人気ブログランキング |

タグ:旅行 ( 6 ) タグの人気記事

徳島&香川への旅 2018



この秋2つ目の旅は、徳島&香川への姉妹二人旅。

こちらにも書きましたが、別の場所に行こうとしていたのに何故か行き先を変更しようとしても、何度やっても四国になってしまったという、、、(^^;

アカシャに尋ねてみると、どうやらドラマの原点のエネルギーに触れなさいということのよう。

そして、実際にこの旅は、まさにそんな旅になりました。


d0167002_10121968.jpg


四国は農村歌舞伎が今も残っており、昔から人形浄瑠璃も盛んな土地柄。

つまり、古くから芝居が人々の日常生活に溶け込んでいる土地柄なのです。

それがわかったとき、脳裏に浮かびあがってきたのは、、、

自分が歌舞伎役者として舞台に立っていた過去生。

そして、次に浮かんだのは、自分が浄瑠璃師でもあり、太夫として人形に関わっていた過去生。

さらにわかったのは、その人形を作っていた人形師は妹でした。



d0167002_20563617.jpg



行く先々で過去生の自分と今の自分の現実が重なり合い、、、

”時間のない時間”の中にいるという不思議さ。


その過去と現在が一緒に混ざり合う時間の中で、見えてくるもの、わかるもの。

それはもう本当にスーパークリアで、何の疑いの余地もなく、、、

「ああ、そうか。そういうことか」

旅の間は何回かクラッとくるようなフルアカシック体験があり、そのあとストンと「そのことの意味」がわかるということがありました。



d0167002_18254715.jpg



書きたいことは山ほどあるけれど、、、

ここには、あえてキーワードだけを記しておこうかな。



d0167002_22542082.jpg

徳島、阿波十郎兵衛屋敷。



d0167002_22563830.jpg

三番叟の人形を見たとき、体に蘇ってきたのは自分が腕を操っていた感覚。

人形の着物の袖を(他の人形使いと)息を合わせて回す瞬間の緊張感。



d0167002_23074812.jpg



人形師が人形を作り、

人形を操るものが人形を動かし、

そこに太夫が言葉という命を吹き込む。

太夫は人形自身であり、人形は太夫自身であり、、、

全ての瞬間、二人は一つ。

湧き上がってきたのは、、、

舞台の人形と一心同体となって生きているという、圧倒的な喜びと恍惚感。



d0167002_23034322.jpg


d0167002_23105231.jpeg

d0167002_19053496.jpg


徳島の金比羅神社の例大祭。

例大祭では、人形浄瑠璃「エベッサン(恵比寿さま)の舞」が奉納されるのだということ。



d0167002_19144025.jpg

このお祭りに合わせたように、徳島に行っているという不思議さ。


d0167002_18545472.jpg


演じること・舞うことは、神への感謝と祈り。

それは、人間の中にもともとある「喜び」のエネルギーと同じもの。



d0167002_19300421.jpg


こちらの神さまは、高いところがお好きなよう。。。


d0167002_19311952.jpg


香川の金比羅さんへお参りするには、ちょっと気合が必要です。

登って登って、785段。

ニューヨーク生活で鍛えられたせいか、意外にも楽勝なり。

まずは本宮へ。


d0167002_19370958.jpg

d0167002_19374288.jpg

d0167002_19390777.jpg

d0167002_19421880.jpg

さらに、登って登って、、、



d0167002_19432324.jpg
ついに1368段を制覇!

奥社に到着。



d0167002_19492177.jpg

天狗さまと烏天狗とも、ご対面。


d0167002_19500279.jpg

d0167002_19455160.jpg


引いたおみくじは、大吉!



d0167002_19515526.jpg

金比羅さんは航海の神様、海の神様。

今後の人生の航海は(荒波や嵐にあえども)どうやら守られつつ進んでいけそうです(^^)b




d0167002_19560492.jpg


金丸座は日本最後の歌舞伎の劇場。

独特な雰囲気のこもった芝居小屋。

何とも言えない暖かさに包まれているのを感じながらステージに座っていると、ここにやってきた観客のどよめきや笑いが身体中に響き渡ってくる。



d0167002_20003603.jpg



d0167002_20245947.jpg




d0167002_20083390.jpg

幕の向こう側と、幕のこちら側。

見えているもの、見えないもの。

二つは一つ、同じもの。


d0167002_20253702.jpg

役者部屋が並ぶ二階の通路。

緊張感や、高揚感。

満足感や、喜び、そして敗北感や悲しみ。

そんなものが詰まっているこの部屋たちは、劇場の中にあるもう一つの劇場。



d0167002_20255673.jpg


d0167002_20264392.jpg

「おかえり」

不意に目に見えない劇場のスピリットに声をかけられ泣きそうになった。



d0167002_19553600.jpg

人間は、ありとあらゆる感情の玉手箱。

毎日の生活は、ありとあらゆる出来事の玉手箱。

だから、いろんな状況に合わせて、自分の中からいろんな役を引きだしながら生きているんだよね。

自分の中にある感情や本音を口に出せないとき、、、

「役」を通じて、もしくは「役」に投影して、折り合いのつかない思いや言い出せない本音を外側に出せたりするんだよね。

喜びも、悲しみも、怒りも、やるせない思いや、、、

演者も観客も、同じものを共有しているんだよね。

演者は演じることで何かを解放して、自分の中で何かが癒されているのを感じていて、、、

観客は演者を通して何かを解放して、自分の中の何かが癒されているのを感じていて、、、

プレイ(演じること)はプレイ(遊ぶこと)

"遊びをせんとや生まれけむ"

人は、この世に遊ぶために生まれてきたのかもしれないよ。

なら、ありとあらゆる出来事を遊んでしまえばいい。

プレイは楽しさにつながるよね。

だから、プレイ(演じること)人生のあらゆる体験をプレイフル(楽しさいっぱいに)に乗り切っていけるよ。

プレイしながら生まれてきた喜びを、外側に放射していけばいい。

そして、人生のあらゆる体験をプレイフルにとらえられたら、それは祭りだ。

セレブレーションだよね。

祭りは祈り、感謝、喜び。



d0167002_19271538.jpg




ーアバターたち、ありがとう。

四国に来れて、本当によかった。

こうして今ここに来れている理由も、再会できた理由もちゃんとわかっているよ。

ありがとう。

今度は、一つ駒を進めた私で、またここに来るからね。



d0167002_20521534.jpg





HPはこちらです。
→【フェリシア* FELICIA Tokyo & New York
あなたが生まれてきた喜びを感じて生きていくために
ドラマセラピー
アカシックレコードリーディング




by Dorothy-Naomi | 2018-12-18 20:58 | *Holiday | Comments(0)

アイスランドへの旅 2018




ようやく少し落ち着いてきたので、ずっと書きそびれている旅の話を二つ書こうかなと思います。

まず一つ目。

10月の初旬、NYに引っ越しの手伝いに飛んできてくれた妹と二人でアイスランドへ旅してきました。



d0167002_21060945.jpg


この旅は、私の2年間のNY生活の、まさに卒業旅行でした。

50を過ぎてからの単身のNYUへの大学院留学、そしてNYCという街でガムシャラにやってきた2年間と少し、、

人生の中で一番ドラマティックで濃密な2年間も、もうすぐ終幕。

だからこそ、

自分を空っぽにするリセットタイムが欲しくて、

空っぽな自分で、地球のエネルギーを全身で感じる時間が欲しくて、

どこに行こうか?と思った時に、真っ先に頭に浮かんだ地がここでした。




d0167002_21063530.jpg

グトルフォスの滝。

この滝はちょっと特別な滝。

アカシックレコードに意識的にアクセスし始めた時に、出てきたビジョンがこの滝を眺めている自分でした。



d0167002_21052631.jpg


ユーラシアプレートと北米プレート、二つの大陸にまたがる雄大な国立公園。



d0167002_21074030.jpg


二つの大陸の間を歩く気持ち?

最高です(^^)b



d0167002_21070759.jpg


こちらはゲイシール、間欠泉。

あたり一面、硫黄の煙でいっぱい。

白い煙がそこら中に立ち上っています。



d0167002_21271027.jpg



d0167002_21295590.jpg

写真を頼んだら、、、

なんとバッチリのタイミングで、地面から噴水のように吹き上がってきました。



d0167002_21314218.jpg


アイスランドを代表する大きな滝の一つ、スコウガフォス。

大きな大きな虹が出迎えてくれました。



d0167002_21084663.jpg


下はミールダールスヨークトル氷河。

アイスランド南部に広がるこの場所は、古代からの氷が残る大地。




d0167002_21252301.jpg


d0167002_22022437.jpg


この下の写真はレイニススファラと呼ばれる場所。

南部にあるブラックサンドビーチで、黒い砂は溶岩です。

無数の六角形の石柱の山が、とても印象的。

石柱に触るとドクドクした感じが伝わってきます。




d0167002_21332251.jpg


セーリャラントスフォスは、裏見の滝。

滝の裏側にまわって見ると、水のベール越しに世界が見えます。

どうどうどう、、、

体に伝わる水の振動。

体に飛び散る水しぶき。

ダイナミックで、しなやかな水の美しさ。



d0167002_21431385.jpg


まるで天からのギフトのような空。

この空を見た時は、しばらく何も言葉がでませんでした。



d0167002_21505198.jpg


アイスランドは、空が広い国。

さえきるものが、何もないことに感動します。


d0167002_22053616.jpg


翼を広げたようなハトグリムス教会。

(国全体の中で)最も高い建物はこの教会だとのこと。


d0167002_22103871.jpg


ブルーラグーンにも、シークレットラグーンにも行きましたよ。

地熱で湧き上がる温泉にひたって、体中に地球のエネルギーを充電!



d0167002_22200577.jpg


d0167002_22205065.jpg


実は旅の間、ずっとケルト音楽のようなサウンドが耳に響いていたのですが、、、、

どうやら私はここで、大地や自然と繋がりチャネリングしながら踊っていた女性だったようです。



d0167002_22153849.jpg


アイスランドの大地を踏みしめると、体に響くのは大地の音楽。

アイスランドの空を見上げると、シャワーのように降り注ぐのは天空の音楽。



d0167002_22155976.jpg


アイスランドにいると、どんどん体から余計なものが剥がれ落ち、軽やかになっていきます。

水、空気、緑、大地。

なんて、完璧な世界。

この国の大自然に触れるたびに、全身が楽器のように振動しているも感じました。

そして、、、

ここでアバターも交代!

自分を今まで守護してくれていた存在が、ここで入れ替わったのがハッキリと分かりました。



d0167002_22392020.jpg


Sun Voyager

ドリームボートとして意図して作られたこの船は、いつでも船出の準備ができている様子。

あとは航海士が乗り込むだけ。

ーでは、そろそろゆっくりと次の目的地へと乗りだそうかな。

ゆっくりと船を海へと漕ぎだしてみるうちに、新たに見えてくるものがあるはずだものね。

Thank you Iceland, I could relax myself and I have recharged my batteries.

I think I will be able to turn my power on to start my new journey.



d0167002_23265396.jpg
朝焼けのレイキャビークの空




HPはこちらです。
→【フェリシア* FELICIA Tokyo & New York
あなたが生まれてきた喜びを感じて生きていくために
ドラマセラピー
アカシックレコードリーディング








by Dorothy-Naomi | 2018-12-16 22:56 | *Holiday | Comments(0)

ヨーロッパへの旅1★スペイン・マドリード





旅のスタートは、スペインのマドリードから。

「見果てぬ夢」の大地を踏みしめてのスタート!


#1 マドリード


d0167002_18580138.jpg

スペインでは、大晦日に鐘の音に合わせて葡萄を12粒食べるのが習わしとのこと。

郷に入らば郷に従え!

ホテルが用意してくれた葡萄を手に、私たちも広場のカウントダウンに参加!




d0167002_18364979.jpg



d0167002_18375704.jpg


コスタ・テル・ソルには、あまりの混雑で近づけず、近くで待機。

そして、カウントダウン!


d0167002_18390141.jpg

すっごい人混みと歓声で、鐘の音もぜんぜん聞こえないけれど。。。。

とにかく葡萄を口に放り込みながら.....

Happy New Year! 2016★

ホテルに戻って、再びカンパイ!



d0167002_21412455.jpg


d0167002_21442828.jpg

生きている喜びって、自分の感情をフルに味わいながら生きているということなんだよね。

そして、それを人とシェアできたら、もっと嬉しい。

たとえ自分が貴族でも、庶民でも、

その思いは変わらない。


d0167002_19062234.jpg


キュートな彼女。

すてきよ!ってハートで話しかけたら、すぐに振り向いてくれたね。


d0167002_20295812.jpg



d0167002_19503530.jpg

おお!空中滞在!

表情一つ変えないパフォーマンスは、プロフェッショナル!みんなで一斉に拍手~!!!


d0167002_19011194.jpg



d0167002_19595600.jpg


d0167002_21260882.jpg


真剣なまなざしで、何度も練習してたよね。

やった!今度は成功~~~


d0167002_19043871.jpg


元旦のマドリード市内、のんびり市内をテクテクしながら街歩き。


d0167002_19525442.jpg

サン・ミゲル市場では、初対面のおじさまと、シーフードの美味さに,

「WAAAAAO♪」

思わず、お互いに目配せしてニコッ!!!


d0167002_21193620.jpg

そんな言葉なしのハートの会話、それがすっごく嬉しくって楽しい。


d0167002_21142541.jpg



d0167002_21275181.jpg


プラド美術館、ボルネミッサ美術館、ソフィア王妃センターでは、美術作品の数々を堪能。

とりわけ目が吸い寄せられるのは、スペインとハプスブルグ家とのつながりが分かる作品ばかり。

そして、ここが旅の起点になった理由が「そうなんだな。」と、ただ分かった。

同時に、今回の旅のサブテーマが浮き彫りになってきたのもマドリード。



d0167002_18541717.jpg


d0167002_18414410.jpg


豊かさって、定義づけなんてできない。

きちんと今の自分に与えられているものを、認めて受け取れるか?

そして、しっかりと享受できる気持ちが自分にあるか?

それが豊かさが自分にあるかどうかってことなのだなって思う。


d0167002_21334349.jpg

あなたは、与えられたものをシンプルに受け取って、人生のステージを次へとコマを進めたね、コロンブス。

彼に勇気をもらって、さぁ、次なる土地へ。




HPはこちらです。
→【フェリシア*SALON DE FELICIA

あなたが生まれてきた喜びを感じて生きていくために
アカシックリーディング&イシリス33メソッド


Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444


Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)








by Dorothy-Naomi | 2016-01-30 21:51 | *Holiday | Comments(0)

ヨーロッパへの旅2015~2016★プロローグ



昨年末から2週間強かけて、ヨーロッパを旅してきました。

訪れたのは、スペイン~チェコ~オーストリア。

飛行機や列車で移動しながらの夫婦二人旅です。


d0167002_17070617.jpg
(バルセロナ 地中海を望む港)



今春に結婚25周年を迎えます。

その節目と、互いの志す道の大きな節目が重なる2016年、かねてから「周りたいね」と話していた欧州の国々を、ゆっくりと時間をかけて周ることにしたのです。

行きたいと思っていた国々はいくつもありましたが、自然とこの三カ国に決まりました。

行く順番を考えていたわけではありませんでしたが、列車や飛行機などの乗り継ぎで自然とこの順番に決まりました。

結果的に、この国々をこの順番で周って大正解だったようです。

「ああ、この順番でまわってきたからこそ、今こうして理解できているんだな~」

旅の最中、毎日がそんな連続でした。



d0167002_17173479.jpg
(プラハ ライトアップされた夜の街)



実は、この旅を決めた直後、そして旅に出かける前日、そして旅の最終日。

私は3回にわたってモノを失くしました。

一つは定期入れ。
二つ目は4年にわたって書き綴ってきたフェリシアのブログ。
三つめはお財布。

一つ目を失くした時は、自分の注意不足を悔やみましたが、この現実の意味を深くは考えませんでした。

ハッとしたのは二つ目を失くした時のこと。

旅に出かける前夜、今年の最後のブログを訂正しようとして、誤って全削除キーをプッシュ!

ーえっ?!私、消しちゃった???

そして、そのあとにきたものは...

「自分の稼働範囲と価値観の変換」

「手放すこと。今まで価値をおいていた部分は、もはや不必要。」

たしかに、無意識にまだ手放し切れていなかったものが自分の内部に存在していたことにも気づきました。

無意識に削除キーを押していた自分は、それらはもう不要だと深い部分で知っていたからだとも気づきました。

しばらくは呆然自失でしたが、なんだか妙にスッキリとした気持ちでいる自分がいたことも確かでした。

「手放してゼロになる。」

今回の旅に出かける条件は、「ゼロの自分になること」だったようです。


d0167002_17471722.jpg
(プラハ 夜のクリスマスマーケット)



更に、3つ目のもの(お財布)を失くしたのは旅の最終日。

自分の注意力欠如にもよるものもあります。

でも...3回続くサインは天使からのサイン★

お財布に入るものは貨幣。

貨幣は自分の能力と可能性を実現していくためのエネルギー。

つまり、失くすということは、今までの既存のスタイルではなくなること。

今までの流れの中で、そして旅の中で理解したことをチャネリングで彼らに伝えたのは、ウィーンを発つ当日の朝のことでした。

すると.....

帰りの飛行機に乗る直前に立ち寄ったお店に...

!!!!

自分が失くした定期入れとお財布が売られていました。

どこにでもあるブランドではなく、ウィーン市内には一店もないのに。

なぜこの空港に?
なぜ目の前の店に?

「よく解けたね。だから、ご褒美!」
「Brand-New!]

そんな声がこだましました。

お店の方の話によると、この商品を取り扱いだしたのはごく最近だとのこと。

ーなんて幸運!ありがとう!!感謝!!!

私は思いがけず出会った新品を手に帰国の便に乗り込みました。



d0167002_17501079.jpg
(ウィーン 午後のカフェ)



さらに、、、、、帰国して数日後のことです。

ウィーンの大使館から電話が突然かかってきました。

なんと!
私のお財布が見つかって届いていますとのこと!!

現金として入れていた10€と少しはなくなっていましたが、カードも、大事な写真なども全てそろった状態。

しかも調べたところ、カードなどが悪用された形跡もゼロ。

「こんなこと、本当にめずらしいんですよ。」大使館の方も、そうおっしゃっていました。

ーうわ~~~ん!
ー天使たち、アバターたち、本当に本当にありがとう~~~~
ー感謝感激 (>▽<) !!!!


d0167002_17303875.jpg
(チェスキークロムロフの店先にて)



そんな、オマケまでついた今回の旅。

ゼロになった自分で、自分の転生の記録の数々と出会ってきました。

地球という星の中で、年代も国も様々な中で、一生懸命に生きてきた自分のカケラたちとの出会い。

昔の私ならば、きっと出会った事柄の大きさに振り回されてしまっただろうと思います。

でも、今の私は違うんだな~。

そこに必要以上の価値をおくわけでもなく、無視するわけでもなく、

ただ自分の一部だと知って、それをまっすぐに認めるだけ。

一つ一つが愛おしい、大事な転生との出会いでしたよ。

少しずつ、自分への覚え書きとして、その場で感じたことを率直に言葉に出してみようかな。

そんな風にっています。


d0167002_17542821.jpg
(マドリード 旅の初日に出迎えてくれた大きなクリスマスツリー)


HPはこちらです。
→【フェリシア*SALON DE FELICIA

あなたが生まれてきた喜びを感じて生きていくために
アカシックリーディング&イシリス33メソッド


Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444


Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)







by Dorothy-Naomi | 2016-01-30 17:58 | *Holiday | Comments(0)

田谷の洞窟・江の島~Beyond★




先日、湘南へ一泊二日のミニ旅行を妹と二人でしてきました。


d0167002_23301978.jpg

d0167002_23300300.jpg

田谷の洞窟は大船からバスに乗って10分弱、常泉寺というお寺の敷地内にある洞窟です。

空海と深い深いご縁のある、この洞窟。

ずっと、ずっと是非とも彼女連れていってあげたいなと思っていた場所でした。



d0167002_22082194.jpg



初めてここに来たのは二年前の事。

ゲリーボーネルのノウイングスクール5期の授業がスタートする直前のことでした。

そこにあるエネルギーの大きさに圧倒され、そしてもうどうしようもなく惹きつけられる自分を感じていました。



d0167002_22090115.jpg


今回、現地を訪れて感じたもの、気づいたものは二年前とは全く違うものでした。

うまく言葉にできないのですが......

洞窟内の複雑な道筋をたどっていくうちに、私はまるで胎内を探検する魂のような感覚になっていました。

ハッとしたのは、あるスポットに出た時に目にした文字です。
それは、まさしく「胎蔵」という場。


ーああ、私が辿ってきたのは産道なんだな。

そうわかった瞬間に、子宮の揺りかごの中に抱かれている自分の魂を感じました。

そして、クラウンチャクラから降りてくるメッセージに身体がふるえました。

ー私は妹を連れてきたいからではなく、自分のためにこの場所に来たんだ。

それがはっきりと分りました。

再度この世に生まれる★

洞窟を通り抜けた先に出た時に感じた感覚!

おそらく、私は自分のチェンジポイントとなるタイミングで、今後の自分にコミットメントしたくて田谷の洞窟へ来たのだなと感じています。


d0167002_22094085.jpg

翌日、真っ先に訪れたのは江の島の岩屋でした。

梅雨明け前の空は、晴れ、ときどき、小雨交じり。

高低のはげしい江の島。
坂道を登ったり、降りたり。

ようやくたどり着いた江の島の先端、稚児が淵。

打ち付ける波の強さ。


d0167002_22101745.jpg
d0167002_22105983.jpg


d0167002_23274418.jpg


d0167002_22112822.jpg

ドキンとしたのは龍宮の祠にお詣りしたときのこと。

突然、私の第三の目に送られてきたのは古代から海を守ってきた龍からのメッセージでした。




d0167002_22123095.jpg

鮮やかなビジョンと共に伝わってきたものは……

海、日本、地球への深い深い愛と祈り。

体いっぱいに伝わる、この力強いエネルギー

これらをどう言えばいいのかわかりません。


d0167002_22261380.jpg




d0167002_22134068.jpg



d0167002_07015997.jpg


大事なものを沢山うけとった一泊二日の旅でした。



d0167002_22141848.jpg


数日後、ドラマセラピーフェスティバル2014「Beyond」に参加しました。

Beyondとは、超えていく向こう側にあるもの。その先へと行くこと。

自分から発動するエネルギー、他者から発信されるエネルギー。

それらを通じて「その先にあるものへ」と手を伸ばして探り続けた一日でした。

オープニングセレモニーでの「どらぴ族」としての思い切った通過儀礼。

内的な障害物と自分との関係性を演劇という手段を視覚し、

身体での表現で体験し、

声というツールを使って自分の内的ブロックをを解放し、

...まるで体中のエネルギーを「表現」というツールで入れ替えられたような、そんな一日でした。


d0167002_06443988.jpg


今週、関東はいよいよ梅雨明けしましたね。

迷いなく広がる夏空の下、どんな風に自分のクリエイションを展開していこうかな?

そう、その先へいくこと!

今年の後半、私の目指すものはコレです。

BEYOND★★★


d0167002_22192871.jpg



HPはこちらです→【Felicia Spiritual Salon


Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444050.gif


Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)













by Dorothy-Naomi | 2014-07-27 22:21 | *Daily Notebook | Comments(0)

ユリバーサルツアー☆伊勢1

 

d0167002_19493039.jpg

11月の半ば、伊勢へと旅してきました。

その名も「ユリバーサルツアー伊勢」
ゆりぽんこと、大野百合子さんの引率での一泊二日の旅行です。

旅のメンバーは、ゲリーボーネルジャパンの本科5期で一緒だった同期たち★

これは自分のための旅の覚書です。
d0167002_19505614.jpg
宿に到着後、すぐに出かけたのは二見ケ浦の興玉神社。

海沿いの参道、至るところにカエルの石像が顔を出します。

一体ずつ表情が違っていて、眺めているだけで楽しい!

こんなところまで、カエルです。

d0167002_19551829.jpg

天野岩戸伝説の残るこの神社で、私たちは祝詞、お祓いをしていただきました。

d0167002_19561992.jpg
d0167002_19593512.jpg
徐々に海の上に広がる夕焼け。

夫婦岩の上に、満月スレスレのお月様がゆっくり昇っていくのをしばし眺めていました。

d0167002_20053744.jpg
d0167002_20293124.jpg


この神社から宿に帰ってきた後の事です。

身体の奥から不思議なスピンがやってくるのを感じ始めました。
頭も、体も、とにかくグルグル...

百合子さんに急な体調の変化を伝えて、その理由を伺ったところ、「カムラレルという現象ですね。」ということ。

「カムラレル」とは、「神さまの気にあたった」ということだそう。

頭頂の第7チャクラから、大きなエネルギーがドーッと入り込んでくるのが分かります。

そのエネルギーの持つ大きなスピンに頭も体も反応してしまって......
どうすることもできない(><)

とにかく自分の中心に意識を合わせ、深く呼吸を繰り返しました。

幼いころは時々こうしたことがありましたが、こんなに強烈なのは成人して以来初めてのこと。

この夜、満月の明かりのもと、仲間たちは五十鈴川で禊。

残念ながら私は体調の関係で禊に参加することはできませんでしたが、禊を行っている仲間たちと気持ちは一緒にいました。

満月への願、それは「RENEWAL」★

d0167002_20083451.jpg


翌朝、早起きをして宿の目の前の海へ。

吐く息を白くしながら、みんなで待つのは朝陽です。

朝日のエネルギーをゴックン!と飲み干して、一日のスタート!

d0167002_20133004.jpg

朝焼けに照らされて、ふたたび興玉神社へ。

d0167002_20143730.jpg

この日の朝は、興玉神社の裏手にある竜神様の祠へも足を延ばしてお参りに行きました。

d0167002_20513326.jpg

d0167002_21013826.jpg

朝焼けの伊勢の海。

一瞬、一瞬、表情が変化していきます。

雲間からは天使の光。



d0167002_13542143.jpgHPはこちらです→【Felicia Spiritual Salon



Twitter ID⇒@FeliciaNaomi444050.gif

Thank you for coming!
この小さな屋根裏部屋にいらして頂き、ありがとうございました(^^)



by Dorothy-Naomi | 2013-11-25 21:07 | *Holiday | Comments(0)