人気ブログランキング |

アイスランドへの旅 2018




ようやく少し落ち着いてきたので、ずっと書きそびれている旅の話を二つ書こうかなと思います。

まず一つ目。

10月の初旬、NYに引っ越しの手伝いに飛んできてくれた妹と二人でアイスランドへ旅してきました。



d0167002_21060945.jpg


この旅は、私の2年間のNY生活の、まさに卒業旅行でした。

50を過ぎてからの単身のNYUへの大学院留学、そしてNYCという街でガムシャラにやってきた2年間と少し、、

人生の中で一番ドラマティックで濃密な2年間も、もうすぐ終幕。

だからこそ、

自分を空っぽにするリセットタイムが欲しくて、

空っぽな自分で、地球のエネルギーを全身で感じる時間が欲しくて、

どこに行こうか?と思った時に、真っ先に頭に浮かんだ地がここでした。




d0167002_21063530.jpg

グトルフォスの滝。

この滝はちょっと特別な滝。

アカシックレコードに意識的にアクセスし始めた時に、出てきたビジョンがこの滝を眺めている自分でした。



d0167002_21052631.jpg


ユーラシアプレートと北米プレート、二つの大陸にまたがる雄大な国立公園。



d0167002_21074030.jpg


二つの大陸の間を歩く気持ち?

最高です(^^)b



d0167002_21070759.jpg


こちらはゲイシール、間欠泉。

あたり一面、硫黄の煙でいっぱい。

白い煙がそこら中に立ち上っています。



d0167002_21271027.jpg



d0167002_21295590.jpg

写真を頼んだら、、、

なんとバッチリのタイミングで、地面から噴水のように吹き上がってきました。



d0167002_21314218.jpg


アイスランドを代表する大きな滝の一つ、スコウガフォス。

大きな大きな虹が出迎えてくれました。



d0167002_21084663.jpg


下はミールダールスヨークトル氷河。

アイスランド南部に広がるこの場所は、古代からの氷が残る大地。




d0167002_21252301.jpg


d0167002_22022437.jpg


この下の写真はレイニススファラと呼ばれる場所。

南部にあるブラックサンドビーチで、黒い砂は溶岩です。

無数の六角形の石柱の山が、とても印象的。

石柱に触るとドクドクした感じが伝わってきます。




d0167002_21332251.jpg


セーリャラントスフォスは、裏見の滝。

滝の裏側にまわって見ると、水のベール越しに世界が見えます。

どうどうどう、、、

体に伝わる水の振動。

体に飛び散る水しぶき。

ダイナミックで、しなやかな水の美しさ。



d0167002_21431385.jpg


まるで天からのギフトのような空。

この空を見た時は、しばらく何も言葉がでませんでした。



d0167002_21505198.jpg


アイスランドは、空が広い国。

さえきるものが、何もないことに感動します。


d0167002_22053616.jpg


翼を広げたようなハトグリムス教会。

(国全体の中で)最も高い建物はこの教会だとのこと。


d0167002_22103871.jpg


ブルーラグーンにも、シークレットラグーンにも行きましたよ。

地熱で湧き上がる温泉にひたって、体中に地球のエネルギーを充電!



d0167002_22200577.jpg


d0167002_22205065.jpg


実は旅の間、ずっとケルト音楽のようなサウンドが耳に響いていたのですが、、、、

どうやら私はここで、大地や自然と繋がりチャネリングしながら踊っていた女性だったようです。



d0167002_22153849.jpg


アイスランドの大地を踏みしめると、体に響くのは大地の音楽。

アイスランドの空を見上げると、シャワーのように降り注ぐのは天空の音楽。



d0167002_22155976.jpg


アイスランドにいると、どんどん体から余計なものが剥がれ落ち、軽やかになっていきます。

水、空気、緑、大地。

なんて、完璧な世界。

この国の大自然に触れるたびに、全身が楽器のように振動しているも感じました。

そして、、、

ここでアバターも交代!

自分を今まで守護してくれていた存在が、ここで入れ替わったのがハッキリと分かりました。



d0167002_22392020.jpg


Sun Voyager

ドリームボートとして意図して作られたこの船は、いつでも船出の準備ができている様子。

あとは航海士が乗り込むだけ。

ーでは、そろそろゆっくりと次の目的地へと乗りだそうかな。

ゆっくりと船を海へと漕ぎだしてみるうちに、新たに見えてくるものがあるはずだものね。

Thank you Iceland, I could relax myself and I have recharged my batteries.

I think I will be able to turn my power on to start my new journey.



d0167002_23265396.jpg
朝焼けのレイキャビークの空




HPはこちらです。
→【フェリシア* FELICIA Tokyo & New York
あなたが生まれてきた喜びを感じて生きていくために
ドラマセラピー
アカシックレコードリーディング








by Dorothy-Naomi | 2018-12-16 22:56 | *Holiday | Comments(0)
<< 徳島&香川への旅 2018 日本に本帰国、そして...? >>