タグ:精神世界 ( 13 ) タグの人気記事

Awareness*春の庭で


先日のことです。

初夏のような気候の昼下がり、一人でサイクリングに出かけました。

d0167002_1632445.jpg


いつも通る道とは別の道を進んでいくと...
....あれれ?

ちょっと道に迷ってしまいました。

....ま、なんとかなるでしょ。

そのまま暫く進んでいくと、目の前に開かれた鉄柵のゲートに「みつ池緑地」の文字。

...そうか、ここが入口だったんだ!

名前も場所も知っていましたが、いつも緑地の裏の坂道を通っていくので
入口がどこにあるのかは知らなかったのです。

自転車をとめて中に入っていくと、こぼれるような緑が目に飛び込んできました。

d0167002_16203977.jpg


緑地の中には、なんと誰もおらず、私一人だけ☆

あふれるような緑を独り占めです。
なんて贅沢!

う~んと両手をあげて伸びをすると、反転した空の青さが眩しくて、気持ちよくって....
ひとしきり歩き回った後、そのままベンチに腰を下ろして緑地の昼下がりを楽しむことにしました。


タンポポが群生する緑のカーペット。

d0167002_16215456.jpg


カラスノエンドウも菜の花の黄色も、風に揺れています。

d0167002_16334074.jpg


d0167002_16225190.jpg


春の庭へようこそ...どこからか、そんな声が聞こえてきます。


...ふと目をやれば、冬の木々が植わっている片隅に咲き終わった椿の花びら。
赤い花びらが落ちている真横では、春の花ヒメジョオンが咲いています。

d0167002_16242317.jpg


日陰に集まった葉っぱの陰には、虫の死骸が転がっており
その真横を、蜜を集めるミツバチたちが忙しそうに飛び回っています。

冬が終わって、春がきて、やがて夏になり...
その終わりと始まりも、進行中の命も、すべてを渾然一体として受け入れている大地。


そのすべてが、そこに一緒にただあるということ。

生と死

光と闇

終わりと始まり

それらは区別するものではなくて、実は一緒のものなのだということ。

その全てを、ただ受け止めるということ。

それこそが調和するということ。

それが真実。

d0167002_16254982.jpg



それが分かった瞬間、目を覚まされたような思いがしました。

そして、嬉しいのか、悲しいのか、笑いたいのか、泣きたいのか...
一気に様々な思いが込み上げてきて、動くことが出来ませんでした。



真実というのは、言葉にならない確かさで心に響きます。

きっとそれは、私の中にある真実と呼応しあっているからなのでしょう。


......今、自分の中で起こっていることのすべてを、そのまま全部一緒に
「わたしという生き方」として受け止めてあげればいい。

丸ごと全部、受け止めればいい。

それが自分と調和するということ。

それが自分の真実。

d0167002_16265321.jpg


涙が出そうになって上を見上げると、大きなローズピンクの閃光がいくつも光りながら回っています。

天使、妖精…これは、そういった見えない存在たちからのOKサイン。

.....ありがとうね、いつも見守っていてくれて。



にぎやかな足音と声が聞こえ、子供たちがボールを片手に駆け込んできました。

独り占めタイムの終了☆

ゲートを抜けると、すでに夕方の風です。

さぁ、見つけたものを大事にしまって、道に迷わずに帰ろうか☆

......春の庭での気づきは、私の次への扉のゲートキーになりそうです。





d0167002_13542143.jpgHPはこちらです→【Felicia Spiritual Salon

スピリチュアル・ブログ⇒【Felicia Spiritual Salon

Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444050.gif

Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村


★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ 魂、心(こころ、ココロ)へ魂、心(こころ、ココロ)
にほんブログ村 トラコミュ スピリチュアリズム(spiritualism)へスピリチュアリズム(spiritualism)
にほんブログ村 トラコミュ 心の旅人へ心の旅人
にほんブログ村 トラコミュ 天使、エンジェル、妖精、フェアリー、天界へ天使、エンジェル、妖精、フェアリー、天界
[PR]
by Dorothy-Naomi | 2012-05-03 16:46 | *Spiritual&ノウイング | Comments(0)

バリ島*旅のプライベートスケッチ1



この夏に訪れたバリ島は、私の中では忘れられない旅になりました。

心のスケッチ23にも書いたように、この場所に呼ばれた時から予感していたものが
実際に目の前で大きく扉を開いたいえる、大きな旅でもありました。

ここには今回の旅の個人的な思い出を、メモ・アルバムのように
写真と一緒に書き留めておこうと思います。

これからバリへ行こうと思っている方、そしていつかバリへ行こうと思っている方
どうぞ参考になさってくださいね(^^)★


★バイク社会の洗礼にドッキリ!

聞きしに勝るバリの交通事情。
まさにどこもかしこも、バイク、バイク、バイク...です。
d0167002_2153827.jpg


高校生の登下校時間や出勤タイムは渋滞は必須。
二人乗り、三人乗りは当たり前。
驚いたのは、家族五人乗り!!!

d0167002_2162793.jpg


d0167002_21102463.jpg


事故になるのでは?とハラハラしているのは旅行者のみ?!
平然とスイスイ通り抜けていく姿は、アッパレとしか言いようがありません。

鉄道もないバリでは、人々の足として活躍するのはもっぱらバイクです。
歩道の売店で売られる石油も、バリならではでしょう。



★宿泊したホテル~Melia Bali Hotel

今回は初のバリということ、息子と一緒の旅だということで考えた挙句に
ゲートシティ(市内に入る前にセキュリティ・チェックがある町)ヌサドゥアの
メリア・バリに宿泊しました。

d0167002_2126369.jpg


ゲートシティだけあって、市内に入る前とホテルの入口と二回にわたって
セキュリティ・チェックがあります。

d0167002_21273571.jpg


ホテルに一歩足を踏み入れれば、フロントのある一階には壁もなく、
ドアもなく何本もの柱がバリ情緒あふれる広いフロアーを、支えています。

d0167002_21285896.jpg


スペイン系のホテルなので、ヨーロッパの宿泊客も多くいました。
レゴンダンサーとガムランのお出迎えも、旅行者には嬉しいもの。

d0167002_21302977.jpg


三人家族として予約した部屋は、ロフト付きのひろ~い空間でした。
一階にはツインベッド(息子が一人占め)、ロフトには天蓋のダブルベッド。
おトイレも二つあり、アメニティグッズも充実の品ぞろえでした。

d0167002_21322142.jpg


d0167002_2133559.jpg


宿泊最初の日には、ウェルカムフルーツが届きました。
そうそうミネラルウォーターは一人につき二本、毎日無料で配られます。

d0167002_11364314.jpg


リスが遊びにくる広い広い庭と、プライベートビーチの美しさ、そして
スタッフの方々の温かい笑顔とサービス。

d0167002_11415385.jpg


d0167002_21342694.jpg


d0167002_2135175.jpg


d0167002_2223143.jpg


日本語を話せる現地スタッフも多くいましたよ。
プールも清潔で、レストランのメニューも豊富です。
バリ・コレクションというショッピングモールには歩いて数分。
気持ちのいい「楽園の休日」を過ごせるホテルで、おススメです。


★ウルワツのケチャックダンス&ジンバランのシーフードBBQ

ケチャックダンスは、やはり必見!と思っていたのですが
予想以上の素晴らしさで家族で感動しました。

d0167002_221304.jpg


寺院で毎日行われる神にささげる踊りゆえ、拝観者としての
服装のマナーなどはきっちり守らなければなりません。

行く道々にいるのは...おサルさんたち。

d0167002_221441.jpg


このおサルさんたち、かわいいのですが手癖が悪いので要注意!
あっという間に持ち物を盗まれてしまい、泣いている人多数。
うまくできたもので、それを取り返すことを職業にしている人も...

d0167002_2215348.jpg


観覧席についたのは始まる40分前でした。
早めについたので素晴らしくいい席で見ることができました。
どんどん席がうまっていくので、早めに行くことをお勧めします。

儀式の前には、燭台に灯が灯されます。

d0167002_2216060.jpg


花を飾り付けた男性ダンサーたちが入場し、チャッチャチャという独特な
掛け声と共に繰り広げられる神話の世界。

d0167002_23143951.jpg


d0167002_22173446.jpg


次々と登場人物たちがあらわれ、踊りが変わっていくので飽きません。
ダンサーたちの優美な動きや、茶目っ気ある演技には拍手喝采。
インド洋に沈んでいく夕日が幻想的な美しさを添えてくれます。

d0167002_22191964.jpg


終わってから車で向かったのがジンバランのビーチです。
ジンバランでは名物のシーフードBBQをいただきました。

夜の浜辺で、潮風に吹かれながら頂いたシーフードの美味さ★
立ち並ぶBBQレストランの夜の明かりが、夜の闇に光って並びます。
先ほどのケチャックダンスの余韻とともに、味わいながら海の幸をいただきました。

d0167002_22335798.jpg



★バリの美術館

とにかくArt好きな我が家、今回は4つの博物館&美術館を巡りました。

デンパサールにあるバリ博物館では、伝統的なバリの屋敷や美術品が
地方に合わせて展示されています。

d0167002_22491651.jpg


d0167002_2250215.jpg


ウブドにあるアルマでは、ラーマーヤナを題材とした絵画コレクションなどのほか
バリ文化のワークショップも行っています。

d0167002_22523279.jpg


d0167002_22532437.jpg


入場チケットには、館内の喫茶店でドリンクが一杯ついてくる特典つき。
この喫茶店、とっても風情があっておススメです★

d0167002_22544495.jpg


ネカ美術館は、バリ絵画の至宝が多く展示されている必見の場所。
入口には聖獣ガルーダの彫刻がお出迎え。

d0167002_22571662.jpg


大地のエネルギーに負けないくらい、迫ってくる作品のエネルギーに
ひたすら圧倒&魅了されました。
窓から見える緑の美しさも忘れられません。
残念だったのは、アルマもネカも美術作品カタログが品薄だったこと。
売店にあるものは、紙質がイマイチだったことです。

d0167002_23164459.jpg


d0167002_2256784.jpg


館内の中庭にある楽器展示コーナーでは、ガムランを演奏する方もいました。
d0167002_22592145.jpg


パシフィカ美術館は、私にとって忘れられない場所の一つになりました。
多くの絵画と共に、仮面や彫刻などの展示が充実しています。
静かで落ち着いた館内で、ゆったりと美術品を楽しめます。

d0167002_11551573.jpg



次回で、バリのお話も最後です。
食べ物の話や素敵な思い出話をご紹介しますね★


一人芝居とドールアートの世界⇒【The Moon Light Grove~月あかりの森
 
Twitter ID⇒@NaomiTMLG

★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ 旅行情報局へ旅行情報局
にほんブログ村 トラコミュ 心の旅人へ心の旅人
にほんブログ村 トラコミュ スピリチュアリズム(spiritualism)へスピリチュアリズム(spiritualism)


Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村
[PR]
by Dorothy-Naomi | 2011-09-10 23:24 | *Holiday | Comments(4)

バリ*今夏の心のスケッチ3



本物の色彩とは、いったいどんな色彩だと思いますか?
魂の持つ本当の美しさが見える世界とは、どんな世界でしょうか?

d0167002_14593634.jpg


ワヤン・クリッと言われるバリの人形影絵芝居があります。
主に宗教儀式や祭りの余興として演じられているのだそうです。

d0167002_14345819.jpg


影絵芝居で使う人形は、観客の前には黒い影として映るもの。
それにもかかわらず、ワヤン・クリッの人形たちは豊かな色で
繊細に作られています。

d0167002_14361983.jpg


なぜなのでしょうか?

バリの考え方では、あちら側の世界こそが真の世界であり、
魂そのものの持つ真の色彩や美があるのだとのこと。

現生(わたしたち観客側)がいる世界は、本当の意味での
魂の姿や美、色彩は見えないのだという考えがあるのだそうです。

「遠く隔たっていると思われている現生と魂の世界とは、実は本当に
影絵芝居の布一枚の薄さなのかもしれないな...」

デンパサールの民族博物館で、ワヤン・クリッの人形展示を観ながら
そんなことを思いました。


d0167002_1438689.jpg


最終日のことです。

宿泊していたホテルの隣にあった
パシフィカ美術館を訪れました。

まだ午後早い時間だというのに、
館内はしーんと静まり返っています。

スペイン語なまりの英語を話す受付の女性から
切符を買うと、さっそく展示室へと足を進めました。

いくつも展示室が続く広い館内には、誰もいません。

なんと贅沢な!
私たち三人だけの貸切だなんて...

美術館を独り占めできるなんて
めったにないこと★
ゆっくりじっくりと見て回ろうか。

家族三人、思い思いのペースで展示室をまわりました。

ふと、ある絵の前で足が止まりました。

宿泊先のホテルの回廊にも複製画がかかって
いた絵で、初めて目にしたときから気になって
仕方がなかったのです。

d0167002_14565222.jpg


....本物はここにあったのね。

絵のタイトルは「Legong Dancer」

レゴンダンスを踊る一人の少女の上半身が描かれています。
私は絵の正面に立ち、その少女を見つめました。

すると....
額の真ん中あたりに、突如キーンとした感覚が走り
思わず目を閉じました。

そして次に目を開けたときに、私の目に映ったのは
絵画ではなかったのです。

信じられないことでした。

絵画の世界そのものが、まるで映画のように
目の前に映し出されていったのです。

いつの間にか絵画のフレームは消え去っており、
映画の世界の中に入り込んでしまったような...
なんとも表現できない意識状態に私はいました。


どこかの寺院か王宮の庭に、何人かの少女が裸足になって
手に扇を持ちながらレゴンダンスを踊っています。

何かが行われる大きな儀式の日のようです。
ガムランやジェゴグの音が、大きく鳴り響いています。

観客席の中央には椅子が二つおいてあり、かなり位の
高い男女が二名座っているのが見えました。

d0167002_1511229.jpg


踊っている少女の中の一人は
......なんと私です。

私は一心不乱に踊っていました。

神への感謝と畏敬の念をこうして自分の踊りによって
表現できていること...
そしてそれを晴れの舞台で大勢の人に観てもらって
いること...

それに対し、心からの喜びと満足を感じながら
一心不乱に踊っていました。


一体どれくらいの時間、それが続いていたのかは
分かりません。

.....再び、我に返ったときには元の状態と同じように
少女の絵は額の中に収まっていました。

深呼吸を何度か繰り返しながら、ゆっくりと次の部屋へ
歩いていきながら、私の心の中には今までの自分の人生の
いくつかのシーンがアルバムの写真をめくるように
思い出されてきました。

d0167002_14404855.jpg


世界各国を出張してまわっていた父が、
幼い私たちへとお土産に買ってきた
竹の大きなガムラン。

居間に飾られていたそれを、
でたらめに叩き踊っていたこと。

父の書斎の本棚にあった古い本の中から、
何故だか心惹かれたのが精神世界の本や
宗教に関する本ばかりだったこと。

そしてそれらを一人で読みふけって
ばかりいた少女時代のこと。

低学年のころから西洋占星術の専門書を読み
一人でホロスコープを書いていたこと。

目を閉じると見えてくるもの、聞こえる音...
自分で自分をどうしていいのか分からなかったこと。

繰り返し見る夢、偶然ではない出会い.....

そして、今ここにこうしているということ。


「そう、すべてはつながっているのです。
人生の中ですべての出来事は、一つの大きな
流れになってつながっているのです。」


d0167002_1533521.jpg



...さいごの展示室まで歩いてきたとき、私は自分の目が
信じられませんでした。

展示室の壁いっぱいにかかっていた絵は
6人の天使の姿★

「Bali Angels」

バリの豊かな大地と大空を舞う、6人の天使たち。

自分の胸からあふれだすものが、こらえきれなくて
思わず涙がこぼれました。

天使たちは、ずっと私の傍らに寄り添いながら
こうしてメッセージを送り続けてくれていたのです。


d0167002_1444118.jpg

「ここに今日こうして来ることも、あなたの人生の
流れの中で予定されていたことなのです。

この国の、この場所で、こうしてこの絵をあなたに
お見せすることは、あなたへのプレゼントです。

あなたは確かに一つの達成点にまで、自分の歩みを
進めてきたのです。

この先は、自分で切り開いて行く大事な道のりです。

そのことにあなたは、不安や恐れを抱いているのかも
しれませんが、それは一切必要ありません。

あなたには、あなたでなくては出来ない大きな仕事を
与えています。
そして、それはあなたに力があるからこそ、私たちは
与えているのです。

今までの人生は第一章でした。
そして、それはここで一つの区切りとなります。

人生の扉が、まるでパーティの開始のようにパーンと
これから華やかに開く音を聞いてください。

あなたが心から喜びを見つけ出し、生き生きと輝きながら
生きていく時間が、この先待っているのだということを、
どうぞ知ってください。」


チャネリングで伝わってくるメッセージ。

それらはあたたかく、強く、やさしくて....
私は涙をとめることができませんでした。


d0167002_14453328.jpg


美術館の展示室の外に出ると、広いテラスが広がっていました。
眩しい南国の光と、青々とした緑が目に鮮やかです。

テラスで一足先に休んでいたPartner氏と少年Nは、
屋根の付いた白い籐の椅子に寝そべっています。

こうして私たちが今生で家族でいることも
決して偶然ではありません。

私も反対側の椅子に仰向けに寝そべって、
バリの青い空を眺めました。

....魂の本当の色彩と美。
あちらの世界の色彩とは、もしかしたら
こんな輝きをいうのかもしれない......


「天使が導いてくれた魂の旅」

この旅行にタイトルをつけるとしたら、
私はそう名付けたいと思います。

そして私は、きっと生涯この旅を忘れることは
ないでしょう......

d0167002_1447214.jpg




一人芝居とドールアートの世界⇒【The Moon Light Grove~月あかりの森
 
Twitter ID⇒@NaomiTMLG

★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ 心の旅人へ心の旅人
にほんブログ村 トラコミュ スピリチュアリズム(spiritualism)へスピリチュアリズム(spiritualism)
にほんブログ村 トラコミュ 魂、心(こころ、ココロ)へ魂、心(こころ、ココロ)
にほんブログ村 トラコミュ 日常の小さなできごとを愛する生活へ日常の小さなできごとを愛する生活

Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村
[PR]
by Dorothy-Naomi | 2011-09-03 15:03 | *Spiritual&ノウイング | Comments(0)

バリ*今夏の心のスケッチ1


心の奥から響く声に誘われるまま、初めて訪れたバリ。

1週間ほどの滞在でしたが、言葉にならない豊かで濃い時間を家族で過ごしてきました。

d0167002_22455060.jpg


なんだか今でもバリの空気の中に漂っているような
不思議な感覚です。

現地に到着したのは、夕方遅くになってから。
往復で直行便がとれたことだけでも奇跡のようです。

ホテルのロビーでは、ガムランやジェゴグのバリ音楽が鳴り響く中
レゴンダンスが出迎えてくれて感激しました。

d0167002_22485035.jpg


d0167002_23284489.jpg


このホテルは、なんとフロントまで仕切りが壁や一切なく
一階がすべて吹き抜けになっています。

まるで大きなガーデンテラスのような造りの中、夜の闇に浮かび上がった
レゴンダンスの幻想的な美しさは言葉にできません。

厳しい警備で守られているヌサドゥアというゲートシティだからこそ
こんな開放的な趣向が可能だったのかもしれません。


部屋で荷物をほどき夕食を済ませた後、かがり火に誘われて
庭を抜けて歩きながら夜の海へと散歩しました。

インド洋の上に輝く大きなお月様。
波音を聞きながら家族三人で見上げた月光は、忘れることができません。

翌朝、目覚めて部屋の窓を開けると....
目に入ってきたのは太陽の光と緑いっぱいの庭!

d0167002_22502580.jpg


なんと部屋のベランダには、こんな可愛いお客様が★

d0167002_22514439.jpg


青い青い海と空、そして、深く濃い緑の圧倒的なエネルギー。

Yes, Yes,Yes. We have been waiting for you .

d0167002_22563147.jpg


d0167002_22523661.jpg
 

d0167002_22541021.jpg


d0167002_22545965.jpg


限られた日数でしたが全てを包み込むようなバリの大気の中に
私は自分を思いきり放り出してきました。

......たとえば、ウルワツの聖なる空気の中に。

d0167002_22584576.jpg


d0167002_22593646.jpg


d0167002_2304942.jpg


d0167002_23371812.jpg


デンパサールの喧騒の中に。

d0167002_2355142.jpg


d0167002_2348137.jpg


d0167002_2371988.jpg


d0167002_2381612.jpg


ウブドの緑の中に。

d0167002_23102132.jpg




d0167002_23111468.jpg


d0167002_231267.jpg


ヌサドゥアの浜辺に。

d0167002_23135172.jpg


d0167002_23145179.jpg



滞在中、なんだか不意に泣きたくなるような思いが
何度も何度もこみあげてきました。

母の体内で眠る胎児のような気持ち。
......そんな感じが一番近いのかも知れません。

この場所での心の旅については、また次回お話したいと思います。

d0167002_2320649.jpg





一人芝居とドールアートの世界⇒【The Moon Light Grove~月あかりの森
 
Twitter ID⇒@NaomiTMLG

★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ 旅行情報局へ旅行情報局
にほんブログ村 トラコミュ ** 旅の記憶 **へ** 旅の記憶 **
にほんブログ村 トラコミュ スピリチュアリズム(spiritualism)へスピリチュアリズム(spiritualism)
にほんブログ村 トラコミュ 魂、心(こころ、ココロ)へ魂、心(こころ、ココロ)


Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村
[PR]
by Dorothy-Naomi | 2011-08-24 23:31 | *Holiday | Comments(0)

メタモルフォーゼ*夏の初めに

人生の中で最も大きな出来事が「誕生すること」だとしたら、
次に大きなものは何でしょうか?

d0167002_15232924.jpg


次に大きな出来事は、おそらく「命の灯が消えること」。

しかしそれは決して「無」になることではありません。

もっと大きな「有」に戻っていくための、一つのステップ
なのだと思います。


d0167002_15114725.jpg

ちょうど公演が終わって一週間目の日曜日
義母が急逝しました。

脳梗塞で倒れたのが一月の末のこと。
そのまま意識不明となり入院していたのです。

舅姑を送り、夫と長男を早くに亡くしたあと、二人の娘と
次男である私のPartner氏を都会に送り出し独立させ、
栃木の小さな町で独り暮らしを続けて28年。

小さな事にクヨクヨしない、情に厚い大らかな女性でした。
「自分のやり方・自分の考え」を強く持っていて
絶対に頑として曲げない人でもありました。
そんな彼女と、やり取りがうまくできず、
若い頃はぶつかり合うこともありました。

相手とのコミュニケーションを上手にとるために
互いに歩み寄る工夫が必要だと気づき、少しずつ
少しずつ心の距離を近くしていった関係でした。

この7~8年は入退院を繰り返し、Partner氏や義理の姉、
ケアサービスの方々の手を借りながら生活を続けていたのです。

d0167002_1514364.jpg


亡くなる前日のこと、病院に見舞いに行ったPartner氏の気配に気づき
突然に目を開けジッと見つめ返し、うなづいたそうです。
そして、手を触ると微かに動かしたとのこと。

もしかしたら、回復の道へ進むのでは...と思ったのも束の間。
その翌日、午後にいきなり容体が急変し、あっという間に
逝ってしまいました。

新幹線で病院に駆け付け、ベッドに横たわる義母を見ると
穏やかで安らかな表情。

「おかあさん、よくがんばりましたね。お疲れ様でした。」
そう言葉が口をついて出た瞬間、涙がとまらなくなりました。


d0167002_15154937.jpg


お通夜の前のことです。
他の人は準備のために外出しており、
私は一人で留守番をしていました。

ふと庭に目をやると、一匹の白い蝶がひらひらと飛んできました。

小さな白い蝶は、庭のあちこちを飛び回ったあと、家の中へと入ってきて
室内をあちこち飛び回り、再び庭へと飛び去っていきました。

「おかあさんだ。」

私には、白い蝶が義母だと分かったのです。
自分と家族が刻んできた時間のつまった家の中を確かめ、
彼女が丹精こめて手を入れてきた庭を眺めに飛んできた。
...理屈では説明できない感覚、直観で感じたのです。

そして、それと同時に声のないメッセージが
上のほうから静かに送られてきました。

今横たわっている肉体から、彼女の魂が静かに離れたこと。
もっと自由で、もっと広い場所へと飛び去っていったこと。
安らかな思いで、今はいること。



.....今生での彼女の人生は、苦難の連続でした。

女性が学びたくても、学ぶことを許されない時代に厳しい家に生まれ
学問の道を閉ざされた彼女は、人一倍向学心が旺盛な人でした。
自力で様々な知識を学んでいった人でした。

定年前の夫を亡くし、成人して間もない長男を事故で亡くし、残った
三人の子供を育て独立させ、ようやく自分の時間を楽しむ年になって
大きな病を患い、手術をし、病院の往復が日課の生活が続いたのです。

普通なら持ちこたえられない悲しみや苦しみ。
そういった環境におかれた中で、どう自分らしく生きるべきか?
そんな課題を持って、今回この地上に生まれてきたような気がして
なりません。

d0167002_1517784.jpg


義母の通夜の日は、ひまわりが咲いてもおかしくない真夏日。
翌日の告別式の天気は、突然のどしゃぶりの夕立、
それからウソのようにカラリと晴れ上がった夕空。
夏の天気を思い切り楽しんで、空の上へとあがっていったのでしょう。

通夜の日と告別式は、彼女が出生したときのホロスコープと
太陽と月が重なる天空図でした。

重なりあう、誕生と旅立ちの日の星の配置。

彼女が今回の人生で、しっかり役目を全うしたことと
死は、新たなる世界への誕生と同一であるということ
それを物語る天空図。

義母は、新たなる世界へ生まれていったのです。

d0167002_15183998.jpg


告別式を終えて帰宅した昨日の深夜。
不意にパールのネックレスの紐が切れて、床に真珠が散らばりました。

「古いものから新しいものへ」
「移行すべきタイミング」
「新たな形は自分で作りゆく」

そんな言葉が頭の中に浮かんできて、目の前に散らばった真珠の球が
一つ一つの生命体のように夜目に光って見えました。


一夜あけて今日は新月。
そして日食です。

空には活動宮の大きなグランドクロスが輝き
新たな時代への音楽が、低く、そしてしっかりと響いています。

今まで自分が身をおいていた海の中の水。

それが、突然そっくりと周りから消え去り
新たな水が、どこか遠くから流れ込んできたような
そんな大きな大きな変わり目を、今感じています。

夏の初め、メタモルフォーゼの風が吹き込んでいます。

d0167002_1519585.jpg





一人芝居とドールアートの世界⇒【The Moon Light Grove~月あかりの森
 
Twitter ID⇒@NaomiTMLG

★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ スピリチュアリズム(spiritualism)へスピリチュアリズム(spiritualism)
にほんブログ村 トラコミュ 魂、心(こころ、ココロ)へ魂、心(こころ、ココロ)
にほんブログ村 トラコミュ 幸せについてへ幸せについて
にほんブログ村 トラコミュ 日常の小さなできごとを愛する生活へ日常の小さなできごとを愛する生活

Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村
[PR]
by Dorothy-Naomi | 2011-07-01 15:27 | *Spiritual&ノウイング | Comments(4)

Nature calls me

『あなたは自分が思っている以上に疲れています。
がんばることも大切です。
が、時にはしっかり休息をとることも必要なのです。』

『がんばり過ぎてしまう傾向があるので、心配しています。
大丈夫ですよ。じっくりいきなさい。
自然の中で、ゆっくりしなさい。
自然の歌声に耳を澄ましなさい。』

d0167002_23245960.jpg


今日、PCの前でボンヤリしていると
そんな声が頭の中でこだましました。

自宅英語教室の発表会も終え、4月に新たな出逢いとスタートを切り...
精神世界への学びを進め月あかりの森:6月公演に向けての準備に着手し....
息つく暇なく歩き続けてきた春でした。

d0167002_23265690.jpg
実は、ここのところ体調をくずしてしまっていました。

なんとなく、マズイな...自分でも分かっていたのです。

「でも、まだまだ出来るよね!
そう、無理やり自分を頑張らせていたようです。


3回以上、自分の中で鳴り響くメッセージは、ハイアーセルフHigherself
守護天使Guardian Angleや守護霊Guardian Spiritからのもの。

静かに目を閉じて、ゆっくりと深呼吸すると
自分の右手、右肩におかれた手を感じます。

とても大きな転換期にいるとき、人は自分の心と身体の大掃除をするんだな。
大きいエネルギーを取り込むには、それだけのスペースが自分にないと取り込めないね。

不必要なものは出さなきゃね。
自分の空き容量を増やさなければ、必用なものも取り込めないよね。


置かれた手の温かさを感じながら、そんなことを繰り返し思いました。
『YES★そうですよ。』
強く伝わってくるのは、強い肯定のメッセージ。

今までの自分から、新しい自分への再生。
そのための休息。

この夏、ある場所に行きなさいとメッセージが来ました。
思いもよらなかった地名です。
行ったこともない場所です。

でも、その場所を思い浮かべた途端に
私に必要なキーワードが送られてきました。

受容
浄化
再生


『ゆっくりと歩いているように見えても、あとから見れば
それが本当は近道だったということがあるのです。』

やらなくてはならないことは、山積みだけれど....
あえて今は歩調をゆるめていこうと思います。


一人芝居と人形展示の世界⇒【The Moon Light Grove~月あかりの森
 次回6月公演の情報はコチラですCLICK 

Twitter ID⇒@NaomiTMLG

★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ スピリチュアリズム(spiritualism)へスピリチュアリズム(spiritualism)
にほんブログ村 トラコミュ 魂、心(こころ、ココロ)へ魂、心(こころ、ココロ)
にほんブログ村 トラコミュ 幸せについてへ幸せについて
にほんブログ村 トラコミュ 日常の小さなできごとを愛する生活へ日常の小さなできごとを愛する生活

Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村
[PR]
by Dorothy-Naomi | 2011-04-15 23:30 | *Spiritual&ノウイング | Comments(0)

(3)目覚める魂*Dawn of My Soul

ハイアーセルフと初めて出会ったときの、独特な感覚は表現できません。

体中がヒンヤリとした空気に包まれて、温かいハーブティをいただいても
ガタガタする震えはとまりませんでした。

でも、その震えは決して嫌な感じのものではなく、聖なるものに出会ったときの
身体の芯がしびれるような感覚に近い震えなのです。

d0167002_142264.jpg


ある日の朝のこと。
外出先に向かう途中、突然どこからか強烈な香りが漂ってきました。

マスクを付けているにも関わらず、伝わってくる強烈な香り。
なんともいえないエキゾチックな甘い香り..これはお香?
あたりを見回しても、何もありません。不思議に思いながら通り過ぎました。

......ほどなくして外出先から帰宅して仕事をしていると、PCにメールの受信音。
差出人は誰だろうと見ると・・・目に入ったのは「MICHAEL」の文字★

???ミカエル?天使のミカエル???
苗字も何もなく、ファーストネームと件名だけ。
しかも件名も「MICHAEL」と、ひと言。
???????

...ドキドキしながら読むと....
英語で書かれた内容は、簡単な会社の宣伝です。
な~んだ!やっぱりね~。どこかの宣伝部長のマイケルさんか。
天使からのメッセージがメールで来るわけないものね。
ははは...と、自分の考えを笑い飛ばしてデスクで仕事を続けました。

休憩時間に、先ほどのメールを思い出しながらPCを開きました。
Doreen VirtueのHPを読んでいると、なぜか気になるサイトが一つ。
日本人ATPのASACOさんのHPです。

天使や過去生チャネリングに関する文章を読んでいく中で
「ハワイとバリ島に縁が深い」という文字が目に飛び込んできました。

ハワイ?バリ島?
朝の強烈な香りと、ASACOさんとが頭の中でつながり...ピピピッ★

「そういうことだったんだ!」
おそらく、これはミカエルや私を守護している他の天使やガイドスピリットたちが
ASACOさんと出会う必要があるのだよ、と教えてくれているのです。

あの不思議なメールも、PCに目を向けるようにと、ミカエルが
私にサインを送ってくれていたのだと分かりました。
そして、それが分かった途端、またあのヒンヤリとした感覚が身体を包みました。

こうして不思議なご縁でつながったASACOさんは、
一連の私の話を聞いたあと、「出会うべくして出会いましたね。」とニッコリ。

「今年は、こうした出来事がもっともっと増えていきます。
ずいぶんと長い間、封じ込めていたものがたくさんありますね。
今まで長い間、ずっとNaomiさんの奥のほうで眠っていた力が
どんどん目覚めて開花していきますよ。」

この日、ASACOさんから伺った話は、とても言葉にできません。
過去生から今までにつながる自分の特質や能力。
繰り返し自分が見てきた夢の意味や、超えていくべきもの、etc.etc.

「邪馬台国どころではありませんよ。
Naomiさんは何度も自分のチャネリング能力などを使った
人生を繰り返し送っていらっしゃいますよ。
古代ギリシャでも神託者としての人生を経験されています。
ヨーロッパでも聖水を作っていましたし、水盤を読み取る巫女もやっていました。
中世では、その能力ゆえに魔女と呼ばれたこともありましたね。
こうした能力があるゆえに、攻撃の刃を向けられた時代もあったのです。
しかし、その反対に人々を救い導くことで幸せな人生も与えられました。
古代のハワイでは、与えられた能力で多くの人々を救い、癒しを与え、
皆から愛された人生を送られていましたよ。」

「今、学び出すことによって、封じ込めたエネルギーがどんどん開いていきます。
そして、そのことによってNaomiさん本来の姿にもどることが出来ます。
ご自分の人生のテーマソングを創りだすようなタイミングです。」

少し前に、ご縁あって出会った4名のアカシック・レコードリーダーの方々の
ナミィさん、Yurikoさん、Chikaさん、Hiromiさんから伺った話ともリンクしました。

「古代ギリシャではNaomiさんはデルフォイの神託者などもされていました。
チャネリング体質なのです。過去生において、何度も何度も行ってきています。
今回の人生で、一番大事な事は自分の思うように生きることです。
Naomiさんの場合は、直感でひらめく自分のやりたいものが
そのままイコール神様が決めた行くべき方向です。
信じて突き進んでいく先にあるものは、必ず正しいものだと思ってください。
精神世界への学びを、もっともっと深めていくことになるでしょう。
それが、教えることや芝居での表現のベースになっていきます。
精神世界がベースになって生まれてくる表現や言葉だからこそ
多くの人が惹きつけられるのです。
今後、もっと広い広い世界に飛び出していくことになるでしょう。
細かいことは考えず、直感でやりたいことをドンドンやっていってくださいね。」


ASACOさんと初めて出会った日の午後、あの大きな地震が起こりました。
7時間かけて、ようやくの思いで深夜に帰宅し、余震の揺れの中で眠れぬまま
一人で夜通し様々なことを思いました。

学校で、先生や部活動の仲間たちと夜を過ごしている少年Nのこと。
会社で部下を気遣いながら、寝ずに頑張っているPartner氏。
月あかりの森の相棒・我が妹ぽんちゃん。実家の家族。病院にいる義母。
そして、私自身について。

地震の前後に起きた一連の出来事。
まさに「自分の今までの世界の破壊」と「これからの新しい自分への再生」。

こういった様々な一連の出会いや出来事は、
決して偶然ではなく、必然としてもたらされたもの。

d0167002_1441159.jpg

「これからも、必要な出会いは全て与えられていきます。」
「段階に応じて、必要なものは授けられます。」
頭の奥のほうで聞こえてくる声は、はっきりそう告げました。

Partner氏や少年Nにも、自分の中で起こっていることについて正直に伝え、
理解をしてもらった上で、私はAngel Oracle Conductorの学びをスタートさせました。

学びたい!という気持ちの先に何が待っているのかは、今はあまり考えずに...
とにかく学ぶことが嬉しくてたまらない自分を楽しんでいます。



一人芝居と人形展示の世界⇒【The Moon Light Grove~月あかりの森
 次回6月公演の情報はコチラですCLICK 

Twitter ID⇒@NaomiTMLG

★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ スピリチュアリズム(spiritualism)へスピリチュアリズム(spiritualism)
にほんブログ村 トラコミュ 魂、心(こころ、ココロ)へ魂、心(こころ、ココロ)
にほんブログ村 トラコミュ 幸せについてへ幸せについて
にほんブログ村 トラコミュ 日常の小さなできごとを愛する生活へ日常の小さなできごとを愛する生活

Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村
[PR]
by Dorothy-Naomi | 2011-03-30 14:06 | *Spiritual&ノウイング | Comments(0)

(1)目覚める魂*Dawn of My Soul

昨年末から今日まで、自分の身に日々起こっていること。
それを一体どう表現していいのかわかりません。

世界の見え方が、今までとは全く違ってしまった感覚。
「目覚め」「夜明け」...そんな言葉が浮かびます。

d0167002_19171886.jpg



先月、Yoshika先生の三日間にわたるチャネリング講座に参加しました。
Spiritualな講座に出たのは、初めての体験でした。

子供の頃はこんな少女だった私ですが、それらの趣味は私的なものとして自分の内部にずっとしまっていたのです。

年末のNaoko先生との出会い、立春の日のあみちゃんとの出会い。
そこで言われたこと、感じたことを思い返しながらPCを触っていると...
Yoshika先生のHPがバン!と出てきました。

私にとって大事なキーワード「ルナ」。「月」のことです。
息子の名前も、出産時のある出来事が重なり「月」の字をつけました。
これが目に飛び込んだ瞬間、「行かなくちゃいけない」と強く思ったのです。

当日あつまったのは約10名の参加者の方々。
初対面の方ばかりなのに、なぜか懐かしいようなやわらかなムードにホッ!

半円形に並べられた椅子に座ると、私は先生の真正面の席になりました。
向かい合った瞬間...ビビビッ★★★
「この人は、私が会うべくして会った人だ。
前世でも、ご一緒した人だ。」
それが分かったのです。

次に、先生の身体から白く光るエネルギーが出ているのが見えて
「えっ?これは何?」と慌てて、目を凝らしていると.....
目の前の現在の先生にかぶって、髪に幾つかの飾りをつけ、玉座のような椅子に座る、
裾の長い白い服をきた位の高い女性のビジョンが見えてきたのです。
次の瞬間「邪馬台国」という文字が頭の中にバンと浮かびあがりました。ドキン!!!

その数日前に、実はこんな不思議な体験をしていたのです。

鏡の前で、出かける前に化粧をしていたときのことです。
ふと、鏡の中に映る自分の顔に別のビジョンが被りました。
白い服を着て、髪が長く、額にバンダナのような布を巻き飾りをつけた女性。
過去生の自分の姿だ!ピピピッときました。
そのときも「邪馬台国」という文字が浮かんだのです。

「あなたは空や星などの運行から読み取る力を次期卑弥呼候補に教育しながら、
その時の女帝・卑弥呼の側近としていた人なのよ。私たち一緒でしたよ。」

「過去生で、何度も何度もNaomiさんはチャネリングや占いといった
精神世界に関わっています。邪馬台国でもそうでしたね。」

Naoko先生やあみちゃんの言葉を思い出しました。
私は、過去生のYoshika先生のビジョンと自分のビジョンを見たのです。
身体の奥からゾクッとするような思いが沸きあがってきました。

...そして、これが本当の始まりの一コマだったのです。

このチャネリング講座で起こったことは、まさに私の魂の目覚めの第一歩★

修道院(教会)の庭の隅から出てきた聖歌隊の少年。
それが私がチャネリングしたガイドスピリットのイメージです。
つながった瞬間のブルっとくるような感覚、後ろから抱きしめられるような感覚も
初めてでした。

その日の帰り。
バスに乗って、今日一日起こったことを思い返していると...
「これから、あなたが会わなくてはならない人にどんどん会っていくからね。」
という少年の声が響いてきました。
それから美しい美しい歌声が、耳に鳴り響き出しました。

2日目、ハイアーセルフとのチャネリングに挑戦しました。
この日は、いまひとつ実感を得ることが出来ず....
気落ちした状態で帰宅しました。

夕飯の後、食器を洗っているときのこと。
すごいことが起こりました。
私は、この夜の出来事を一生忘れることはないと思います。

この講座の最終日、私は参加者の質問内容に答えるチャネリングに
初めて挑戦し、おりてきたビジョンを伝える段階まで学びました。

「Naomiさんの身体から、紫のオーラが出ているよ。」そう言われてビックリ。
大きな力が、私に運命の三日間付き添っていてくれたのだと思います。
このチャネリング講座で出会った方々も、過去生でつながっていると思います。


魂は、地上に生まれて来る前に幾つかのプログラムを用意して生まれてきます。
それは、出会うべくして出会うもの。起こるべくして起こるもの。
そして、その後、あなたがどういう選択をするのかは自由意志なのです。

d0167002_19142056.jpg
私は、今はっきりと運命の輪の中で
出会うべく人、起こるべくものに
出会っていることを感じています。

そして、自分が進みつつある道に
もっともっと大きな大きなものが
待っていてくれること。

それを感じてワクワクしています。



一人芝居と人形展示の世界⇒【The Moon Light Grove~月あかりの森
 
次回6月公演の情報はコチラですCLICK 

Twitter ID⇒@NaomiTMLG
★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ スピリチュアリズム(spiritualism)へスピリチュアリズム(spiritualism)
にほんブログ村 トラコミュ 魂、心(こころ、ココロ)へ魂、心(こころ、ココロ)
にほんブログ村 トラコミュ 幸せについてへ幸せについて
にほんブログ村 トラコミュ 日常の小さなできごとを愛する生活へ日常の小さなできごとを愛する生活

Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村
[PR]
by Dorothy-Naomi | 2011-03-10 19:22 | *Spiritual&ノウイング | Comments(2)

メッセージ*Clairsentience

とても高くて、とても大きなところからのメッセージや声を受けたことはありますか?

もしもそういったものを受け取ったら、あなたはどうされますか?

d0167002_15384556.jpg



毎日、目が回るような慌しい日常生活を送っているのに、
何かに導かれるように、ふいにもたらされる出会い。
出会いから始まる学び。

こんなに時間がないのに、どうやって?と悩んでいると
きちんと用意されたかのようにスケジュールが整えられて、
学ぶ時間を確保できる不思議さ。

最近、上に書いたようないくつかの大きな出会いと学びの中で
自分の身体が、今までとは違う感覚をキャッチし始めています。

時折、自分の過去生のビジョンがふっと見えたり...
その人との過去生でのつながりがフッと分かったり...
うまく言葉にできないような不思議な感覚が続いています。

それと同時に、頭の奥で歌声が鳴り響きだしました。

最初はそれを、前に聞いた音楽が思い出されて
頭の中で鳴っているんだろうと思っていたのですが
ある日、フッと分かりました。


これは....
天使たちの歌声★★★

まさか!
....でも、この強い確信はなんだろう。


『Clairsentience』

何度もくり返し身体で感じることや、
何度もくり返しわきあがる思いは
天の導きによるものです。

『あなたに与えているビジョンは、小さなものではありません。
あなたには、もっともっと大きなビジョンを任せているのです。
自分で自分のことを期待してください。』

自分に何が起こっていて、どうつながっていくのかは分かりません。
でも、おりてきたメッセージに従って歩いていこうと思います。



一人芝居と人形展示の世界⇒【The Moon Light Grove~月あかりの森
 
次回6月公演の情報はコチラですCLICK 

Twitter ID⇒@NaomiTMLG

★関連サイトはコチラです↓

★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ スピリチュアリズム(spiritualism)へスピリチュアリズム(spiritualism)
にほんブログ村 トラコミュ 魂、心(こころ、ココロ)へ魂、心(こころ、ココロ)
にほんブログ村 トラコミュ 幸せについてへ幸せについて
にほんブログ村 トラコミュ 日常の小さなできごとを愛する生活へ日常の小さなできごとを愛する生活


Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村
[PR]
by Dorothy-Naomi | 2011-02-26 15:43 | *Spiritual&ノウイング | Comments(4)

Inner voice*Inner music

自分に対しての覚書です。

きのう自分の後ろから、目に見えない誰かに手を回されて
抱きしめられました。

d0167002_23504258.jpg



あったかくて、優しい優しい感触。
自分が愛されているという思い。

上手く言葉にできない感覚です。

それは、具体的なものではなく
でも確かに感じ取れるもの。

つまり自分の身体のセンサーがキャッチした感覚です。

....そして、外出先から帰るバスの中.
突然、声が身体の中から聞こえてきました。

「出会うべき人、出会うべきもの
そういったものに、この先ちゃんと出会わせていくからね。」

「あなたのことを待っているよ。
そして、ここから応援している人も
ほら、こんなにいるよ。」

不意をつかれて、一瞬ぼうっとしました。
そして次の瞬間、涙が出そうになりました。

今の声はどこから?
そして何なの?
どういうことだろう?


d0167002_2352566.jpg
......そして、今日。
夕食の後、キッチンで食器を洗っていると
再び声が聞こえてきました。
...昨日の声とは別の声です。

「大丈夫です。
今まで、よくがんばってきましたね。」


すると....
胸の奥から、揺さぶられるような思いがこみあげてきて
自然と涙が出てきました。

えっ?何?
どうしたの?
私、どうしたの?

次から次へと身体の奥から噴き出してくる思い。
涙がどんどん噴水のように湧いてきて
頭のてっぺんと、額のあたりが痛くて痛くて...
どうにもこうにも、立っていることができなくなりました。

うぅ、もうだめだ。
声が出そうだ。

リビングにいる少年Nがビックリしちゃうじゃない。
....でも、だめだ......

ついに、しゃがみこんで
口を抑えて泣き出しました。

だめだ~~~
抑えられない。

奥の部屋で読書していたPartner氏。
そこへ駆け込こんで号泣!!!!!

もうコントロールできない自分。
声をあげて泣きたい。
声をあげて泣きたい。
声をあげて泣きたい。

ひとしきり涙の噴水が出終わるまで
Partner氏にしがみついて号泣しました。

自分でもよく分かりません。
一体これはどういうこと?


......ずっーと頭の奥のほうから、透き通るような歌声が聞こえてきます。
賛美歌のようなメロディーです。

「許されている自分」

そんな言葉が浮かびます。

......ふと、少年Nを産んだときのことを思い出しました。
緊急事態がおこり、私は手術室に運ばれました。

意識が半分以上なくなっている状態で、聞こえてきたのが
アヴェ・マリアのメロディーでした。

Inner voice★
Inner music★

「あなたが、それを行うことが出来る方だから
心のドアをノックしました。」

何かが、ゆっくりゆっくり
自分の中で始まりかけているのかもしれません。


一人芝居と人形展示の世界⇒【The Moon Light Grove~月あかりの森
 
Twitter ID⇒@NaomiTMLG

★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ スピリチュアリズム(spiritualism)へスピリチュアリズム(spiritualism)
にほんブログ村 トラコミュ 魂、心(こころ、ココロ)へ魂、心(こころ、ココロ)
にほんブログ村 トラコミュ 幸せについてへ幸せについて
にほんブログ村 トラコミュ 日常の小さなできごとを愛する生活へ日常の小さなできごとを愛する生活


Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村
[PR]
by Dorothy-Naomi | 2011-02-12 23:54 | *Spiritual&ノウイング | Comments(0)