映画Alice*英語ネタもう一つ

......前回の「映画Alice英語 トピック」に関連して、もう一つ★

昨夜、帰宅した少年N、おもむろにこう発言しました。


e0182671_1429343.jpg
「赤の女王の英語に関して
分かったことがアル!」

ナニナニ?

「あのね、首をはねよ!の台詞。
Off with her head!とか 
Off with the head!とか言ってるところ。
お母さんもそう教えてくれたでしょ。」

うん。うん。



「あれさ、ぼくは何でCut とか使わないのかな?って不思議だったんだ。」
だから、中学校の英語のN先生に聞いてみたんだよ、今日。」


ほ~お!で、なんて?


「先生もさ、何度もYou Tube見ながら考えてた。
そしたら、マーティン先生がやってきたんだよ。」


マーティン先生は、Nの学校に5人いる英語担当のNative Speaker Teacherの一人です。


「で、マーティン先生が教えてくれたの。
すっごいすっごい昔の英語の言い方なんだって!!!」


へぇ~★


ルイス・キャロルが『不思議の国のアリス』を発表したのは1865年。

そして、『鏡の国のアリス』を発表したのが1871年。

その時代よりも古い言い方として、赤の女王に言わせている英語表現だとすれば......
シェイクスピアの英語表現とまではいかないとしても、かなり大昔の言い方を採用しているということになるでしょうね。

意図して、脚本家がそういう台詞にしたのでしょうか?

それともルイス・キャロル自身がそういう台詞を書いたのかしら?



さて、怪鳥Jabberwockyと言えば、映画のクライマックスシーンに出てくる重要なキャラクターです。

原作『鏡の国のアリス』にある、ジャバウォッキーの詩

私は高校時代に、はじめてこれを原書で読まされて「?????」でした。

Pormanteau Words(カバン語)なる言葉も、これで初めて知ったのです。

英語と悪戦苦闘しながらも,作品の独特な世界観に浸りつつ.......

作者のセンス&頭脳のよさに「すっご~い★」と、つくづく感服したことを思い出します。

JabberwockyのPoem&カバン語に関して知りたい方はコチラCLICK


e0182671_1354072.jpg
久しぶりに、原書に手を出したくなってきました。

明日からGWですね。

バックの中にアリスの原書をしのばせて
お出かけするのもいいかな。




HONEY&SPICE ENGLISH SALON

一人芝居と人形展示の世界⇒【The Moon Light Grove~月あかりの森

Twitter ID⇒@NaomiTMLG

★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ 英語&英会話へ英語&英会話にほんブログ村 トラコミュ 英語で人生楽しみませう♪へ英語で人生楽しみませう♪

Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へにほんブログ村
[PR]
by Dorothy-Naomi | 2010-04-28 21:39 | *English | Comments(0)
<< つくしんぼ★ぐんぐんぐん 映画Alice2回目*英語に耳... >>