人気ブログランキング |

タグ:ゲリーボーネル ( 4 ) タグの人気記事

クリスマスツリーの光にのせて



11月の終わり、1週間ほどバリへ姉妹で行ってきました。

バリで感じたことは、またゆっくりと書きたいなと思います。


d0167002_19005904.jpg

この11月~12月は大きな転換地点でした。

回転扉がグルリと回り、身体ごと気が付いたら扉の向こう側へシフト。
そんな感じです。

大きなピリオドの一つは、長年ずっと関わり続けてきた英語講師としての仕事を終わらせたこと。

去年から段階的に縮小してきましたが、正式な区切りをつけました。

この先やっていきたいことへのコミットメントを、自分の中でハッキリしたいと思ったからです。

自宅で、小学校で、区民ホールで、個人レッスンで......
英語を通じて出会うがことが出来た沢山の人々。

心からありがとうの思いでいっぱいです。

大事に使い続けてきた大量の英語教材は、心から信頼する講師友達のもとへと無事にお嫁入りしていきました。

ガラーンとあいたスペース。

そこに今ニコニコおさまっているのは、紛れもなく「今の私にとって大事なモノ」ばかり。

決めたらズバッと迷いなく!なんだね~。
悔いなし!
いいじゃん!!

けっこうアニキな自分が好きです。


d0167002_09161229.jpg


それと前後して届いたのは、ゲリーボーネル・ジャパンからきたプロフェッショナルアカシックリーダーの認定合格の知らせでした★

メールを見た瞬間、心臓がバクバク!
口から飛び出ちゃうくらい、ドキドキしました。

顔と言葉が3Dみたいに飛び出てきた審査員の方々のコメント。
とても真摯で誠実で、かつ温かなメッセージ、心にストレートに響きました。

言葉になりません~~~
感謝!の一言★

この日に偶然セッションにいらした方からプレゼントされたのは、この美しい手作りの折り紙作品。

合格通知が届いた日に、こんな素敵なプレゼントをいただくなんて★

感激のあまり、思わず声がつまってしまいました。

一人一人の出会いが、かけがえのない宝物!

こちらこそ、ありがとうの気持ちでいっぱいです。


d0167002_09221735.jpg

先日、我が家の高3Boyの吹奏楽部の有志によるクリスマス ジャズライブコンサートを聴きにいきました。

なんと彼は高3ラストにして初参加です。

5年間フルート以外の楽器を吹くことに興味を示さず、ずっとジャズライブでは裏方のヘルパーをやっていた彼。

そのフルート吹きが、「俺、出るから。サックス吹く。」と、宣言したのは10月の末。

ひゃ~!!!
ホント???

それから連日のように勉強の合間にサックスを猛練習。
もともとサックスを吹いている仲間たちにご指南をあおぎつつ、悪戦苦闘。

傍目で見ていても、かなり時間のやりくりがキツかったはず、、、

コンサートの二日前、何やらいわくありげに言われたのは次の一言です。

「コンサートで途中いなくなるけど、心配しないで。
ま、ちょっとやることあるからさ。楽しみにしてていいよ。」

???ナニナニ?どういうこと???


d0167002_09052346.jpg


コンサートの本番当日。

第一ステージの中学生たちの演奏が終わり、いよいよ第二ステージ。
思い思いの「オサレな私服」に身を包んだNたち高校生たちが登場しました。

出てくるや否や始まったのは♪Jazz Police

Nは何と最前列です。

そして、おお!
サックスをバッチリ吹いていました!!!

わ~お★★★
思わず目をパチクリ。

ふと、父の顔に目をやると、ジャズをこよなく愛する父も、孫のサックス演奏に満面の笑顔。

「いつかジャズ吹いてごらん。なかなか面白いと思うよ。」
彼はそう長年ずっとNを口説き続けていたのです。

先日、母が通院途中に倒れ、救急車で病院に運ばれました。
そのまま入院することになり、ずっと元気をなくしていた父の久しぶりの笑顔。

心から楽しそうに、満足げにうなづきながら聞き入る父の顔からは、どれだけ彼が今嬉しく思っているかが伝わってきます。

体調を崩していた妹も、なんとかと復活しこの日のコンサートに来ることができました。

彼女も「うわ~♪来た甲斐があったよ~」と言いながら満面の笑顔。


d0167002_21003472.jpg

コンサートの終盤近くのことです。

突然Nが席を立ちあがり舞台から退場しました。

ーむむむ、これはもしや???

MCトークがしばらく続いたあと、再び入場してきた人物は。。。

やっぱり!案の定Nです★

そして、その風貌は。。。。。。。

!!!!!!!!!!!!!

頭にバンダナ、Tシャツはジーンズに「イン」スタイル、大きなメガネまでつけて「コミケのアニヲタ・正装コスチューム」!!!

背中に背負ったリュックには「アニヲタ必須アイテム」だという缶バッジを山のようにつけ、丸めたポスターを二本さして登場。

「お待たせっ!」

そう両手を広げて会場に登場。
指揮者をいじくり、仲間たちをいじくり、我が家のVIDEOにドアップでポーズ、会場の観客に向かっても大アピール!

ーこれのことだったのね~

Nのナゾの発言の意味がようやく解りました。

「今朝、うちのHがNのために缶バッジとポスターを持っていくって言ってたの。
このためだったのね~」

横に座っていたNと同期のママが、大笑いしながら教えてくれました。

会場中が大爆笑の渦の中、席に着いたN。

その瞬間スタートしたのはラストナンバーの♪Birdland。

すると....

おもむろに後ろからNが取り出したのは、なあんとフルート!!!!!

サッと立ち上がると、Nはフルートでソロを吹き始めました。

アニヲタのコスチュームのまま、自分の気持ちのままに奏でるアドリブプレイ。

そこに加わったのは、大親友のサックスのYくん。
YくんのサックスとNのフルートの掛け合いに、後ろから仲間たちがリズムを刻んでいきます。

You are so COOOOOOOOOOOOOOOL!!!

ところどころ華やかな色を添えてくれたのは、顧問のN先生のトランペット!

めちゃくちゃ彼らが楽しみながら吹いていることが伝わってきて、こっちまでうれしくなっちゃう♪

もう会場の全員が大歓声、大拍手、口笛の嵐です。

高3初参加のN、最後は彼の真骨頂のフルートでジャズコンサートデビューを飾りました。

曲が終わった瞬間、両手をあげてガッツポーズのN!

You did it★★★
オヌシ、やるね!
最高だったよ、ブラボー♪♪♪♪

そうそう、新たなチャレンジは楽しみながら!だよね。

このラストナンバーは、一生忘れられない一曲になりました。


d0167002_09081723.jpg

コンサートのあと、夫婦で高校の向かい側の大学へ向かいました。

私が世界で一番好きなクリスマスツリー。

おじいさんヒマラヤ杉は、今年も美しく夜空の下で輝いていました。

心に広がる静かな喜び。

感謝と祈りと。。。いろんなものが胸に溢れてきました。

ありがとうの思いをクリスマスツリーにのせて、贈ります。



Wishing You a Joyful Time ★

Merry Christmas!



d0167002_09091055.jpg


HPはこちらです。
アカシックリーディング60分セッション、90分セッション、スカイプセッション
→【フェリシア*SALON DE FELICIA

あなたが生まれてきた喜びを感じて生きていくために



Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444



Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
































by Dorothy-Naomi | 2014-12-25 09:10 | *My Special Time | Comments(0)

Happy Harvest&Precious time!



気が付けば10月も最終週!

店先に並ぶ美味そうな野菜や果物たちが、秋の豊かな実りを伝えてくれていますね。

そして、今月は私にとっても、沢山の豊かなものを頂いた素敵な一か月になりました。


d0167002_19183892.jpg


10月の初め、ゲリーボーネル・ジャパンから届いた合格の通知!

ノウイングスクール認定のアカシックリーディング・プラクティショナーになりました★

嬉しくって嬉しくって、思わず声をあげて叫んでしまいました(>▽<)b☆☆☆

そして、インストラクターの方々のコメントの温かさ&ありがたさに、思わず涙(T0T)☆

私をずっと励まし続けながら愛と信頼という力を与え続けてくれた、我が妹ぽんちゃん。

ノウイングスクールで、私は5期、彼女は6期生のメンバーでした。
この場所は自分自身というものに至る第二の子宮のような場です。

自分の奥深くに潜んでいるものと精一杯向き合いながら、
ずっと頑張り続けてきた彼女からの心づくしお祝いは、
とりわけ嬉しくって胸がいっぱいになりました。


d0167002_22575231.jpg

たくさんの方々からの見守り、
そして、いつもピタッと張り付いてくれている守護天使、
亡くなったトシオおじいちゃん、
セントジャーメイン......

アバターの方々の応援団にも心から感謝★★★

翌日、ふとベランダに出てごらん!とささやくような声が聞こえて、
ベランダで空を見上げると、目に飛び込んできたのは。。。

彩雲!!!
WAAAAO!!!!!

私にとって最高の合格祝いのプレゼントになりました。

d0167002_19241702.jpg

今月はまた、父の80歳の誕生日、我がパートナー氏の50歳の誕生日と
大事な家族のために♪HAPPY BIRTHDAYを二回も歌える嬉しい時間もありました。

今年、突然の体調不調のために入院し、一時は酸素吸入のマスクをつけていた父。
その父が元気な笑顔でこうして目の前にいる喜び。

慶応BOYのオシャレな父好みの素敵なレストランを予約して、
みんなで一緒にお祝いのテーブルを囲みました。

そして、我が家のKenさんの生誕50歳の当日は、
家族3人でとっておきレストランでお祝い♪♪♪

高3BoyのNも、彼らし~いプレゼントを用意しており。。。ぷぷぷっ!

プレゼントの袋をあけた途端、家族で大爆笑~~~!!!

中身は?。。。。ヒミツです!

まぁ、ほんと~に、たくさん食べて、たくさん飲んで、たくさ~ん笑った夜でした。

お祝いの言葉を言える人がいること、こうした時間が過ごせること。

こうして与えられた時間、その全てに感謝★★★


d0167002_19425689.jpg

そして、10月と言えばこれ!

ハロウィン2014★

英語を教えてきたこともあり、8年間ずっと生徒さんやマンションの住人の方々に対して
続けてきたハロウィンですが、今年がラスト!と決めたのは秋の初めのこと。

はじめて参加したとき10歳だった子供たちが何と次の春で大学生とは!

毎年必ずヘルプにきてくれるRちゃんと我が家のN、今年も助っ人として手伝ってくれました。

今年はマンションの管理人さんも参加してくれ、
館内を練り歩く子供たちのために照明などに気を使っていただき、
本当に本当に大感激でした。

いろ~んな大事な思い出が詰まったイベント。

その最後を沢山のやさしいハートたちにサポートしてもらえたことに感謝★★★


d0167002_21075346.jpg


Happy Ending & New Beginning★

10月はそんなタイミングでもありました。

いくつかの事が区切りを迎え、
幾つかの事が終結し、

今私のビジョンに映しだされる私の今後の道程は、
かなり破天荒でダイナミックなものだけれど...
そしてそこへ踏み出していくことは、かなり冒険的なことだけれど...

でも、もうどうしようもなく行きたくて、行きたくて、
絶対にそこに行くであろう自分を知っています。

決めたら、あとはシンプル。
そこに行くための事を一つ一つ丁寧に積み重ねていくだけ★

ソコマデキメタナラ、キット、ダイジョウーブ!

来月も外的には静かに、でも、熱く、楽しく、忙しい一か月になりそうです。



d0167002_20513952.jpg




HPはこちらです。
アカシックリーディング60分セッション、90分セッション、スカイプセッション
→【フェリシア*SALON DE FELICIA

あなたが生まれてきた喜びを感じて生きていくために

ただ今、3周年記念キャンペーンを実施中!詳細は上記のHPから。

Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444


オラクルカード&チャネリング講座はこちらです→ 自分へのメッセージを自分で読み解きたいあなたへ。個人受講&出張講座も承ります。


Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)



















by Dorothy-Naomi | 2014-10-28 21:02 | *Daily Notebook | Comments(0)

GBJアカシック専科卒業★



先日、ゲリーボーネルジャパンのインテンシブ アドバンスト アカシック専科を卒業しました。

d0167002_19072141.jpg

2012年の立春の日にプライマリーコースを受講してから、本科、専科と進んで
足かけ3年。

昨年の夏に本科を卒業したときとは、全く別の思いでいる自分を感じています。

この3年はあまりにも大きくて、言葉にすることなんて一生できないだろうと思います。

ゲリー、支えてくださったインストラクターやサポーターの方々、出会えたみんな

すべてに感謝★

卒業後しばらくしてから、白いバラの花が満開に咲きました。

庭のバラの蕾が膨らみ始めました!と、知人からプレゼントされた一輪の白バラ。

毎日、いつ開くかな?と楽しみにしていたのです。

リビングルームいっぱいに広がったバラの香り。

ちょっとご褒美をもらったみたいで、うれしかったです。

d0167002_20111812.jpg


新緑の神宮の杜。

葉陰からみえる木漏れ日と、ふきぬける風。


d0167002_19571970.jpg

d0167002_20010133.jpg

青山でのブランチを楽しんだ休日の昼下がり、久しぶりに明治神宮へ。

新芽を茂らせた木々のそばにいくと、呼吸が聞こえてきそうです。

神宮の奥の庭にも足を延ばし、清正の井の湧水へ。

クロスの光は水の精霊たちからのサインかもしれません。


d0167002_20132093.jpg

私が本当にやりたいと思っていること。

それを実現させるためには、まだまだ幾つもの段階があることは分っているけれど…
それは決してラクな道ではないけれど…

その一つ一つのプロセスを、段階を踏んで確実に歩いていきたいな。
そして、それも思い切り楽しんじゃいたいな。

気が遠くなるくらい大変なことでも、気が変になるくらい大好きなことならば、たぶん
絶対に出来るはず。


d0167002_21144775.jpg



心にずっと流れているのはOASYS の「WHATEVER」

Free
I'm free to be whatever I
Whatever I choose
And I'll sing the blues if I want.





HPはこちらです→【Felicia Spiritual Salon


Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444050.gif


Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)






by Dorothy-Naomi | 2014-05-14 20:49 | *Spiritual&ノウイング | Comments(0)

この夏の区切り*卒業~ナグチャンパ売りの少女



先日、ゲリーボーネル・ジャパンのノウイングスクール本科5期を卒業しました。

ここでの時間の中で気づいたこと、体験したこと、出会った仲間たち.......

すべてが私にとっては、かけがえのない宝物です☆

d0167002_1252219.jpg


徹底的に自分の内面に向き合い、何もかも取り払った丸裸の自分になり、そこを
目をそらさず見つめることを続けてきた13か月。

この時間を言葉にすることなんて、とても出来ないけれど.....

一つだけ胸を張って、これだけは確かだと言えることはコレだな。

【今の私は、誰でもなく100%そのまんまの私!】



卒業式あとの卒業パーティは、5期の仲間たちのアイディアと個性が結集した
プログラムが満載!

ふふふ~♪
私も仲間たちと演劇グループを結成し、パーティのプログラムに参加しました。

その名も「五反田ノウイング歌劇団」★
サブネーム「過激な歌劇団」とは我らのコト。

上演作品は、ナオミンデルセン作「ナグチャンパ売りの少女」


ナグチャンパ売りをしている三姉妹が、オカシックレコード(!)に刻まれた自分の転生の記録への旅を経て、本当の自分に気づき、目覚めていく物語です。

脚本を作ろうと思ったキッカケは、スクール後の飲み会で盛り上がった冗談話。

それが、あまりにも可笑しくってドラマティックだったので、みんなでやれたら絶対に
面白い!と思って、それを膨らませてミュージカルの台本に仕上げました。

メンバーをつのると、あっという間に35人以上の仲間が集結!
みんな結構お祭り好きです~(^0^)♪

ナグチャンパ売り養成スクール代表は、ジェリー・ボーネル氏!(ええ、ゲリーじゃなくてジェリーです。そのワケは?→直接、劇団員に聞いてください~)

これは沖縄から来ているAちゃんの描いてくれたプレジデントの似顔絵、すてきでしょ?

d0167002_1261944.jpg


キャスティングは以下の通り。

ーナグチャンパ売り美人三姉妹

ーナグチャンパ売り上げ元締め隊&養成スクールの替え歌シンガーズ

ー個性ゆたかな通行人たち。

ーアカシックならぬオカシックレコード(?)の転生シーンでは、独創的なシャーマンたち、陽気な可愛い魔女たち、個性派&マイペースな忍者たちが登場。

ーパワーアニマルズやギャグ連発のアバター存在たちまで登場です。むふふ♪

ーソロシンガーは、三人登場!
少女の挫折・葛藤シーンはレ・ミゼラブルより「夢破れて」、覚醒シーンは「フラッシュダンス」、再誕生シーンは定番「Happy Birthday Song」

劇の中に7月生まれ&8月生まれの誕生祝いも盛り込み、ゲリーや百合子さん、通訳のともえさんにもステージに上がってもらって全員で大合唱♪

ちょっと詰め込みすぎたかな?と思いつつ、やりたいことは全部入れてしまいました~
へへへ♪

BGMにもこだわって、音響関係に明るいYちゃんと打ち合わせを重ねること数知れず...(感謝☆)

毎回、練習時間はスクールの昼休みの後半45分間のみ。

限られた時間の中で練習の回数を重ねるごとに、最初はすこ~しだけ遠慮気味だった皆の演技も、どんどん大胆な演技に...

その変化していく過程の面白さ!

今まで知らなかった、仲間の隠されたキャラクターを発見したり...
ドラマがきっかけで始まるコミュニケーションがあったり…

そういった過程こそが一番楽しい時間だったかもしれません。

当日、スタート寸前の音響関係のハプニングにはドッキリでしたが、音響監督Yちゃんの機転で無事に切り抜け、本番の舞台をなんとか成功させることができました☆

さぁ、本番のステージ☆

過激な歌劇団、本領発揮!
パワー大爆発なり~~~!!!

私のいるナレーションスタンドから見える、舞台にいる仲間たち。
光り輝いていました!

そのキラッキラッな笑顔と見事なハジケっぷり!

今の自分をありのままに表現していることの喜び!!

会場中に降り注ぐJOYパワーを全身に感じながら、私は最高に幸せな瞬間を味わっていました。

今この瞬間に、自分が自分であることを100%楽しんでいる、最高にすてきな魂の
仲間たち!

みんな、本当にだーいすき!
みんな、本当にすてき!!ブラボー★

たぶん自分が自分であることに100%喜びを感じている姿が、ゲリーや講師やインストラクター、サポーター、クラスメイトみんなへの一番のTHANK YOUになったよね.

Dear Gary, instructors, supporters, staff members and classmates
in the 5th grade 

THANK YOU FOR EVERYTHING !!!

d0167002_1211933.jpg


自分が自分であること。
JOYを感じながら生きていくこと。

―あぁ、この二つは私の中では同じことなんだな。

そう思ったとき、体の中からワクワクした思いがドッとあふれ出してきました。

…この夏の卒業は、同時にスタート!

この先に目指していきたい場所へと、自分の気持ちのままに足を一歩踏み出して
いこうと思います。

ーよっし!DO -BE-DO-BE 生きていくぞ~★

YEAH★★★


d0167002_1291186.jpg

by Dorothy-Naomi | 2013-07-26 12:17 | *Spiritual&ノウイング | Comments(0)