日本に本帰国、そして...?



10月末に日本に本帰国しました。

ダウンを着ていたNYとはうってかわり、ポカポカと暖かい東京に少々びっくりしつつ順調に現地化(?)を進めています。


d0167002_18372004.jpg


帰ってきてから、しばらくのんびりしようと思っていたのに、、、

帰国した翌日から、なぜか猛烈に断捨離スイッチがオン!

ー家の中にある物たちが、多すぎ!!

目に入るものたちが、どうにも邪魔に見えて仕方なくて、いてもたってもいられない感じ。

半年に一度は日本に帰って大掃除はしていましたが、、、

ニューヨークにいた2年間、しばらく手をつけていなかった物たちがタンマリ。

それらを徹底的に断捨離しまくっていました。

断捨離の御大である我が家の大学4年生は、それを見ながらニンマリ。

「今の自分に必要なもの、今後の自分に必要なものをよびこみたいなら、いらないものをサッサと整理することだよ。」と一言。

さらに「物がなければ困るとか、暮らせないとかいう、そういう思い込みは幻想だから。」と続けました。

ご、ごもっとも〜

断捨離の先輩の監督のもと、数日間で出したゴミ袋は15袋。

でも、まだまだ整理できそうな感じ。。。

2ヶ月後にはニューヨークからの荷物が届く予定だし(テキストや本やファイルなども、ぎっしりだし!!)

それらをおさめるためにも、もうちょっと断捨離道は続けなくちゃね(^^;



d0167002_18575561.jpg


11月の連休は、夫婦そろって久しぶりにNの大学へ。

最後の学園祭のステージにたつというNのヴォイスパーカッションを聞きに行ってきました。

我が妹ぽんちゃんも、Nのステージを見に駆けつけてくれました。



d0167002_19172161.jpg


ヒューマンビートボックス&ヴォイスパーカッションを自由自在に操りながら、グループのメンバーたちと楽しそうに演奏しているN。

うん、すごくいい顔!

私がNYで奮闘していた2年間は、彼にとってもすごく大きな2年間だったようです。

我が夫も海外や日本各地を飛び回っていたため、家では彼は一人暮らし状態だったようなもの。。。

自分だけで過ごす時間が多かったことで、いろんなことを一人でじっくり考え、行動してきたんだろうな。

私たちが知らない間に、小学校や施設でボランティアとしてパフォーマンスをする活動に従事していたり、、、

さらに表現アートセラピーやドラマセラピー(!)を学び始め、彼のベクトルが変わってきたのを感じていました。

NYと東京で頻繁にスカイプや他のビデオ通話のやりとりをしながら、彼とは様々な会話を重ねてきました。

大学卒業後、さらに進学して学びを深めたいという彼を、夫と私も応援していこうと決めました。

今後は、もっともっと様々なことを共有できそう。

それは、ちょっと嬉しいな。


d0167002_19183969.jpg


日本のドラマセラピーの師、尾上先生のゼミに参加し、Alternative Training を受けているメンバーの皆さんと話ができたのもとても良い時間だったな。

レクチャーを聞き、メンバーで事例や修論について話し合ったりしていると、本当に1日はアッという間!

来月からは私もデイケアや医療現場にドラマセラピーをしに行く機会が増える予定です。

きっと次回は、また新たな話題で皆さんと話ができるなと今から楽しみ!



d0167002_22012767.jpg



そうそう、先日はジャングルカンファレンスという統合医療の集まりにも参加してきました。

医療という現場に関わる様々な方々が集まって、様々な症例について互いの見地からの意見を述べ、それを統合して患者さんへの理解を深め、よりより治療を考えていこうという趣旨です。

先日、NYUのクラスメイトたちも口にしていましたが、、、

卒業後、気がつけば私たちはプロのクリニッシャン。

こういう場では私が発言する内容を、皆さんは「ドラマセラピストとしての意見」として聞いているわけです。

その事実に、あらためて身が引き締まる思いがします。

心と体の関係、そしてドラマセラピーの持つ可能性、、、、

ーそれらをもっと広く伝えていきたいし、もっと現場での経験を積んでいきたい。

ーそして多面的にひとりの人間の「回復」を考えていけるドラマセラピストでありたい。

そのためには、積極的に様々な方々と関わていくことの大事さを感じています。




d0167002_22023285.jpg


少し身体もメンテナンスしてあげなくちゃね、、、と、訪れたのは鍼灸ルームACuMoです。

鍼灸師の杏里さんは、女性と子供の強〜い味方。

可愛い1歳の男の子のママでもあります。

彼女が1年間ほどNYCで暮らしていたときも、たびたび鍼灸の施術をしてもらいました。

杏里さんの鍼灸、すごーく効くんです。本当に。

留学時代、何度ピンチを救われたことか!

また、最新のロシアの機器を使って身体中をスキャンしてくれるのです。

これにはびっくり!

そのデータをもとに、体に合う食べ物、飲み物、金属、鉱石、植物などなど、、、
事細かくアドバイスしてくれ、気をつける点が明確!


d0167002_22233734.jpg


到着すると、まずは居心地いいお部屋で美味しいお茶を出していただきました。

ほっと一息。

「この日の朝に咲いたんですよ」と、素敵なバラを添えて。

素敵なおもてなしに、心が緩んでいきます。

この日はヨモギ蒸しと美容鍼をしていただきました。

気持ちいい音楽を聴きながら横になっていると、あまりの気持ちよさに、ついウトウト、、、

そして終わった後は、身体も気持ちもスッキリ!

こうして体のメンテナンス&セルフケアの時間も、定期的に取り入れて体を大事にしなくちゃね。

(体の不調を抱えている方、ぜひぜひおすすめです。)



d0167002_22282213.jpg


先日のこと。

JALのマイレージが今月で消失してしまうというので、「どこかにマイル」に変えることにしました。

これは行き先は4つの候補の中のどこになるかわからないけれど、一人のマイルで二人分の航空券がもらえるというもの。

NYの引越しで散々お世話になったぽんちゃんに、どこかへの旅をプレゼントしようかなと思ったのです。

ところが、画面に出てくる旅の候補地が四国にばかり偏っているような気が、、、???

ボタンを押してリセットすれどもすれども、高松や徳島といった地名ばかり画面に出るのはなぜ???

日程を変えても、時間帯を変えても、なぜか画面に出るのは四国の地名ばかり???

ーJALの機械のせい?

ーいや、私のPCが壊れちゃってるとか?

何度やり直しても、画面に出るのは高松&徳島という謎は深まるばかり、、、

ーもう〜、めんどくさい。いいやっ!

そう覚悟を決めてボタンを押して、JAL からの返事を待っていると、、、

やはり、行き先は四国に決定しましたとのこと。

ー特に何の目的もないのになぁ、四国に行ってどうしようかなぁ、、、

そんな風に思いながら、ぼんやりと旅の支度をしていると、、、

ピピピッ!!

アバターからのメッセージと一緒にアカシャからの情報が流れてきました。

どうやら、、、

日本におけるシアター&パフォーマンスの原点のエネルギーがあるのが四国。

そのエネルギーに触れてきなさいということのようです。

調べてみると、四国の香川は日本で最古の劇場・金比羅金丸座のある場所。

そして農村歌舞伎など、古くから劇が人々の日常生活に溶け込んでいる土地柄だということが判明。

それと一緒に、自分が歌舞伎役者として舞台に立っていた過去生などがパッと脳裏に浮かびました。

さらに、人形浄瑠璃というキーワードが続いてきました。

調べてみると、徳島は人形浄瑠璃でも有名な土地。

ーあ!そうか!四国だったんだ。

私は人形遣い(マリオネッテン)だった過去生も日本、チェコ、オーストリアなどいくつかあるのですが、日本のどこでやっていたのかという場所までは分からなかったのです。

ーなるほどね。徳島だったんだね。

妹も、徳島で浄瑠璃人形を作っていた人形師だったようです。

そこまで分かったとき、なんと!!

人形浄瑠璃が奉納される大きなお祭りが、ちょうど私たちの旅とドンピシャのタイミングだと判明!!

わお!ほんと?!
これは出来過ぎ!!

う〜ん、なるほど。
これは、行き先が何度やっても四国になるわけだ。

おそらく、今の私たちに必要なエネルギーが満ちている場所がズバリ四国だというわけね。

アバターたちのお導き、さすがーーー

と、いうわけで、、、

明日から、四国へ。

アイスランドに続いて(まだアイスランドの旅の話は書いていないけれど)、姉妹二人旅をしてきまーす。



HPはこちらです。
→【フェリシア* FELICIA Tokyo & New York
あなたが生まれてきた喜びを感じて生きていくために
ドラマセラピー
アカシックレコードリーディング


[PR]
by Dorothy-Naomi | 2018-11-09 23:08 | *Daily Notebook | Comments(0)
<< アイスランドへの旅 2018 Thank you NYC, ... >>