クリスマスツリーの光にのせて



11月の終わり、1週間ほどバリへ姉妹で行ってきました。

バリで感じたことは、またゆっくりと書きたいなと思います。


d0167002_19005904.jpg

この11月~12月は大きな転換地点でした。

回転扉がグルリと回り、身体ごと気が付いたら扉の向こう側へシフト。
そんな感じです。

大きなピリオドの一つは、長年ずっと関わり続けてきた英語講師としての仕事を終わらせたこと。

去年から段階的に縮小してきましたが、正式な区切りをつけました。

この先やっていきたいことへのコミットメントを、自分の中でハッキリしたいと思ったからです。

自宅で、小学校で、区民ホールで、個人レッスンで......
英語を通じて出会うがことが出来た沢山の人々。

心からありがとうの思いでいっぱいです。

大事に使い続けてきた大量の英語教材は、心から信頼する講師友達のもとへと無事にお嫁入りしていきました。

ガラーンとあいたスペース。

そこに今ニコニコおさまっているのは、紛れもなく「今の私にとって大事なモノ」ばかり。

決めたらズバッと迷いなく!なんだね~。
悔いなし!
いいじゃん!!

けっこうアニキな自分が好きです。


d0167002_09161229.jpg


それと前後して届いたのは、ゲリーボーネル・ジャパンからきたプロフェッショナルアカシックリーダーの認定合格の知らせでした★

メールを見た瞬間、心臓がバクバク!
口から飛び出ちゃうくらい、ドキドキしました。

顔と言葉が3Dみたいに飛び出てきた審査員の方々のコメント。
とても真摯で誠実で、かつ温かなメッセージ、心にストレートに響きました。

言葉になりません~~~
感謝!の一言★

この日に偶然セッションにいらした方からプレゼントされたのは、この美しい手作りの折り紙作品。

合格通知が届いた日に、こんな素敵なプレゼントをいただくなんて★

感激のあまり、思わず声がつまってしまいました。

一人一人の出会いが、かけがえのない宝物!

こちらこそ、ありがとうの気持ちでいっぱいです。


d0167002_09221735.jpg

先日、我が家の高3Boyの吹奏楽部の有志によるクリスマス ジャズライブコンサートを聴きにいきました。

なんと彼は高3ラストにして初参加です。

5年間フルート以外の楽器を吹くことに興味を示さず、ずっとジャズライブでは裏方のヘルパーをやっていた彼。

そのフルート吹きが、「俺、出るから。サックス吹く。」と、宣言したのは10月の末。

ひゃ~!!!
ホント???

それから連日のように勉強の合間にサックスを猛練習。
もともとサックスを吹いている仲間たちにご指南をあおぎつつ、悪戦苦闘。

傍目で見ていても、かなり時間のやりくりがキツかったはず、、、

コンサートの二日前、何やらいわくありげに言われたのは次の一言です。

「コンサートで途中いなくなるけど、心配しないで。
ま、ちょっとやることあるからさ。楽しみにしてていいよ。」

???ナニナニ?どういうこと???


d0167002_09052346.jpg


コンサートの本番当日。

第一ステージの中学生たちの演奏が終わり、いよいよ第二ステージ。
思い思いの「オサレな私服」に身を包んだNたち高校生たちが登場しました。

出てくるや否や始まったのは♪Jazz Police

Nは何と最前列です。

そして、おお!
サックスをバッチリ吹いていました!!!

わ~お★★★
思わず目をパチクリ。

ふと、父の顔に目をやると、ジャズをこよなく愛する父も、孫のサックス演奏に満面の笑顔。

「いつかジャズ吹いてごらん。なかなか面白いと思うよ。」
彼はそう長年ずっとNを口説き続けていたのです。

先日、母が通院途中に倒れ、救急車で病院に運ばれました。
そのまま入院することになり、ずっと元気をなくしていた父の久しぶりの笑顔。

心から楽しそうに、満足げにうなづきながら聞き入る父の顔からは、どれだけ彼が今嬉しく思っているかが伝わってきます。

体調を崩していた妹も、なんとかと復活しこの日のコンサートに来ることができました。

彼女も「うわ~♪来た甲斐があったよ~」と言いながら満面の笑顔。


d0167002_21003472.jpg

コンサートの終盤近くのことです。

突然Nが席を立ちあがり舞台から退場しました。

ーむむむ、これはもしや???

MCトークがしばらく続いたあと、再び入場してきた人物は。。。

やっぱり!案の定Nです★

そして、その風貌は。。。。。。。

!!!!!!!!!!!!!

頭にバンダナ、Tシャツはジーンズに「イン」スタイル、大きなメガネまでつけて「コミケのアニヲタ・正装コスチューム」!!!

背中に背負ったリュックには「アニヲタ必須アイテム」だという缶バッジを山のようにつけ、丸めたポスターを二本さして登場。

「お待たせっ!」

そう両手を広げて会場に登場。
指揮者をいじくり、仲間たちをいじくり、我が家のVIDEOにドアップでポーズ、会場の観客に向かっても大アピール!

ーこれのことだったのね~

Nのナゾの発言の意味がようやく解りました。

「今朝、うちのHがNのために缶バッジとポスターを持っていくって言ってたの。
このためだったのね~」

横に座っていたNと同期のママが、大笑いしながら教えてくれました。

会場中が大爆笑の渦の中、席に着いたN。

その瞬間スタートしたのはラストナンバーの♪Birdland。

すると....

おもむろに後ろからNが取り出したのは、なあんとフルート!!!!!

サッと立ち上がると、Nはフルートでソロを吹き始めました。

アニヲタのコスチュームのまま、自分の気持ちのままに奏でるアドリブプレイ。

そこに加わったのは、大親友のサックスのYくん。
YくんのサックスとNのフルートの掛け合いに、後ろから仲間たちがリズムを刻んでいきます。

You are so COOOOOOOOOOOOOOOL!!!

ところどころ華やかな色を添えてくれたのは、顧問のN先生のトランペット!

めちゃくちゃ彼らが楽しみながら吹いていることが伝わってきて、こっちまでうれしくなっちゃう♪

もう会場の全員が大歓声、大拍手、口笛の嵐です。

高3初参加のN、最後は彼の真骨頂のフルートでジャズコンサートデビューを飾りました。

曲が終わった瞬間、両手をあげてガッツポーズのN!

You did it★★★
オヌシ、やるね!
最高だったよ、ブラボー♪♪♪♪

そうそう、新たなチャレンジは楽しみながら!だよね。

このラストナンバーは、一生忘れられない一曲になりました。


d0167002_09081723.jpg

コンサートのあと、夫婦で高校の向かい側の大学へ向かいました。

私が世界で一番好きなクリスマスツリー。

おじいさんヒマラヤ杉は、今年も美しく夜空の下で輝いていました。

心に広がる静かな喜び。

感謝と祈りと。。。いろんなものが胸に溢れてきました。

ありがとうの思いをクリスマスツリーにのせて、贈ります。



Wishing You a Joyful Time ★

Merry Christmas!



d0167002_09091055.jpg


HPはこちらです。
アカシックリーディング60分セッション、90分セッション、スカイプセッション
→【フェリシア*SALON DE FELICIA

あなたが生まれてきた喜びを感じて生きていくために



Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444



Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
































[PR]
by Dorothy-Naomi | 2014-12-25 09:10 | *My Special Time | Comments(0)
<< Billy Elliott ★... Angels' win... >>