人気ブログランキング |

タグ:Halloween ( 1 ) タグの人気記事

Sleepy Hollow&Jack O'lantern Blaze (1) 2018.Oct



ハロウィンのシーズンが終わってしまう前に、記しておきたい事を少し書いておこうかな。

引越しの手伝いに来てくれた我が妹と二人、10月の初めにSleepy Hollow の街へ出かけてきました。




d0167002_01362701.jpg

マンハッタンからMetro North に揺られて40分。

ちょっとしたミニ遠足気分!

少し離れただけで、窓の外の景色がどんどん変わっていきます。

ハドソン川の上流にあるTarry Townは、自然の豊かな静かな街。
Sleepy Hollow は、ここからさらに30分くらい。

ここはロックフェラー一族とご縁の深い場所で、夏に訪れたときは一族の別荘であるKykuit (カイカット)と呼ばれるお屋敷と広大な庭を2時間半かけてめぐりました。

これはその時の写真。


d0167002_01371786.jpg

d0167002_01592239.jpg

d0167002_02505604.jpg


お屋敷の下にはプライベートな美術館もあり、とても見ごたえのあるコレクションでした。

あっという間に半日以上過ぎてしまい、Sleepy Hollowを回りきる事ができなかったので、前回には見る事のできなかった場所を巡ろうと再度やってきたのです。

最初に訪れたのは、どうしても行きたかったユニオンチャーチ。

この教会に着いた途端に教会の鐘が鳴り、、、

時計をみると14:44!

やっぱり!!

444は天使のサインです。



d0167002_04403016.jpg


Welcome back!

まるでそう言われているような鐘の音。

ーここは、とっても大事な思い出のある場所だよ。

天使たちやアバターたち(守護存在たち)は、いつもこうしてサインで知らせてくれます。


d0167002_02315874.jpg


この教会もロックフェラーの一族とご縁が深く、一族が所有し通っていた教会です。

内部に飾られているマチスのステンドグラスは、MOMAの創立に貢献したアビー・ロックフェラーがマチスに頼んだもの。

マチスの最後の作品になりました。

しかし、すでに病床にあったマチスは、完成作品を見にユニオンチャーチに来る事なく、ステンドグラスの完成した2日後にその生涯を閉じました。




d0167002_01382266.jpg


ーまるで子宮に宿った受精卵が分裂していくよう。。。

とてもシンプルで、とても力強いパワーを感じます。

そして、大きな大きな愛情も。


d0167002_01581602.jpg

マチスの後、教会内のステンググラス制作を担当したのはシャガール。

これらのステンドグラスの一枚一枚に、シャガールはイエスの受難を描きつつ、ロックフェラー一族のプライベートな物語を暗喩のように組み込んでいます。

息子を亡くした母の悲しみ、家族の精神的なつながりや、様々な物語を含んだステンドグラスは全部で9枚。

最後の一枚には、全てを包み込むかのように羽を広げた、大きな天使が描かれていました。


(教会内は撮影禁止なので、この上下の2つの写真はサイトからお借りしてきたもの)

マチスとシャガールのステンドグラスに飾られた教会を披露したのは、母の日だったとのこと。

この空間にいると、自然とアカシャにつながっていきます。

魂の記憶は、しっかりと今の私の中に残っていて、、、

ーベストなタイミングで、こうして過去生の自分と繋がれるんだなぁ。

しばらく静かな時間を過ごしていると、再び鐘の音が響きました。

ーありがとう、ここに来れてよかった。また来るね。

心の中でそう告げて、林の中にある教会を去りました。


d0167002_02373963.jpg

次に訪れたのは、Sleepy Hollowの墓地と、その横にあるOld Dutch Church

この墓地には付近に住んでいた有名人たちのお墓がたくさんあり、墓所ガイドブック(?)も置かれています。



d0167002_02395535.jpg


d0167002_02402933.jpg

d0167002_02410495.jpg

ニューヨーク近辺に一番初めに入植したのは、実はオランダ人たち。

この小さな教会を建てたのも、入植したオランダ人たちだったんですね。

マンハッタンにも、オランダにちなんだ通りや地名、様々な場所がありますが、この街でもその痕跡をたくさん見つけました。(dutchと書いてあるものは、すべてオランダにちなんでいます)


d0167002_02414474.jpg



ティム・バートン監督の映画でもSleepy Hollowは有名ですよね。

街の中央には「首なし騎士」の像が!


d0167002_02455840.jpg


へへへ〜

二人で、首なし騎士ごっこー!! (写真は我が妹、ポンちゃんのインスタグラムより)


d0167002_02451590.jpg


ゆっくりと時間が流れるPhilips Manor

この日は残念ながらクローズでしたが、ここでは昔ながらの暮らしが再現されています。


d0167002_02540174.jpg


d0167002_02545451.jpg


街歩きも楽しみましたよ。

ハロウィンも近いし、首なし騎士のお話のメッカなわけで、、、

Sleepy Hollowの街のあちこちに、「深夜に墓地を歩こうツアー」や「怪談トークの集い」などのイベント告知も貼られていました。



d0167002_03125785.jpg


途中、にわか雨が降ってきて大慌て!

その場で、こーんなお花の柄の傘を購入。

そして小さな可愛いカフェで、ちょっとブレイク。


d0167002_02584259.jpg



d0167002_02592585.jpg

夕方までSleepy Hollowを歩き回り、坂道を降って駅にいくと空には淡い夕焼け。

遠くに見えるのはハドソン川です。


d0167002_03111924.jpg



黄昏時の綺麗なグラデーションを楽しみがら、二人で坂道をくだり駅へと歩いていきました。

そしてさらに電車に乗って次の目的地へ。

この日の遠足は、まだまだ続きます。(2へ)




HPはこちらです。
→【フェリシア* FELICIA Tokyo & New York
あなたが生まれてきた喜びを感じて生きていくために
ドラマセラピー
アカシックレコードリーディング・イシリス33メソッド



by Dorothy-Naomi | 2018-10-25 03:03 | *NY Sketchbook | Comments(0)