タグ:天使 ( 12 ) タグの人気記事

ヨーロッパへの旅2015~2016★プロローグ



昨年末から2週間強かけて、ヨーロッパを旅してきました。

訪れたのは、スペイン~チェコ~オーストリア。

飛行機や列車で移動しながらの夫婦二人旅です。


d0167002_17070617.jpg
(バルセロナ 地中海を望む港)



今春に結婚25周年を迎えます。

その節目と、互いの志す道の大きな節目が重なる2016年、かねてから「周りたいね」と話していた欧州の国々を、ゆっくりと時間をかけて周ることにしたのです。

行きたいと思っていた国々はいくつもありましたが、自然とこの三カ国に決まりました。

行く順番を考えていたわけではありませんでしたが、列車や飛行機などの乗り継ぎで自然とこの順番に決まりました。

結果的に、この国々をこの順番で周って大正解だったようです。

「ああ、この順番でまわってきたからこそ、今こうして理解できているんだな~」

旅の最中、毎日がそんな連続でした。



d0167002_17173479.jpg
(プラハ ライトアップされた夜の街)



実は、この旅を決めた直後、そして旅に出かける前日、そして旅の最終日。

私は3回にわたってモノを失くしました。

一つは定期入れ。
二つ目は4年にわたって書き綴ってきたフェリシアのブログ。
三つめはお財布。

一つ目を失くした時は、自分の注意不足を悔やみましたが、この現実の意味を深くは考えませんでした。

ハッとしたのは二つ目を失くした時のこと。

旅に出かける前夜、今年の最後のブログを訂正しようとして、誤って全削除キーをプッシュ!

ーえっ?!私、消しちゃった???

そして、そのあとにきたものは...

「自分の稼働範囲と価値観の変換」

「手放すこと。今まで価値をおいていた部分は、もはや不必要。」

たしかに、無意識にまだ手放し切れていなかったものが自分の内部に存在していたことにも気づきました。

無意識に削除キーを押していた自分は、それらはもう不要だと深い部分で知っていたからだとも気づきました。

しばらくは呆然自失でしたが、なんだか妙にスッキリとした気持ちでいる自分がいたことも確かでした。

「手放してゼロになる。」

今回の旅に出かける条件は、「ゼロの自分になること」だったようです。


d0167002_17471722.jpg
(プラハ 夜のクリスマスマーケット)



更に、3つ目のもの(お財布)を失くしたのは旅の最終日。

自分の注意力欠如にもよるものもあります。

でも...3回続くサインは天使からのサイン★

お財布に入るものは貨幣。

貨幣は自分の能力と可能性を実現していくためのエネルギー。

つまり、失くすということは、今までの既存のスタイルではなくなること。

今までの流れの中で、そして旅の中で理解したことをチャネリングで彼らに伝えたのは、ウィーンを発つ当日の朝のことでした。

すると.....

帰りの飛行機に乗る直前に立ち寄ったお店に...

!!!!

自分が失くした定期入れとお財布が売られていました。

どこにでもあるブランドではなく、ウィーン市内には一店もないのに。

なぜこの空港に?
なぜ目の前の店に?

「よく解けたね。だから、ご褒美!」
「Brand-New!]

そんな声がこだましました。

お店の方の話によると、この商品を取り扱いだしたのはごく最近だとのこと。

ーなんて幸運!ありがとう!!感謝!!!

私は思いがけず出会った新品を手に帰国の便に乗り込みました。



d0167002_17501079.jpg
(ウィーン 午後のカフェ)



さらに、、、、、帰国して数日後のことです。

ウィーンの大使館から電話が突然かかってきました。

なんと!
私のお財布が見つかって届いていますとのこと!!

現金として入れていた10€と少しはなくなっていましたが、カードも、大事な写真なども全てそろった状態。

しかも調べたところ、カードなどが悪用された形跡もゼロ。

「こんなこと、本当にめずらしいんですよ。」大使館の方も、そうおっしゃっていました。

ーうわ~~~ん!
ー天使たち、アバターたち、本当に本当にありがとう~~~~
ー感謝感激 (>▽<) !!!!


d0167002_17303875.jpg
(チェスキークロムロフの店先にて)



そんな、オマケまでついた今回の旅。

ゼロになった自分で、自分の転生の記録の数々と出会ってきました。

地球という星の中で、年代も国も様々な中で、一生懸命に生きてきた自分のカケラたちとの出会い。

昔の私ならば、きっと出会った事柄の大きさに振り回されてしまっただろうと思います。

でも、今の私は違うんだな~。

そこに必要以上の価値をおくわけでもなく、無視するわけでもなく、

ただ自分の一部だと知って、それをまっすぐに認めるだけ。

一つ一つが愛おしい、大事な転生との出会いでしたよ。

少しずつ、自分への覚え書きとして、その場で感じたことを率直に言葉に出してみようかな。

そんな風にっています。


d0167002_17542821.jpg
(マドリード 旅の初日に出迎えてくれた大きなクリスマスツリー)


HPはこちらです。
→【フェリシア*SALON DE FELICIA

あなたが生まれてきた喜びを感じて生きていくために
アカシックリーディング&イシリス33メソッド


Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444


Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)







[PR]
by Dorothy-Naomi | 2016-01-30 17:58 | *Holiday | Comments(0)

北の大地へ冬の旅1



機会あって、北の大地、北海道を訪れてきました。



d0167002_14224039.jpg


TOEFL連続受験の日々が終わり、ほっとする間もなく英文の出願エッセイ対策!

セッションや講座の合間に、時間を確保して必死にエッセイに向かわなくてはならないはずなのに、、、

パパパッと決まった国内&国外への旅。

「大きな人生の切り替えのタイミングの前に、訪れるべき場所があるよ、行っておいで!」

見えない存在たちからのサインだと分かっていましたが、こんなに立て続けに決まるとは!?

私たち夫婦は、互いの専門分野も、性格も全く違いますが、大きな運命のチェンジングポイントが重なり続けてきています。

この冬は、私たち家族にとって旅の季節のようです。

夫婦で、家族三人で、いくつかの場所を旅することになりました。

旅の第一弾は、北の大地へ。

夫にとっては13年ぶり、私にとっては初めての北海道!

千歳空港から札幌へ。そこからさらに30分。

初日に訪れたのは、運河の街である小樽です。


d0167002_20124578.png


d0167002_14250898.jpg

実は、小樽は母方の祖父の出身地です。

祖父は長男でしたが、音楽の道を志して小樽から東京へと家族の反対を押し切って出ていったのです。

そして、東京音楽学校(今の東京音楽大学)で音楽を学び、その後、慶応で長く音楽の教師をしていました。

宝塚歌劇団で娘役をやっていた祖母と恋に落ち、二人で駆け落ち(!)したのは、まだ教師になりたてのころだったのでは?と思います。

4人の子供たちにも恵まれ、職員寮で暮らしたのち、東京の赤坂の小高い丘の上にある小さな家へ。

いくつかの私立高校の校歌の作曲をするなど、作曲家としての才能も豊かな人でしたが、芸術家肌だった祖父は気質も難しい人だったようです。

それでも娘たちには「お嬢様たち、足を洗ってさしあげましょうね。」と、自ら手を水につけて足を洗ってくれたりなど、かなりジェントルマンな人でもあったと次女である母がよく口にしていました。

どことなくヨーロッパの香りがする赤坂の祖父母の暮らしは、子供のころの私にとっては何だかちょっと眩しく、ワクワクどきどきしながらいつも訪れたことを思い出します。

台所からはバターが溶ける香りが漂い、テーブルには良い香りの紅茶が並び、にっこり笑顔で出迎えてくれる素敵な祖父母でした。

私たちが幼かったこともあり、祖父からは小樽の話も親族の話も一度も聞いたことはありませんでした。

私が初めて祖父の親族を意識し始めたのは、大人になって大分たってからのこと。
祖父が他界してから、ずっと後のことです。

毎年、寒くなると必ず手足の一部が凍ったように冷たくなり、そのまま暫く血液がまわらなくなってしまう症状を何とかしたいと思ってからのことでした。

アカシックで分かったことは、自分の単なる体の仕組みだけではないものが要因として絡んでいるのだということ。

ふっと見えたビジョンは、防寒具に身を包んだ男性が運河に落ちている様子でした。

どうやら祖父の親類系の男性のようです。

そのまま彼は真冬の水の中に沈み、おぼれ、息絶え、そのまま身体を見つけられることなく今に至っているのだと分かりました。

それが分かったとき、名も分からない先祖の方に向かって手を合わせて祈りました。

そして、そのまま、この事は長く胸の中にしまったままにしていました。


d0167002_15095796.jpg

今回、「二人で北海道へ行こう。」と夫に言われたとき、思わず口から飛び出たのは「小樽にも行ける?」という言葉。

夫は二つ返事で了承してくれました。

空港から札幌へ、そして列車に揺られて小樽への旅。

白樺の林が続く車窓風景を眺めながら、タイミングの不思議さをつくづく感じていました。




d0167002_15122878.jpg

ちょっとノスタルジックで、外国の香りがする小樽。

祖父の親族で今もつながっている人は誰もいません。

それなのに、なんだか懐かしい思いで一杯になりました。

行く前に、とても信頼している方に今回の旅のことを伝えると、私の中で彼(亡くなったご先祖の男性)とつながる部分は何?と考えてみるようにとアドバイスされました。

そこに目を向けると彼のテーマが完了するのと同時に、私のテーマも完了するよとのこと。。。

ーう~ん、そうね。たしかに。

出口のない彼の思いが、ずっと子孫末裔の私にきているということは、私の中の受信センサーが彼の発信する何かに共振しているのです。

そのテーマが何なのか?

考えること、それはあえて旅の前はしませんでした。

現地で彼の思いを感じること、それを大事にすれば、きっとわかるはずだと思ったからです。

駅前でお酒とお線香のセットを購入。

地図を広げて、思いのまま、足の進むがまま、ひたすら歩くことにしました。


d0167002_15263545.jpg

運河のはずれに、月見橋という橋がありました。

その名を目にしたとたん、説明のつかない思いが湧き上がり、その橋を眺めることのできる埠頭へと急ぎました。

なんとも言いようのない、でもシッカリとした確信。

その場で、用意してきたお酒をまき、お線香に火をつけ、イシリス33で運河の空間浄化を行ったあと、水辺でしばらく祈りました。


d0167002_20133376.png



彼は、おそらく夜に橋から運河に落ちてしまったのです。

真冬で人気もない冬の運河。

しかも運河の河口で、海へと続く流れに身体をもっていかれてしまったのだと感じました。

とっさの出来事への驚き、焦り、思うように動けない苛立ち、苦しさ、くやしさ、、、



【あなたの全ての思いが伝わってくる。

私という存在の中に統合して、私はそれを「喜び」という私の形で体現していきたいと思っているよ。

あなたの思いは受け止めているから、大丈夫。

私は、あなたのために祈ります。

だから、どうぞ安らかにあってください。】



d0167002_15300202.jpg


亡くなった魂への祈りを終えて、ふと時計をみると14時44分。

444!!! 
天使ナンバーです。

ーよかった。私がやること、これだったんだね。

目の前には、真っ青に広がる小樽の海と空。

海に向かって、もう一度手を合わせてからその場を去りました。


d0167002_15573010.jpg

小樽の運河沿いに建つ、ドイツ式製法のビアレストランで二人で乾杯。

一緒に小樽の時間を過ごしてくれた、夫に感謝!

d0167002_16125356.jpg

d0167002_16133866.jpg

気配を感じて上を見上げると、、、やっぱりね。

テーブルの上にはラッパを吹いて飛んでいる天使が!

アバターのわかりやす~い仕掛けに、思わず笑ってしまいました。


d0167002_16205576.jpg

いろんなところで、いつもヘルプ&サポートしてくれる彼らにも心から感謝★


d0167002_16240953.jpg

小樽の街を、夕方までしばし散策。

こんなにあったかい12月は初めてだとのこと。

海の幸や、ガラス細工などが並ぶ道沿いは、例年ならば雪がどっさり積もっているのだそうです。

このあったかさには、海の貝君たちもびっくりかな。

この街の思い出に、小さなガラスの天使のベルを一つ買って小樽の街をあとにしました。


d0167002_16253223.jpg

d0167002_14250898.jpg



この日の夜、札幌に戻り、夫が長く北海道で親しくさせていただいてきた方と夕食のテーブルを囲みました。

夫にとっては、この旅の最大の目的は、その方に直接会って今までのお礼を言うことでした。

温かで濃やかな心遣い、その方のお人柄が伝わってくる気取りのない笑顔に、たちまち私もリラックス&意気投合。

数々の今までの「知られざるエピソード」に大笑いしながら、楽しい夜を過ごしました。


d0167002_19202394.jpg



深夜、ホテルの部屋で今日の出来事を思い返していたときのことです。

ーそうだったのか。

そう、不意に分かったことがありました。

亡くなった彼の中に最も強くあった思い。

それは、、、

「自分という人間が、ここに生きていたという事実を忘れ去られてしまうということ」

そこに対しての無念さ、そして絶望感。

その悲痛な心の叫びでした。

それがハッキリと分かったとき、全くそれと同じものが確かに自分の中にもあることも感じました。

暗闇の中で、彼の魂に心のチャネルを合わせて心の中で語り掛けました。


【私は、あなたが、あの街に確かに生きていたことを知っているよ。

あなたが、どんなに一生懸命生きてきたのかも知っているよ。

あなたのことを、私はきちんと知っている。

あなたの思いも、しっかりと分かっている。

だから、あなたの愛した小樽の街へも行ってきたんだよ。

あの美しい街で一生懸命に生きてきた、あなたという存在。

それは私の胸の中にちゃんといるよ。

あなたの全ての思いを私という存在の中に統合して、私は「喜び」という私の形で体現していきたいと思っているよ。

だから、あなたは忘れ去られてなんていない。

無になってなんか絶対ない。

あなたが生きた生の証は、ちゃんと私の中にある。

だから、どうぞ私がやっていこうと決めている道を応援してください。

そして、どうぞ、しかりと歩みが進められるよう、私をサポートしてください。】


今回の旅のナビゲーターである、祖父と天使たちが横にきていることも感じていました。

祈りは空間も時代も超えて、必ず届きます。

この日、私も一緒に自分の中にもあったドラマを一つ完了させたのだろうと思います。


d0167002_20142526.png


~その2へ続きます★



HPはこちらです。
→【フェリシア*SALON DE FELICIA

あなたが生まれてきた喜びを感じて生きていくために
アカシックリーディング&イシリス33メソッド


Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444


Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)









[PR]
by Dorothy-Naomi | 2015-12-17 19:51 | *Holiday | Comments(0)

Birthday on the New Moon




先月の終わり、水がめ座の新月に誕生日を迎えました。


d0167002_14334582.jpg


お誕生日の夜は、毎年恒例の我が家の男性二人によるユニークなデュエットの
♪Happy Birthdayの二重唱!

高2BoyのNからは「はい、おめでとう!」と、可愛い紅白のバラのブーケとカードのプレゼント。

毎年、花を贈ってくれる彼。
どんな顔して選んでくれているのかしら?(ぷぷっ!)

我が夫Kenさんのプレゼントは私の生まれた年のロイヤルコペンハーゲンの
イヤープレート♪

家族の中で大事なことがあるたびに夫婦で買い求めているプレートも、これで14枚になりました。




両親や妹弟からの心のこもったプレゼントやメッセージ
友人たちからきた沢山のメッセージ

何もかもが嬉しくて、嬉しくて....

幸せな思いで満たされた誕生日でした。

d0167002_16231443.jpg
d0167002_16251027.jpg

d0167002_15154334.jpg


今、こうしてここに在ること。

今、こうして体験しているすべてのもの。出会えているすべての人。

まわりの全てに心から感謝☆

How precious ! Everything is amazing  gifts for me!

d0167002_15290457.jpg


お誕生日の当日のこと。

ちょうど新月ジャストタイムを過ぎてしばらくしてから、不思議なことが起こりました。

突然、身体のまわりの空気がサッと変わり…

「あ!」と、変化を感じるや否や、ものすごいスピードで巨大なエネルギーの塊が
頭の中をビュッと通り抜けていきました。

実は、新年に入ってすぐにも不思議な現象が起こったのですが、そのときは耳元に
響く独特の音波から、昨年にも体験した宇宙エネルギーが接近してきたのだなとすぐに分かったのです。


でも、今回のこのエネルギーは種類が少し違うよう。。。

天井を見上げると虹色の光輪が旋回しているのが見えました。

この光輪はアカシックマスターの大天使ラジエル?

もしかしたら、天界からの誕生日のギフトだったのかもしれません。

d0167002_15451616.jpg



今の私は、とってもシンプル!

自分が思うように動く。

自分が感じる言葉を話す。

自分の心のベクトルの向かう先に進む。

「単純すぎじゃない?」と、時々自分に突っ込みを入れながら、そんな自分を
「なかなかイイじゃん!」と思っています。へへへ~♪

Birthday on the New Moon!

新たなスタートを後押ししてくれた、新月にも感謝★

これからの自分に、自分でワクワクしている私です。


 
  
d0167002_13542143.jpgHPはこちらです→【Felicia Spiritual Salon



Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444050.gif


Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)



[PR]
by Dorothy-Naomi | 2014-02-03 16:03 | *My Special Time | Comments(0)

*再会・冬至・師走の虹*


またグッと気温が落ち、吐く息が白くなる季節になりましたね。

夕暮れ時、ふと目にするクリスマスの灯りの温かさ。

かなり駆け足で大嵐の中を通り抜けてきたような2012年。

今ようやく一息ついている私の心を、静かに、優しく、穏やかな光で包み込んでくれているようです。


d0167002_2331327.jpg


この師走は、とても大きな出来事がいくつかありました。

そのうちの一つは、心の底から大事に思っている人との再会でした。

それは、あまりにも私にとっては大きな出来事だったので未だ言葉になりません。

再会することが分かったのは、その数日前のことでした。


...本当に?夢じゃないの?

これは本当に現実なの?

私は、何を今どう感じているの?

信じられなくて、どうしたらいいのかわからないの?

それとも安心して脱力したの?

泣きたいの?

笑いたいの?

叫びたいの?

どうしたいの?


…いろいろな感情が湧き上がり、説明できない思いの中で浮いたり沈んだりしながら、それをどこか客観的な目線で冷静に見つめている自分もいて...

そのときの、そのままの自分でいればいいね。
心に用意するものなんて何もなくていい。

シンプルな自分でいることが大事。

そう言い聞かせて、その瞬間を迎えました。

実際にその人を前にしたとき.....

私は彼女をただ抱きしめることしかできませんでした。



…いいよ、何も言わなくて。

言いたかったこと、たくさんあるよね。
伝えたかったよね、ずっと。

分かっているよ。

でもね、私もね、今は何にも言えないの。

そして、それでいいんだよ。

ちゃんと伝わっているよ、私に。

あなたの思いも、あなたの言葉にならない言葉も。

そして、私の思いも伝わっているよね。

それでいいよね。

ありがとう。

ありがとう。

あなたと私が、こうして再び出会えた今にありがとう。

目に見えない全ての存在たちにありがとう。

そして、そのまんまの自分として再会している私たち自身にありがとう。


……多分、それだけを通じ合えれば十分だったのです。


d0167002_0365038.jpg



それから数日後、大事な仲間たちと冬至を迎える儀式に参加しました。

2012年という年に起こったさまざまな出来事、さまざまな出会い...そして再会

この冬至はそれを自分の中で整理し、統合し、次の段階へ進めるタイミング。

そう感じたからです。

冬至を迎える儀式の最中、BGMなど一切ない室内にも関わらず私の耳の奥に絶え間なく聞こえていたのは、沢山の声が重なり合う讃美歌のような歌声。

Commitment,Blessingという言葉も何度も心に浮かびあがってきました。

紫色に光りながら浮かんでいた光の玉、ゆらめく乳白色の光の波。

小さな羽の生えた天使たちが、何人も空中で遊びながら飛び回っているビジョン。

とってもピュアでイノセントで、喜びそのもので出来ているような世界。

この先に待っている未来に満ちているエネルギーを、このとき私は垣間見ていたのかもしれません。


d0167002_0481472.jpg




先日のこと。

外出先から帰宅すると、夕方と呼ぶには少し早い空に、天使の羽のような雲が広がっていました。

よく見ると、雲の合間に虹!?

時間を見ると…3時44分☆
やっぱりね☆

4が重なるときは、天使が近くにいるよとサインを送っているのです。

空にかかった虹は、夕空の中で数分間かがやいて消えていきました。


これから私たちが向かっていく道は、たぶんハートの望みそのものに通じる道。

きっと、今まで私が体験してきたこと全ては、そこに至るために必要な体験。

過去を振り切るのではなく、過去を認めて抱きしめていこう。

ようやく私は自分を許せるのかもしれない。

ようやく私は自分を抱きしめることが出来るかもしれない。


d0167002_23521171.jpg



師走の空に見えた虹は、2013年という時間にかかっていくGateなのかもしれないな。

もしそうならば…そのままの自分で、自分の歩き方で私はGateを通り抜けたいな。

虹の向こう側へ渡っていこう。

Be simple,always☆

And believe in myself, always☆

この年末は、ハートの望みに耳を澄ませる私でいたいと思っています。



Love Yourself & Your Life⇒【Felicia Spiritual Salon
Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444050.gif

Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村


★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ 日常の小さなできごとを愛する生活へ日常の小さなできごとを愛する生活
にほんブログ村 トラコミュ 魂、心(こころ、ココロ)へ魂、心(こころ、ココロ)
にほんブログ村 トラコミュ スピリチュアリズム(spiritualism)へスピリチュアリズム(spiritualism)
にほんブログ村 トラコミュ 心の旅人へ心の旅人
にほんブログ村 トラコミュ 天使、エンジェル、妖精、フェアリー、天界へ天使、エンジェル、妖精、フェアリー、天界
[PR]
by Dorothy-Naomi | 2012-12-22 23:59 | *Daily Notebook | Comments(0)

ファスティング&ヴィジョン・クエスト



先日、生まれて初めてファスティングに挑戦しました。

ファスティング、つまり断食です。

これは、その時に起こったことを自分への覚書として書いたものです。

挑戦した方は、それぞれ独自の体験があると思います。

だから、これはごく個人的な体験の1つとして耳を傾けてくださいね。

d0167002_1742528.jpg


このファスティングは準備期間3日間、メインプログラム7日間、回復期間3日間...と、合わせて13日間のプログラム。

風邪などで絶食をしたことはありますが、こんなに長期にわたって食べないでいることなど初めての事!

はじめは「いったいどうなってしまうんだろう?」とドキドキでしたが、仲間たちが先発隊として頑張っている様子や、細かなガイダンスを読み返しているうちに不安は消えていきました。

この断食に参加する一番の理由は、健康増進やダイエット目的ではなく、ある「意図」を達成するため☆

そのために「えいっ!」と飛び込んだというのが正直なところです。


メインプログラムの初期に摂取するのは、青い葉系の野菜ジュースのみ。
いわゆる青汁です。

果物や人参トマトといったものが混じってはいけないので、いくつか飲み比べをして、
一番自分に無理なくいけそうなものを選んだつもりですが、実際に始まると試飲した時とは全く違う感覚に驚きました。

...単なる味見をしたときとは違い、意図設定をした断食がスタートした瞬間から、その意図することへのプロセスが始まっていったのだと思います。


初日、グラス一杯の青汁を飲んだ後、何故だか胸の奥にチクリと痛みを感じました。

そのたびに泣きたいような気分。

たしかに空腹感は感じるものの、家族が食事をしていてもそんなには食べたいとも思わず...

2日目、3日目...と進んでいくにつれ、不意に感情の塊が内側からドッと押し寄せてきて涙がとまらなくなったり、体の関節がギシギシと痛みだし、動きがゼンマイ人形のようになったり、突然に猛烈な吐き気に襲われ目の前が真っ暗になったり…

感情のリリースや、身体器官からの何らかのリリースが進行しているのを感じながら、先発隊の仲間のアドバイスや励ましを頼りに、ようやっとの思いで一日のプログラムを終えて、バタンQ!


d0167002_17653100.jpg


...変化を感じだしたのは、4日目以降です。

自分の中に昨日までとは全く違う不思議な静けさがあるのを感じました。

この日からグラス一杯の水+ティースプーン一杯分のシロップが一回分の食事。

5日目になると、頭も気持ちも驚くくらいクリア!


明らかに自分の内面的に変化が起こっているのを感じ、それが身体感覚器官にも出ているのを自覚。

空中に沢山漂っているスピリットたちのダンス。

人間や無機質の物質の回りに見える色のついた光の輪郭。

よく見ると、自分の体から紫の小さな粒子たちがほとばしっている?!

今年になってから、よくヨガのレッスン時に空中にぎっしりと浮かんでいる紫や緑の粒子を目にしていましたが、自分の体からほとばしっているのを見たのは初めてでした。

6日目、都内で開催されたWSに参加したときに、思い切って私が目にしているものについて聞いてみると「それはプラーナ=氣ですね。」ということ。

「自分の体調が絶好調の時には、体からほとばしることもあります。」と、言われ納得。

全く固形物を摂取していないにもかかわらず、どう考えても今の体調は絶好調としか思えなかったからです。

ちょっと、この感覚は言葉にできないのですが、強いて言うならば「スーパークリア」★

自分の中にある明晰性のもとに、なんの迷いもなく思考も身体も一致して動ける!

そんな感じです。

d0167002_17121497.jpg


この6日目の夜、私はもう一つ別のことに挑戦しました。

ヴィジョン・クエストと呼ばれるものです。

もともとはネイティブインディアンの儀式で、成人となる前の通過儀礼として行ったものだそうです。

24時間不眠で一人きりの空間の中で自己と向かい、今後の自分のヴィジョンを得るというもの。

私が、これを行うときに設定した意図は二つです。

★自分の内側の声とつながること。

★自分の未来に対する明確なヴィジョンを得ること。


何故あえて断食中に行ったのかというと......

文字通りすべて空っぽの自分に、いったい何が答えとしてもたらされるのか、どうしても知りたかったからです。

d0167002_1794826.jpg


WSのあと都内のホテルに向かい、用意を整えてヴィジョンクエストに入ったのは夜になってからのこと。

呼吸を整えて静かに座っていると、寒さが下からはいのぼってきます。
さらに着込んで、眩しいのでカーテンをしっかりと閉めようとして気が付きました。

この部屋は窓がないのです。

ーああ、だから都内の一等地なのに格安だったんだね。

窓のある場所には飾りのついた鏡がはめこまれ、それが反射して光っていたようです。

二重にカーテンを閉めるときに、申し訳なさそうについている小さな小さな横開きの細長いガラスを押すと、
目の前に隣のビルのコンクリートの壁が飛び込んできました。

車の行き交う音が遠くに聞こえてくるほかは、日の光も夜の闇もなく、本当に外界の変化とは全く無関係な隔絶された小さな空間。

自分と向かい合うのは、自分自身だけです。

時間の感覚がだんだんとなくなり、半分ぼうっとした状態のまま自分の内側に幾つかの問いを投げかけ続けていました。

どのくらい時間が経ったのでしょうか。

突然、耳元で音楽が鳴り始め、溢れるような柔らかい大きなエネルギーを感じました。

ここのところ、ずっと感じ続けていたこのエネルギー、間違いありません。

「マリア様だ!」

そう確信した瞬間とほぼ同時に、自分が聞き続けていた答えが自分の内側から聞こえました。

涙があふれて止まらなくなったのは、それがあまりにも自分の真実だと分かったからです。

ふと、右手をそっと優しく握られているのを感じて「ダニエル?」と、自分の守護天使のニックネームを呼ぶと「そうだよ、ずっとここにいるよ。」と返事が心にこだましました。

部屋いっぱいに紫のプラーナが満ち溢れ、灯りを暗くした室内をキラキラと照らしています。

空中に漂う幾つもの光の物体が、鏡をよぎっていくのがみえます。

小さなスピリットたちもやってきているようです。

右肩に浮かんでいる人型の光はクルリとダンスをするように前方へと動いていきます。

手に持っていたハートのローズクォーツの石を第三の目にあてると、そこから多方向に緑色の粒子が飛び散っているのが見えました。

大きな大きな愛に包まれているという言葉にならない安堵感。

この不思議な空間を、何の疑問もなく穏やかに受け止めている自分自身。

......その状態のまま深呼吸をして、目を閉じたまま「今後のヴィジョンを私は知りたいのです。」と心の中で声に出してみました。

すると、ビビビッと電気が走ったような感覚が体に走り、アイディアの破片やイメージ映像がデータのように体に流れ込んできました。

「書き留めないと!書き留めないと!」

ペンをつかんで開いたノートに、そのまま送られてくるもの書き留めていくと、立体画像のように脳内スクリーンにそれらが映し出されていくのです。

映画の予告編のような、この不思議なヴィジュアルに見入っていると、セットしていたアラームがヴィジョンクエスト終了時間まで1時間を知らせていました。

気が付くと、ホテルの空間は元の静寂さに戻っていました。

この不思議な出来事のあと、ぼうっとしていた頭は逆に冴え冴えとしてしまい、二泊の予定でホテルをとっていたにもかかわらず、私はほとんど眠ることができませんでした。


翌日、断食明けの初めての食事はカボチャのスープ。

あらかじめ買っておいた無添加のスープをホテルのポットで温めて口に運ぶと、びっくりするくらいに味がはっきりと感じられます。

7日ぶりの食事をとった身体は、細胞の一つ一つガピキピキッと動き出すような感じ。

こうして身体を支えてくれる食べ物のありがたさ、ちょっと大げさに言えば「大地さん、自然さん、地球よ、ありがとう」そんな気持ちが湧き上がってきました。

d0167002_171409.jpg



家族に無事を知らせるメールを打ち、チェックアウトして外に出ると、光がまぶしいくらいに目に飛び込んでききました。

二日前に入った時に降っていた雨は既に上がり、朝日の中で青空が広がっています。

目に鮮やかに映る、蔦の葉の紅葉。

耳に入る鳥のさえずり。

うーん、気持ちいい★

ずいぶん軽くなった体で歩く街は、なんだか自分の知っている東京よりもずっと美しく見えます。 

I'll live life simply so that I can focus on what really matters.

Life is precious , so I want to focus on what is important .   

今、驚くほど何の迷いなく自分の夢を信じている「自分」を信じていこう。

自分の中から響いてくるものを信じていこう。

ーこの空気のキンとした冷たさが気持ちいい今の私です。





d0167002_13542143.jpgHPはこちらです→【Felicia Spiritual Salon

スピリチュアル・ブログ⇒【Felicia Spiritual Salon

Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444050.gif

Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村


★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ 魂、心(こころ、ココロ)へ魂、心(こころ、ココロ)
にほんブログ村 トラコミュ スピリチュアリズム(spiritualism)へスピリチュアリズム(spiritualism)
にほんブログ村 トラコミュ 心の旅人へ心の旅人
にほんブログ村 トラコミュ 天使、エンジェル、妖精、フェアリー、天界へ天使、エンジェル、妖精、フェアリー、天界
[PR]
by Dorothy-Naomi | 2012-11-19 17:31 | *Spiritual&ノウイング | Comments(0)

10月ノ空ノ彼方ニハ


毎年10月は、私のカレンダーの中で一番忙しい月!

必死になって車輪を動かし続けているスタイルが、今までの私の10月でした。

でも今年の10月は…?

今までとはガラリと様相を変えて展開しています。

本当に様々なことが同時進行で進んでいて、自分でも予測のつかない時間の中に身を置いている気分です。

d0167002_0531655.jpg



ちょっと前の私だったら、内心ドキドキ不安な気持ちを隠して、目いっぱいの元気さを
出して自分を頑張らせていたことでしょう。

でも、今の私は違うんだな。。。

なんというか、本当に自然の流れのまま。

必要以上に元気を出すこともなく、自分を鼓舞することもなく、だからと言って投げているのでは決してなく。。。

そのまんま、ありのままを生きるだけ。

コントロールを手放すって、なんて気楽!
ケ・セラ・セラとはこういうこと★

コントロールから自分のマインドが離れていくと、不思議なことに身体感覚のロックも
外れていくようです。

すごい勢いで変化していく自分の感覚意識。

空間に飛び散っている色鮮やかな粒子たちのロンド、大きく広がるその生物の持つ
エネルギー...

形のないもの、目に見えないものたちからの情報が、今まで以上に自分に流れ込んできます。

マスター、天使、妖精、ドラゴン、自然界のスピリッたちetc…そのほか名前の付けれらない存在たち。

とてつもなく大きなうねりを持つエネルギーや振動。

日常生活の中で、それらを実感しながらも、そんな自分自身の状態を少しだけ離れた目線で観察している私でいるのも不思議。

困惑や戸惑いもなく、慌てているわけでもなく、のんびりしているわけでもなく、
力を入れすぎず、抜けきってもいない……

そんな自分との対面がすごく刺激的で新鮮な10月です。

d0167002_059548.jpg



今、こうやって自分の世界に起こっている変化&与えられていること全てを
ただ受け止めよう。

身の回りにあるものすべては、自分のリクエストによって起こっている贈り物。

見えるもの、聞こえるもの、感じるもの、全てをそのまま受けとめることを自分に
許可すること。

自分が許可した分だけ、それは真実として自分に入ってくるんだろうな。



それは、去っていくものに対しても同じこと。

今まで大事に思っていた物事が、スルスルッと手元から離れていくとき。

きっとそれは、離れていったのではなくて、自分が手放しているんだろうな。

もはや不必要だと自分が決断したときに、それは自分の現実から去っていくん
だろうな。

...そんな風に感じています。


d0167002_132359.jpg



秋の澄み切った空は、自分の気持ちをクリアにさせてくれます。


-自分の現実から去っていくもの、出ていくものを嘆くのではなくて

この先、何が自分の現実に訪れるかをワクワクする私でいたいな。


-何がどうなっていくのかを、その結末を心配するのではなくて

どんな喜びがこの先にあるのかに思いを馳せる私でいたいな。


-シナリオを生きる自分でいるのではなくて、瞬間を生きる自分でいたいな。

いつも自分の今の一瞬の中に、一番ほんとうの自分がいるから。


True Joy and Happiness !

I know they are on the wings in the present time.





Love Yourself & Your Life⇒【Felicia Spiritual Salon
Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444050.gif

Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村


★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ 日常の小さなできごとを愛する生活へ日常の小さなできごとを愛する生活
にほんブログ村 トラコミュ 自分らしく・・ナチュラルがある暮らしへ自分らしく・・ナチュラルがある暮らし
にほんブログ村 トラコミュ 天使、エンジェル、妖精、フェアリー、天界へ天使、エンジェル、妖精、フェアリー、天界
にほんブログ村 トラコミュ 魂、心(こころ、ココロ)へ魂、心(こころ、ココロ)
[PR]
by Dorothy-Naomi | 2012-10-20 01:10 | *Spiritual&ノウイング | Comments(0)

Hello! Super Dorothy


先日、神代植物園に出かけてきました。

d0167002_2395997.jpg


電車とバスを乗り継いで、我が家から1時間弱。
日曜日には、ちょうどいいミニ遠足です。

ここに来たのは何年振りだろう?
緑のこんもりとした木々から漏れる日差しは、すっかり初夏の趣。

入口のゲートを通り抜け、足を進めていくと...
わお!園内は、まさに一面バラ、薔薇、ばら☆

d0167002_2310406.jpg


いったい何種のバラの花が咲いているのでしょう。
色とりどりに咲き乱れるバラの花々に、思わず感嘆の声がでます。

美しさも勿論ですが、、この香りの高さ!
う~ん、ミツバチでなくてもノックダウン。
かぐわしく甘く優雅な香りに、うっとりです。

d0167002_23111447.jpg


d0167002_23123174.jpg


d0167002_23133061.jpg


…さて、お目当ての彼女は見つかるかな?

の~んびりと歩き回りながら、一つ一つのバラの花を楽しみました。

d0167002_2314783.jpg



少し前の話です。

誰もいない室内で一人でPCに向かっている時に、突然ふんわりと
花の香りが漂いました。

ん?
これは、バラの花の香り?

…家の中には生花は飾っていません。

あ!もしかしたら!

......ピンときました。守護天使たちです。

彼らは、時折こうしたサインを送ってきます。
きっと近くにいることを知らせているのです。

ダイジョウブ!気が付いているからね。

....それにしてもバラの香りなんて何か私に知らせたいことがあるの?

ふと思いついて、目の前のにPCにバラに関係した言葉をいくつか打ち込んでみると…

なんと、出てきたのは「スーパードロシー」という名前のバラの花☆

本当に?こんな名前のバラがあるの???

....もう、おかしいのと嬉しいのとで、一人で思わず吹き出してしまいました。


教えてくれて、ありがとう。
この子に会いにいかなくちゃね!

...私の守護天使さんたちは本当にお茶目です。
そして、いつも本当に愛情たっぷりのサインを送ってきてくれます。


d0167002_23144142.jpg



園内をぐるっと一周。

歩き疲れたので、木陰でアイスティーを飲みながらちょっと休憩。
ベンチの脇にも小さなバラの茂みがあり、ふんわりといい香り。

同じ種類のバラの花だって、一つ一つ色合いも違えば香りも違います。

咲く順番も違えば、散り方も様々です。

半分もう既に花びらが落ちているのもあれば、これから花開くつぼみもあります。


【Let go any control ~ コントロールを手放してみること】

...不意に頭に浮かんだ言葉は、そのままストンと胸に落ちていきました。


そうなんだね。

シナリオに書き込むのは、最低限に自分が決めたことだけでいいのかもしれないね。

大事なことだけ決めていて、それがブレていないのならOKだよね。

全てをコントロールしようなんて思わずに、自然の流れに任せていいね。


...さて、バラ園をもう一巡してみるとしましょうか。


入口近くまで歩きながら再びもどって、ふと真上のアーチを見上げれば…

Hello! Super Dorothy★

d0167002_23152543.jpg



ふふふ、やっと会えたね★
あなたに出会えたのは、コントロールを手放したからかな?

I ’ll become Super Super Dorothy,someday★★★

d0167002_23163765.jpg



d0167002_13542143.jpgHPはこちらです→【Felicia Spiritual Salon

スピリチュアル・ブログ⇒【Felicia Spiritual Salon

Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444050.gif

Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村


★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ 魂、心(こころ、ココロ)へ魂、心(こころ、ココロ)
にほんブログ村 トラコミュ スピリチュアリズム(spiritualism)へスピリチュアリズム(spiritualism)
にほんブログ村 トラコミュ 心の旅人へ心の旅人
にほんブログ村 トラコミュ 天使、エンジェル、妖精、フェアリー、天界へ天使、エンジェル、妖精、フェアリー、天界
[PR]
by Dorothy-Naomi | 2012-06-01 23:19 | *Daily Notebook | Comments(0)

Awareness*春の庭で


先日のことです。

初夏のような気候の昼下がり、一人でサイクリングに出かけました。

d0167002_1632445.jpg


いつも通る道とは別の道を進んでいくと...
....あれれ?

ちょっと道に迷ってしまいました。

....ま、なんとかなるでしょ。

そのまま暫く進んでいくと、目の前に開かれた鉄柵のゲートに「みつ池緑地」の文字。

...そうか、ここが入口だったんだ!

名前も場所も知っていましたが、いつも緑地の裏の坂道を通っていくので
入口がどこにあるのかは知らなかったのです。

自転車をとめて中に入っていくと、こぼれるような緑が目に飛び込んできました。

d0167002_16203977.jpg


緑地の中には、なんと誰もおらず、私一人だけ☆

あふれるような緑を独り占めです。
なんて贅沢!

う~んと両手をあげて伸びをすると、反転した空の青さが眩しくて、気持ちよくって....
ひとしきり歩き回った後、そのままベンチに腰を下ろして緑地の昼下がりを楽しむことにしました。


タンポポが群生する緑のカーペット。

d0167002_16215456.jpg


カラスノエンドウも菜の花の黄色も、風に揺れています。

d0167002_16334074.jpg


d0167002_16225190.jpg


春の庭へようこそ...どこからか、そんな声が聞こえてきます。


...ふと目をやれば、冬の木々が植わっている片隅に咲き終わった椿の花びら。
赤い花びらが落ちている真横では、春の花ヒメジョオンが咲いています。

d0167002_16242317.jpg


日陰に集まった葉っぱの陰には、虫の死骸が転がっており
その真横を、蜜を集めるミツバチたちが忙しそうに飛び回っています。

冬が終わって、春がきて、やがて夏になり...
その終わりと始まりも、進行中の命も、すべてを渾然一体として受け入れている大地。


そのすべてが、そこに一緒にただあるということ。

生と死

光と闇

終わりと始まり

それらは区別するものではなくて、実は一緒のものなのだということ。

その全てを、ただ受け止めるということ。

それこそが調和するということ。

それが真実。

d0167002_16254982.jpg



それが分かった瞬間、目を覚まされたような思いがしました。

そして、嬉しいのか、悲しいのか、笑いたいのか、泣きたいのか...
一気に様々な思いが込み上げてきて、動くことが出来ませんでした。



真実というのは、言葉にならない確かさで心に響きます。

きっとそれは、私の中にある真実と呼応しあっているからなのでしょう。


......今、自分の中で起こっていることのすべてを、そのまま全部一緒に
「わたしという生き方」として受け止めてあげればいい。

丸ごと全部、受け止めればいい。

それが自分と調和するということ。

それが自分の真実。

d0167002_16265321.jpg


涙が出そうになって上を見上げると、大きなローズピンクの閃光がいくつも光りながら回っています。

天使、妖精…これは、そういった見えない存在たちからのOKサイン。

.....ありがとうね、いつも見守っていてくれて。



にぎやかな足音と声が聞こえ、子供たちがボールを片手に駆け込んできました。

独り占めタイムの終了☆

ゲートを抜けると、すでに夕方の風です。

さぁ、見つけたものを大事にしまって、道に迷わずに帰ろうか☆

......春の庭での気づきは、私の次への扉のゲートキーになりそうです。





d0167002_13542143.jpgHPはこちらです→【Felicia Spiritual Salon

スピリチュアル・ブログ⇒【Felicia Spiritual Salon

Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444050.gif

Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村


★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ 魂、心(こころ、ココロ)へ魂、心(こころ、ココロ)
にほんブログ村 トラコミュ スピリチュアリズム(spiritualism)へスピリチュアリズム(spiritualism)
にほんブログ村 トラコミュ 心の旅人へ心の旅人
にほんブログ村 トラコミュ 天使、エンジェル、妖精、フェアリー、天界へ天使、エンジェル、妖精、フェアリー、天界
[PR]
by Dorothy-Naomi | 2012-05-03 16:46 | *Spiritual&ノウイング | Comments(0)

とことんBe Myself★My Birthday2012


先日、誕生日を迎えました。

d0167002_0315240.jpg


いくつになっても「お誕生日おめでとう!」と、言ってもらえるのは嬉しいもの(^^)
家族や友達、大事な人たちからの沢山のメッセージに、感激の一日でした。

d0167002_10222555.jpg



今年の誕生日は、とりわけスペシャル!

なぜなら....

ずっと自分の中で探し続けていた答を見つけることができたから!

「本当に自分の魂が求めているもの」が何なのか?
それが、この日ストレートに伝わってきたのです。

シンプルに言えば【Be Myself】ー自分自身になる、ということ☆

d0167002_0345784.jpg


言葉で書くと、スル~ッと通り抜けていってしまいますが
自分本来の姿って、なかなか表層意識では分からないんですよ。

何が本当の自分なのか?
何を本当の自分だと勘違いしてきたのか?

「ソレ」が、分かったんです。

ずいぶんと多くの事を自分自身だと、思い込んで生きてきたんだな~
なぁんだ!本当の自分のカタチは、もっともっと自然体だよ。
……がんばっちゃってたね~、私。

あっけらかんで、ピュアで、楽しくて、ゴロニャ~ンで、びよよ~ん♪
私の魂の素顔は、そんな感じです(...どんなだ?)

私はただ、本当の魂の姿のままでいたい。
そして、そのままの姿で愛されたい。
私も、その人の魂の姿のままを愛したい。

....それが究極に求めていること★

人からどう思われたって
誰かのリクエストに応えようとしなくったって

魂の素顔で、自分の人生を歩いていく。
今年は、そのスタートの年。


本当の自分を見つけるために、必要なものと不必要なものを
整理するヒントをくれたRayさんに感謝☆

私の弱さに喝&本当の力強い私を思い出させてくれた
ASACOさんに感謝☆

真っ直ぐに私の魂と対話しヒントを与えてくれた、つうりさんに感謝☆

そして、いつも見守っていてくれる家族に感謝☆☆☆

...いくつかの大きな出会いや出来事は、すべて自力で答を発見するための
シナリオだったんだなと感じています。

探してたいたことが分かった瞬間、天使やガイドさんたちから「やったね~!」って
声が響いて、頭の上でクラッカーがはじけちゃいました☆ワハハ!

その後、行く先々で見かける数字は「1111」「222」「44」などなど......
全てゾロ目のオンパレード!

これは守護天使ダニエルからの、プレゼントなのだそうです(^^)
Thank you!!!


...実は、もう一つ。

私の人生最大の発見があったのですが、これはフェリシアブログに書こうかな。

脱走兵が向かった先に見つけたものは。。。
海底に眠る財宝と、活火山の秘密のトンネルでした☆

へへへ...でも、まだまだ脱走中なり~!


d0167002_0431050.jpg
「とことんBe Myseslf!」
これが2012年のキーワードです★

後戻りは、もうできません。

行くしかないなら、行くだけだゼィ(^^)v



*上記のバースディカードは文字アーティスト平井省伍さんの作品。
お誕生日プレゼントとしていただきました(^^)
私の写真は、人柄写真家 TSUGUさんの撮影によるものです。
ありがとうございました★


d0167002_13542143.jpgHPはこちらです→【Felicia Spiritual Salon

スピリチュアル・ブログ⇒【Felicia Spiritual Salon

Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444050.gif

Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村


★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ 魂、心(こころ、ココロ)へ魂、心(こころ、ココロ)
にほんブログ村 トラコミュ スピリチュアリズム(spiritualism)へスピリチュアリズム(spiritualism)
にほんブログ村 トラコミュ 心の旅人へ心の旅人
にほんブログ村 トラコミュ 天使、エンジェル、妖精、フェアリー、天界へ天使、エンジェル、妖精、フェアリー、天界
[PR]
by Dorothy-Naomi | 2012-02-02 00:47 | *My Special Time | Comments(2)

空を見上げて*2011年の終わりに...


今日で仕事納めです。

最後の仕事を終えて買い物がてら外に出れば、頭上には澄んだ青空。

d0167002_1656285.jpg



去年から今年にかけて起こった出来事は、おそらく自分の人生の中で
一番大きな転換地点なんだろうな。
そして、それを今というタイミングに設定してきたのは、誰でもなく
自分自身が望んできたこと。

今、こんなふうな気持ちで年末の空を見上げているなんて
すごく不思議な気がします。

きっと、少し前の自分ならば絶対に分からなかっただろうな、
そう思えるからです。

多くの喜びをもった出会いや経験があったと同時に、
多くの別れやケジメをつけるべき出来事もありました。


*サードチャクラとクラウンチャクラが開かれ、高次の存在たちに
導かれるままに精神世界の学びへと深く入り...

*義母の死、そして夏にバリ島で起こった数々の出来事を体験し...

*学びの中で、どんどん仲間たちと出会っていき...

*エンジェリック・セラピスト&スピリチュアル・チャネラーのプロとしての活動を始め...

そして、今.......


私は今、自分の精神的な学びの中で最後に向かうべき課題の前に
立っているのだと知っています。

少し前から、たくさんのサインが送られてきていたのですが
それを受けとれる自分なのかどうか、怖くもあったのです。

12月25日、クリスマスと新月が重なった日
その答えは唐突に、しかし、真っ直ぐにもたらされました。

d0167002_1657343.jpg


「扉が目の前にあるのなら、あとは開けるだけです。」

心の中に響いていた声が、そのまま目の前の方から発せられたとき
そのシンクロニシティと、あふれる思いをこらえきれずに思わず
声をあげて泣いてしまいました。

その場に一緒にいた天使の学びを共にしている仲間たちは
何も言わず、ただただ私の感情を受け止めてくれました。

その暖かさと、優しさと、心の中に響いてくる天使たちの言葉に
再び涙の防波堤が決壊し、帰りの電車は泣きっぱなし....

d0167002_1762229.png


「きっと今年一年は、今の気持ちで、この青空を見上げるために
歩いてきた一年だったんだな。」
今日の空を見上げながら、そんなふうに感じていました。

今の私の気持ちは穏やかです。

今年おこったすべてのこと、悲しみも怒りも喜びも優しさも
ただ全てを受け止めたい、そして、認めたい。
そして、今の目の前にある扉を、勇気を持って開ける自分でいたい。

シンプルに、それだけです。


...外から帰宅すると、すでに気温が落ちてキーンとするような寒さです。
冷え切った体に、あついお茶の美味しいこと★

d0167002_16591393.jpg


人生の中で与えられる様々な出会いと体験、
それは全てベストタイミングで与えられていること。

なぜなら、それは全て自分の成長のために
自分が設定してきたことだから....

今年のすべてに、ありがとう。
そして、来年に向けて静かに祈ろう。

先のことを心配せず、今を大事に生きていこう。
今という時間を精一杯生きていこう。

残りわずかな今年という時間に、こうした気持ちで
今いられることに感謝して....★



d0167002_13542143.jpgHPはこちらです→【Felicia Spiritual Salon

スピリチュアル・ブログ⇒【Felicia Spiritual Salon

Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444050.gif

Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)
ポチッと以下のボタンを押していただければ、大変嬉しく思います♪


人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村


★関連サイトはコチラです↓

にほんブログ村 トラコミュ 魂、心(こころ、ココロ)へ魂、心(こころ、ココロ)
にほんブログ村 トラコミュ スピリチュアリズム(spiritualism)へスピリチュアリズム(spiritualism)
にほんブログ村 トラコミュ 心の旅人へ心の旅人
にほんブログ村 トラコミュ 天使、エンジェル、妖精、フェアリー、天界へ天使、エンジェル、妖精、フェアリー、天界
[PR]
by Dorothy-Naomi | 2011-12-28 17:02 | *Daily Notebook | Comments(0)