人気ブログランキング |

<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

25周年記念オペラ座の怪人@ロイヤル・アルバートホール


d0167002_22515644.jpg
Phantomという単語を覚えたのは、
このミュージカルがきっかけでした。

「Tha Phantom of the Opera 」

そうです、オペラ座の怪人★

アンドリュー・ロイドウェーバーの名曲でも広く
知られるこの作品は、なんと生誕25周年です。
その25周年を記念して、ロンドンのロイヤル
アルバートホールで行われた一大コンサート♪



その様子が期間限定で映画館で公開されていると聞き、
partner氏と二人で六本木ヒルズに出向きました。

この日はクリスマス・マーケットの開催初日★

d0167002_22525425.jpg


ホットワインとソーセージやスープで寒い身体を温めながら
映画の時間まで少し早いクリスマス気分を楽しみました。

d0167002_2253369.jpg


d0167002_2254863.jpg


d0167002_22543218.jpg


当時大学生だった私は、TVで観たミュージカルの映像と
音楽が忘れられず、彼の前で鼻歌で繰り返し歌いながら
「いつか本場で、これを観る!」と夢見ていたものです。

その夢が叶ったのは、結婚後のこと。
当時、彼だった人物は夫となっていました。

二人でフランス、イギリス、アメリカを回った際、
ウェストエンド&ブロードウェイの劇場で、念願だった
数々のミュージカルを観て回りました。

あの時の自分の興奮を思い出しながら
スクリーンに見入っていました。

まるで劇場に自分がいるかのような臨場感そのままに
目の前で繰り広げられるショウ。
三時間が、あっと言う間の時間でした。

コンサートの最後に登場したのはアンドリュー・ロイドウェーバー!
そして、サラ・ブライトマン、歴代のファントムたち★

「オペラ座の怪人」を支えてきたスタッフやキャストたちが
勢ぞろいして舞台に並んだ姿は、まさに圧巻!

サラ・ブライトマンと歴代のファントムたちの歌声。
それがホールに響き渡るあの魔法のような時間は
まさにMusic of Angelのマジックでしょう。

熱い感動がこみあがってきて、映画だということも忘れ
スクリーンに向かって拍手を送らずにはいられませんでした。

......愛のカタチ。

それぞれの愛の姿を、この作品では
伝えているのだと思います。

そして、この作品に魅かれる理由は、
私たちも愛を表現する手段を模索しながら
日々精一杯生きているからなのだろうな。

そう感じています。

夕暮れの六本木の空気の冷たさは、胸に湧き上がってくる
感動の熱い余韻をちょうどいい温度にしてくれました。

d0167002_2255647.jpg


実は、今年の大晦日にチョットお楽しみを用意しました。
この日は少年Nも一緒に家族で楽しむ予定です。

それは....このミュージカルの生の舞台♪
久しぶりに劇団四季のオペラ座を見に行きます。


d0167002_22564439.jpg
大晦日の舞台は、どんな思いで見るのかな★

今年もいよいよ、あと一か月。

いろいろなことがあった今年。
最後まで、私らしく精一杯生きましょうゾ!!!

自分で自分にエールを送りながら、
大晦日のお楽しみまで
もうひと頑張りするとしますか。




d0167002_13542143.jpgHPはこちらです→【Felicia Spiritual Salon

スピリチュアル・ブログ⇒【Felicia Spiritual Salon

Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444050.gif


Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村


★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ 集まれ映画&音楽好き☆へ集まれ映画&音楽好き☆
にほんブログ村 トラコミュ おすすめの映画へおすすめの映画
にほんブログ村 トラコミュ 日常の小さなできごとを愛する生活へ日常の小さなできごとを愛する生活
by Dorothy-Naomi | 2011-11-29 23:11 | *Art & Theater | Comments(0)

ていねいな暮らし*「武相荘」旧白洲邸



一度ぜひとも訪ねてみたいと思っていた「武相荘」に
先日ようやく夫婦で行くことができました。

d0167002_14574661.jpg



「武相荘」とは東京の町田市鶴川にある旧白洲邸、
白洲次郎・正子夫妻の住居の愛称です。

d0167002_20291068.jpg


我が家からは小田急線各駅停車で25分ほどのところ。
こんなに近いのに...
行く場所とタイミングってあるんですね。

武蔵と相模の境にあることと、無愛想をかけて
ネーミングしたのは白洲次郎氏だったとか。


休日の昼下がり、山を切り拓いたような坂道をのぼっていくと
竹林に囲まれて、趣のある田舎家が見えてきました。

d0167002_1503340.jpg


すぐに目についたのは、手作りの新聞受け。

d0167002_1459462.jpg


そして次郎氏の愛車。

d0167002_151298.jpg


ふふふ...大きな柿の木には、こんな注意書きが...
上を見上げると、つやつやとした柿の実が枝に...

d0167002_1513581.jpg


d0167002_1525286.jpg



廃屋の農家を買い取って、少しずつ手を入れながら増改築したという「武相荘」は
広い敷地の中に、母屋、作業場、工作室など...幾つかに棟が分かれています。

母屋の玄関先で靴を脱いで中に入り、順路にしたがって進んでいくと
行く先々で出迎えてくれるのは、かつての主に愛された至高の品々たち....

d0167002_1585841.jpg


d0167002_15424024.jpg


土間も、囲炉裏のある部屋も、和室も、正子氏の書斎も....
何気なく飾ってある品々の、なんて上品で、それでいて、さりげないこと。

随所に家主の、毎日の暮らしに対する心というものが感じられます。

「ていねいな暮らし」ーそんな言葉が頭に浮かびました。

品物は、使ってこそ価値がでるという正子氏は、魯山人の器であろうが
普段使いにおろし食卓にのせていたというエピソード。

まさに、日々の暮らしを丁寧に生きることを大事に思う
白洲夫妻の生活に対する姿勢を物語っているなと感じました。

そして、同時に精神的な強さがみなぎっている空間でもありました。

イギリスの田舎のマナーハウスの領主のように、少し離れたところで、
中央の政治などに目を光らせながら、自分のスタンスを保つことを
あえて選んでいるという..。

自然に囲まれた自分の屋敷の中で、リラックスして、そして時には熟慮し、
感性を研ぎ澄ませ、頭脳を明晰にし、自分の生き方に従っていく。

そのための大事な「精神的な砦」としても、ここは存在していたのではないか...
そんな風に感じました。

d0167002_15295887.jpg



工作室として使われていたという、梁の高いお茶所で白洲夫妻の大好物
だったというアップルパイとコーヒーをいただきました。

d0167002_15304423.jpg


晩秋の庭から聞こえてくる秋の虫の鳴き声に耳を澄ませながら、
しばし武相荘の懐にいだかれていると、ああ、毎日の小さなことなど
本当に些細なことだよね、とつくづく思えてきます。

自分にとって本当に必要なものは、きっとシンプルなものなんだろうな。
そのシンプルなことを、思い出させてくれてありがとう。

めぐる季節ごとに、訪れてみたい場所です。



d0167002_13542143.jpgHPはこちらです→【Felicia Spiritual Salon

スピリチュアル・ブログ⇒【Felicia Spiritual Salon

Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444050.gif


★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ 日常の小さなできごとを愛する生活へ日常の小さなできごとを愛する生活
にほんブログ村 トラコミュ 旅行情報局へ旅行情報局
にほんブログ村 トラコミュ 暮らしを楽しむへ暮らしを楽しむ

Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村
by Dorothy-Naomi | 2011-11-22 15:41 | Comments(2)

「よく、デ、キ、タ!」安藤みどり展



アンスリウムの花言葉は、「情熱」そして「炎のような輝き」....

目の前の絵は、まさに命の炎の光で輝きに満ちていました。

d0167002_20361216.jpg



先日、安藤みどりさんの個展が、代官山であることを知りました。
会場はジ・オブセッション・ギャラリー

d0167002_20524657.jpg
ヒルサイドテラスの一角です。

Partner氏が仕事を通じて、みどりさんの個展の
お知らせをいただき、私もこうして一緒に連れて
きていただきました。

小春日和の休日の代官山。
思い思いの休日を過ごす人でいっぱい。

代官山のメインストリートに面して、その
気持ちのいい素敵な空間はありました。



安藤みどりさんをご存知でしょうか?

安藤みどりさんは、安藤優子さんのお母様で現在86歳。
認知症の症状がすすみ、現在は高齢者の介護ホームで
暮らしていらっしゃるとのこと。

偶然何かの雑誌で、優子さんがお母様のことを書かれている文章を読んで
私はみどりさんのことを知ったのでした。

認知症については、私も一緒に暮らしていた父方の祖母が同じ
症状だったため、普通の人よりは知識があるつもりです。

みどりさんは、アートセラピーの一環として絵を描くことを始められたのだということ。

ご挨拶してくださった安藤優子さんは、とても明るい笑顔でお母様の創作の様子
などを説明してくださいました。

パンフレットに優子さんが書かれた文章には、こうありました。

d0167002_20484849.jpg

『今日が何月何日などという、
ややこしいことは今やどうでもいい母は
その分どっこい体じゅうで感じたままを
アートにぶつけ、たくしています。
どれも、生きる力にあふれている作品です。
(中略)
個展のタイトルになっている「よく、デ、キ、タ!」は、母が作品を描き終えて、必ず口にする言葉です。』




86歳のお誕生日に、画家デビューをしたみどりさんの作品は、
ダイナミックで、自由奔放で、それでいて繊細で....

伝わってくるこのエネルギーを、いったいどう表現したらいいのでしょう?

肉体的な事情や、年齢や、そんなことなど些細なことだと思い知るような
ドーンと大きな大きなピュアなパワーが直球で伝わってくるのです。

満開の桜、元気とうもろこし、ほうぼう、芽出たい etc......

余計なものを一切はぎ取って、何かに向かい合ったときに出てくる表現は
100%混じりけのない自分自身そのものなのだろうと感じました。

この瑞々しい表現は、そのまま彼女自身なのでしょう。

私も、この年齢になったとき、こんな風に潔く100%の自分で
私という人間を表現できているだろうか?

そんな風にも思いました。


代官山を後にして、銀座で二つ三つ用事を済ませると夕暮れ時。

来年の手帳を購入して、外に出るとクリスマスツリーが輝いています。

裏道にあるスペイン・バールに入って、休日の黄昏時に乾杯!
11月にしては温かい東京の夕暮れ時、サングリアが美味でした。

d0167002_20544425.jpg


d0167002_2040481.jpg


いろいろな出来事が起こった2011年も、あとひと月★

私らしい生き方で、最後のひと月も過ごしたいな。

アンスリウムの花のような、赤い命の炎を心に....

そう思っています。


d0167002_13542143.jpgHPはこちらです→【Felicia Spiritual Salon

スピリチュアル・ブログ⇒【Felicia Spiritual Salon

Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444050.gif

★関連サイトはこちらです↓

にほんブログ村 トラコミュ 「アート」が好きへ「アート」が好き
にほんブログ村 トラコミュ 東京とアートへ東京とアート
にほんブログ村 トラコミュ 日常の小さなできごとを愛する生活へ日常の小さなできごとを愛する生活

Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村
by Dorothy-Naomi | 2011-11-14 20:42 | *Art & Theater | Comments(0)

空の向こうに届けたい思いは...



先日、郵便局へと自転車で急いでいる途中...ん?
目に飛び込んできたのは、たくさんの黄色いハートたち★


d0167002_12331261.jpg
思わず自転車をとめて、まじまじと見つめると
.....黄色く紅葉した葉っぱでした。

昼下がりの日差しの中で
ピカピカひかるハートたち。

季節の魔法にペイントされた
秋色ハートの葉っぱたちです。

「ちょっと幸せな気持ちになったよ、
ありがとう!」

そう心の中で声をかけて走りすぎました。




秋に入ってから、「家族」という言葉を意識する
出来事が多くありました。

両親が、それぞれ別の病気で入院&手術。
父も母も幸い経過は順調で、無事に退院できて
ホッとしました。

母のお見舞い時のことです。
スーツ姿で仕事先から駆け付けた弟と運よくバッタリ。

「久しぶりね!元気なの?」
「うん、まあ...忙しいよ。
そうだ、お菓子買ってきたんだ。みんなで食べようよ。」

駅前で買ってきたというパック入りの和菓子。
病室で、みんなで一緒に食べながら互いの近況報告。

今では互いに、それぞれの毎日の中で生きているからこそ
家族で顔を合わせる時間、
こんな風に話ができる時間
本当にかけがえのない大事な時間だなと感じました。

病院という生と死が瞬間に交差する場所だからこそ
今のこのとき「家族」でいることの意味の大きさが
心の中に響いてきたのだと思います。

命という言葉の意味の深さ、当たり前の生活の大事さを
つくづくと感じました。



......先日の11月の祝日をはさんだ数日間は、少年Nの学園祭。
若さと希望に満ちたフラッグが、秋空に翻って眩しいこと★

d0167002_12363946.jpg


思春期真っ只中の彼は、最近は学校や部活動についての
話をあまりしなくなり、学校での様子も???という感じです。

時折、中1フルートの後輩君のお母様や吹奏楽部のママ仲間から
「よく頑張っているって、うちのが言ってるわよ。」
「先日は、大変お世話になりました。」などと聞かされて、びっくり!

本人に伝えても「うん。へへへ。まあね」★

まぁ、言葉にしなくても演奏を聴けばわかるでしょう。
そんな風に思って、この日を楽しみにしていました。


d0167002_12373967.jpg
お!きました!きました!
フルートとピッコロをもって登場した少年N。

高校生の先輩二人と中1くん、そして中3のNの
4人が今年のフルートのパートメンバーです。

ギッシリ満員のホールの後部座席には大学生の
先輩たちがずらっと並んで見守っています。

さぁ、指揮者の先生の合図によって吹奏楽部の
演奏がいよいよスタート!

中高の全員が心をあわせて作りだすメロディー。
それは、まっすぐにまっすぐに心に響いてきました。

三曲目の♪カウント・ベイシー・メドレーを
彼らが演奏していたときのこと。

このメロディーは?
....思わず心臓がドッキン!


その曲は、私と妹のユニット活動「月あかりの森」で
使ったことのある曲だったのです。

印刷工場で働くラリーという青年が、クラリネットに夢をたくし
夜の森で必死に練習するシーンの曲。

頭の中がいっぺんに「月あかりの森」になりました。
そして、それと同時に今この日本のどこかで、一人で
道を拓くことを決意して頑張っている妹に思いが飛びました。

次の曲は....Over the Rainbow?

え?
もしかして?

なんと、ソロを吹いているのは少年Nです。

この曲はミュージカル「Wizard of OZ」の曲。
私にとっては、忘れられない大事な作品の一つです。

演奏している少年N、いい音を出していました。
そして、いい顔をしていました。

先ほどの曲といい、なんだか胸がいっぱになってしまい...
鼻の奥がツーンと痛くなって困りました。

演奏後、コンサートに足を運んでくれた女の子友達二人に、
照れながら、でも晴れ晴れとした顔で挨拶をしているN。

私たちには手をあげてサインを送ると、さっさと
後片付けに走り去っていきました。

「うん、わかったよ。
OK!君の本気は感じたよ。
信じてるよ。そして、いつも応援しているよ!」
Nの後姿に、そう心の中で声をかけてホールを後にしました。

d0167002_1324340.jpg



夕方、道をはさんだ向かい側の大学に立ち寄りました。
Partner氏と、去年も入ったクリスチャンサークルの喫茶店を探し
コーヒーを飲もうとチケットを買っていると

「なおみさん!」の声。
「?.......!!!!!」

なんと!久しく会えなかった大好きなM先生にバッタリ★
あまりに嬉しくって、抱きついてしまいました。
何年ぶりになるでしょう?

英語のワークショップで親しくなったM先生は
今は私立の女子中・高で英語を教えています。

聞くと、なんとこのクリスチャン・サークルに先生の
御嬢さんが所属されているとのこと。

あまりの偶然に、もしかして.....
そう思って時計を見ると...午後4時44分★

...やっぱり!!!
ありがとう!!!!

4は天使のナンバーです。
きっと、この日の様々な出来事は守護天使が
めぐり合わせてくれた事に違いありません。

感激でいっぱいの一日になりました。


d0167002_12391812.jpg



父の手術が成功したあと、病院から帰る途中、顔をあげると
目の前に見えたのは東京タワー。

夕暮れの空の下、凛として立つ東京タワーは
堂々として、凛として、格好良くって...
言葉にならない思いがこみあがってきました。

時を経るにしたがって、大事だと思っている人との関係性も
カタチを変えていくのだろうと思います。

でも、大事に思い続けている気持ちがあれば
どこにいても、何をしていても、
必ず繋がっていける。

そう信じています。

私の大事な人たち。。。とりわけ妹にも、
今の私のこの気持ちが届きますように。

そして、いつかくる再会の時まで、繋がりが守られていきますように★
つながっている空の向こう側へ、届けたい思いを送っています。

d0167002_225938100.jpg




Love Yourself & Your Life⇒【Felicia Spiritual Salon
Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444050.gif

★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ 心の旅人へ心の旅人
にほんブログ村 トラコミュ 自分らしく・・ナチュラルがある暮らしへ自分らしく・・ナチュラルがある暮らし
にほんブログ村 トラコミュ 日常の小さなできごとを愛する生活へ日常の小さなできごとを愛する生活

Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村
by Dorothy-Naomi | 2011-11-05 12:57 | *My Family | Comments(2)