人気ブログランキング |

<   2019年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

カゾクノカタチ



少し前のこと。

休日の食卓に、突然にボンっと置かれたプレゼントの包み。

「はいっ。これ。」と、我が家のN。

夫が開けてみると、中から出てきたのは、、、

獺祭スパークリングと、イタリアの生ハム、フランスのチーズ!!!

「初めてお給料をもらったからね。」

そうかー!

今日が初給料だったんだー!!

横を見ると、、、

感激のあまり言葉を失っている夫。

「....そうか。ありがとう。」

そう言うのが、もうやっと!という感じ。

いつもは肉をあまり口にしない私ですが、この日はNが用意してくれた生ハムも美味しくいただきました。

「これは、少し大事にしておこう」

そう言って獺祭スパークリングは冷蔵庫へ。。。

ふふふ、、、

よっぽど嬉しかったんだなぁ。

「ほんと、びっくりした。まさか、あんなことを考えていたなんて。」

夫は夜、そうポツンとつぶやいていました。


d0167002_18551848.jpg


我が家のNは、ただいまアメリカの大学院の受験準備の真っ最中。

奨学金の確保も目指しているため、最短でも行くのは2年後になるかな。

私と同じく芸術療法の分野を深めたい彼は、この春から都内の幼稚園で保育アシスタントをしながら、芸術が与える児童への影響を学んでいるところです。

「俺、就職しない。留学する」

そう言いだしたのは、今から1年半ほど前のこと。

ネクタイやリクルートスーツを脱ぎ捨てて、それから猛然と芸術療法を学び始め、、、

今や、園児たちと日々、汗だくで園庭を走り回っている「N先生」をやってるとはね。。。

私の最近の一番のお楽しみは、、、

彼から毎日聞く「今日のひつじ組」の話。

彼の担当する「ひつじ組」は、一番小さな子供たちのクラスです。

日々ものすごーく大きな大きな発見をしながら生きている小さな人々と接しているということは、Nにとっても、ものすごーく大きな大きな感動と気づきの連続とのこと。

話を聞いていると、何だか私も一緒にジーンとしたり、おっかしくって大笑いしちゃったり、、、

子供達って本当に正直に、そして一生懸命だなぁって思います。

大人が子供たちに教えられることって、本当に山のようにあるんだよね。

そうしたNの日々の気づきを聞くのも、私にとっては学び。



d0167002_18583772.jpg


家族3人でギュッと密な関係をもちながらの暮らし、、、

私がポンっとアメリカに留学して、家族が二つに分かれてからの暮らし、、、

私が帰国してからの、再び始まった3人での暮らし、、、

3つカタチを変えてきた私たち家族。

でも、このそれぞれのカタチを体験したからこそ、得られた大事なものってあるなぁと感じています。

数年後、4つ目のカタチに変わったとき、、、

どんな私たちでいるかな?

楽しみにしていようね。




d0167002_18585571.jpg


母が都内の特養に入居したのは、夏のような青空が広がった日でした。

出来立ての施設は、どこもかしこもピカピカで最新設備が整っており、

「スタッフの方々も本当に知識も経験も豊富で、濃やかな気配りで安心した」と妹。

文字通り全身で母を支えてきた彼女。

いろんな思いが込みあがってくるのを抑えつつ、テキパキと家具や荷物を整理している彼女の姿はみていてグッとくるものがありました。

この日はアメリカから帰国した弟も手伝いに入り、家具の組み立てなどに走り回ってくれました。

父は気丈にふるまっていたけれど、内心は相当に寂しいはず。

長年ずっと一緒にいたパートナーだものね。

当然だよね。

私は仕事があり、先に施設を去りましたが、、、

父は夜になるまでいて、母の手を握り、また来るからねと肩を抱いて別れたそうです。



d0167002_18590352.jpg


年とともに変化していく暮らし方。

変わっていくように見えて、実は変わらないものもあって、、、

何がいいとか、悪いとかそういう話ではなくて、、、

アングルが変わることで何が見えてきたんだろう?

今月は、それを考えさせる体験がたくさんあった一ヶ月でした。



さあ、私はこれから空港に向かい、海の向こうからやってくる友を出迎えに行ってきます。

この友も、いろんな「カタチ」を人生の中で体験している人。。。

しばらく会っていない間に、お互いに話したいことがてんこ盛りになっているなー

久しぶりに会う友と、思う存分いろんな話をしようと思います。
























by Dorothy-Naomi | 2019-06-20 19:21 | *Daily Notebook | Comments(0)

6月*Silviaとの出会いYoga of Voice



梅雨のシーズン到来ですね。

確かに雨降りの天気は面倒な部分もありますが、3年ぶりに日本で味わう梅雨は本当に綺麗で繊細で、、、

なんだか気持ちが慰められています。



d0167002_11384039.jpg



先日、シルヴィア・ナカッチのYoga of Voice(ヨガ オブ ボイス)のWSを受けに静岡へ行ってきました。


ヨガ オブ ボイスは、声のバイブレーションが、心理的&身体的に与える影響を研究していく過程の中で生まれたものです。

シルヴィアはアメリカのサンフランシスコにあるCIIS(カリフォルニア総合学研究所)の教師でもあり、精神療法士であり、音楽家・歌手としても活躍しています。

第57回のグラミー賞にもノミネートされ、ヒーリングミュージックの第一人者であるSteven Halpern (スティーブン ハルパーン)や、Jeffrey Thompson (ジェフリートンプソン)とのコラボレーションアルバムもあります。

シルヴィアの音楽はガン治療にも使われており、アメリカのガン治療医ミッチェル・ゲイナー医学博士(2015 没)は彼女のCDを患者さんのために用いていたとのこと。

そのシルヴィアの本を翻訳したのが、ドラマセラピストのサチさん(中野左知子さん!)

サチさんから、時々お話を聞いていたこともあり、いつかWSに参加したいなと思っていたのですが、ようやく実現できました。



d0167002_11514574.jpg


朝から夕方まで声を出し続けた2日間。

シルヴィアの誘導で様々な音を出していくと、時間の感覚が飛んでいきます。

そして、声を出しているうちに独特の感覚に体が包まれていき、、、

自分の声なのか、自分以外の声なのか、、、

すべての音が重なり合う、音の海の中に漂っているような感覚になりました。

私は滅多に咳き込んだりしないのですが、このWS中は何回か咳が出ました。

「!!!!」

あれ?いま自分の喉のからコロっと出たのは!?

チャクラのつまり!!!

そして、そのあと、、、

自分の声が変わったことに気がつきました。



d0167002_12083309.jpg


つまり、、、

声を出していく中で、感情や思考の浄化&クリアリングが起こっていたんです。

「これって、ドラマセラピーと一緒だ!」

そう思いました。

ドラマセラピーでは、自分以外の人を演じていく中で、その人の中にある深い感情が開き、放出され、カタルシスが起きることがよくあります。

それと全く同じ感じを、声という媒体で体験した2日間でした。



d0167002_12144540.jpg

「音を感じた時、動くことが人には最も自然なのです。」

シルヴィアはそうも言っています。

音によって感情が呼び起こされ、、、

その感情が人を動かしていき、、、

また

感情が揺さぶられた時、人は音を自分の中に発していて、、、

その音が人を動かしていき、、、

その循環する内的な動きが、癒しのプロセスに深く関わっているのだろうな。

そして、この要素を上手くドラマセラピーの中に取り入れたら、一体何が起こるだろう?

WS終了後、そんなことを考えながら東京へ帰ってきました。



d0167002_12092818.jpg


Thank you, Silvia!

私の夢に向けて、とても大きなヒントをもらった気がしています。



d0167002_12503713.jpg


毎日いいことばかり起こるわけではなく、気持ちが凹むことも一杯あるけれど、、、

上手くいかないことだって、きっと今後の栄養になるはず。

6月の風の中で美しく揺れている草花に励まされながら、今月は進行中です。















by Dorothy-Naomi | 2019-06-14 12:53 | *Daily Notebook | Comments(0)