人気ブログランキング |

タグ:ドラマセラピー ( 57 ) タグの人気記事

帰国して一年



Happy Halloween!

去年トランク4つでNYから戻ってきたのは、ハロウィンの前日の真夜中のこと。

家に帰ってきたら10/31になったんだったっけ。

だから、ハロウィンは私にとっては帰国記念日。



d0167002_21471895.jpg


ぼんやりと寝起きの頭で「一年経ったなぁ」と思っていると、、、

携帯電話がブルブルブル!

開けてみるとNYU時代からの親友カーリーンからのメッセージ。

「どうしたの?ナオミ。

いつもすぐに返事をくれるのに、ずっと返信がないから何かあったのかと思って!」

ひゃ〜〜〜!

I am awfully sorry!!

そうだった、そうだった〜〜〜

ごめんね、カーリーン!

ゆっくり時間をとって返事を打とうと思っていたのに、書きかけのまま忘れてしまっていたなんて。

「でも、ナオミ。
忙しくなってきたなんて、本当によかった。
一年前はちょうど帰国したタイミングだったよね。
一年後にこんな風に過ごしているなんて、思わなかったでしょ?」


心やさしき我が友は、そう言って無礼な私を許してくれました(^^;

私がNYUの最初の日に出会ったのも彼女で、街を去る日に最後に会いに来てくれたのも彼女だったっけ。

そして、一年後の今日。

こうして最初に話をしているのもやっぱりカーリーンだなんてね。

HAHAHA

海を挟んで、こっちと向こう側。

互いに住んでいるところは違っても、こうしてゲラゲラ笑いあえる友がいるなんて、本当にうれしいことだよね。




d0167002_22030258.jpg



それにしても、この秋は本当に次から次へといろんな事が起こった秋だった。

気候もめまぐるしくコロコロ変わり、大きな台風が何度も日本を通過していき、、、

心がいたくなるようなニュースが幾つも流れ、、、

でも、こういう時だからこそ、本当に大事なものもハッキリわかるんだよね。

私は幾つかの「大事だと思っていたけれど大事ではなかったもの」を手放した。

手放した後、自分でも驚くくらい気持ちがすっきりした。

少し前だったら、違ったんだろうな。

そういうタイミングだったってことだね。

朝までの台風が嘘のように静かに悠々とながれていく多摩川は、

まるで「そうそう」と言っているみたいだね。





d0167002_00010817.jpg



本物といえば、この人もそうだ。

Mr. Rocket Man, Elton John

言葉も出ないくらい、その正直さに打たれた。

今までも好きだったけれど、、、

もっと好きになった。

みっともなくても、どんな過去があったとしても、自分を偽らずに正直に生きている人はかっこいいよ。

そして、私はそういう人が好きなんだ。



d0167002_22223590.jpg


台風と台風のちょうど間、Yorikoさんとパンさんのコンサートに行けたのはラッキーだった。

静かにハートにスーっと入ってくる音楽というのかな。

聴いているうちに、胸があったかくなってきて、、、

思わずポロリ。

すてきな言葉の数々を、ありがとう。

すてきな音のシャワーを、ありがとう。



d0167002_22381619.jpg


今日は、週に一度の世田谷区のフリースクールでの勤務日。

ハロウィングッズを飾った私の小部屋は、いつでも子供達が入れるように扉を開けている。

すると、ひょっこり顔を出す、あの顔、この顔。

朝のカウンセリングタイムは、次々にいろんな子供がやってくる。

英語のゲームをしたり、工作をしたり、真っ暗闇でダンスをしたり、ハリーポッターのドラマをして遊んだり、、、

そんな時間の中で、子供達がもらす言葉や思いの欠片たち。

それを、私はしっかりと受け止めている人でいたいんだよね。




d0167002_23042252.jpg


ジョイラボでの仕事、フリースクールでの仕事、心療内科での仕事、各地から呼ばれての仕事、、、

一年前の自分が今の自分を見たら、びっくりするだろうなぁ。

ドラマセラピストとして、カウンセラーとして進んで行くことに迷いはなかったけれど、どういう展開でどう進んで行くのかは天に任せていたから、、、

Yes, I am on the right way!

そう思えるのは幸せなことだね。

そして、一年後の自分もそうでありたいよね。




d0167002_00072884.jpg




明日からいよいよ11月。

今年のカレンダーも、残り2枚とはね〜

11月も今年は盛りだくさん!

1つ1つ楽しみながら、そして大事なことを胸に留めながら進んでいこう。

そうしよう。








by Dorothy-Naomi | 2019-11-01 00:07 | *Daily Notebook | Comments(0)

旅に呼ばれる、旅に出る、旅人になる、それでいいんだ



まだ日中の暑さはあるけれど、ゆっくりと季節は秋へと移行中。


d0167002_23214450.jpg


この季節の移り変わりに合わせたみたいに、

私も、ゆっくりと次のステージに移行中。

なぜそうわかるのかっていうと、

自分の周りの世界が変わり始めているのを感じているから。

いつも目の前の現実は、自分の内側の反映だからね。

現実が変わっていってるなと感じてるってことは、私が変わり始めてるってこと。

ああ、本当になんて正直に世界は回っているんだろうって思うね。ほんと。



d0167002_23510065.jpg


そんな移行のタイミングでも、こうして再会できる友人がいるのは嬉しいこと。



d0167002_23503118.jpg


この秋は、色んな意味で「旅の始まり」になるんだなというのは自分でも分かってはいたんだけれど、、、

本当に、 外へ外へと出て行く流れになってきていて、、、

すごいね。

やるじゃないか、現実くん。

私のアカシックリーディング通りじゃないか。

その割に、当の自分がジタバタしてるのが滑稽だけどね。

「いやぁ、ほんとに?そうなっちゃう?やっぱり?マジですか???」

HAHAHA

みっともないな〜

もう、覚悟を決めて出て行くしかないってことだね。



d0167002_00123244.jpg


現実世界と幻想世界。

内側と外側。

過去と未来。

題名を見た瞬間にピン!ときて、見に行った映画ホフマニアダ。

うーん、ビンゴ!!

あまりにも今の私にはビンゴすぎる!

そうそう、、、

現実は実は幻想。

幻想だと思っているものは実は現実。

だからもう、自分の奥にあるものに従って思い切り生きていくしかないよね。



d0167002_00293916.jpg





「やっぱりそれでいいんだな」って思った日の夕方のこと。

大きな音がベランダの向こう側から響いてきて、カーテンを開けたら大きな大きな花火!!

こんな形で、現実はYESを教えてくれる。



d0167002_00594527.jpg



この秋から、ナオミ劇場の主役は「旅人」

この主役は、色んな場所をドラマセラピーしながら回る予定です。

ハワイ島、オアフ島、アメリカ、あとはどこかな〜?

フットワーク軽く、西へ東へ南へ北へ。

そこで一体どんなストーリーが展開されるかは、乞うご期待。

ちゃん、ちゃん!



















by Dorothy-Naomi | 2019-09-25 00:50 | *Daily Notebook | Comments(0)

Rockな二人の時間*6月の再会



6月の半ば過ぎから7月にかけては、大きな仕事がラッシュで立ち止まる暇もないくらい!

すごく早くてパワフルな流れの中にいました。

今日は久しぶりの一人で過ごすオフ・タイム。

とは言っても明日はロール理論(ドラマセラピーの理論の一つで私の専門)の講義があるので、講義のスクリプトをまとめたりしなくちゃいけないんだけどね。

合間にヨガに行ったり、お茶を飲んだり、、、

先月から今月にかけてのことを、振り返ったりしています。


d0167002_18550870.jpeg


何と言っても一番大きかったのは、、、

NYU大学院時代の親友カーリーンが来日し、二人で3つのワークショップ(合計3本)を東京で行ったこと(詳しい内容はコチラ→CLICK)

プロのドラマセラピストとして、プロのサイコドラマセラピストの友と、こうして母国で一緒に組んで仕事ができるなんて、、、

「NYUの大学院の地下ホールで、涙や汗やいろんなものでグチョグチョになりながら、授業に食らいついていった3年前の私たちに教えてあげたいよね。。。」

「そうだねぇ。でもさ、ナオミ、覚えてる?
グリニッジビレッジのベトナムレストランで"一緒に二人で東京でワークショップしよう!"って話したこと!
ぜったいに実現するって、私は思ってたよ。」

そう言って友は笑いました。

そうだった、そうだった!

友の顔をみながら、つくづく感じていたのは、、、

知識も実力も互角で、心の温度も一緒で、そして心からリスペクトしあえる友と出会った幸せ。

そして、その友と組んで一緒にドラマセラピーの仕事ができる幸せ。

目の前でお茶を飲んでいるカーリーンをみながら、うれしくって、うれしくって、、、

でも、この現実が信じられないような思いもあって、、、

確かめるように、何度も友とHUG!!

こんな時間が人生に用意されていたなんて。

神様、素敵なプレゼントをありがとう。



d0167002_14533407.jpg


カーリーンと初めて出会ったのは、NYUのドラマセラピー学科のオリエンテーションの初日。

NYは旅行では何度も訪れてきたけれど、こうして学ぶものとして内側から感じるものとは全く違うアメリカ社会。

オリエンテーション初日から、次々とアッパーカットを食らって呆然としていた私の心に、スーッと入ってきたのが彼女でした。

「肌の色によってグループにわかれなさい」

Sociometryというワークでのこと。

クロスカルチャーの教授からの指定に戸惑って一人で立ちすくんでいると(なぜなら私はクラスで唯一のアジア人だったので)、、、

「あなたはこっちでしょ!」と、腕をぐいっと引っ張って入れてくれたのがカーリーン。

「だって、あなたの肌も日焼けしているじゃない」と、にっこり。

リズ(教授)に「あなたは何故このグループなの?」と聞かれ、そのまま「、、、日焼けしているからです。」と答えると、、、

「そうね。いいでしょう。」

「あなたが、自分をどう捉えているのかが大事なの。人種とか、肌の色とかそういったことではなく、あなた自身が何を基準にみているか。その視点が大事なのよ。」

そう言われて、すごくハッとしたっけなぁ。

カーリーンは、すごく大事なことを私に伝えてくれた最初の人。

カーリーンが出産で休学したり、私が卒論とインターンシップでメチャクチャ忙しくなって会えないときも、、、

私たちは、常に変わらず本音で話し合える関係だった。

泣いたり、吠えたり、転げ回ったり、大声で笑ったり、、、

いろいろあったけれど、いつも真実の言葉で話ができた。

そんな関係性でいられる友達ができたのは、すごいことだよね。



d0167002_07473769.jpg



打ち合わせや準備の合間を縫って、二人で色んな場所にもでかけましたよ。

妊娠5ヶ月にもかかわらず、カーリーンはとても精力的で、こちらが心配するくらい!

私が毎週行っている世田谷区のフリースクールにも同行し、子供達と一緒に遊んだり、、、

都立松沢病院の精神医学資料館に伺い、館内を見学させていただいたり、、、

夫の運転で富士山に行き(6合目まで山登り)、山中湖までまわってきたり、、、



d0167002_18204514.jpg


我が家が家族ぐるみ親しくしているTくんと一緒に日本食レストランで食事したり(お蕎麦の食べ方が上手でびっくり!)、、、

二人で浅草&アメ横(ここに行ったのは30年ぶりくらい!)を歩き回ったり、、、

プロの英語ガイドSumikoとSumikoのお義母さまと一緒に芝の増上寺を見物し、七
夕の短冊を書いたり、、、



d0167002_18233209.jpg


「東京の人々や街のエネルギーをど真ん中で感じたい」

そう言って新宿の歌舞伎町(!)に一泊だけホテルをとったカーリーンと、夜の歌舞伎町を歩いたりもしたっけ。

翌日、カーリンからきた「今日の待ち合わせ場所」はなんと「新宿思い出横丁」(爆笑!)



d0167002_15040756.jpg



烏龍茶とオレンジジュースで乾杯! (昼間だし、妊婦だしね)

お店の片隅で枝豆と焼き鳥を食べながら、セラピー談義!!

HAHAHA !!

乙すぎない?!


d0167002_15032650.jpg



d0167002_15042668.jpg

そのまま足を伸ばして、新宿御苑へ。

薄曇りの東京の空。

セントラルパークじゃなくって、東京の新宿御苑にいるなんて不思議だよね。

緑が濃い空気の中にいると、体まで緑色になりそう。



d0167002_18350160.jpg


この日の翌日は、私たちの中で一番大きなワークショップ" My Innner Child"


互いの子ども時代の話、母との関係、そんな話が出たのは自然の流れ。

今までも互いにプライベートな話はたくさんしてきたけれど、、、

この日は、忘れていたような小さな記憶が思い出され、小さな森の中を歩きながら色んな話をしました。

さて、もうそろそろ帰ろうか。

すっかりと暗くなってきちゃったもんね。

森の出口にあった小さな看板に、ふと目をやると、、、

「母と子の森」という表示。

そうか。

やっぱり、そうなんだな。今がそのタイミングなんだね。

ぜーんぶ繋がっているんだね。


d0167002_19395457.jpg



3つのワークショップを無事に終え、7月の最初の日にカーリーンは戻っていきました。

前日からすでに二人ともウルウルモードだったから、最後は笑顔でいこうね!と、空港のゲートではGood-byeは言わずにSee you, soon!!

見送ったあとに、なんだか涙がこみあげてきて、、、

カーリーンに見られなくって本当によかった。

「ナオミ、だめだよ」って怒られちゃうもんね。

言葉にならないなぁ。

たくさんの愛と勇気をありがとう。

『We are ROCK!』

そう、私たちは本当にロックだ。

そして、死ぬまでロックなんだと思うよ。



d0167002_19482851.jpg


彼女が来てくれたことによって、少し大きな未来設計図が頭に浮かんできました。

想像の力は創造の力。

私たちの夢みる力は強いぞー!

ROCKな私たちだもの、今年はほんのプレリュードかもしれないね。

では、次は本編かな?

Let's go on to our next chapter!!































by Dorothy-Naomi | 2019-07-19 20:03 | *Daily Notebook | Comments(0)

新緑と子どもたちと



今月は、子供たちとの出会い&子供たちと触れ合う時間にも恵まれました。

一つ目は「夕やけ山合唱団」の子供たち!

子供たちが野山の中で声を出して歌っている姿が、すごーく素敵だなぁとNYにいる時から思っていた私。

この合唱団でピアニストをしているYorikoさんに、子供たちの練習風景を一度見せてくださいとお願いしたところ、、、

「いいですよ!」とOKをいただきました!(やったー)

当日、ワクワクしながら教えてもらった場所へと足を運んだところ、、、

あらら?

どどーんと大きな神社や、緑いっぱいの長閑な景色。

わーお!!

びっくり!!!



d0167002_17544032.jpg

どうです?

この豊かな景色!

さわやなに吹き渡る風、緑いっぱいの森と山々。

我が家から30分もしない場所なのに、、、

こんなところがあったとは!!!


d0167002_17572059.jpg



この日は、山歩きワークの日。

大人も一緒に山の深いところまで歩いて降りていき、そこでいつもとは違うワークを行うとのこと。

胸いっぱいに緑の空気を吸い込みながら、どんどん山の深い深いところへと降りていきます。

リーダーの注意に従って、道なき道を進み、、、

ものすごい急斜面を、草や枝をかきわけて下へ下へと降りていくと、、、

ぽっかりと開けた大きな空間。

まるで、神殿のような不思議な空間。


d0167002_18033513.jpg


この空間で、私たちは動物になって声を出したり、、、

鳥になって声を出したり、、、

みんなで遠吠えをしたり、、、

自分が感じるいろんな音に耳を傾けたり、口から音を出したりしながら「今日の練習」!

これって、、、

もうミュジーックセラピーそのまんま。

そして、すごーくドラマセラピーに近いワークです。

ー本来、こういった形で音や動きや言葉を楽しむことが、子供達の心や感性を育てていくんじゃないかなぁ。

そう思いました。

尺取虫にキスをされながら、私も子供たちと一緒に山の時間をたっぷりと楽しみました。

(7/7に夕やけ山合唱団のコンサートがあります→CLICK)



d0167002_18155942.jpg


この日からほどなくして、世田谷区の「ほっとスクール希望が丘」とのご縁をいただきました。

「ほっとスクール希望が丘」は、不登校の子供達のためのフリースクール。

世田谷区のスクールですが、運営は東京シューレが行っています。

通ってきているのは小学生から中学校3年生までの子供達。

「英会話を取り入れた形のスタイルでお願いします」ということで、、、

「英会話ドラマセラピー」という少し変わった形で、週に一回授業を持つことになりました。

まだまだスタートしたばかりで、手探り状態だけれど、、、

子供たちと継続して関わって行ける現場があるのは、すごーく嬉しいこと。

都内の小学校で図工の先生と組んで、6月と7月のドラマセラピーの特別授業も決まりました。

前に小学校に通っていたときは「英語の先生」だったけれど、、、

こうして「ドラマセラピスト」として小学校へよばれるなんて。

いろんなものを栄養にして、私も子供たちと一緒に成長していこう。

お日様ばかりじゃなくって、台風みたいな風だって、大雨だって、みんな栄養にしちゃえばいいさ。

なんだか、生まれたての緑の葉っぱみたいな気持ちの今月の私です。



d0167002_18504779.jpg




by Dorothy-Naomi | 2019-05-31 19:09 | *Drama Therapy | Comments(0)

4月の出来事etc. 1



GWに突入しましたね。

私も今日からお休み!

昨日は埼玉県の心療内科クリニックで朝から夕方までドラマセラピーでしたが、GWの初日にもかかわらず参加してくれた皆さん、本当に嬉しかったなぁ。

昨年の終わりからスタートしたここでのドラマセラピーは、少しずつ参加者も増えてきていて、、、

月に一回、ここでの時間を楽しみに通ってくる方もいて、私にとっても大事な時間になっています。



d0167002_13465850.jpg


日本に帰国したのは10月末だったので、今月末でちょうど半年。

この春は久しぶりに日本の桜を堪能しました。

朝、夕と、自転車に乗って地元の桜並木をサイクリングしたり、、、

桜を楽しみながら川沿いをウォーキングしたり、、、

夜桜を見ながらドライブしたり、、、

ニューヨークの桜も素敵だけれど、やっぱり日本の桜は私にとって最高!

そして、そして、家族で一緒に桜をみながら話ができる幸せ。



d0167002_14164832.jpg



去年は卒論やインターンシップでアップアップしながら、休みの日にセントラルパークで一人で桜を見ていたっけ。

あの時間もめちゃくちゃ大事な時間だったけれど、

あの時間があったから、こうして家族で一緒にいる時間が余計に愛しいんだよね。



d0167002_13571622.jpg


ちょうど八重桜が満開を迎えた4月の中旬、私たち夫婦は結婚28周年を迎えました。

50歳を超えて大学院に留学してしまう、私のようなヤンチャ妻をもった夫いわく、私は「我が家の飛び道具」とのこと。

ははは!(否定できない!)

数年後は30周年を迎えます。

とにかく元気に楽しく、そして生き生きと人生を歩んでいこうね。

乾杯!



d0167002_14155988.jpg


そうそう、嬉しい再会もいくつかありました。

1つ目はNYから東京にきた友人のリジュンと東京で再会!

NYUの心理カウンセリングの授業で一緒だったリジュンとは、年齢が近いせいもあり、すぐに意気投合!

彼女は日本で会社を経営していることもあり、時々こうして東京へ。

しばらく会っていなかったなんて嘘みたい!

楽しい時間はあっという間だけれど、、、

次回はNYで会おうね!そう約束してBig Hug!!



d0167002_14440196.jpg


二つ目は、カリフォルニアからご主人様のJayと日本にいらしたNaokoさんとの再会!

英語絵本の読み聞かせ&シュタイナー教育で有名なNaoko Mollerさんとは、私が英語の教師をしていた時に知り合い、、、

でも、いろんな話をするようになったのは私がNYUに留学してからかな。

この日は、Naokoさんの友人であるイギリス人のPenny & Andyと、私の夫も加わり6人でDinnerを楽しみました。


NYCで行っていたドラマセラピー&日本で行っているドラマセラピーのことなどを話すと、幾つか素敵な提案をいただき、、、


わーお!!

この先、ちょっと面白いことができるかも!!

ちょっとワクワクしています。



d0167002_14445669.jpg


もう少し書きたいことはあるけれど、長くなってきちゃったので次のブログに書こうかな。

こんな風に、ゆっくりとPCに向かっていられるのは久しぶりー

次のブログを書く前に、、、

I'll enjoy my tea time!!



ドラマセラピー×アカシックレコードリーディング












by Dorothy-Naomi | 2019-04-28 14:53 | *Daily Notebook | Comments(0)

3月*咲き始めた春の花に願いをこめて



先月から今月にかけて続いた講座やワークショップが、先週でようやくひと段落!

我が家の大学4年生も、ただいま友人たちとベトナムへ卒業旅行中。

今週はあえてセッションもあまり入れずに、ヨガで身体をほぐしたり、友達と会って話したり、絵を見に行ったり、のんびり街を歩いたり、、、

こういう時間が、私にとっては大事な大事なセルフケアタイム★


d0167002_18075233.jpg


この日は自宅近くを軽くウォーキング。

ピンクと黄色の色合いが、なんとも春っぽくってウキウキ♪

ーこの花、まるでMちゃんみたいだなぁ

Mちゃんは先輩ドラマセラピストRieちゃんの娘さんで、去年9月に生まれたばかりの赤ちゃん。

つぶらな瞳に、まんまるほっべの美人ちゃんです(^^)

帰国してからずーっと会いたかったのだけれど、なかなか余裕がなく、、、

数日前にようやく会うことができて、とっても幸せなひと時を過ごしました。



d0167002_18103504.jpg

ドラマセラピストとして日本でスタートしたばかりの私にとって、こうやって気軽に話ができる先輩ドラマセラピストたちの存在は本当にギフト!

心理療法の中でも非常に新しい様式ということもあり、、、

海外でしか学ぶことができなかったこともあり、、、

日本で活動しているドラマセラピストは私をいれて5人しかいません。

だからこそ、セラピーの現場での様々な出来事を話したり、相談できる先輩ドラマセラピストが近くにいてくれるのって、本当に本当にありがたいこと!

話しながら自分のドラマセラピーを振り返り、足りない部分に気づいたり、落ち込んでいるときは励まされたり、、、

何より、、、

先輩ドラマセラピストといる時間は、勉強になるだけでなく、私がすっごーく癒されているんです。

(海外や国内で大小の荒波をくぐり抜けてきたセラピストと一緒にいるんだもの、そりゃそうだ!)

いつか私も後輩ドラマセラピストにとって、そんな存在になれたらいいなぁ!



d0167002_18400262.jpg


そうそう、先日はNYCでヘアカットしてもらっていたNaokoさんとも再会できました。

一時帰国で子供さんたちと一緒に東京の実家にもどられているNaokoさんと、東京スカイツリーでデート!

彼女はマンハッタンにある一流美容院で働きながら、個人でもブライダル系の仕事をしているキャリアママ。

腕はピカ1で、USオープン(テニス)などでも選手からご指名がかかってしまうという人気ぶりです。

アメリカに渡った当時は英語もろくにしゃべれず、それでも、プラザホテルの美容室に「雇ってください」と乗り込んでいったという伝説(?)の持ち主!

災害にあった国々にいき、子供達の髪の毛を無償でヘアカットするなど、いろんなボランティア活動もされている素敵な女性です。

午後の数時間、互いに近況を伝えながら抹茶スイーツ♪

今年は、お互いに新しい動きが展開していく年になりそう。。。

秋に私がNYCへ行くときには、どんな話ができるかな?と楽しみです。



d0167002_18512227.jpg

ポカポカ陽気の東京。

ドラマセラピーに興味を持ってくださった養護学校の校長先生にお会いしたあと、少し足を伸ばして有栖川記念公園へ。

この公園にきたのは久しぶり。

女子大時代ESSに所属しDebateをやっていた私は、学生ESS リーグでDebateの議題が発表されるごとにこの公園を突っ切って都立中央図書館に通ったっけ。

そのテーマについて色々な方向からデータを取るために調べ物をしたり、英語の文献をあさったり、、、

公園を歩きながら友達といろんな話をしたなーーー

帰りに広尾のケーキ屋さんに寄るのが、ひそかなお楽しみだったっけ。


d0167002_19044084.jpg

ふと見上げれば、、、

早咲きの桜!

チラホラ咲き始めた桜をみながら、ベンチに少し座って桜見物。



d0167002_19061950.jpg

広尾のLes Grands Arbresはツリーハウスのある可愛いカフェ。

下は花屋さんです。

ぽっこりしたパンケーキを食べながら、ほっこりティータイム。



d0167002_19085633.jpg

日本でドラマセラピストとしてスタートして4ヶ月と少し。

セラピーやカウンセリングが当たり前のように生活の中に溶け込んでいる欧米文化と、日本の現状とのギャップに時々ヘコタレそうにもなるけれど、、、

日本の人々に広く知ってもらうためには、私は私ができる最善のことを少しずつやっていくしかできないもんね。



d0167002_19212697.jpg


今こうして取り組んでいることが、少しずつ膨らんで花開いていきますように。

そして、しっかりと育っていく過程を楽しめる私でありたいな。






ドラマセラピー×アカシックレコードリーディング



by Dorothy-Naomi | 2019-03-15 19:26 | Comments(0)

1月&2月のあれこれ




気がつけば2月も半ば!

先月、満を持してJoy Laboratory TOKYOをスタートさせてから、いろいろなことが動き出しました。

医療・教育・介護・福祉といった分野の活動をしている様々な人と会う機会にも恵まれ、いろいろな場所でドラマセラピーについて話をし、、、

本当に、あっ!という間に2月に突入した感じだなー

私は今、ドラマセラピー&アカシックレコードリーディングを使って、いくつかの講座やワークショップ、そしてセッションを行っているけれど、、、

その他、どんな可能性が開けるのか探索中といったところかな。



d0167002_19090889.jpg


少し前に認知症の母が心不全で緊急入院したこともあり、気持ちが落ち着かない日々がしばらく続いていましたが、深刻な状態ではないとわかりホッと一安心。

1月末の誕生日には、夫と息子と笑顔で乾杯のグラスを重ねることができました。



d0167002_19234901.jpg


去年はNYの部屋で一人で迎えた誕生日。

授業でクラスメイトたちが、Happy Birthdayを歌ってくれたっけ。

9時過ぎてから帰宅して、お腹もぺこぺこで、体もヘトヘトで、、、

でも、一人でご飯を用意して自分で自分に乾杯したんだった。

ちょうど日食と重なり、マヤ暦の生まれ変わりの年でもあり、、、

忘れられない日だったなぁ。

あの一人で過ごした2年間があったからこそ、わかったもの、得たものは本当に大きかった。

そして、、、

あの一人の時間があったからこそ、こうして家族で居られる時間の大事さが胸にしみるんだよね。



d0167002_19340361.jpg


さて今日はSt. Valentin's Day❤️

ありがたいことに、先月&今月とクライアントの皆様からもいくつかチョコレートをいただきました。

う〜ん、嬉しいな〜

ありがとうございます〜(>▽<)

私は、、、感謝と愛をこめて、夫と息子にチョットだけ贅沢なチョコレートをプレゼント。

そして、実家の父へも!

いつもサポート&ヘルプしてくれる我が妹ぽんちゃんへも!!

感謝を伝えられる相手がいること、、、

それは、とっても幸せなことだよね。

さらに、今年はもう一つプラス。

自分への愛と感謝を、自分から伝えること❤️

世界でたった一人の大事な自分に、心からの❤️を伝えてあげますよー(^^)




ドラマセラピー×アカシックレコードリーディング




by Dorothy-Naomi | 2019-02-14 20:03 | *Daily Notebook | Comments(0)

よろこびと一緒にダンスする私でいよう




私の2019は、ある意味今日から始まったのかも?


今日からフェリシア改め、Joy Laboratory TOKYO ( ジョイラボラトリー東京)としての活動がスタート!


昨年の秋、屋号をいつ変更にしようかな?と思っていたときのこと。

ふっと頭に浮かんだのは、「1」そして「21」という数字。

調べてみると、、、

おお!1月21日は獅子座の月食!!!

獅子座は自分が自分であることを誇り、自分高らかに宣言する星座。

しかも、パフォーマンスや演技、自己表現といったことにご縁が深い星座。

なんとも、私らしいー!

ドラマセラピーをやっている私には、ビンゴすぎる。

さらにMCと重なるんです、私の出生図の。

もう、ほんと。笑ってしまうなーーー

月食のスタート、すっごーく気に入ってます(へへへ)

ちょっといいよね。

ようやく時が満ちて、この世に生まれ出た!という感じ。

そういえば、息子が生まれたのも満月の日だったっけ。

準備完了!という風にも読めるかな。

この地球に初めて舞い降りた記憶というのが、私にはあるんだけれど、、、

その思いと似てるかもしれない、、、

体の奥から湧き上がってくる熱い思いと、感動と、ワクワクと、感謝と、、、

そう、はるか昔、私は全身でJOYを感じていたんだと思う。

そして、今また自分の中から湧き上がる情熱とJOYを感じてるんだと思う。

私はここからJOYをCreateしていこう。

そして、よろこびと一緒にダンスする私でいよう★




d0167002_17515657.jpg





ドラマセラピー×アカシックレコードリーディング
















by Dorothy-Naomi | 2019-01-21 18:03 | *お知らせ★ | Comments(0)

11月&12月あれこれ




きのう、窓を開けてベランダに出ると、、、

わお!!

A white feather in the sky!


d0167002_12104293.jpg


空にぽっかり白い羽!

これはきっと天使のメッセージ。

守護存在たちからのメッセージは、こんな風に突然にやってきます。

ーDon't worry. Everything goes well.

(心配しないで。全てうまくいくから。)

ふっと肩の力がぬけて、あったかい気持ちに包まれました。

Thank you for your message!



d0167002_12523863.jpg



NYから帰国後、この2ヶ月は本当に様々な場所に出かけて行き、色々な人と会ってきました。

ひとえに、ドラマセラピーを少しでも広めていきたいからなのですが "演劇のワークを使った心理療法です"と言っても、言葉だけでは伝わらないのはごもっとも!

だから実際に会って、写真の入ったパンフレットを見せながら話すことが一番なのです。

ドラマセラピーの持つ力は、あげていけばいくつもあるけれど、、、

一番大きな力は、その人の内的な変化だけでなく、現実を変化させていく力を持っているところ。

それを一人でも多くの人に理解してもらい、現場を少しでも増やしていくために、まだまだ外に出て行く日々は続きそうです。




d0167002_12530664.jpg


さて、ご報告がひとつ。

実は、12月から埼玉県の精神科のクリニックで、月に1回ドラマセラピストとしてグループを担当することになりました。

社会復帰を目指す方々のためのリワーク(return to work)プログラムの一つとして、ドラマセラピーを取り入れたいというメールをJDTI経由でいただいた時は、大感激でした。

精神病からの回復を支援するNYのNPOでやってきた経験を生かしつつ、どう日本でやっていくか?が大事、大事。

初日は、まずますの出だし。

笑い声も出てホッとしました〜

次回は少し内容を変えてやってみようかな?と、プランニング中。

来年、どんな展開になっていくのか今から楽しみです。


d0167002_13130908.jpg


今月は珍しくパーティにも参加してきました。

参加したのはNYU同窓会クラブです!

同窓会クラブが日本にあることを知ったのは、ついこの間のこと。

そこで毎回カメラマンを務めているの方が、なんと息子の学校関係の知り合い(いわゆるママ友)というのもビックリ。

この日は2018年の忘年会も兼ねての大きなパーティー。参加者は100名以上だったのでは。

ここはNY?というくらい英語が飛び交い、他国のNYU卒業生、友人やご家族も参加され、会場は大賑わい。

「うーん。日本に卒業生がこんなにいたなんて、びっくりー!」(在学中は、私の学部には日本人は一人だけだったので!)と、私は目を白黒。

でも、いろいろな方々と話ができて、予想していた以上に楽しい時間になりました。

パーティは実は少し苦手なのだけれど、次回はもうちょっとリラックスして楽しめそう。

同じテーブルだった桐島ローランドさん&Masayoさんとパチリ!


d0167002_13241453.jpg


今月は、滝乃川合唱団のコンサートへもようやく行くことができました。

滝乃川学園は、日本で初めての知的障害児の施設として1891年に建てられました。

そこの合唱団でピアニストをされているYorikoさんと知り合ったのは、だいぶ前にドラマセラピーを通じてのこと。

Yorikoさんの音楽家としての活動内容には感じる部分が多く、ずっと「いつか聴きに行きたいな」思っていたのです。

ようやく今年それが叶いました。

有名な「天使のピアノ」を奏でるYorikoさん。

そして、礼拝堂いっぱいに響き渡る歌声。

地球に対しての愛と慈しみがこめられている最後のナンバーは、すごくパワフルで純粋で、、、

ストレートなメッセージにグッときました。

音楽も、ドラマも、アートも、一人一人の中にある力を外側に出す媒体で、、、

その力が外側に出た時に、自分だけでなく、他者も周りも何かが変わっていくはず。

クリスマス直前に、素敵な時間を与えられたことに感謝です。



d0167002_14211523.jpg


クリスマスのお休みは、家族三人で。

今年はめずらしく夫の休みもイブに重なり、1日のんびりと家族で過ごしました。

卒業制作(75分の映像DVD)を無事に提出したNも、久しぶりにユルユルモード。

岡倉天心と茶をテーマに、1年かけて各地で取材&撮影してきたデータを深夜までかけて編集してきた彼は「もう、これ今の自分の限界。とにかく全部やれるだけやった」のだそう。

滅多に人を褒めない教授が、珍しく褒めてくれたのだと嬉しそうに話してくれました。


d0167002_13375382.jpg


グラスにはりついている三匹のリスたちも、この日は少々ホロ酔い気味になったかも!

いろんな話をしながら、ちょっと杯が進んじゃいました。

う〜ん、幸せ。

こうして笑顔で家族が一緒にいられることが、何よりのクリスマスプレゼントだよね。


d0167002_13541191.jpg



2018年も、残すところあと数日。

次のブログが今年最後の書き納めかな。

もう少しだけ書きたいことはあるけれど、それはまとめて次回にしたほうがよさそう。(長くなりすぎちゃうものね)

今日はこれから10年来の友人たちとの忘年会ナイト!

楽しく愉快なメンバーと、師走の夜を楽しんできます♬





               



HPはこちらです。
→【フェリシア* FELICIA Tokyo & New York
あなたが生まれてきた喜びを感じて生きていくために
ドラマセラピー
アカシックレコードリーディング





































by Dorothy-Naomi | 2018-12-27 15:02 | *Daily Notebook | Comments(0)

日本に本帰国、そして...?



10月末に日本に本帰国しました。

ダウンを着ていたNYとはうってかわり、ポカポカと暖かい東京に少々びっくりしつつ順調に現地化(?)を進めています。


d0167002_18372004.jpg


帰ってきてから、しばらくのんびりしようと思っていたのに、、、

帰国した翌日から、なぜか猛烈に断捨離スイッチがオン!

ー家の中にある物たちが、多すぎ!!

目に入るものたちが、どうにも邪魔に見えて仕方なくて、いてもたってもいられない感じ。

半年に一度は日本に帰って大掃除はしていましたが、、、

ニューヨークにいた2年間、しばらく手をつけていなかった物たちがタンマリ。

それらを徹底的に断捨離しまくっていました。

断捨離の御大である我が家の大学4年生は、それを見ながらニンマリ。

「今の自分に必要なもの、今後の自分に必要なものをよびこみたいなら、いらないものをサッサと整理することだよ。」と一言。

さらに「物がなければ困るとか、暮らせないとかいう、そういう思い込みは幻想だから。」と続けました。

ご、ごもっとも〜

断捨離の先輩の監督のもと、数日間で出したゴミ袋は15袋。

でも、まだまだ整理できそうな感じ。。。

2ヶ月後にはニューヨークからの荷物が届く予定だし(テキストや本やファイルなども、ぎっしりだし!!)

それらをおさめるためにも、もうちょっと断捨離道は続けなくちゃね(^^;



d0167002_18575561.jpg


11月の連休は、夫婦そろって久しぶりにNの大学へ。

最後の学園祭のステージにたつというNのヴォイスパーカッションを聞きに行ってきました。

我が妹ぽんちゃんも、Nのステージを見に駆けつけてくれました。



d0167002_19172161.jpg


ヒューマンビートボックス&ヴォイスパーカッションを自由自在に操りながら、グループのメンバーたちと楽しそうに演奏しているN。

うん、すごくいい顔!

私がNYで奮闘していた2年間は、彼にとってもすごく大きな2年間だったようです。

我が夫も海外や日本各地を飛び回っていたため、家では彼は一人暮らし状態だったようなもの。。。

自分だけで過ごす時間が多かったことで、いろんなことを一人でじっくり考え、行動してきたんだろうな。

私たちが知らない間に、小学校や施設でボランティアとしてパフォーマンスをする活動に従事していたり、、、

さらに表現アートセラピーやドラマセラピー(!)を学び始め、彼のベクトルが変わってきたのを感じていました。

NYと東京で頻繁にスカイプや他のビデオ通話のやりとりをしながら、彼とは様々な会話を重ねてきました。

大学卒業後、さらに進学して学びを深めたいという彼を、夫と私も応援していこうと決めました。

今後は、もっともっと様々なことを共有できそう。

それは、ちょっと嬉しいな。


d0167002_19183969.jpg


日本のドラマセラピーの師、尾上先生のゼミに参加し、Alternative Training を受けているメンバーの皆さんと話ができたのもとても良い時間だったな。

レクチャーを聞き、メンバーで事例や修論について話し合ったりしていると、本当に1日はアッという間!

来月からは私もデイケアや医療現場にドラマセラピーをしに行く機会が増える予定です。

きっと次回は、また新たな話題で皆さんと話ができるなと今から楽しみ!



d0167002_22012767.jpg



そうそう、先日はジャングルカンファレンスという統合医療の集まりにも参加してきました。

医療という現場に関わる様々な方々が集まって、様々な症例について互いの見地からの意見を述べ、それを統合して患者さんへの理解を深め、よりより治療を考えていこうという趣旨です。

先日、NYUのクラスメイトたちも口にしていましたが、、、

卒業後、気がつけば私たちはプロのクリニッシャン。

こういう場では私が発言する内容を、皆さんは「ドラマセラピストとしての意見」として聞いているわけです。

その事実に、あらためて身が引き締まる思いがします。

心と体の関係、そしてドラマセラピーの持つ可能性、、、、

ーそれらをもっと広く伝えていきたいし、もっと現場での経験を積んでいきたい。

ーそして多面的にひとりの人間の「回復」を考えていけるドラマセラピストでありたい。

そのためには、積極的に様々な方々と関わていくことの大事さを感じています。




d0167002_22023285.jpg


少し身体もメンテナンスしてあげなくちゃね、、、と、訪れたのは鍼灸ルームACuMoです。

鍼灸師の杏里さんは、女性と子供の強〜い味方。

可愛い1歳の男の子のママでもあります。

彼女が1年間ほどNYCで暮らしていたときも、たびたび鍼灸の施術をしてもらいました。

杏里さんの鍼灸、すごーく効くんです。本当に。

留学時代、何度ピンチを救われたことか!

また、最新のロシアの機器を使って身体中をスキャンしてくれるのです。

これにはびっくり!

そのデータをもとに、体に合う食べ物、飲み物、金属、鉱石、植物などなど、、、
事細かくアドバイスしてくれ、気をつける点が明確!


d0167002_22233734.jpg


到着すると、まずは居心地いいお部屋で美味しいお茶を出していただきました。

ほっと一息。

「この日の朝に咲いたんですよ」と、素敵なバラを添えて。

素敵なおもてなしに、心が緩んでいきます。

この日はヨモギ蒸しと美容鍼をしていただきました。

気持ちいい音楽を聴きながら横になっていると、あまりの気持ちよさに、ついウトウト、、、

そして終わった後は、身体も気持ちもスッキリ!

こうして体のメンテナンス&セルフケアの時間も、定期的に取り入れて体を大事にしなくちゃね。

(体の不調を抱えている方、ぜひぜひおすすめです。)



d0167002_22282213.jpg


先日のこと。

JALのマイレージが今月で消失してしまうというので、「どこかにマイル」に変えることにしました。

これは行き先は4つの候補の中のどこになるかわからないけれど、一人のマイルで二人分の航空券がもらえるというもの。

NYの引越しで散々お世話になったぽんちゃんに、どこかへの旅をプレゼントしようかなと思ったのです。

ところが、画面に出てくる旅の候補地が四国にばかり偏っているような気が、、、???

ボタンを押してリセットすれどもすれども、高松や徳島といった地名ばかり画面に出るのはなぜ???

日程を変えても、時間帯を変えても、なぜか画面に出るのは四国の地名ばかり???

ーJALの機械のせい?

ーいや、私のPCが壊れちゃってるとか?

何度やり直しても、画面に出るのは高松&徳島という謎は深まるばかり、、、

ーもう〜、めんどくさい。いいやっ!

そう覚悟を決めてボタンを押して、JAL からの返事を待っていると、、、

やはり、行き先は四国に決定しましたとのこと。

ー特に何の目的もないのになぁ、四国に行ってどうしようかなぁ、、、

そんな風に思いながら、ぼんやりと旅の支度をしていると、、、

ピピピッ!!

アバターからのメッセージと一緒にアカシャからの情報が流れてきました。

どうやら、、、

日本におけるシアター&パフォーマンスの原点のエネルギーがあるのが四国。

そのエネルギーに触れてきなさいということのようです。

調べてみると、四国の香川は日本で最古の劇場・金比羅金丸座のある場所。

そして農村歌舞伎など、古くから劇が人々の日常生活に溶け込んでいる土地柄だということが判明。

それと一緒に、自分が歌舞伎役者として舞台に立っていた過去生などがパッと脳裏に浮かびました。

さらに、人形浄瑠璃というキーワードが続いてきました。

調べてみると、徳島は人形浄瑠璃でも有名な土地。

ーあ!そうか!四国だったんだ。

私は人形遣い(マリオネッテン)だった過去生も日本、チェコ、オーストリアなどいくつかあるのですが、日本のどこでやっていたのかという場所までは分からなかったのです。

ーなるほどね。徳島だったんだね。

妹も、徳島で浄瑠璃人形を作っていた人形師だったようです。

そこまで分かったとき、なんと!!

人形浄瑠璃が奉納される大きなお祭りが、ちょうど私たちの旅とドンピシャのタイミングだと判明!!

わお!ほんと?!
これは出来過ぎ!!

う〜ん、なるほど。
これは、行き先が何度やっても四国になるわけだ。

おそらく、今の私たちに必要なエネルギーが満ちている場所がズバリ四国だというわけね。

アバターたちのお導き、さすがーーー

と、いうわけで、、、

明日から、四国へ。

アイスランドに続いて(まだアイスランドの旅の話は書いていないけれど)、姉妹二人旅をしてきまーす。



HPはこちらです。
→【フェリシア* FELICIA Tokyo & New York
あなたが生まれてきた喜びを感じて生きていくために
ドラマセラピー
アカシックレコードリーディング


by Dorothy-Naomi | 2018-11-09 23:08 | *Daily Notebook | Comments(0)