タグ:メキシコ ( 2 ) タグの人気記事

メキシコへの旅2017(2)



#3.

メキシコシティ郊外のグアダルーぺ寺院。

予定にはなかったのに、ここを訪れることになったのは不思議な巡り合わせ。

世界最古のマリア出現説・「奇跡のマント」で知られる寺院だと知ったのは、本当に直前のこと。


d0167002_12520556.jpg

旧聖堂は1709年に建立。地盤沈下のために傾いてしまい、隣に立ったのが新聖堂とのこと。


d0167002_12562733.jpg

聖堂に足を踏み入れたとたん、それが合図だったかのようにパイプオルガンが鳴り響き、続いてミサが始まり、、、


d0167002_13055013.jpg

d0167002_13064718.jpg

マントの上に現れたマリア。

時を経ても布は朽ち果てることもなく、色が消えることもなく、今もここにあるんだね。

Hello, again.

奇跡って、、、

実は、外側から不意に与えられるものではないのかもしれないよ。

内側の深い深い部分で、それを真に信じている自分であれば、
自分の内側が、奇跡を呼ぶのかもしれないよ。

人には全然理解してもらえないものであっても、
どんなに突飛であっても、

自分が自分の内側で真に信じているものは、現実になる。

なぜなら、、、

宇宙は内側で信じているものを、いつでも全力でサポートするものだから。

そして、自分が出しているものが、いつでも自分に与えられるものだから。

そこに対して、意識的であるか、無意識であるか、という差だけなんだよね。

無意識であれば、突然やってきた現実を「奇跡」だと思うわけで、、、

実は自分が引き寄せたのだということに、気づいていないだけ。



d0167002_12554614.jpg

赤いバラの花言葉は、真実の愛。

真実の愛を心に灯している人には、真実の愛がおとずれる。



#4.


ピラミッドに関係する宇宙エネルギーの話や、金星との繋がりはこちらにも書いたけれど、少しだけ書き足しておこうかな。

太陽のピラミッドと月のピラミッド。

アカシックできた情報は、テオティワカンのピラミッドは2つで1つ。この2つのピラミッドはコインの裏と表。

d0167002_13491578.jpg


d0167002_13544753.jpg


上の太陽のピラミッドは公の行事を行った場所。
男性的なエネルギーで陽のパワー。


d0167002_13504908.jpg

こちらの月のピラミッドは儀式を執り行った場所。
女性的なエネルギーで陰のパワー。


d0167002_13514908.jpg

神や自然の力をリスペクトして生きてきたにも関わらず、権力や能力を手に入れると人は謙虚さを失っていってしまうんだなぁ、、、


d0167002_13535749.jpg

そして、神に捧げるのだという大義名分のもとに、自分自身のエゴが底にあることを隠して、他者をおとしめたり、さばき始めていく、、、


d0167002_13584211.jpg

でもね、そのサイクルで回っている社会は、どこかズレていってしまう。

必ずいつか崩壊してしまう。

どんなに高度な知識を持っていたとしても、、、

どんなに発達した社会を形成していたとしても、、、


d0167002_14032107.jpg

マヤ文明の遺跡、チチェンイッツァのピラミッド。

ここで、どれだけ多くの発明と発見がなされたか。

そして、どれだけ先端をいった知識や情報を人々は持ち合わせていたのか。

さらに、、、

そういった力のあるもの、能力のあるものは、どれだけ自分たちのエゴや隠匿を贖うために奴隷たちの命を奪い神に捧げたのか、、、


d0167002_14125952.jpg

雨乞いは、単に、生きていくために水が必要だったから行われたわけではなく、、、

同時に、魂の浄化のために水(雨)が必要だったのだということ。

それなのに、魂の浄化のための雨を降らせるために、またしても人の命を奪って捧げてしまうという人間の愚かさ、そして、悲しさ。


d0167002_14102184.jpg

時代を超えて、形を変えて、延々と繰り返されてきたこの仕組みは、けっきょく恐怖や不安や不信や絶望しか生み出せない。

そして、やがて滅びてしまう。


d0167002_14230486.jpg

d0167002_14271542.jpg

今後、愛や調和に向かって、どんどん人々の意識が変わっていき、、、

力や能力を何のために使うのか?について、人々が認識して目覚めていけば、、、

古代の人々の知恵も知識も、本当の意味で社会に生かされていくはず。


d0167002_14453076.jpg

d0167002_14461603.jpg


#5.


喜びも、悲しみも、切なさも、怒りも、、、

生きている体験の中で味わう様々な感情は、人生のスパイス。

どんな体験も、どのスパイスを使うかによって、味わい方が変わってしまう。


d0167002_14495508.jpg

d0167002_14502887.jpg

この料理はこの味でなくちゃ。。。なんて、決めなくていいかもしれないよ。

別のスパイスで試してみたら、全く違う発見があるかもしれないから。



d0167002_15115775.jpg


d0167002_15122001.jpg


d0167002_14534160.jpg

教会の屋根の上を歩くツアーに参加して、屋根から屋根へとテクテク。。。

高さが変わると、街の見え方がガラリと変わる。

恐いと思っていたことが、実は面白いんだな〜ってわかると、ゲラゲラ笑い出したくなっちゃったりする。


d0167002_14543193.jpg

自分の過去の出来事も、今難しさを感じているものも、、、

スパイスを変えたり、目線を変えると、全然違ったものに変身してしまうかもしれないよ。


d0167002_15100568.jpg


d0167002_15111464.jpg


朝日が綺麗に見えるのは、まわりの空が暗いから。

暗がりの中だからこそ、朝日は美しく見えるんだよね。

逆に言えば、光があるからこそ、闇は美しく見える。

どちらも存在しているからこそ、日の出は美しい。

光も闇もあるからこそ、地球は美しい。

私たちも、きっとそうだよね。

自分の中にある光も闇も、相手の中にある光も闇も、すべて美しいと受け入れられた時、きっと何かが変わっていくはずだよね。

鮮やかに明けていくカリブ海の夜明け。


d0167002_15132039.jpg



HPはこちらです。
→【
フェリシア* FELICIA Tokyo & New York
あなたが生まれてきた喜びを感じて生きていくために
アカシックリーディング&イシリス33メソッド










[PR]
by Dorothy-Naomi | 2017-06-24 15:23 | *Holiday | Comments(0)

メキシコへの旅2017(1)



アカシャからやってくる情報をたよりに、メキシコを旅してきたのは先月のこと。

NYからメキシコシティー&カンクンへの1週間の旅。

メキシコへの一人旅を決めたのは、実はこんな経緯から、、、

自分の気づきや思いが色褪せないうちに、個人的な覚書として。



d0167002_15414062.jpg



#1.


メキシコシティーの宿について、すぐに街に飛び出し、ディエゴ・リベラの描いた壁画を見に国立宮殿へ。



d0167002_23330577.jpg

d0167002_23375014.jpg
d0167002_23385340.jpg

d0167002_23412840.jpg

支配するものと、支配されるもの。

弾圧と服従。

人の歴史は、その連続だったりするけれど、、、

でも、実はその相反するものの出所は一緒だったりする。


d0167002_23435656.jpg

d0167002_23452956.jpg


#2.

フリーダ・カーロの絵画を最初に見たのは、いつだったろう。

ドクドクと脈打つように伝わる彼女のリアルな感情と、ストレートな表現。


d0167002_00023534.jpg


初めて見た時は、あまりの強烈さに息ができないくらいだった。


d0167002_00473297.jpg



d0167002_00475799.jpg

そして、目を離すことができなくなって、その場に立ち尽くしたのを覚えている。


d0167002_04363315.jpg


d0167002_04372904.jpg

d0167002_00005475.jpg

今、また、どうしてこんなに惹かれるんだろう。



d0167002_00292685.jpg


フリーダの生家、リベラと暮らした家、美術館などを回りながら、アカシックにつながってみた。


d0167002_00045739.jpg

この人生で彼女が決めてきたこと。

それは、「女性であることを全身でフル体験する」ということ。

更に分かったのは、、、

それを、「光の当たった角度からでなく、闇の角度から体験すること。」


d0167002_00340953.jpg


d0167002_04402210.jpg

恋人の殉死。子宮の損傷。度重なる夫の裏切り。実の妹と夫の不倫。恋人との蜜月。

何度も手術を受け、ボロボロになった肉体。

肉体と一緒に、ボロボロになっていく精神。

嫉妬。怒り。号泣。仕返し。背徳への後ろめたさ。官能への欲求。孤独。絶望。



d0167002_00345391.jpg


d0167002_04353753.jpg

愛を、もしも180度真逆からみたら?

それは愛ではないかというと、やっぱり愛だ。

愛に悶え苦しむ彼女の中にあるのは、醜さでも汚らしさでもなく、、、

それは、やはり愛という1つの側面で、、、

醜さも、汚らしさも、孤独の中の絶叫でさえも、、、

すべて美しい。

愛は、すべて美しい。

それをすべて体験し、受け入れて、絵画として昇華させていったのがフリーダだ。

私は、その真実に強烈に惹かれているんだ。


d0167002_00253088.jpg


d0167002_00270232.jpg


d0167002_00321989.jpg


彼女の最後の作品に描かれたのは、熟れたスイカ。

そして、絵の中にかかれたメッセージは一言。

人生万歳。

d0167002_00301360.jpg



HPはこちらです。
→【
フェリシア* FELICIA Tokyo & New York
あなたが生まれてきた喜びを感じて生きていくために
アカシックリーディング&イシリス33メソッド







[PR]
by Dorothy-Naomi | 2017-06-24 00:42 | *Holiday | Comments(0)