回10月公演の情報はコチラですCLICK 

Twitter ID⇒@NaomiTMLG

★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ 英語で人生楽しみませう♪へ英語で人生楽しみませう♪
にほんブログ村 トラコミュ パフォーマンス・アートへパフォーマンス・アート
にほんブログ村 トラコミュ 日常の小さなできごとを愛する生活へ日常の小さなできごとを愛する生活

Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログ 一人芝居へにほんブログ村
[PR]
by Dorothy-Naomi | 2010-08-25 21:03 | *Daily Notebook | Comments(4)