人気ブログランキング |

6月*Silviaとの出会いYoga of Voice



梅雨のシーズン到来ですね。

確かに雨降りの天気は面倒な部分もありますが、3年ぶりに日本で味わう梅雨は本当に綺麗で繊細で、、、

なんだか気持ちが慰められています。



d0167002_11384039.jpg



先日、シルヴィア・ナカッチのYoga of Voice(ヨガ オブ ボイス)のWSを受けに静岡へ行ってきました。


ヨガ オブ ボイスは、声のバイブレーションが、心理的&身体的に与える影響を研究していく過程の中で生まれたものです。

シルヴィアはアメリカのサンフランシスコにあるCIIS(カリフォルニア総合学研究所)の教師でもあり、精神療法士であり、音楽家・歌手としても活躍しています。

第57回のグラミー賞にもノミネートされ、ヒーリングミュージックの第一人者であるSteven Halpern (スティーブン ハルパーン)や、Jeffrey Thompson (ジェフリートンプソン)とのコラボレーションアルバムもあります。

シルヴィアの音楽はガン治療にも使われており、アメリカのガン治療医ミッチェル・ゲイナー医学博士(2015 没)は彼女のCDを患者さんのために用いていたとのこと。

そのシルヴィアの本を翻訳したのが、ドラマセラピストのサチさん(中野左知子さん!)

サチさんから、時々お話を聞いていたこともあり、いつかWSに参加したいなと思っていたのですが、ようやく実現できました。



d0167002_11514574.jpg


朝から夕方まで声を出し続けた2日間。

シルヴィアの誘導で様々な音を出していくと、時間の感覚が飛んでいきます。

そして、声を出しているうちに独特の感覚に体が包まれていき、、、

自分の声なのか、自分以外の声なのか、、、

すべての音が重なり合う、音の海の中に漂っているような感覚になりました。

私は滅多に咳き込んだりしないのですが、このWS中は何回か咳が出ました。

「!!!!」

あれ?いま自分の喉のからコロっと出たのは!?

チャクラのつまり!!!

そして、そのあと、、、

自分の声が変わったことに気がつきました。



d0167002_12083309.jpg


つまり、、、

声を出していく中で、感情や思考の浄化&クリアリングが起こっていたんです。

「これって、ドラマセラピーと一緒だ!」

そう思いました。

ドラマセラピーでは、自分以外の人を演じていく中で、その人の中にある深い感情が開き、放出され、カタルシスが起きることがよくあります。

それと全く同じ感じを、声という媒体で体験した2日間でした。



d0167002_12144540.jpg

「音を感じた時、動くことが人には最も自然なのです。」

シルヴィアはそうも言っています。

音によって感情が呼び起こされ、、、

その感情が人を動かしていき、、、

また

感情が揺さぶられた時、人は音を自分の中に発していて、、、

その音が人を動かしていき、、、

その循環する内的な動きが、癒しのプロセスに深く関わっているのだろうな。

そして、この要素を上手くドラマセラピーの中に取り入れたら、一体何が起こるだろう?

WS終了後、そんなことを考えながら東京へ帰ってきました。



d0167002_12092818.jpg


Thank you, Silvia!

私の夢に向けて、とても大きなヒントをもらった気がしています。



d0167002_12503713.jpg


毎日いいことばかり起こるわけではなく、気持ちが凹むことも一杯あるけれど、、、

上手くいかないことだって、きっと今後の栄養になるはず。

6月の風の中で美しく揺れている草花に励まされながら、今月は進行中です。















by Dorothy-Naomi | 2019-06-14 12:53 | *Daily Notebook | Comments(0)
<< カゾクノカタチ 新緑と子どもたちと >>