8月★切り替わりのタイミングの中で




先日のこと。

つけていたブレスレットが、突然パチンと弾けて飛び散りました。

長年、愛用していたスギライトをいれたブレスレットです。

その時は、ヒモが劣化してきたからかな?としか感じませんでした。

そして、その数日後、今度はセッション中に別のブレスが勢いよくパチンと!

飛び散るクリスタルたちを拾い集めながら、自分の身体に意識を向けてチューニングしていくと、、、

どうやら、自分が発しているエネルギーが変化してきているのだということに気付きました。

そして、数年前に義母が亡くなった直後にも、同様の事が起こったことを思い出しました。


d0167002_16434996.jpg


人の人生って、不思議です。

大体の寿命は決めてきてはいるものの、そのズバリのタイミングは本人が決めて逝くのです。

アカシックリーディングのセッションをしていて感じることは、、、

寿命とは、まさに天からあたえられたGIFTそのものだということ。

互いの一瞬に過ぎない時間でも、その人に会ったことで一生忘れられない大事なことを得る体験につながったりもします。

今月に入り、思いがけない形で二つの魂の旅立ちに対面しました。

一人は、NYUのドラマセラピー学科で私の同級生になる予定の黒人の女性でした。

彼女とは二次試験で一緒にグループワークを組み、自分の中に潜むインナーチャイルドを演じました。

おおらかで、温かくって、グループに和気あいあいとしたエネルギーを与えてくれた人でした。

彼女も間違いなくNYUに合格していると確信していました。

私は、ひそかに彼女との再会を楽しみにしていたのです。

先日、朝のPCを通じてのNYUのディスカッション・ミーティングで、同級生の突然の訃報を知り、不思議な胸騒ぎがしました。

まさか、、、と思って調べてみたところ

彼女でした。



d0167002_16574728.jpg

もう一人は、セッションを通じて知り合った若い女性でした。

ひじょうに繊細で、そして、とても才能にあふれた女性でした。

繊細であるがゆえに、自分を守ろうと取った行為で自分自身を傷つけ続けてきた彼女は、生まれ変わろうと必死でした。

ーイシリス33メソッドを受講したいと思うのに、身体がいうことを聞かず、歩くこともままなりません。

ーナオミさんに会いたいです。

そう言われて、私は出張セッションと出張講座をしました。

ーナオミさん、変われますよね。私。

―やりたいこと、まだ私やってないですもんね。

ほっそりとした体つきは、更にスリムになっており、腹水と手足にできた紫の血判の痛々しさに、思わず彼女を抱きしめました。

少女のようにあどけなく、純粋に、自分の中に潜んでいるものを吐き出し乗り越えようとしていた彼女。

しかし、その思いとは裏腹に彼女の身体は限界でした。

三回目の講座の前に大量出血をし、医師にその場で緊急入院を言い渡されたとのこと。

それを必死に「自宅に一度かえって、明日入院します。」と言って帰ってきたとのこと。

帰宅して、そのまま彼女は旅だってしまいました。

入院グッズには、講座の資料とノートが入っていたとお母さまから伺いました。

ー最後まで、あの子は学ぶことを望んでいたんだと思います。

お母さまのメールには、そう書いてありました。

こみあげてくる涙を必死にこらえながら、私は胸の中で手を合わせました。



d0167002_17154709.jpg




彼女の不意の訃報を知ったのは、母方の祖父母の眠る富士霊園に姉妹で向かう途中の車中でした。

それも、決して偶然ではないのだと思います。

富士霊園で祖父母の墓地に手を合わせ、渡米の報告とお詣りをすませ、、、

その後二人でありったけの力で、イシリスを行いました。

命の灯を消したご本人に。

残されたご家族に。

その方が愛した場所に、家に、空間に。


ー私は、あなたが確かに生きていたことを決して忘れたりしないよ。

―あなたと過ごした時間に、私が何を与えてもらったのかも、決して忘れないよ。

ーそして、私はあなたの分まで、人生の中の光と影を私の中に統合して、喜びに変えて生きるよ。

世を去った二人の貴重な存在に、心からのリスペクトを捧げます。



d0167002_17314890.png

命という限られた時間は、本当に旅そのものです。

私たちは皆、地球という空間を旅している旅人。

今回の旅の中で、どんなを体験をして、何を得て、どこに行きつきたいのか。。。

それは人それぞれによって違うけれど、、、

どんな出会いも、

どんな出来事も、

大きな人生の地図の中でみれば、自分の行き着きたい場所に行くために必要なものばかり、、、

今という時間の中で、自分に与えられているもの。

それをしっかりと受け止めて、

しっかりと自分の中に取り込んで、

自分の旅を前に進めていくこと。

それが、亡くなった魂に向けての何よりの供養 ー 私はそう思います。

私も、そろそろNY行きが近づいてきました。

この夏の二つの出来事を、胸にしっかりと受け止めて旅路を前に進めていくつもりです★



HPはこちらです。
→【フェリシア*SALON DE FELICIA

あなたが生まれてきた喜びを感じて生きていくために
アカシックリーディング&イシリス33メソッド


Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444emoticon-0149-no.gif








[PR]
by Dorothy-Naomi | 2016-08-06 17:50 | *Daily Notebook | Comments(0)
<< 夏の旅★奄美大島の時間 ロックな7月進行中♪ >>