NY Life in Jan. 2018★ 2年目の春学期スタート



2018年も明けて、早2週間経過!

私は先週の半ばにNYCに戻ってきました。

マイナス21度という強烈な寒さと大雪をNYの友人のFacebookで見て覚悟していたのですが、戻ってきた日はマイナス9度。

以前の私だったらマイナス9度でも「ひゃ〜」と恐れをなしていたかも、、、

でも、去年一度経験済みなので「こんなの序の口だもんね」と、我ながら落ち着いたもの。

トランクから帽子や手袋&マフを取り出し、ホカロンを温め、防寒ばっちり。

そのまま、マンハッタンへの車に乗り込みました。


d0167002_09493389.jpg


しかし、戻ってくるなり直面したのは、、、

放置していた冬休みの課題たち(><)

その翌日から見事に、課題の大波にどっぷ〜ん!!

すわ、溺れるか?というところを、助けてくれたのは心優しきNYUの友人たち。

なんとか締め切りに間に合い、時差ぼけが取れない頭のまま、週末の朝から夕方までの倫理の特別授業に参加してきました〜(みんな、ありがと〜!)


d0167002_04534977.jpg


週末の特別授業の後は、NYUの近くのカフェへ。

そして1学年下の台湾からきているシーハンと、久しぶりにコーヒーブレイク&おしゃべり。

彼女の冬休みの出来事や、今期の授業プランや、どこのサイトでインターンを考えているのかなどの話を聞きながら、すっかりと大学院生モードに戻っている自分に気がついておかしくってゲラゲラ。。。

日本にいる時は、NYUで大学院生をしている自分を、まるで夢の中の自分のように感じてしまうのだけれど、、、

こうして こっちに戻ってきてテキストを抱えて友と語り合っていると、「ああ、やっぱりこれは私の現実なんだな。私はここで生きている人間なんだな。」と実感。

「ナオミ、何がおかしいの?」
「いやさ、NYU に戻ってきたな〜って思って。」

来週またね〜!と手を振りながら、最寄りの地下鉄へ。

夕方の外気はマイナス14度。
吐く息は真っ白です。

アスファルトの水たまりも凍っていて、カッチンコッチン。
路上のホームレスの人々も姿が見えません。
今日は店じまい(?)かな。

でも、そんな光景もわたしのいまの生活の一部なんだよね。

私の今年のNY生活は、こんな風にスタートしました。



d0167002_04293771.jpg

話が前後しちゃうかな。

年末年始、こちらへ戻って来る前に夫婦で箱根へ行ってきました。

芦ノ湖が見渡せる宿、オーベルジュ・オーミラドーは、お料理がとびきり美味しい、とても静かで素敵な宿。


d0167002_08430235.jpg


久しぶりにゆっくりと1年を振り返りながら、夫婦二人で語らう時間を持つことができました。


d0167002_11133468.jpg




この宿に泊まることになったのも不思議な巡り合わせ。

オーミラドーという名前と湖が頭にフッと浮かび、調べてみると芦ノ湖畔にあるオーベルジュだということが判明。

予約を入れると、私たちが最後の1組。
うーん、すごいタイミングです。



d0167002_08400222.jpg

箱根神社、九頭龍神社にもほど近く、まさにぴったりのロケーションだなと思っていると、、、

私たちの部屋係の女性に会って、びっくり。
過去生で、ずばり神社の巫女さんをなさっていた方だー!(もちろん彼女には言いませんでしたけどね。)

(箱根へ行くことになった経緯や、龍とのお話、今年のキーワードはこちらに書いています →CLICK)


d0167002_04301232.jpg

翌朝の元旦は快晴。

5時前に目が覚めてカーテンを開けると、ほの暗い夜明け前の空と芦ノ湖が目の前に。
一人でしばらくベランダから眺めていると、龍の気配。

2018年は、2016年に次いで私にとって人生の大きな節目の年である事は自分でも知っていましたが、その大きな転機の前にここに来る必要があったようです。

チャネリングで個人的に受け取ったメッセージを大事に胸にしまい、箱根神社と九頭龍神社へ。



d0167002_04320371.jpg

お参り後に引いたおみくじは、吉でした!

我が夫は大吉を引いて、満面の笑顔。

あったかい甘酒もいただいて、いい初詣になりました(^^)b


d0167002_04312943.jpg

私にとって、日本でのお正月は家族との大事な時間。

実家の両親、アメリカのペンシルバニアに駐在している弟も一時帰国して、そろって夜景のきれいなレストランで全員で食事をしたのも嬉しかったことの一つ。

介護サービスを受けている母は、この日は認知症の症状も少なく、私のアメリカでの話を聞いてくれました。

次回、卒業の報告をみんなにしっかりとできますように。
また皆で揃って集まれますように。
そして、今年も、どうぞ健康が守られますように。


d0167002_04324004.jpg

今回の帰国で一番うれしかったのは、NYに向けて経つ直前、1月末に誕生日を迎える私のために家族が「超早めの誕生日」をお祝いしてくれたこと!

私がいない間に腕をメキメキとあげた夫は、いつの間にかレパートリーを増やし、中華もフレンチもプロ並みの腕前に。

ときどきスパークリングワインを飲みながら料理するのが、我が夫流(笑)


d0167002_11401824.jpg


この日のメインメニューは、お肉を食べない私のための「特製ブイヤベース」★

私の好物の牡蠣もたっぷりと入れてくれたブイヤベースは、極上のお味でした〜


d0167002_11363481.jpg



バイト先から遅く帰ってきた大学生Nは、彼が年末年始に岡山の吉備津彦神社で披露したプロジェクションマッピングを披露&「おめでとう」のメッセージをもらいました。

うーん、ちょっと感激。
思わずウルッときちゃいました。


Nとの関係性は私がアメリカにきてから、どんどん変わってきていて、私の専門分野の話やスピリチュアルな話などを深く話せる間柄に。。。

驚いたのは私が知らないところで、子供たちへのボランティア活動にも乗り出していたということ。

別の方面から聞いたところによると、彼がプライベートで行っているヴォイスパーカッションなどを披露したり、「パフォーマンスとセラピーとの関係性について興味がある」と口にしていたとのこと。

今回も、彼とはいろんな話をしましたよ。

自分なりに感じていることを言葉にして語ってくれることを、とても嬉しく思いながら「自分が心からやりたいと思った事は、その思いが答だよ。やってごらんよ。」と伝えました。

今年は更にNと深い話ができそうで、とっても楽しみ♫


d0167002_11383844.jpg



次に日本に帰るのは7月の予定。

それまでに終えなくてはならない事は山のようにあるけれど、とにかく一つ一つを仕上げていくことが大事だなぁと感じています。

NYCというこの街で体験している一つ一つは、全てかけがえのないものばかり。

大学院生でいるうちに、与えられている多くの体験で学んだことを、しっかりと自分の中に落とし込みたいな。

来週からはインターンシップの現場にも復帰し、3週間ぶりにJewish Boardの皆にも再会です。

2018年は始まったばかり!

今年のカレンダーを開きながら、わくわく&ドキドキしている私です。



d0167002_04285626.jpg



HPはこちらです。
→【
フェリシア* FELICIA Tokyo & New York
あなたが生まれてきた喜びを感じて生きていくために
アカシックリーディング&イシリス33メソッド






[PR]
by Dorothy-Naomi | 2018-01-16 10:11 | *NY Sketchbook | Comments(0)
<< 12月の2つの再会★ 屋根裏部屋で今年最後のおしゃべり >>